鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

【Android Developers】伸び悩むNougat、去年までとは段違いのシェアアップの遅いOSに

Android Developers発表の2017年01月31日~2017年02月06日段階のAndroid端末のバージョン毎のシェアです。




Android Developer

前月データはこちらの記事へ

今回の数字を見ると今までと違い、2月になっても新バージョンのOSのシェアがあまり上がってきません。
Nougatはかなり早期から準備されてリリースされたものであるにも関わらずなのに。
Googleとしてはもう最新OSの数字を追わなくしたのかもしれません。

先の記事で、Vulkanに関して各位より突っ込みを頂いたように、どうもプロセッサを含めた上流から下流迄の流れを
通貫させないといけないという事情も有るのでしょう。
Nougatに移したいけど移せない事情がどうもこの辺に有るような無いような・・・。

私はゲーム業界ハマっているのですから、もっと一気に移行させるべく動くものだろうと
思っていたのですが、全く違う動きになってしまいました。

それと、KitKatで大きなしこりが出来ています。
これは予想できたことですが、ARTに移るのが嫌なDalvik VMを使いたい層が、
一定数ここで居残っているのです。

またここはSnapdragon 800/801という名プロセッサを搭載した端末が有り、Lollipopから
Mashmmalowまでバージョンアップされた端末も有りますが、KitKatで止まった端末も有ります。
またそのひとつ前のAPQ8064の辺りからの端末もKitKatで止まっているものも有ります。

ここは抵抗ラインとして一つの山となる場所です。
Lollipopになるとその抵抗もゆるむと思うのですが、しかしメモリリークなどの問題の多かった
Lollipopも、ARTというVMの実行環境を持っており、それがそこそこアプリの高速化に有効に
働く所が有ります。

特にループ処理などでの大量のデータを扱う場合、ARTはものすごい力を発揮します。
逆にAPIをガンガンよく化けのようなアプリの場合はDalvikでもARTにほぼ遜色のない
パフォーマンスを発揮してくれます。

つまり、重いゲームをするようなことでもない限り、Dakvikで何ら問題なくほとんどのアプリを
実用的に使うことが可能になっています。その辺を押さえておく必要があると思います。

OSとしてはLollipopよりも出来が良かったとも言える部分も有るだけに、しつこく使い続ける
人がいるのも納得です。しかし端末的にはLollipop時代のものの方が32bit黄金時代の
端末が多くあり、その差でLollipopの方がしぶとく使われることになるとは思います。

どちらにしても、端末の出来がどんどん良くなってきているので、新OSに移行する
人がどんどん減っているのは間違いないと思います。

ただ4.4のピークは2015年4月、5.xのピークは2016年2月と、ピークが2か月前に動いており、
4.4の方に大きな抵抗ラインが有ったことがうかがえます。

たったの2か月だけですが、Lollipopの下がり始めはKitKatよりも早くなっており、Lollipopは
減りが加速しだしたらかなり早くシェアを下げていきそうに思います。
恐らく32bitハイエンド層の大半がLillipopとMashmallowに散っていると思われますので、
32bit機が何処まで使われるかということが関連してきそうに思います。












  1. 2017/02/16(木) 02:46:41|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

iPhone 7シリーズの塗装禿げ問題は今のiPhoneの品質全体の可視化に過ぎず、全体の品質が低いせいだと思います

ショック!!iPhone7/7 Plusブラックの塗装ハゲ報告が相次ぐ ~ iPhone Mania
iPhone7/7 Plusで追加され、人気カラーとなったブラックですが、塗装がはげたという報告が相次いでいることが明らかになりました。

■iPhone7 Plusで特に目立つ?ブラックの塗装はげ
Appleのサポートフォーラムに、iPhone7/7 Plusのブラックモデルで、特に周辺部で塗装がはげ始めたとの報告が何件も寄せられています。同じくカラーラインアップにブラックがあったiPhone5でも、発売当初同様のクレームがありました。

きちんと新品状態に近い状態を維持していたら、確かに綺麗な黒光りしていますよね。
iPhone 7シリーズのジェットブラック。

でもずっと見ていると、高級感のある黒というよりは、なんとなくプラスチッキーな黒にも
見えてくる時が有ります。特に傷が入っていると急に安づくりに見えたり。

iPhoneは昔から色々難を指摘されてはきたものの、ジョブズがいる時代はまだデスグリップとか、
割と予想もしない使い方の類をされた時に出るボロだったりして、その商品としての見た目等に
直接影響しない部分の話でした。

しかしジョブズがいなくなると、尻ポケット曲がり問題や、今回の塗装禿げ問題などのような、
根本的な品質の低さが問われることが多発するようになったように思います。
ソフトウエアではパチンコガンダムなどのようなものもそうでしたね。

マップが根本的に使い物にならないという、前代未聞の問題と一緒に新製品が発売されたと
いうとんでもない事態を生み出しました。



ジョブズが絡んでいたiPhone 4と4sまではまだ見た目に重厚さは有りましたが、5以降は
重厚さは全くと言っていいほど消え、完全に別のデザインに突き進んでいきました。

その他いろいろな品質もそれに沿っているように思います。
パチンコガンダム然り。

このジェットブラックの塗装禿げ問題は、それらと連動したものかなって気はします。


一事が万事、この塗装禿げは今のiPhoneの品質問題の可視化に過ぎないなというのが
私の意見だったりします。

そんな安づくりが、確か次は十数万円とかいう話・・・。
あ、私も”信者の高額順応”に手を貸してしまいましたね。

悪の一団に落ちてしまう・・・気を付けないとw

  1. 2017/02/15(水) 03:40:36|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ARMの決算がソフトバンクによる買収後の四半期に急上昇、見よ!これがソフトバンクの技術力だ!!

なかなか面白い情報が出てきましたので触っておきます。

ARM、ソフトバンクによる買収後の四半期売上が急上昇! ~ iPhone Mania
iPhone向けチップの設計などを行う英ARMの、2016年第4四半期(10月−12月期)の売上が、前年同期から44%も伸びていたことがわかりました。これは2016年7月のソフトバンクによる買収が理由だと考えられています。
ARMは2016年7月に、ソフトバンクによって3兆円を超える金額で買収されました。9月に買収が完了、完全子会社化されており、第4四半期はソフトバンク傘下となって初の四半期でした。

ソフトバンクが買収した直後の四半期、ARMの売り上げが急上昇したとのこと。
ではこの10月~12月期に何が有ったのでしょう?

クリスマスシーズン等の商機に向けてスマートホンの発売などが集中するのですが、
しかしARMはその中に入っているプロセッサのコアの大元をライセンスしているわけです。
となるとスマートホンの販売数とは直結して売り上げが変化することは有りません。

スマートホンメーカーがドカンと大量に売るとコミットし、例えばクアルコムやMediaTekに発注が行き、
その発注をもらったプロセッサメーカーがARMにライセンス料を支払うわけですが・・・。

基本的にはプロセッサの生産か出荷のどちらかに、ライセンスは連動する訳ですが、
プロセッサなんて、端末が発売される半年以上前から遅くても3か月前には納品を受けるものです。

あれ?

なんで10月-12月の売り上げが急上昇するんだよ!!








まあそういうことです。

それっぽいタイミングにというか、ソフトバンクが買収完了と同時に売り上げを上げておけば
買収した側の印象が上がりますわな。

本来はその時期に売り上げが上がる理屈なんて特にないわけですが、ソフトバンクが会計を握ると
なんとまあ自由自在に売り上げが意図も簡単に上がるわけです。

逆の視点を持てば、それでもなお売り上げが上がらずにお荷物になったスプリントがどれだけ
クソだったのかも明らかになったといえると思いますが・・・ww


見せてもらうか、ソフトバンクの技術力とやらを!

ええ、ソフトバンクの詐欺的な技術力をいやというほど見せてもらいましたよ。
ええ、素晴らしい技術力です。

ソフトバンクの技術力は素晴らしいです。

ええ、素晴らしいですよソフトバンクの技術力は。

もう言うことのないぐらいソフトバンクの技術力は(以下略    ←いい加減しつこいw



ソフトバンクの手にかかれば財務諸表の見かけを変えることはお安い御用ということが良くわかりましたね。

ドコモやKDDIの決算と、ソフトバンクの決算をまともに比べてはいけないことがよーーーーーく分かったと思います。


それにしても、ソフトバンクの技術力・・・mmm

  1. 2017/02/14(火) 20:23:01|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

AR技術に夢見るクック氏、実はiPhone右肩下がりの状況なので次の商材を探してるだけじゃないの?

Appleティム・クックCEO「ARはスマートフォンのように偉大なアイディア」 ~ iPhone Mania
Appleのティム・クックCEOが、英メディアThe Independentのインタビューに、「AR(拡張現実)はスマートフォンのように偉大なアイディアだ」と語っています。

さらに、以下のようにARへの期待を語っています。
ARは、スマートフォンのように偉大なアイディアだと思います。スマートフォンは皆に向けたもので、iPhoneも特定の市場向けではなく、皆のためのものです。
私は、ARはスマートフォンと同じように巨大な市場に向けたもので、多くの人の生活を改善し、楽しいものにできると考え、ワクワクしています。
AR技術がメインストリームになれるほど良いものか、検討すべき点もあります。それでも、私は、ARが人々の日々の生活、現実世界の出来事を助けられると思っています。

ティムクック氏は、「VRは色物だけど、ARはマス市場向けで素晴らしい技術(超訳?)」と言ったそうです。

私はそうは感じません。
ARもVRも確かにこれから利用される技術だと思います。
ただそれは個々に得意分野を持ち、それぞれの場所で使われるだけの技術になるだろうと思っています。

VRはシミュレーションや疑似体験等、ARは人間の視覚補助や情報ツールに。
まあまだこれからということろも有るので、まだまだ予想されていない使い方も出てくるとは思いますが、
だからと言って「スマートホンレベル」で利用されるものにはならないだろうと思っています。

ARの巨大市場と言えば乗り物への応用が一番でしょうか。
でもこれは今に始まったものではなく、戦闘機のHMDで使われ始めたように、昔から利用されて
きた使い方です。それが車に応用されるというのは十分に考えられる話です。
というか、フロントウインドウにメーターや情報を映すとか、既に有りますね。

ARの一番の活躍はこういった使い方じゃないでしょうか。
スマホをビルにかざしてトイレを探すとか、私はそんな使い方が一般化される未来は余り期待
していませんし、それが便利な世の中とも思っていません。場所を示すのは2Dマップで十分です。


情報も含めて、何でもかんでもリッチ化ばかりがいいわけではありません。
例えばスマホのトップ画面を見ても分かるように、リッチ化したアイコンは最終的にはフラットデザインに
移行し、iOSでは7以降からそうなってしまいました。結局情報のリジェクションが行われ、シンプル化
したものが分かりやすいということに気付いてしまった結果です。
いや、ごちゃごちゃしたのがウザいくて分かりにくいだけかも。

それもこれもWindows PhoneやWindows8のMetroやModern UIのお陰なんですけどね。
あのパネル化したシンプルさが、余計な情報の排除が分かりやすさを作るという”気づき”を
生み出してくれたわけです。

ならばARはゴミ技術か?

いやそんなことは有りません。
もう既に車業界によって示されたように、死角にいる歩行者の補助表示やら、人間を助ける利用法は
間違いなくあります。ただそれがクック氏が言うレベルほどには日常に溶け込んでくるとは思っていません。
あくまでも特定分野で上手く使われる技術に収まり、人が肌身離さずに持ち歩き一日何度も誰もが使う
レベルにはならないと私は思うのです。

何でもかんでも情報をリッチ化すればいいってものではないと思うのです。



例えばツイッター。

これは短い文章を書き捨てするようにすることで、より頻繁に使われるようにした文字コミュニケーションの姿です。
私はこうした限られた空間というものはより利用頻度が高まることを、過去に経験していました。

インターネットが始まる前のBBS時代に、ホストのHDD(20MBか40MB時代)が吹っ飛び、2HDのフロッピーのみで
緊急で代用ホストを立ち上げました。

勿論掲示板の数を減らし、一つの掲示板に書き込みできる数も50ポストでプッシュアウトしてしまうように
設定し、復旧までに元の1/10以下の規模の縮小運用をしました。

すると、そんなしょぼ運用にも拘らず、たった50ポスト枠を見逃すまいと、ものすごいアクセスが押し寄せました。
掲示板の名前も「XXの病室~」みたいな特別感がする名前にしたからかどうかはわまりませんが、
当時この件で限られた空間は間違いなく普通以上の利用が見込めることを体感していたのです。

ツイッターはその後文字だけの限られた空間ではなくなりましたが、しかしながら文字数制限はやっぱり
そのままで、短い書き捨て場所であることには変わりなく、その気軽さから「バルス!」とかね。
他の文字メディアでそんなことが起こった場所はないでしょう。

有ったとして「2ちゃん」です。
実況とかだと可能性あり?
でも2ちゃんも結局色々と限られた空間ですよね。
自由すぎる広大な空間って、人のイマジネーションを殺しちゃうんですよ。
むしろ制限されると人は能力を発揮する。
不思議。


ARはそういった情報のリダクションとは正反対の技術であり、例えば地図なら2Dの紙に刷られた簡易マップ
等と対極にあるものだと思います。広告ではデジタルサイネージという言葉が一時もてはやされましたが、
結局紙の手軽さから、未だに表示は全て画面に置き換えられたわけでもなく、共存共栄状態です。

ARが立ち上がったとしても、ひとつの新しい技術が追加されただけに過ぎず、その程度の利用しか
されないと思うのです。だってARが有用に働くにはそこに表示される情報の有用さが大事ですから。

どうせセンスのいいARの使い手はほんの一部に過ぎず、大半はお手軽に使えるようになった新しい
技術をセンスのない使い方をし、一時的に花開いても、その大半は枯れていくだけの技術の一つで
しかないと思います。仮に一番流行ってもその程度。何を透過させるか、そのセンスが大事なのです。

便所の位置なんか入口で配ってるパンフレットの会場マップの簡易地図で十分なんですよ。
地図が無ければそこらに立っている係員でもいいです。
別にその情報はARからでなければならないという理由は有りません。

医療応用ではその人のMRI等で得られた情報を透過して手術の補助?
そんなのも考えられますが・・・一般人はそんなものは使いませんね。


クック氏はどんな未来を描いているのかは分かりませんが、私にはスマホレベルのアイデアとまでは
感じられません。

確かに有用な技術ですよ。

でも元ネタとして、紙に絵を透かして透過して写し取るなんてのが何十年も前からあったように、
技術としては昔からいろんな形で応用されてきた考え方なんですよね。

まあスマホだって通信機能を持ったコンピューターを如何にして持ち歩くかという、誰もが夢を
見ていたものが実現しただけ・・・と言えばそうなのですが、そのUIに関してはジョブズ様様ですけどね。
旧来から既に日本のアニメなどでは示されていた考え方では有りますが、自然なアナログ操作を
綺麗な一連の体系に整理して手のひらに載せたのはさすがかなと。


でもやっぱりARは何もない所に新たなものを生み出すものではなく、今までの上に補助を載せるだけ。
そこから脱却できるのか否か。
しかも誰もが使いたいと思うほどセンス良く。
私はちょっと難しいなと思っています。

私にはクック氏の発言からは、「お願いだから、次の商材に育って」という悲鳴しか聞こえてきません。

残念ながらね。

  1. 2017/02/14(火) 03:25:47|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Z3Cへの環境移行でついでにセキュリティーパッチは2016年12月へ、その他まあ色々有りますわな

XperiaTM Z3 Compact (SO-02G)を利用を始めたものの、SIMサイズの違いから、しばらくは
Z1 (SO-02E)のテザリングで併用していましてが、うまく切り替えのタイミングが取れたので、
SIMサイズを変更ついでにU-MOBILEからエキサイトモバイルにMNPしました。
MicroSIM 1枚からNanoSIM 3枚へと変更。

一契約で安価に3枚のSIMを発行できるのがエキサイトモバイルの特徴だったのでこれを選択しました。
他にも二枚以上を一契約で契約できてパケットもシェアできるところは何か所かあったのですが、
エキサイトモバイルが私にとって一番使い勝手的によかったのと、同時に処理すれば何枚分でも
手数料は3000円で済むとか、色々価格が良心的だったのでこの選択になりました。

本当はU-Mobileをそのまま利用するつもりだったのですが、客センに問い合わせた結果、
U-Mobileは複数SIMを発行させるようにする気が無いということでしたのであっさりとMNPが決定。
行き先を吟味するのに時間をかけていました。Z3Cにするのは急いでいなかったということもありますが。

初めはOCNも候補にしていたのですけどね。
じっくり調べたらそんなに大手やNTT系というメリットも大してなさそうだったので、
もう旧来から生き残っているウェブ系の企業でもいいかなと。
まあヤフーに絡むよりも100倍いいってことで(;´∀`)

そろそろMVNOの信頼性の判断の仕方も分かってきたので、私個人の企業イメージ的には
決していい訳ではないのですが、信頼性的にはもう問題ないだろうという判断でここにしました。
どうしても信頼性最優先の場合にはドコモ純正の折り畳み端末回線が有りますしね。
スマホはもう電話よりは99%データ回線利用目的ですし。
スピードは速くなくてもよくて、最低限以上の速度を安定して出てくれていれば問題はないので。

ちなみにエキサイトモバイルは自分で200Kbpsの低速モードに制限して、パケット消費をしない
設定も出来るので、節約志向の方は結構ありかも。低速モードでも転送直後はバースト転送で
ドカンと高速転送するので、低速モードで試してみても200Kbpsをあまり感じさせませんね。
テキストだけでなく、小さな画像ならバースト転送付きの低速モードで十分って感じですね。

今のMVNOのMNPって、自分で旧キャリアとの切り替えタイミングをWEB設定で決められるので、
非常に有難いです。その代わり切り替え時間が数時間しかないので、MNP時に移動前と移動後の
両方の月額が必ずかかってしまうという問題は有ります。ちなみに今回はWEBでMNPの切り替えを
したら2時間程度で切り替わりました。


そんなわけで、この土日にZ3Cを完全メインに昇格させたついでにOSのアップデートだけ行っておきました。

 

この1月26日にZ3Cのアップデートが出ていましたので、それにアップデート。
ビルドは23.5.B.0.303 → 368にアップ。
カーネルなど色々更新されているのは主にセキュリティー関連だと思われます。
ドコモの説明のページにその辺りをきちんと書いてもらいたいですね。

スクショの音が鳴らないのが修正されているとか、どうでもいい誤魔化したことしか書いて
いませんが、アップデートする人の大半はセキュリティーパッチレベルが何年何月に
なるのかということがほぼ全てだと思います。ドコモはこういったところがクソですね。
新しい端末だと他キャリアでは誤魔化すところも多い中、きちんと書いている方なのに。

そんなわけで、セキュリティーパッチレベルが2016年5月から2016年12月に上がりました。
2016年5月で更新はもう終わりだと思っていただけにこれは有難い。

ChromeもWebViewも勿論最新にして有るので、当面のセキュリティー的な問題はほぼ解決済み。
さすがにZ5やXPをアンバサダープログラムで触らせてもらっているだけに、旧端末だと感じる
所は端々には有りますし、新しい目の端末と違いを感じるパフォーマンスが無いわけではありません。

初代Zを触っていると最新端末とは初めから比較対象に無いと思っているので操作したとおり
ストレスなく動いてくれていればそう不満は無いのですけど、Z3Cのように下手にそれなりの
パフォーマンスがある端末を触ると、最新端末と比較が入ってしまいます。
Z3Cに対して特に不満がないだけに難しいもんです。(--;)

そうは言っても初代Zよりは明らかに快適になったZ3Cで、更にセキュリティー的にも問題が
なくなったので、安心して使えるようになりました。


そういやおまけが有りました。



ドコモはこれも書くべきだと思うのですけどね。
まあiDやらなにやら抱えているドコモからすると積極的に宣伝したくないでしょうけど。


個人的にはタイミング的にすぐには使えないですが、Edyはそのうち使いたいなと思っていますので、
タイミングが合った時にAndroidPayの設定をしようかなと。
AndroidPayを選ぶのか、ネイティブおさいふの楽天Edyを利用するのかはギリギリまで考えるとして。



ただ、やはりrootを取らないで利用すると、要らないアプリの削除が面倒ですね。
名前との対応を調べるのが面倒なので、出来るところまではある程度アプリは削りましたが、
まだまだ完全ではありません。

>adb shell pm hide com.nttdocomo.android.store

アプリ画面でアンインストールしたり、手動で無効化できるものは頑張って無効化したり、
して対処してきましたが、上記のようにadb shell pm hideコマンドを発行して消せるものは
消してしまいたいと思っています。

既にいくつかアプリを消しているのですが、だんだん面倒になってきたので、
adb shell pm hideでもある程度消して放置しています。
中にはadb shell pm hideが効かずにadbでも消せないものも存在して、困る所も有りますが、
それでもadbが使えた方が消せるものが増えるので出来るものはそれで消しています。


あと、私はLINEは絶対利用したくなくて反発していた人なのですが、世間の流れでどうしても
利用せざるを得なくなり、Nexus 7で利用したのですが、結局スマホに導入しないといけなく
なってしまいました。

GXやZでスマホにLINEを移行させ、何とか電話帳だけは送らずに利用だけしています。
どうせ他のメッセンジャーアプリも併用していますので、利用はLINEだけではありませんし。
あちこちにばらけていて面倒ですが、色んな仲間がいるので仕方ないです。

そこで問題になるのはつながりと過去ログ。
LINEの移行って、桁外れに面倒ですよね。

クソみたいな機能しかないくせに、面倒ばかり多くてログの一括移行機能すらない。
iPhoneだとここはアプリのデーター事移せるからそれすらなくても成立するのでしょう。
某ベッキーやそれで死亡したようですけど。

個人やグループと数十程度は保存無いといけないログが有るのに、新端末に移行するには
バカみたいな手間をかけさせられる。早くこんなスパイウェアは無くなって欲しいですね。
今後もLINEの撲滅の為に色々な反対していこうと思っています。

Googleがもっとマシなメッセンジャーアプリを出してくれれば・・・と期待していたのですが、
またまた語呂の悪いAlloなんていう、ネーミングからもう流行る要素が感じられない
モノが出てきました。しかも人口無能がどうとかこうとか・・・誰もそんなもの求めてないww

早くRCS 2.0が標準になって、LINEやその他メッセンジャーを代替するようになって欲しいなと
考えております。これで電話番号ベースでニックネームや本名ををかぶせてやり取りできる
ようになればいいなぁ・・・と。さっさとくたばってLINE。

GSMA、AndroidにおけるRCSサービスの共通化・標準化を目指すプロジェクトのローンチ、Googleと47の携帯事業者らが参加 ~ juggly.cn
Sprintが販売するAndroid端末に「次世代のSMS」、RCSを導入するとGoogleが発表 ~ TechCrunch
カナダでもGoogle メッセンジャーによるRCSメッセージサービスが開始
「Googleメッセンジャー」がRCSを公式にサポート、Sprintが新たなメッセージサービスを開始


私がZ3Cから次の端末に移行するぐらいには現行のメッセンジャーツールから移行したくなるような
出来のツールになっていて欲しいなと思います・・・が、いったん出来上がったメッセンジャーコミュニティーを
崩してまで移行するってのは、相当大変なことなので、相当出来た良かったとしても、移行には5年10年単位
でかかりそうですけどね。

  1. 2017/02/12(日) 23:24:59|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Xperia Z5/Z4tab/Z3+のAndroid 7.0アップデートが再開もVulkan・マニュアルシャッタースピード・フォーカス機能はサポートされず、Zシリーズは切り捨て?それとも7.1.1サポートの布石?

Xperia Z5など、Android 7.0アップデートが再開された後でもVulkan APIとマニュアルシャッタースピード・フォーカス機能は非サポート ~ juggly.cn
しばらく停止していた Xperia Z3+、Xperia Z4 Tablet、Xperia Z5 シリーズの Android 7.0 アップデートがようやく昨日(9 日)再開しましたが、配信が停止される前から指摘されていた Vulkan API とシャッタースピード・フォーカスの手動調節機能のサポートは再開後も見送られたようです。

Z5向け、Android 7.0の配信が再開されたとのことですが、どうも完全な形のAndroid 7.0としては
出てこなかった様子。カメラのマニュアルシャッタースピードやフォーカス機能、まあこちらは
100歩譲って我慢するとして、Vulkanがサポートされていないとか、さすがにダメでしょう。
OSの区切り的にはAndroid 7.0を搭載した機種は全てVulkanが動くようになっていなければ、
アプリを開発する所に余計な負担がかかるわけです。
カメラの機能がともかく、有って当たり前の物がないのは犯罪に近いものが有ります。

こうなったのも色んな事情があるとは思いますが、なんとなく私が予想するに、今のソニモバは
人手が足りていないのではないかなと思わせる節がぽつぽつと見え隠れしています。

もしかして社内的に難からのリストラをしたとかそんな事情なのでしょうか?
それともXシリーズの新機種の開発に手がいっぱいで、今更Zシリーズのメンテナンスに手を
割けないという事なのでしょうか。
単純にAndroid 7.1.1のアップデートを出すために7.0に手をかけるのが打ち切りということでしたら、
それで全然OKなんですけどね。


本格的な人手不足ならZシリーズの切り捨てもやむなしという所は理解できなくもないですが、
その分の今後の成果物で答えてくれとしか言いようが有りません。Zシリーズ切り捨てするわ、
成果物は今までと似たようなものしか出てこないわだったらもう見捨てるユーザー続出と
いう事にもなりかねないですね。

憶測でしかありませんが、私には関係ないアップデートとは言え、ちょっと気になる出来事でした。

  1. 2017/02/11(土) 19:17:08|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「新型iPhoneは高くなります」毎年行われる”信者高額順応の義”がまさかの2月早々に行われる・・・生産300%増の祈りは次々期モデル生産開始次期に突入後?おいこら舐めとんのか

「iPhone8」の価格は12万円超!?OLED採用でコスト上昇、円安も影響か 〜 iPhone Maia
iPhoneの10周年記念モデル「iPhone8」あるいは「iPhone X」は、有機EL(OLED)ディスプレイ採用によるコスト上昇のため、1,000ドルを超え、iPhone7 Plusよりも割高になる、と報じられています。

きましたね、iPhoneの値上げの話。
アップルのやり口はもう例年通りでやり方がわかってきました。
こうして事前に”ちょっと高め”の値段を噂として流しておき、
実際発売されるときはその噂での感触よりは安めで出す。

ちょっと覚悟していたファンからすると、「なーんだ」で済ませるように仕向ける。
毎年このパターンが繰り返されている規則性が見えてきました。

”高め”の値段をリークする手段は色々で、例えば中国のどこぞの存在するかどうかも
分からないようなショップの元ベースの価格リストだったり、その方法は色々ですが、
それもいつもは夏や発売直前の話だったはずですが、今回はこんな早期から高値の
話が流れてきました。

やっぱりそれなりに利ざやを稼がないといけないので、早期から”高値順応”させて
おく必要があるのかもしれませんね。そのぐらいアップルの収益性に問題が出て
いるのかも。

先日利益集中型でピークを稼いだ決算発表の効果もいつまで投資家や経済界に
対して持ち続けるかという問題もありますし。
今季の言い訳のもう一つは「日本だけ+20%」の好成績でしょうか。

”日本だけは”どうしても死守しないといけませんからね。
世界的にも日本は特殊市場と認識されているでしょうから、日本が崩れたらそれこそ
「あの日本ですらもう持ちこたえることが出来なくなった(=アップルはもう終わり)」
の印象への傾倒はもう避けられませんからね。
なのでなんとしてでも日本の数字を作りにきたのでしょう。
台数ベースではなく、売上での+20%が臭くて臭くて仕方ないですが・・・。

まさか、異常に高価なiPhoneを売ったことにして、差額を販売奨励金で返したとか、
そんなクサ手を使っていなければいいのですけどね・・・w



あとこれもついでっぽいなぁ・・・。
何回にも分けて小出しにするのが面倒で、一度にばらまいてるのかな?

iPhone8の量産開始、6月に前倒しか〜生産見込み台数も300%増に 〜 iPhone Mania
Barron’sが調査会社BlueFin Research Partnerから得た情報によれば、AppleはiPhone8の量産開始時期を例年よりも早い「6月」に前倒しする準備を進めているようです。ただし9月発売が早められる兆しは見られない、としています。
これまで9月発売のiPhoneについては、量産開始時期は早くても7月でした。

「iPhone 8の生産を前倒しではじめるよー、でも発売日が早まるとは考えないでね〜」
アップルは会計年度末から会計新年度にかけて発売日を設定している以上、発売日は
絶対に動かせないので、変な期待はさせないように釘を指してまでして期待煽り、
もうかっこ悪すぎてかっこ悪すぎてww

なによこの「但し書き付き」の噂?リーク?
まあ出元はあそこしかないですから、別に噂の体でもリークの体でも私にとっては
どうでもいいことですけどね。

生産台数を増やすとは書かずに、生産開始時期を前倒しってところがもう・・・。
生産台数は増やさないけど前倒しってことですね?([Y]/n)

生産台数を増やすと書くと、たアナリストが莫大な数字を予想してくれて、
実際の生産数が大したことなかったら後が大変ですからねぇ。
いやいや、変な期待させずに夢を膨らまさせるって、本当に大変な作業ですね。

アップルさん、心理学者を大量に雇って頑張ってください。
これからも期待しております。


BlueFinがAppleのサプライチェーンから集めた情報によると、1月−3月期のiPhone総生産数5,000万台という予測に変更はありません。一方で4月−6月期のiPhone8生産見込み台数は、当初より300%増の900万台となっています。

4000万台が300%で1億2000万台になりました!!

じゃなくて、生産台数が絞られて、次期モデルの生産を始めるかどうかのタイミングで
300%にして900万台に引き上げるって・・・。

どうせこの頃になったら次のモデルの話で、8の生産なんて誰も気にしてない時期でしょうに。
そんな時期の生産台数をちょっと引き上げた程度で300%とか報じ(させる?)とかもう片腹痛いですわな。
このニュースで流れた話を適応するならiPhone 9の生産が始めるかどうかのタイミングと被りますねw

iPhone 7の話としてもまだ2〜5ヶ月先の話ですよ。
それを8で生産増がどうとかねぇ・・・。
アップルもよほど使えるネタのパイが弾切れしているのでしょうか。


そうそう、私がこのブログでよくプロトタイプとかがオークションで売られていたネタを
「自分で出して自分で落としてるんじゃないの?」とか書いてました。

その後オークションネタって・・・見ます?聞きます?
はーーーーい、ぴたっと無くなりましたね。
それが一つの答えと言っていいんじゃないかなと思います。

沈黙を持って答えるアップル、かっこいーーい(*´ω`*)


そもそも強烈なNDAを結ばせるアップルの看板商品のiPhoneのプロトタイプが
外に漏れるってどういうこと!?なのですよ。普通にオークションに出されたら、
システム側で削除されて普通ですわな。

何の疑問も持たずに騒いでいたメディアやファンサイトはどうなんだと・・・。


さて、アップルは上記の価格順応ネタは今後どう昇華させてくれますかね。
値上げがしたいでしょうからそう簡単にはやめられないと思いますけど。

  1. 2017/02/09(木) 19:28:08|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Pixel XL~Nexus 9まで9機種に2017年2月のセキュリティーパッチがリリース

Googleから2月のセキュリティーパッチがドカッと出ましたね。
Factory Images for Nexus and Pixel Devices

〇"marlin" for Pixel XL
  7.1.1 (NOF26V, Feb 2017)
  7.1.1 (NOF26W, Feb 2017, Rogers Only)
〇"sailfish" for Pixel
  7.1.1 (NOF26V, Feb 2017)
  7.1.1 (NOF26W, Feb 2017, Rogers Only)
〇"ryu" for Pixel C
  7.1.1 (N4F26O, Feb 2017)
〇"angler" for Nexus 6P
  7.1.1 (N4F26O, Feb 2017)
  7.1.1 (NUF26K, Feb 2017, Verizon Only)
〇"bullhead" for Nexus 5X
  7.1.1 (N4F26O, Feb 2017)
〇"shamu" for Nexus 6
  7.1.1 (N6F26R, Feb 2017)
  7.0.0 (NBD91Y, Feb 2017)
  7.0.0 (NBD91Z, Feb 2017, ATT Only)
〇"fugu" for Nexus Player
  7.1.1 (NMF26X, Feb 2017)
〇"volantisg" for Nexus 9 (LTE)
  7.1.1 (N4F26Q, Feb 2017)
〇"volantis" for Nexus 9 (Wi-Fi)
  7.1.1 (N4F26Q, Feb 2017)

がっつりPixel XL~Nexus 9まで、定番の64bit機に一斉にアップデートが来ました。
改定内容は以下の記事が参考になります。

Y!mobile、Nexus 5XとNexus 6Pに2月分のセキュリティパッチを配信開始 ~ juggly.cn
Nexus には「2017 年 2 月 5 日」版のセキュリティパッチが提供されることになっており、この中ではトータル 58 件の脆弱性が修正されています。

  1. 2017/02/08(水) 04:43:17|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スマホ需要が飽和してハイエンドも頭打ちの時代に入って業界は何を考えるべきなのか、当ブログの過去記事から考えてみる

先日の超小型端末の記事に対して、色んなコメントありがとうございます。
私が一見特殊端末と思える端末の記事を書く時が有りますが、それは実は需要先行で、
需要を見出した時に記事として触れるものばかりです。

その昔こんな企画もやっていました。

当ブログ記事
 ●【特別企画】超タフネス携帯・アイデア募集スレッド

タフネスケータイに関してのアイデア募集をしていたことが有りました。

ファッションタフネスではなく、本気のタフネスケータイの需要を感じたから行った企画です。

その後、世の中にTORQUEなんてものが登場し、グローバル市場を含めて販売されています。
恐らくかなりニッチではあると思いますが、確実にファンは掴んでいると思います。

そのTORQUEにはGalaxy Active neo(Galaxy Xcover 3)という競合が存在するほどの
需要がある世界になっています。細々とですけどね、確実に需要のあるアウトドアタフネス市場。


先日書いた横幅55mm以下クラスの超小型端末は、ここまでの需要は正直ないとは思いますが、
しかしグローバル市場を含めてみても、私が調べた限りではRAM 1GB以上クラスの端末がほぼ存在せず、
見つけたものではRAM 512MBが関の山、32bitプロセッサまでの本気のローエンド端末しか見当たらず、
良くてもAndroid 6.0までしか動きません。しかも日本では手に入りませんし、そもそも技適も有りません。
なんにしても、どう転んでも、横幅55mm以下クラスの世界ではNougatどころかMashmallowすら語れないのです。

そんなわけで、現実的に日本で使える幅55mm以下端末と言えばXperia SXがベストバイであり、
それは2012年8月発売のAndroid 4.1.2までしか動かない老朽端末なんですよね。

中にはSXよりもう一段小型端末になる、Xperia Rayを愛用し続けている人すらいる始末。
RAM 512MBのシングルコア1GHzで動作するAndroid 2.3.4でもうかなり初期の端末。

幸いにもSXもRayもバッテリーが自分で交換でき、しかも初代Xperiaでも採用されている、
超汎用品であるBA700というバッテリーを使用しているので、バッテリーだけは怪しい互換品が
中心になってしまいますが、今でも潤沢に手に入るというのが救いになっています。


もうスマホって、内部のコンピュータ部分は行きつく所まで行きついていますから、
RAMとストレージ容量さえ足りていればプロセッサなんて最低限のでいいんですよね。
性能よりもバッテリーの持ち重視、サイズ重視って人が少なからずいると思います。

タフネス市場は狙いが分かりやすい市場ですから提案しやすいですが、
超小型端末市場ってのはなかなかその魅力を伝えることは難しい。
ものをあまり持ちたくないって需要は有るのですけどね。
少なくとも私はそのアプローチです。

私のように若干の小銭と携帯以外は、カードを一枚たりとも持つのが嫌という需要も有ると思います。
出来たら小銭も駆逐できれば有り難いのですが、そこまでは言いますまい。

ランニングの為の軽装に、スマホと小銭と走る公園までの移動の為のバイクの為の免許証、
この免許証の裏書の部分が防水性ゼロときたもんだからタチが悪い。
というか、こんな重要な身分証明書を持って走りたくない。
走る時の物入れは一か所ですからね。
かといってバイクや皆でまとめた荷物の中に置いていくのも防犯上よくない。
でもスマホをウエストポーチから出し入れすると、ついでにカードを落とす可能性もある。
小銭は下にたまるからまず落ちない。
スマホのおさいふに免許証が入ってくれていれば・・・。
これを何度思ったのだろうか。

いや、勿論反対意見は有るのは重々知ってはいるが、私の需要は割とシビアな事情からの要求だったり
するし、そのせいで横着して財布ごと免許証を持って行って数万円どころではない盗難に遭った事も有る。

高性能でなくともいい、ハイスペックでなくともいい。
ただただ需要を満たすサイズで有ったり、タフネスさであったりとそれぞれが求める利用シーンという
ものが有るわけです。色々スマホにまとめられて65mm以下の小型や、55mm以下の超小型で、
今時のOSが必要十分に動くスペックが有ればそれだけでありがたい。

私の場合はおさいふ機能に免許証が入ってくれればありがたいが、今後はマイナンバーは入って
くれればという人も、出てくるかも知れない。保険証とかも。私はそこまではいわないが。
それらは生体認証が浸透し始めているので現実的なものになりつつ有るかも・・・とか思っています。

そういえば小型とは逆に、Xperia Z Ultraなんていう巨大端末も有りましたけど、
あれの後継ってどうなったのでしょうね。ある程度はGalaxy Noteや他の大型端末に逃げたでしょうけど。
でもZ Ultraも固定客が付いている端末の一つですよね。
毎年ではなく、何年かに一回、出ればそこに付いている客は買い換えてくれますね。


今のスマホはもう性能的にはそれほど求められていません。
カメラやネット環境を取り込んだように、身の回りの”何か”を身軽なままで持ち出すことが出来、
心地よいサイズ感と必要十分なバッテリーの持ちさえあれば満足できるのです。


多くの人が困っているというか、困っていなくとも内心「ウザい」と思っていたり、不安に思って
いる部分に新たな需要が有り、それがサイズであったり、タフネスさだったり、持ち歩きたくない
カード類であると私は考えているわけです。

先の記事へのレスで指摘をしている人がいる通り、ここから先はどうやっても巨大需要では
なくなっていきます。そう大きくはない所でそれなりの需要を見通して、地道に対応し続ける
ことで得られる規模ものになっていくと思います。


どっちにしても超ハイエンドの世界はもう終わりです。
プロセッサの性能アップは熱やバッテリーという限界が突き付けられているのと、
それを強引に解決してきたプロセスルールの微細化が7nm辺りでしたっけ?
分子サイズに迫っているということで、限界値にぶち当たり始めました。

もう余り伸びない方向だけに囚われていてもダメなんですよね。
しっかりと潜在需要を見極めて、ニッチであっても確実に需要が有る市場とか、
ここはうちの強みの分野という所をしっかり提示してファンをつかんでいかないと。
他社が手を引いたからこそ美味しくなった市場というものも有るはずです。
私のように免許証を持ち歩きたくないという需要も有るはずです。
私のいうおさいふ機能に色々入れられるのは、新たに端末を買わせる効果は薄いのですが、
海外から流れれくる安価やがハイエンドのSIMフリー端末へ需要が流れるのを防ぐ効果が有るのです。
攻めだけではなく、防御も考えていく必要も有るのでは・・・と。


免許証はスマホ業界だけではどうしようもないのでまあ置いておくとしても、
このままではスマホはどんどん売れなくなっていきます。
今使っている端末で、取り敢えず満足できる人が増えていますからね。

iPhoneだって5で当面満足な人も相当いるようですし、XperiaもZ2やZ3で満足と
いう人も相当にいます。そういう人は皆、壊れるまで買い替えません。

それを買い換えさせるには・・・?
壊れて買い替える時にどこから客を自社端末に持ってくるのか・・・?
そういったアプローチも必要だと思います。

それらの需要は、決してくだらないプリインアプリやチャラい国内向け機能等ではなく、
もっとその人それぞれの生活の中に、深く根差した部分にあると思っています。
私は自分が書いた過去記事を思い出しながら、「やっぱりここには需要が有るはず」と
思い返す時が有ります。

どこか、それにいっちょ騙されてみるメーカーはありませんか?
偏ったリサーチでしたらこのブログの得意分野ですので、何かしらお手伝いできますよ。

  1. 2017/02/08(水) 04:19:50|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

韓国でiPhoneのピンチ、爆発発火事故時の即時報告を求めるのをメーカーに義務付け

韓国政府、スマホの爆発・発火事故の即時報告をメーカーに義務付けへ! ~ iPhone Mania
韓国政府が、スマートフォンの爆発や発火事故の発生を早期報告し、調査開始を義務付けると報じられています。世界的リコールとなったSamsung Galaxy Note 7の二の舞を避けたい考えです。

スマホの爆発や火災事故を受けて報告を義務付けることにしたようです。
もちろんこれはGalaxy Note 7の爆発事故問題を受けての事なのでしょう。


が・・・以下を見ると・・・w

危うく火事に!!充電していたiPhone6 Plusが枕元で爆発 ~ iPhone Mania
就寝中に枕元で充電していたiPhone6 Plusが爆発するという事故が起きました。
フロリダ州在住のアマンダ・ベンツさんは就寝中、ベッドの脇に置いたナイトテーブルで、iPhone6 Plusを充電していました。
ベンツさんは夜中、花火のようなシューシューという音で目が覚めたそうです。気づくとiPhoneから炎があがっており、枕カバーや布団にも火がついています。ベンツさんの夫も目を覚まし、シーツでなんとか火を消し止めたため、大事には至りませんでした。

実際の所、今爆発を起こしているほとんどはGlaxy Note 7ではなく、その多くに
iPhoneが含まれています。ちょっと緊張を感じますね。
いったい大丈夫なんですかね。iPhoneは飛行機まで墜落させた実績を持ちますし。

当ブログ記事
iPhoneが飛行機内で発火して、航空機を墜落させた可能性が急上昇中



Galaxy Note 7を意識した韓国政府の動きなのに、裏ではiPhoneに対しての対策が
取れてしまっているという・・・。

  1. 2017/02/07(火) 02:15:06|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。