鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

バージョンアップが止まっていたApexが復活、5月にメジャーアップデート

老舗のAndroid用ホームアプリ「Apex Launcher」が復活を発表、5月にメジャーアップデートを実施 ~ juggly.cn
Android 向けのサードパーティ製ホームアプリの中でも古くから提供され人気の高い「Apex Launcher」の開発元が公式ブログを通じて復活を発表しました。

実は私はガチガチのApexユーザーです。
このApexの復活発表はかなり嬉しいですね。

最近ではNovaの方が人気が有りますが、私的にはカスタマイズでどうしてもApexがいいという
所が有りまして、Apexをずっと愛用しております。

でも7.0に最適化ですか・・・。
今愛用が6.0なのでしばらくは全力が味わえないかもしれませんね。
まあでもアップデートがないよりはいいですけどね。

  1. 2017/04/19(水) 23:50:38|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スマホをノートPC化する画面やキーボードが付いたMirabookが発売

「Mirabook」はスマートフォンをノートPC化するドックデバイス ~ juggly.cn
Android や Windows Pone、Ubuntu など様々なスマートフォンをノート PC 化する「Mirabook」がクラウドファンディングサイト IndieGoGo で発売されました。

やっぱりノートPC型への執着って人は有るんでしょうね。
スマホのコンピュータ機能をPC型に変換するインターフェイスと言ってもいいデバイスが販売されました。

画面・キーボード・タッチパッドという、ノートPCに必須の入出力装置だけで、中のコンピュータ部分は
空っぽノートPC型のデバイスです。USB-Cで接続してスマホのコンピューター部分がそのままMirabookの
心臓部として使えるのですから便利ですね。

スマートホンをそのまま使えると便利なのは、ストレージに収めているデータなどのファイルへ、そのまま
アクセスできることです。

Googleは長らくクラウドを提唱していましたが、全てのデータがネット上にアップされることは有りませんでした。
パケット代の節約の名のもとに、クラウドに上げるデータとローカルのストレージにアップするデータは、
意識的に分けられることになりました。

Googleはクラウドにアップさせることが初期の目論見だったので、ストレージ容量が比較的重要視されな
かった初期のAndroid端末でしたが、次第にストレージの容量が大きくなっていきました。ここの端末に
別れてしまうローカルストレージも、こういった形で利用すれば同じ単案つのストレージの使いまわしが
容易になります。

またCPUやRAM等のコンピューター部分が共用できますし、スマホを買い換えるだけでそれらが
強化できるというメリットもあります。デバイスの強化をするのに二種類買い替えなくても一つだけで
出来てしまうことになるので効率がいいです。

私もタブレットにキーボードをつないでPC的に使っているので、スマホでもPC的に使えるように
したいという需要は間違いなくあると思います。


あとはAndroid OSや、その他のこういった環境を利用できるOSでの対応が問題でしょうね。
例えばPC的に使うと、例えばAndroid OSだとプリンタの対応が貧弱だったり、まだまだ
PCを完全に代替するには難しい部分が少なくありません。

何でもかんでも対応すればいいってわけでもありませんが、そういうことの問題点を
地道に潰してよりPCライクに使いやすくしてい行ってもらいたいものです。
  1. 2017/04/19(水) 23:39:36|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AndroidユーザーのGoogle社内での呼び方は「グーグラー」ということが明らかに

Google、社内限定のテスト版セキュリティアップデートをPixel XLのエンドユーザーに誤配信 ~ juggly.cn
Google が同社の社員だけに配信する予定だった 5 月分のセキュリティアップデート(開発版)を Pixel XL のエンドユーザーに誤配信するという珍事が起きました。
アップデート通知には「社内グーグラー限定」との注意書きが記されているので、通常のアップデートと区別できます。

どうやら誤ってGoogleの社内版のセキュリティーアップデートを、一般のエンドユーザーに
配信してしまったということらしいです。

その辺りの内容自体はどうでもいいことにして、私は注目したいのはGoogle社内の情報が
もたらされたことです。

恐らくAndroidユーザーの事をそう呼んでいると思われるのですが、「グーグラー」という
呼び方がオープンになったこと。

Androidユーザーの呼び方って、特に確立されていなかったと思うのですが、Googleが
非公式ではありますが、「グーグラー」と呼んでいることが意図せずにですが公開された
ことで、この呼び方が定着する可能性があります。

AndroidユーザーをAndroiderと呼んだり、一定の呼び方ってなかっただけに、事故では
ありますが、こういった情報がもたらされるのは有難い話だなと私は思っています。

  1. 2017/04/19(水) 21:44:36|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

すみません、不正アクセスによってWEBサーバー止められていました

目を離しているうちに、気が付いたらWEBサーバーを止められておりました。
気付くのが遅くて申し訳ないです。

恐らくは最近私がアップル関連の事を積極的に取り上げているのと連動しているように思われます。

取り敢えずうちのサーバーにおいでませされた時はその記録を警察に提出することが習わしと
なっておりますので、アップルファンと思われる該当者の方は覚悟しておいてください。
警察の気分次第でピンポーンされた時は抵抗されないことをお勧めいたします。

思ったことを自由に書くことはこういったリスクと隣り合わせですが、まあこんな調子で今後も
続けていきますのでよろしくです。

以前は消防署の方・・・、いやソフトバンクの方からよくやってこられておりましたが、うっかりログを
提出していると書いた途端、何故かあんなに頻繁に通ってこられていたのが・・・あれれ?ということに
なったのですが、今回の方はその件を知ってか知らずか、果敢にチャレンジしてこられました。(ご苦労様です)

そんなわけで、うちは望まれないお客さんと切っても切れないサイトのようです。
うちもリスクを冒している分、望まれないお客さんもそれなりにリスクをしょって来られるわけですから、
歓迎したいと思います。


今後もこういったアタックは有り得ると思いますので、ブログの動きがおかしいと思ったらアタックを
受けた可能性が有ると思ってください。うちはこういうブログですから初めからお客さんが来ることを
半分は覚悟して運営しております。

もしアタックを受けたと思われる場合、その前のどれかの記事がアタックした人にとって都合が悪かった
のだと思い、ニヤニヤして眺めてあげてください。


そんなわけで、これに懲りず今後もよろしくお願いいたします。

  1. 2017/04/19(水) 01:38:24|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

【Kantar Worldpanel】iOSのシェアが急ブレーキ、現金のおまけにiPhoneを付けて配っていないと、必要とされないことが明らかに

今月分のKantar Worldpanel ComTechの数字が発表されています。
2016年12月~2017年2月迄の3ヶ月分の対前年比較です。

2017年04月13日

KantarWorldPanel

2017年03月15日

KantarWorldPanel

2016年9月発売し、10月~11月にガッツリ日本の予約分を吐き出しきったiPhone 7は、12月に入ったら
一気に販売にブレーキがかかりました。12月以降になった日本のシェアがそれを反映しています。

去年はiOSが50%越えだったのに対し、今年は同じ時期にAndoridが50%越え。
しかも去年のiOSが50.2%なのに今年はAndroidが53.9%。
Androidの勢いの強さが目立つ形に。

こうなる大きな理由はiPhoneの売り方。
一気に出荷する時期を決め、一時のシェアを稼いで、その時期に取った順位やシェアを宣伝しまくり。
で、「iPhoneは売れています、売れています」広告。
まあアップルが数字さえ作れば、僕達が勝手に報道しまくってくれますわな。
その他の時期にiPhoneの数字が多少沈むのは良しとする割り切りを持った対応でしょうね。
数字を作る為には何かを捨てないといけない状況に追い込まれているのでしょう。
取り敢えず「売れてます」という印象を一瞬でもいいから与えられたら勝ちと思っているのでしょう。

先月分ではともに49%台で争っていた所が、今月では一気にAndroidにシェアが移ったのですから、
どれだけ10月~11月に販売を固めていたのか良く分かると思います。
国内のiPhoneの売れ行きの良さはこうして作られていたわけです。
やっぱりアップルは作為がうまいですよね。
数字を作らせたらアップルはソフトバンクの次ぐらいに上手かもしれません。


ここに9ヵ国分のシェアが出ていますが、その内Androidが70%を超えている国が5か国。
過半数の国で既にAndroidのシェアが70%を超えているのですから大したものです。

2017年第1四半期スマートフォンシェア、SamsungがApple抜いて首位に ~ iPhone Mania
2017年第1四半期(1月〜3月)のスマートフォン生産台数で、SamsungがフラッグシップモデルのGalaxy S8発売前ながら、Appleを抜いて首位に立ちました。

アップルがiPhoneの販売を集中させた時期が過ぎれば、Galaxyの販売数が上回る程度にしか
iPhoneが売れてないってことですよね。

iOSとは関係ないですが、こんなデータも。

MacBookシリーズ、米誌ランキングで首位から5位に転落!拡張性や価格が低評価 ~ iPhone Mania
米Laptop Magazine誌による2017年版のノートパソコンブランド別ランキングで、AppleのMacBookシリーズがランキング開始以来維持していた1位から、5位に転落しました。

あっちもこっちも転落している模様・・・。



では日本の状況を見ていきます。





今月の日本の分は、Androidが圧倒的に勝っています。
そりゃ少しでも値段が上がってくればiPhoneでなくともいいという人も増えてくるでしょう。
現金にiPhoneが付いていたからもらってやっていただけという方も多かったんじゃないでしょうか。

ここ最近UQやYモバで慌ててSEなんか売り始めている理由が何となく透けて見えてきますね。



先月分の記事
【Kantar Worldpanel】Windwosがほぼ壊滅完了?シェアをAndroidとiOSで引っ張り合うターンに後戻りか

  1. 2017/04/18(火) 22:50:38|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

MVNOに初心者の問題点は問題の可視化の結果なので放置、私は可視化を拒絶するアップル問題の方を重視

不満尽きない格安スマホ、総務省の秘策 ~ IT Pro
総務省の強力な後押しを受け、MVNO市場が順調に拡大している。2015年の「携帯電話の料金その他の提供条件に関するタスクフォース」、2016年の「モバイルサービスの提供条件・端末に関するフォローアップ会合」を経てMVNOの支援策は出尽くしたと言われるが、細かな課題はまだまだ残っている。

この記事はタイトルはともかくとして、MVNOに対するMNOが色々抵抗をしているみたいな
所やそれに関する課題を挙げています。

タイトルのせいでどうもMVNOに情弱客が釣られてトラブルになっている的な受け取られ方をし、
ツイッターではそれに対しての突っ込みをたくさん見かけました。

いや、別にそれでいいと思いますよ。
この記事のタイトルに釣られ、記事の内容と違ってはいても色んな意見が見られた訳ですから。
というわけで、私はMNOとMVNOの中の事情に関しては別にどうでもいいことにします。

でもちょっとだけ。
現状MVNOは600社あるということで過剰な勢いで増えすぎました。
黒字になっている所は何社ほどあるのでしょう?
プラマイゼロレベルなら結構ありそうですけどね。

私は以前から書いている通り、このMVNOの状況は歓迎しています。
ただ、ツイッターの指摘で多かった素人騙しな宣伝になっているのはちょっと考える必要があるとは思いますけど。


私的にはMVNOが流行ってきて問題点の可視化が行われているように思います。
なのでこの状況を歓迎しているのです。

MNOが大金を販売奨励金を積み上げて、そこにiPhoneを付属して配っていた時は私がほぼ
孤軍奮闘的にAndroidユーザーや旧来型端末のユーザーからの搾取だとして採り上げていました。
徐々にそのことが問題視されつつも、あまり大きなうねりにはつながりませんでした。

何故ならそこそこのシェアと大金を持っている所の圧力が有ったからです。
圧力がなくとも色々と忖度(w)が有った結果、大手が複数のメディアが同時に報じるような
大きな流れにはつながりませんでした。そりゃ誰も大きな力を持つところにわざわざ
睨まれたくはないでしょうしね。


でもMVNOは中小企業が600社、勿論大手も含まれますが、その事業が本業というわけでもなく、
アップルのように全力で都合の悪いものを潰しにかかるということもありません。
MVNOユーザーは、アップルファンのようにとんでもない熱量を放って私のような都合の
悪い存在を攻撃しに回ることもあり有りません。

そんなわけでMVNOは問題点が簡単に可視化されるなと感じました。
アップル製品が対象の場合は問題がなかなか見えてこない・・・というか、各所がスクラムを組んで
意図的に問題を隠すのですけどね。

私としてはMVNOとiPhoneが組み合わさると、MNOで色々あった問題が、かなり改善すると
考えています。本来MNOで行うべきだったパケット単価を下げると事と、端末に対して
異常な販売奨励金を付けることが相当改善されると思われるからです。



ただしMVNOではなく大手キャリアのサブブランドの場合はこの限りに有らず。
これ総務省を嘲り笑う大手キャリアの笑い声が聞こえてきそうです。
サブブランドにもやらせて隙間を埋めるわけね。

ワイモバイルとUQ「iPhone SE」で3万円商戦激化 ~ 毎日新聞プレミア
このiPhone SEを取り扱うことを表明したのが、格安スマホの市場で火花を散らす、ワイモバイルとUQモバイルだ。ワイモバイルはソフトバンク、UQモバイルはauのサブブランド。どちらも、これまで、iPhone 5sを販売しており、学生を中心にヒットしていた。大手キャリアーほどの比率ではないが、ワイモバイル、UQモバイルともに、iPhone 5sは販売数の3~4割を占めていると見られる。

これって大手キャリア主導なのか、アップル主導なのか分かりませんが、何としてでも
一台でも多くiPhoneを売りたいなというエネルギーだけは感じます。
まあSEでも実質価格で3万円なので、過去ほど酷いことは有りませんが。

で、ここがポイント。

 「iPhone 5sは販売数の3~4割を占めていると見られる。」

つまり、6~7割はAndroidってことね。
iPhoneを少しでも売れていることにしたい石野氏が言っていることですから多分間違いないのでしょう。



で、多くの人が挙げていた問題点。
MVNOでは大手MNOで行われている充実したサポート類が受けられないこと。
そんなの自己責任の範囲だし、それが必要ないという人まで強制選択させられていた訳です。
手取り足取りのサポートが必要ない人がMVNOを選ぶ分には特に問題は有りません。

手取り足取りサポートが必要な人はMNOを選べばいいだけです。
現状はサポートが必要な人がそこの切り分けが出来る情報が余りないのです。
「安い安い」だけが前面に謳われた広告ばかりですしね。
その内「用法容量を守って・・・」みたいな、正論を地でいったうざい注意書きが宣伝文句に
強制されそうな気がしてとてもアレです。

何にしても、MVNOの問題は、私が書かなくても多くの人が問題にしてくれるわけで私は放置です。
最近は認知されてきたとはいえ、なかなか深くまで切り込んでくれる人がいないアップル問題を私は
突き進むのみです。しばらくおいでになられなかったアップル信者の方々が最近積極的においで下さり、
色んな形で荒らして賜っておいでおいでくださっております。

ガンバレ。



そんなわけで、大手キャリア(MNO)のクソな姿勢。
暗にMVNOに対する嫌がらせ?




SIMロックは解除しなくてもMVNOでも使えますけどね。
私も面倒くさいと思ってホームページからの解除を諦めたことが有るので、ドコモの作戦は
大当たりなのでしょう。だからこそ私はMVNO推進を余計に謳うわけですよね。
なんでドコモ(大手キャリア)ってそういう所でわざわざ敵を作るのでしょうね。

客の心証を悪くすれば必ず自分の所に返ってくるのですけど。
一時的には防げたとしても。


私がスマートホンの時代になって、余りドコモの肩を持たなくなったのは、折り畳み携帯が全盛で、
i-modeブラウザがメインだった頃、100Kbyteの制限をなかなか外さなかったことが少なからずの
影響を与えています。その後のクソアプリ騒動で更に加速しましたが・・・w

その頃には既に私に限らずスマートホンが伸びる事が予想できていたわけで、「何時まで100Kbとか
眠たい制限を課しているんだよ!!!」と私は新機種が出るごとにぶち切れておりました。

その反動のお陰で今のMVNOの急激な伸びが有ったので、怪我の功名と言えなくもないのですが、
しかしながら先が見えていない大手キャリアの状況がいいとは言えません。

  1. 2017/04/17(月) 19:07:54|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Googleはインド偏重型、日本は結構後回しですよね

Google、インドキャリア向けにPixel / Pixel XLでのVoLTE・Wi-Fi通話をサポート ~ juggly.cnn
Google がインドで LTE モバイル通信を提供している Reliance Jio 向けに Google Pixel / Pixel XL で VoLTE と Wi-Fi 通話をサポートすることを公式 Twitter アカウントを通じて明らかにしました。
米国ではキャリアモデルでこのような特別対応がとられていますが、米国以外でこのような対応を行うはかなり異例です。

Googleは以前から比較的にインドに力を入れています。
これはCEOがインド人であることが大いに影響していると私は考えています。

中国に対してのアンチテーゼとも思えなくはないですが、単にCEOのピチャイ氏の
命が出ているだけかも。

それはいいのですが、そのピチャイ氏は日本に余り興味が無さそうに私は思います。
NexusにしてもPixelにしても、日本は割と後回しなのですよね。

なので日本でのAndroidは今一つパンチ力を欠いていると私は感じています。


日本のIT関連の機器を考えるなら重要な市場だと思うのですけどね。
どうも私はGoogleの日本への動きは今一つ納得できない所が有ります。

アップルが死に物狂いで日本に力を入れているのとは対照的です。
というか、アップルの動きが効果を意外と出している理由が、Googleの日本での動きの鈍さも
少なからず影響が有ると考えています。

  1. 2017/04/17(月) 18:55:24|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

クアルコムがアップルを提訴、半導体ライセンス不払いに対抗

QualcommがAppleを反訴、半導体ライセンス料の問題で ~ IT Pro
米Qualcommは現地時間2017年4月11日、半導体ライセンスを巡り米Appleが同社を訴えている問題で、Appleを反訴したことを明らかにした。
Qualcommは、「当社の基本的な携帯電話技術なくして、Appleは自身を世界で最も利益性の高い企業たらしめるiPhone事業を展開することはできなかった」と述べている。
Appleは1月、Qualcommが半導体のライセンス料を過剰請求しているほか、リベートの支払いを保留していると主張し、Qualcommを提訴した。

アップルのライセンス料不払い騒動。
もう何社目か、アップルは特許料やライセンス料の不払いをあちこちの企業に行っています。
以前はノキアでしたっけ?

特許やライセンスを無視していれば、そりゃ利益が上がるでしょう。
2億台売って一台当たり100円の特許料を無視すれば200億円の利益が湧き出てきます。

でもそういう姿を「企業が利益を追うのは当然の行為」とアップルを応援する側の方が
主張したりするのですが、私はこういった利益の出し方はちょっと違うだろうと思うのです。


それでもアップルの肩を持つ方がいるのは諦めるしかないですが、私は根気よくアップルの
悪事を追求していきたいと思います。
クアルコムには携帯・スマートホン業界の為にも頑張ってもらいたいものです。

  1. 2017/04/12(水) 22:13:23|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

Windows Vistaのサポートが終了

Microsoft、「Windows Vista」のサポートを終了 ~ 気になる、記になる…
Microsoftは本日4月11日をもって「Windows Vista Service Pack 2(SP2)」のサポートを終了します。

12日になった現在では「終了しました。」になってしまいましたが、Windows Vistaのサポートが完全終了。
サービスパック2にすることでここまで生きながらえてきたのですが、それでも発売後10年を超えて
続いてきたサポートが完全に終了しました。

出た当時はハズレOSとして名を上げましたが、Windows 7で名誉は回復。
お陰でVistaを利用している人は比較的少なかったのではと思います。

私の知り合いはお店でVistaを使用しており、先日メンテを頼まれた時にPCを見てい見ると未だに
Vistaを現役で使っておりました。

その理由はほとんどの作業がスマホに移行し、PCを開くことが少なかったので、
PCを買い換える程でもなかったとのこと。

このサポート終了に先だってChromeブラウザがVistaのサポートを終了したり、
マイクロソフトもIEの対応を捨てていました。

なので実際にはもうかなり前からVistaは虐げられた環境だったので、使用を続ける
こと自体がかなり困難になっていたと思われます。

Vistaのサポート終了がほとんど騒がれなかったのは、元からこうしてほぼ使えない
状態に追い込まれていても話にも上がらないほどの人しか使っていなかったと
いうことが原因でしょう。

よほど割り切らないとウェブアクセスですらままならないぐらいめちゃくちゃな環境で
Vistaユーザーは使い続けていたことになります。私は当該のお店のメンテに
行くたびにVistaの扱いのひどさを実感していました。

そのお店のPCをWindows 10に上げてあげようかとも思いましたが、RAMが2GBしか
なかったので、それもままならず。結局は買い換えるとのことらしいですが・・・。


声はほぼ聞かれませんが、恐らく他でも同じことは幾らかあると思いますので、
それらは一斉に買い替えになるかなと思われます。もちろんVistaレベルの話なので
小規模ではあると思いますが、微小なPCバブルになると思いますが・・・。

  1. 2017/04/12(水) 19:38:00|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

iOS10.3.2beta2に一旦削除した32bitハード向けコードを復活、iPhoneの話題を維持するためにおちょくられるファン達

Apple、開発者に対し「iOS 10.3.2 beta 2」をリリース ー 「iPhone 5/5c」と「iPad (第4世代)」も引き続きサポートへ ~ 気になる、記になる…
「iOS 10.3.2 beta 1」では「iPhone 5/5c」と「iPad (第4世代)」向けの復元ファイルが用意されていない事から、「iOS 10.3.2」ではこれらのデバイスをサポートしない可能性出てきていましたが、「beta 2」ではこれらのデバイス向けの復元ファイルも用意されており、「iOS 10.3.2」でも引き続きこれらデバイスはサポートされるようです。

beta 1で32bitデバイス向けのコードが削除されていて話題になりましたが、beta 2で復活。

観測気球を上げているのか、それとも話題の維持を目論んでいるのか。
どちらにしろ意図的に話題を提供し、Androidの話題一色にはさせないように
手を打っているのだろうと思われます。

アップルの話題提供ってこういったスマホやタブレットの本質とは違った所での
部分が少なくなく、考えようによってはおちょくっているとしか見えないこともあります。

先の記事でも触れた所ではありますが、いいタイミングでアップルが動いてきましたので、
アップルの動きの再確認しておきたいなと思います。

  1. 2017/04/12(水) 19:28:00|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。