FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

東北に乗り込む#18日目

先ほど1500mほど走りこんできた。
さすがに体がなまっているように思うので少しだけ走ってみた。
ものすごい風で前に進まないところもあったがまあまあ体がほぐれた気がする。
たまには走るのもいいね。
快晴の田んぼの真ん中を通っていくのは気持ちがいいです。

ずっと無音で車にいる人なんですが、たまにはラジオを聴いてみようと1260kHzの東北放送を
つけてみました。やはり中身は今でも震災一色です。

そんな中、瓦礫の撤去作業員からの投稿がありました。
「瓦礫の撤去をしていると、やたらと県外ナンバーの車がそこら中に停車しているのが目に付くように
 なって来ました。救援車両ならまだいいが、写真を撮っているだけのようだ。
 作業の邪魔になっていることも有るしここは被災地です。もう少し考えて行動して欲しい。」
とのこと。私が先日から書いていることは実際の作業している人も同感のようです。

無音環境も頭が空に出来ていいのだけれど、しばらくは東北放送を聞いていようと思います。
国道45号の情報も橋の名前まで出して情報を言ってくれるので助かります。
地元密着の放送局ならではですね。



この日の野菜。
ここで仕入れるネギは本当にいいにおいがして車がネギのにおいで充満する。
きっと美味しいだろうなと予感させる新鮮なにおいだ。
この日から玉ねぎとなすびが登場した。

気仙沼の担当さんに聞いてみるとやはりどかっと野菜が入荷するあるけれど、
それは単発だしすぐになくなってしまうとの事。足りているかどうかと聞くと決して
それで足りているわけではないということでした。

野菜が十分になってきていたら他のものに切り替えてもいいかなと思って聞いてはみたのだけれど、
まだまだ野菜は必要な状態でした。コンスタントに新鮮な野菜を運ぶ事は今でも必要みたいです。


45号沿い、気仙沼での復旧情報。
真新しい電柱が立ち始めている。
新品の電柱を運ぶ車を見かけることも増えてきた。
まだ災害の酷い部分の入り口部分の工事では有るが、確実に復旧は始まっている。


連休で車が増える事を考えてか歩道の整備も始まった。
自衛隊の人が多く借り出されている。


この日から集中的にこの地域に入った自衛隊が頑張ってくれている。
私はこういうところにこそ体力系のボランティアが必要だと考えている。


左、このぐらいは普通。ゴミ捨て場のように山になっている部分も多くある。
家がせり出しているようなところは重機が無いと手がつけられない。
右、重機で瓦礫を寄せて開けただけなので泥だらけのままの道。
トラックが通るとほこりが舞う。
雨が降るとぬかるみになって歩けなくなる。
自衛隊の人はこういった部分も最後まで綺麗にしていた。

私は現場を見ていると全く人手が足りていないように思います。
それは色んな方が言っていますが、避難所などでも必要な人手は色々と有ると思いますが、
それ以上にこういった片付けのほうに圧倒的に足りていないと感じます。

それを自衛隊に頼りすぎではないかと思っているのです。
ボランティアで一番必要な人材は自衛隊がやっているような力作業だと思います。
各家の中の片付け洗浄もそうですし、道や公共の場所でもそうです。

こういった道路などでは「危険だから」とか色々な意見な有ると思いますが、危険な事を
自衛隊だけに押し付けるのは私は納得できません。自衛隊も瓦礫の片付けの訓練を受けている
専門家というわけでも無いのです。それを汚いところだけ、危険なところだけを自衛隊に
押し付けすぎかなと感じています。

ボランティアなら体力自慢や色んな経験者も集まると思うのです。
「助けたい人」がものすごく沢山いるのですからバス数台で乗り付けて一気に片づけをすれば
重機だけでは出来ない事もどんどん進むのではないでしょうか。
毎日少しづつしか片付いていかない現場を見ていると、力を余らせている若い力と、
それを陣頭指揮する現場監督がいれば相当瓦礫の撤去や清掃が進むだろうと思います。

次私が何かするならそういう事をしたいなと現場にいて思いました。
いや、そういう人材を集めるあては無いのですけど。


左・中、ドコモショップ45号気仙沼バイパス店。
相変わらず整理券を配布して多くの人が並んでいる。
お急ぎの方は坂を下って1.5Kmほど旧市街地方面の気仙沼店の仮設店舗方へどうぞ。
写真に写っていない左側にはもっと多くの人が待っている。
右、こんなに大きな魚が99円・・・真ダラってどうやって食べるのでしょうか。
私の車で料理できる装備が有れば食費ももっと安く付くのですが。


この日はタイミングが丁度良かったので気仙沼で氷を買ってしまった。
既に穴場を見つけているので私の氷の確保はほぼ問題が無くなっている。
出来るだけ気仙沼では氷は買わないようにはしているので今回の分は勘弁してください。
しかしながら店のほうは今でも氷はすぐに売り切れる、確実に入ってくるとも確約できないと嘆いている状態だ。


のどかな位置にあるKDDI基地局。
右、ケーブルのアップを撮ると3つのセクターごとにケーブルが色分けされてある。
写真を撮り忘れたが、旧800とN800の二つアンテナが付いているように思う。
形の違うアンテナが2種類×3セット付いていた。


上記のKDDIの宮城米山基地局。


この日は趣向を変えてみた。
卵も食べたくなったので丁度良かった。
暖められたらもっと美味しかったですが、冷めていてもなかなか美味しかったです。
左、折角だから仙台ラーメンで。
中、妙に気に入ったニュータッチにまた手を出した。
右、エンジン停止状態でお湯を沸かしながらPCを使うなんて普通はやってはいけません。

ちなみに前日もエンジンを切ってお湯を沸かしていたのですが、お湯を沸かしながらうたた寝して
1時間程沸かし続けてしまいずっと沸騰していた。あとPCを使っている時おかしいなと思って
エンジンをかけたらかなりギリギリのところで何とかかかりました。
お湯を沸かしながらのうたた寝は色んな意味で危険なので注意ですね。
本当に危なかったです。


左、普通はこの状態。
中、入れた一味の標高は15mmぐらい?
もうビンの1/3ぐらい無くなってしまった。
一味は2倍サイズのビンなのに減るの速過ぎ、業務用が欲しい所。
右、家を出てからヨーグルトはこの一つを洗って使いまわしている。
たまに断り忘れるが、もう10本以上はスプーンをつけるのを断っている。
微々たることだが継続は力なり。


今回ずっと撮影に使っているデジカメはキャノンのIXYです。
私は始めての時はFinePixでしたが、二台目からはずっとIXYのシリーズを愛用しています。
そんなに買い替えは頻繁ではないのですが、それだけに代を追うごとにものすごく進化を感じます。
今使っているのはIXY DIGITAL 110ISで最新モデルでもなんでもないのですが、
それでも最新モデルでも使われているDIGIC4エンジンとその周辺プログラムは優秀すぎます。

構えて撮れるところはいいのですが、一瞬の際どいショットもかなり有り、旧モデルのカメラでは
間違いなく失敗ショットだろうと明らかに分るものでもしっかり絵にしている。
室内の蛍光灯の明かりだけで中間夜間を問わずフラッシュ無しでしっかり絵にしている。
時代の進化は恐ろしいものを感じる。

しかし非常に不満な点が有る。
それはPCに取り込んでブログにアップしているのはお分かりだと思いますが、
それがTWAIN32経由でしか取り込みが出来ない。
普通に考えてカードリーダーモードぐらいつけるのは当たり前だろう。
このTWAIN32の取り込みプログラムの出来がいいのならまだ我慢は出来る。
新しいSDカードを入れてきたが撮影枚数が既に2000枚を超えている。
TWAIN32を選択してから立ち上がって写真が選べるようになるまで10分、それを50枚取り込む為に50分。
画像を選んで取り込むだけで1時間以上の時間がかかる。
持ってきたPCが古いからと言ってもリーダーモードがあればこんなにかからない。
そこから編集しなくてはならないので大変だ。
だから日々更新時間が遅くなっているというのが実情。
1枚取り込み忘れがあったらまた10分から始めないといけない。
もうやってられない。
カメラの進化はものすごいものが有るが、快適の為の環境は全く進化をしていない。
それがキャノンIXYの世界だと思った。
こんなのはカードリーダーとしてOSに任せるのが一番つぶしが利く。
一日の枚数が多くても読み出し完了まで10分もかから無いだろう。
作業性の差は段違いだ。
OSに任せていれば他に代替ソフトが幾らでも有る。
IXYにはそんな逃げ道が用意されていない。
2011年の最新モデルでは逃げ道はあるのだろうか。
しかし普段は携帯のカメラを使っているのでデジカメの買い替えはそんなに頻繁には行わない。
次はいつデジカメを買い換えるのだろう。その頃には改善されているだろうか。

さて、今日の野菜の仕入れいってきます。
  1. 2011/04/29(金) 12:27:35|
  2. 災害・原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東北に乗り込む#17日目

【FC2のサーバがおかしかったのか昼にアップできませんでした】


今日の野菜はこんな感じです。
道の駅林林館のほうで仕入れでした。


そこの職員の女性から思わぬものを託されました。
コーヒータイムを気仙沼の避難所の方に届けてくださいとのこと。
勿論快く引き受けました。
気仙沼の配送の方には出来る限り彼女の希望を伝えて渡しておきました。


ここで仕入れるとずっと気になっていた謎の植物「アイスプラント」なるものを初めて箱の中に発見。
受け渡しの時、どれがアイスプラントなのかを確認しましたところ僅か二袋だけ混じっていた
ようで、引き出して教えてくれました。
一つだけ取り出して食べてみました。
謎のプチプチ感と菜っ葉的な青臭さが口に広がったと思うと、塩味がぶわっと口の中に押し寄せてきました。
すごく不思議な食べ応えです。すごく味が乗っているのでドレッシング無しで食べれますねこれ。
スーパーでこれをずっと探していたのですが、無いだけでなくて知らない人が余りにも多かったので、
袋の中から少し拝借する事にしました。


燃費の方は安定してこの数字が出ます。
近距離は消費するガソリンが少ないので助かります。
出来るだけ近距離で調達してコストを抑えていきたいところです。
燃費的には少しでも暖房に使うとすぐに数字が落ちるので近距離は寒いと数字が出ません。
それでこの数字を維持できているのは実はすごいことなのです。


この日のドコモ気仙沼店の様子。
中の写真の赤線の位置まで汚れが来ていました。1m30~40cmぐらいでしょうか。
PC端末とか全て水に浸かってしまったようです。
ガラスは割れていたように思っていたのですが全て大丈夫そうでした。
なんと、中はハツリ作業を行っていました。
内装を完全に一から作り直すようです。
海水がこれだけ入ると生臭いにおいが取れないので仕方ないでしょうね。


なんと、ドコモの仮設店舗がすぐ脇にオープンしているとの看板が。
行ってみると小規模ながら店がオープンしていました。
仮設と言ってもテントなどではなく、しっかりとしたテナントとして店を構えていました。
前に立っていた店員さんに聞いてみると、午前中は結構混雑するぐらいお客さんが来るとの事。
午後の時間を少し回ってくるとお客さんが引けてくるとのことなので1時以降が比較的空いて
いるようです。同じ時間帯に45号バイパス店も覗きましたが、整理券を持った待ち客が
溢れていました。気仙沼店は狙い目です。

もう少しお話を聞いてみると、ネットワークが復旧していないそうで、
FOMA回線でアラジン端末を動かしているとの事。
私と規模は違えどやっていることが大して変わらない状態でした。
それで4~5台の端末を入れて仮設店舗を運営しているそうです。
光回線よりもさすがにちょっとレスポンスが劣るとのことですが、
それでも十分仕事はこなせているようです。
端末が有るので新規からその他全ての処理がこの仮設店舗で行えるとのことでした。
気仙沼旧市街から徒歩圏のこの店舗は地元の強い味方です。
45号バイパス店の列が待てないという方もこちらへどうぞ。

ちなみにこの仮設店舗は19日にオープンしていたとの事。
21日にコインランドリーで洗濯をした時に「まだオープンしていない」と書きましたが、
その時には既にオープンしていた模様。その時は「仮設店舗10m」の看板が無かったので
気づきませんでした。看板一つで全く違うものですね。


ドコモショップの裏手の公園ではまだ復旧作業中でした。
生臭いにおいが立ち込めています。
表通りが終わったのでやっとこちらに順番が回ってきたという感じです。


そして件のauショップ。
洗濯した21日時点でもまだ張り紙をしてオープンしていませんでしたので、
一番最後にオープンする事になりました。
しかし時間制限は書かれておらず、完全状態でオープンしているようです。
そこはやはりKDDIの意地でしょうか。
それほど多くは有りませんでしたがちらほらお客さんの姿は見えました。


そして一番初めに営業を再開したソフトバンクショップ。
時間制限は以前のままのようです。
状況は変わらず営業を続けています。


国道45号線沿い、被災地のど真ん中の佐川急便。
頑張って営業をしています。
右、入り口近くにある事務所はこの状態。
事務所は使わずにドライバーの方は倉庫や裏手に椅子などを置いて座っている姿が目にとまりました。
運輸業は復旧の為の大きな力です。
素早い営業再開に感謝です。


45号を挟んで佐川の向かいにある大型ショッピングセンター。
徐々に物が片付いて減ってきたので歩いて入れました。
こちらは先ほどの佐川よりも陸側に有ります。
どれほどの状況の中で佐川急便が営業を再開しているか想像がつきますでしょうか。
右、その壊滅している店舗の前に流されてきている大型トラック。
その向こうに紺色の佐川の立て看板と上写真右のめちゃくちゃになっている事務所が見えます。
こんな中でもみんな復旧を目指して頑張っています。


左、佐川の50m先。バス停が復活、こんな場所でもバスは止まります。
右、この地域で一番初めに復活ののろしを上げたのはフォークリフトのコマツでした。


道の駅で話した車中泊の方がやたら志津川町に拘っていたのでもう一度見にいく事にしました。
そんなに酷かったか私は余り覚えていなかったりします。
その途中の気仙沼市本吉町。
例の線路が垂れ下がっていたところです。
やはり本吉の被害は半端じゃ有りません。
引き波で海側に線路が落ちています。


上記と同じ場所。


本吉から少し行った港。
漁船が数台復活していました。
左、ここにも既にバスは戻っています。
中、ゴミを捨てる心無い人がいることを表しています。
結局捨てたものは誰かが掃除をしているのです。
右、コン柱は新品。
ようやくインフラが整い始めてきました。


志津川町到着。
確かに酷いものでした。
あの矢沢永吉のレコードの写真の地域の気仙沼北部の状況に似ています。
地上物は基礎を除いてほぼありません。
そんな中、意外な物が流されていました。
これ50トンぐらい有るんですよね。
どこの持ち物だったのでしょうか。
これだけの重量物だと回収もままなりません。


志津川町をカバーする高台の基地局。
左から順にソフトバンク、ドコモ、KDDIと思われます。
ソフトバンクは相変わらずリングが無いので判別しやすいです。
実際には右と左の写真とは逆の位置にKDDIの基地局が立っています。


左、道路の補修はあちこちで進められています。
右、ずっと動かないで止まっている気仙沼線の車両。
この先は今まで載せてきた全ての破壊された線路に続いています。
上の流された線路もそうです。


昨日氷が戻ったと載せたらあっという間に板氷だけ売り切れてしまっていました。
すぐ解けてしまうロックタイプだけはどの店でも残っています。
私は穴場を知っていますので前の氷が溶けた頃だったのでゲットしました。
しかし板状の氷は殆んどのコンビニでまだまだ不足しています。
各チャネルとも全力で板状の氷を被災地に回してください。
店も悲鳴を上げています。


遅い昼ご飯でラーメンをこの日食べたので夕食は少なめ。
安いものばかりでお店には申し訳ないですが・・・。
体の調子が今ひとつ上がりきらないので活を入れる為に一味唐辛子の普通の倍のサイズのビンが
あったので購入。激辛党には大型のビンが有るのは有り難いです。
S&Bのマークの辺りまで一気に投入。白い蓋は外してどばどばと入れます。
やっぱり体の調子が出ないのは体から完全にカプサイシンが抜けていたからのようです。
この日の朝の目覚めがすごくよく、ばっちり目覚めがよく起床できました。
これからは数日起きにはどかっとカプサイシン系を食べる事にします。
ちなみに普段から業務用の300gを二袋単位で一味を購入するほどの一味好きです。


早朝4時頃、余りの強風で揺れてうるさくて練れないので車を移動。
元は赤線の位置に止めていました。
たった6mほど動かしただけなのに静かになりました。
快眠快眠。
  1. 2011/04/28(木) 18:26:40|
  2. 災害・原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東北に乗り込む#16日目

家を出て半月が過ぎた。
予定日を越えても帰って来ない上に音沙汰も無いので家から着信が入っていた。
やはり人が減った事で家の防犯的に不安なのだそうだ。
健康状態を聞かれて話し、電話を切った。

肝心の健康状態なのだが、ここ数日すこぶる良くない。
いや、特に何が同問題というわけでは無いが力が湧いてこない。
考えられる事は2点。

・朝5時頃には太陽に起こされてしまう。
・昼食を抜いて12時間に一回の食事ペースになりつつある。

昼食はその時間帯に野菜を積んで走っているのでどうしても止まりたくない。
雨天の日はいいが、晴天の日のワゴン車の車内はどうしても温度が上がり、野菜の鮮度に関わる。
というわけで、昨日は食事のタイミングを変えてみた。

睡眠自体はどうも体がだるく9時や10時に横になってしまうようになった。
睡眠時間は足りているのでこの日は食事の方の改善を試みてみた。

おかげでこれを書いている今は思いのほかすっきりしている。
同じ量を食べてもタイミングを変えるとこうも変わるものかと驚かされる。




この日の野菜。
この日はホウレンソウがかなり大量にあった。
道の走行に熟練度が増し、地元の人が使うショートカットや地元の人でも使わない混雑回避も
開発しつつある。とろろどころある混雑ポイントの回避が時間と燃費の節約になる。


左、私が主に野菜を仕入れている登米市。
ここは野菜だけでなく酪農も盛んなようだ。
石森章太郎博物館だか記念館が途中の道に看板がある。
彼の出身地のようだ。
右、自衛隊のヘリが海上を捜索している模様。
何を捜索しているのかは分らなかった。


場所にもよるが、ここはかなり片付けられた。
こういう場所を中心に、これから復興が盛んになって行くと思われる。


左、津波の被災地のど真ん中にホクセイハウスの事務所が出来た。
右、こういったものもちらほら見かけるようになった。復興の産声が聞こえ始めた。


気仙沼のある漁港には漁船の姿が見えるようになった。
ここ数日で急激に、確実に、戻りつつある事を実感できる姿が数少ないながら見えるようになってきた。


この日の燃費は10.272Km/L。
カタログの10-15モード燃費が9.3Km/Lの車が山越えで荷物を運搬してだから
まずまずの結果だろう。私の日々野菜を運んでいる時の平均的な数字はだいたいこの辺り。
ただし気温が低い時は暖房を多く入れるので落ち気味になる。
それでもカタログ燃費の9.3を割る事はそう多くはない。


この日は水を汲みに来た。
左、水量の多い方の水汲み場に来た。冷たくて気持ちがいい。
中、右手前の5Lタンクは大阪から持ってきた水がそのまま手付かずで残っている。
さすがにもう不要と思ったので捨てることにした。水は補給せず5Kgの貨物重量を減らす。
ペットボトルは一度全てを空にして新しい水に入れ替えた。
右、ついでに車を洗うことにした。洗わないといっていたのだが、体を動かしておいて方が
いいかなと思ったので洗ってみた。車が綺麗になったらやっぱり気持ちがいい。
今晩雨が降る事が分っていた事を除けば・・・。


たまには6時ごろに外食をしてみる。
老夫婦がやっているお店だ。
写真を撮り忘れていて食べかけの写真になった。
野菜不足を心配して塩味の野菜ラーメンと餃子を注文。
すごく体にやさしい味がした。


赤十字の支援を受けて来ているという方とお話をする。
コースターをサービスカーに改造したという本格派だ。
後部にはメインエンジンとは別に専用の発電機を装備常時電気は使いたい放題だ。
屋根には多数のアンテナがあり、3人で来ているようだがベッドも人数分確保できているとの事。
写真では見難いがノートPCが運転席の横にある。
基本的に私の車と出来る事は同じだが、内容が一枚も二枚の洗練されている。


他県ナンバーが増えてきた。
その多くは荷物が多く積めるような形の車だ。
積極的に色んな人に話を聞いてみるが、皆さんボランティアできたということのようだ。
しかし汚れていない車の状況と話の内容から昨日今日来たという方が殆んどだ。

目的を聞くと皆さん避難所に直接行ってどうのこうのという話をするが、私が来てリサーチを
した時ですら既に一ヶ月経っており、状況を見ると人的支援は行き渡っていた。
今でも行き渡って無い場所が有るとは思えない。
最低限のライフラインはもう繋がっていると見ていいだろう。

人的な支援が必要なのはむしろ家屋などの倒壊現場や流されている片付けなどの方じゃないかと思う。
道々車を走らせて片付けているおじさんを発見して手伝ってあげるとかぐらいしかこの手のフリーで
来られた方が出来る事は無いと思います。
しかし彼らの意見はそうではない。

話を聞いた限りの判断で申し訳ないが、彼らは何も出来ず・何もせずに帰ることになる人が
大半じゃないかと思います。目的意識がなさ過ぎます。
中には体のいい野次馬ではないか?と思える人までいた。

結局今必要なものは「お金がかかる事」が主流になりつつあり、手ぶらで人材だけ来て助けられる事は
事前に役所に問い合わせて登録でもしてこない限りほぼ無いに近い状況です。
彼らは援助できる内容が今の状況とは合っていません。

もしこういったフリーで来てボランティアを考えてられる方は沿道で個人で片付けているおじさん等を
見かけたら車を止めて手伝ってあげてください。それが今フリーの方が出来る最大限のボランティア
だと思います。既に一ヵ月半動いて問題を解決してきているシステムに割って入れる余地は有りません。

一ヵ月前のTVで言っていた事と現場の状況はもうかなり違います。
今日の私の記事の復興の状況を見てもそれは分るでしょう。

どうかこれからボランティアを考えている方は役所や専門機関や団体のシステムに乗って参加する
方向を検討してください。フリーでは今更来ても場所を探すだけで終わってしまいます。
  1. 2011/04/27(水) 11:33:18|
  2. 災害・原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東北に乗り込む#15日目

昨日野次馬の話を書きましたが三陸道大渋滞、復興活動に支障というふうにそろそろ記事になっています。

被災地は余震で直下型地震が何度も起きており、内地の方でもアスファルトがめくれて道がいきなり
ダートになっているところも有ったりします。窪みや地割れ、修復して盛り上がっていたりして、
直前で突然パニックブレーキを踏む方も居たりして危険です。

地元の方でもそんな状況なのに、連休には安全な道しか走ったことがなく、また道の状況も良く
知らない方々が沢山押し寄せます。そんな状況ですから砂の浮いた路面で突然パニックブレーキを
踏む方がいたらどうなるか。後ろからは10トンダンプや重機を載せた大型トレーラー、
自衛隊の大型車だって沢山居ます。また連休を機に新しく来る大型車の運転手も沢山居るでしょう。

アスファルトの無いめくれた路面は日々穴ぼこが深くなってきています。
そんな状況の中、不慣れなドライバーが多数押し寄せたら非常に危険です。

被災地ではダートラを走れるレベルの運転技術を要する場所も有るのです。
そのぐらい自信がなければ来てはいけないところも有ると理解しておいて欲しいです。
来てみて「全然そんなこと無いよ」と思った方はラッキーです。
酷いところは幾らでも有ります。

そんなところでパニックブレーキを踏んだり、穴に落ちたり横転してみたりするリスクは十分に有ります。
少なくとも私がここに来て見てきた場所は多くは有りませんがそういった場所が含まれています。

私の前でも急にダートに変わって時々パニックブレーキを踏まれる方がいます。
そういう時は対抗側のダートを利用してアクセルを踏んだままでそのまま抜かします。
また後で同じことが有ったら危険ですからそういった車には付きたくないのです。
しかし連休中はそういった車が極端に増えそうに思います。

だから出来たら来ないで欲しいし、来るなら14日目の記事の冒頭部の【被災地に行くなら守るべき鈴の音10箇条】
だけでもしっかり読んでから来てください。

事故だけはバカらしいですからね。
ブレーキを踏む時は前ではなく後ろを見ながら踏めるようになってください。
砂地でパニックブレーキを踏まれたら後ろの車は更に後ろの車がいる中で危険回避を迫られます。
どうか事故の原因を作らない為にも来ないのが一番の安全策だということを理解していただきます
ようお願いします。




銀行で更に振り込まれてきた資金を下ろしに行きました。
更に活動資金の提供の申し出があり、火曜日段階で更に18万円の振込みを頂いています。
給料日が来たということで2度目の振込みの方までおりました。
皆さん支援金の提供有難うございます。
いい人が多すぎて私のほうが助けられている気持ちになります。
合計で11人の方から47万円の資金提供を頂きました。
本当に有難うございます。
きっちり気仙沼の方に野菜を届けられるように頑張りたいと思います。


昨日届けた野菜の今まででどのぐらいの量を運んだのだろう。
もはや自分でも分らないぐらいは運んでいると思う。
右、この日受付に行くととんでもない事になっていました。
嬉しいやら恥ずかしいやら・・・。
受付嬢達は美人揃いの気立て良しな子が揃っております。


一雨降ったら5分走ると車はこの状態に。
もはや綺麗にする事を諦めました。
タイヤは行く場所によってはこんな事にはなりませんが、このぐらいは当たり前という覚悟は必要です。
陸前高田に行った時は途中の川越で完全ダートのぬかるみを走るのでもっと酷い事になります。
ものすごい風雨に二度も遭ったので気がついたら綺麗になっていました。
綺麗と言っても所詮このレベルまでしか戻りませんが。
掃除をするのはもっぱらリヤゲートを閉める為に押さえるところとドアを開けるために
持つところぐらいになってきました。そのぐらいすぐに汚れてしまいます。


気仙沼のいつも通っている横にあったソフトバンク基地局を突撃。
ここにも軽自動車と発電機が居ました。
担当さんに断って写真を撮らせてもらいました。
昨日の写真の局の隣の局です。
ここも昨日と似たような機材でしたが、低地の為鉄塔が高い目です。
地上設備は全破壊で使い物にならず、設備は全て持ち込みで運用していました。


発電機は2KWのもの。
これだけの基地局でも2KWで十分に足りるものなんですね、驚きです。
この白い二つの箱とIPSTARのアンテナだけで基地局設備の全てのようです。


昨日の夜と今日の朝。
完全二食化が定着してしまっています。
そろそろたまには昼にラーメンでも食べてみようかと思い始めています。
でも野菜を積むと一気に運び込まないと熱で野菜がしなっちゃうんですよね・・・難しい。
  1. 2011/04/26(火) 12:49:20|
  2. 災害・原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東北に乗り込む#14日目

家を出てからもう二週間が経ちました。
早かったような短かったような。

そんな中、そろそろ大きな問題に直面し始めています。
”野次馬”です。

前からカメラを向けている兄ちゃんみたいなのは継続的にいたのですが、昨日辺りから何やら
目立つようになって来ました。しかも見た感じスタイリッシュに「都会スタイル」を決めた感じの
「いかにも」な人が目立つようになってきた気がします。

これから連休を迎えるに当ってこれが大きな問題になると感じています。
折角復興に勢いがつき出したここ一週間、これから連休によって大きなブレーキがかかりそうです。
渋滞や必要な食材や水・氷など、折角充実しているものが一気に無くなってまい、私の活動にも
影響が有りそうだと予想しています。

出来たら来て欲しくはありませんが、しかし来て”絶望”を見る体験は今後にいい影響を
生むのではないかと思います。むしろ「見て」物や生命を大事にする心を養ってくれるのなら
見ておくべきかなとも思うとろこも有ります。
しかし見て喜ぶだけの単なる野次馬なら来てほしくありません。
と言うか野次馬するなら来ないで欲しい。

そこで来るなら絶対守って欲しいことを書いておきます。


【被災地に行くなら守るべき鈴の音10箇条】

1.車で来るのなら、出来る限り乗り合わせて少ない台数で。
2.ガソリンスタンドは普通にやってるが、早く閉まるところが多いので半分を割る前に給油すること。
3.ゴミは何があっても絶対ポイ捨てしないこと。地元の人の心に捨てているのと同じ事。
4.チョコなど非常食は持ち込んだほうがいいが、基本は地元の店で食べてあげること。
5.水や氷は地元のものを出来る限り使わない。地元と救援活動者優先で。
6.車中泊する時は夜は絶対に騒がない事、救援者も車中泊しています。
7.カメラ撮影する時は出来る限り遠慮して撮影する事。地元の人がいる場では撮影を諦める事も必要。
8.酷い災害現場を見て「うわー、すげーっ」等、きゃーきゃー騒がない事。
9.服は被災者感情も考え派手なのはやめて出来るだけ地味なものを選ぶ事。(どうせ埃で汚れます)
10.出来る限り、やっぱり被災地に行かないことも検討する事。

是非ともこれだけは守ってください。
鈴の音情報局からのお願いです。



この日は昨日のヨーグルトの残り1つと、MAIYAで見つけたゆめヨーグルト。
ゆめヨーグルトは低温殺菌牛乳も買っているのでわかるが、味に拘っている感じだ。
結構食べやすく美味しかった。


この日の野菜。
量が多く、3列目シートを両方上げないと乗らなかった。
しかしタウンエースは多少量が多くてもやはり積載量的には十分な能力があることを実感。
ノアやBOXY等、最近の流行のサイズはタウンエースよりも50cmほど短いのでこういう時に
差が出てしまうだろう。


左、玉ねぎとキャベツの箱が沢山。
量的には潤沢な気もするが、スポットで入っているだけなのでまだ手放しには喜べない。
担当さん曰く、大根7トンが入った日もあるそうだがそれもどうやらスポットの模様。
毎日50キロでも継続は力なり。野菜は新鮮が一番。
右、この日の搬入予定は大目のようだ。結構字が細かく書かれている。


気仙沼地方青果市場に展開しているヤマトの支援部隊。
私は一週間ぐらい前から見るようになったのだが、もっと前からいたのだろうか。
倉庫を見ている限り、とにかくこれが入ってからは物流が一気に加速したように思う。
私が来始めた時は全体的にがらんとした雰囲気だった。

ちなみにもしここへ直接物を送りたいならば(どこに送る時でも同じだが)、
・一つの箱には一種類のものだけしか入れないこと。
・開封せずとも外から何がどれだけ入っているのかを分るようにしておく事。
これは絶対守る事。仕分けが一番作業の手を止めてしまうのです。
上の二点を守ってくれれば今の作業員のままでも少々の荷物は捌けます。


国道45号線、毎日このメッセージに迎えられている。


祝、氷復活!!
この日確認した全てのコンビニで1.7Kgの板氷の復活を確認しました。
これで私も氷の不安を感じずに活動できます。
何故これだけ一気に全店舗で復活したのかは謎ですが、このブログが役に立ったのでしょうか?
後は連休突入でどうなるかという不安はあるにせよ当面はしのげます。


このとおり例のスーパーの水は戻りました。
気仙沼近郊では水はどこのスーパーでも揃っています。
お近くのスーパーまたはコンビニでお買い求めください。(または湧き水を汲みにいく
間違っても私がここに乗せた一箇所の店に殺到する事は無いようにお願いします。
右、別に東北の人はヨーグルトを食べないわけではないようです。
余りにも売ってなかったので私はそうだと勘違いしていました。
先日でのコメントでも頂いたとおり、原乳工場の停止により地元の乳製品は潤沢とはいかないようです。


普段通っている道でたまには止まってみました。
左、勿論その方向に海岸なんて有りません。
右、誰にももう停止サインは送れません。


垂れ幕にある小さなマークでローソンだという事がやっと分るほどの変わりようです。


いつも通っている郵便局。
中の整理は終わっているようでした。
大型のものはまだ手付かずです。


左、電柱が無ければミニカーかどうかもはや分らない実感の無さです。
中、渋滞の原因になっていた路面の舗装も終わりかなり物が減ってきたように思います。
日々少しづつ物が減ってはいますが物が多すぎて普段は減っている事に気づきません。
右、NTT東日本のルーター。光を届けてください。


ドコモの基地局。
この地域にはこの形の基地局がすごく多いです。
かなり旧タイプのように思います。
陸前高田との境目にあったような新型は南部にはそれほど多くありません。
先に基地局展開したところに旧タイプが残っているのでしょうか。
それとも大容量の必要なところに優先して新型を入れたのでしょうか。



やっとたどり着いたKDDI基地局。
一応KDDIも見かけるのですが、何せ数が少ない。
大出力で飛ばしても大型局を入れておけば容量的には十分足りるのでしょう。
そこら中で見かけるほど細かく基地局を多数展開しているドコモと対極をいく展開法です。

それと一つ問題が起きました。
先日陸前高田の破壊されたドコモの基地局を紹介しましたが、もしかするとKDDIの可能性も
出てきました。アングルトラスの構造がどうもKDDIのこの基地局と似ている気がするのです。
ドコモでも似たようなアングルトラスを発見していますのでどちらも可能性が有ります。
でもリングはドコモっぽいのでドコモかと思っていました。
GPSキノコや会社名など決定的なものは残っていませんでした。
もし写真から判断がつく人は教えていただけると助かります。
問題の記事は11日目の記事となっております。(解決しましたauという事でご意見を頂きました。)



ソフトバンク基地局。
珍しくドコモと同じくいいロケーションの高台を陣取っている。
しかもドコモやKDDIの鉄塔と変わらないぐらいの太い鋼管を使っている。
その割りにアンテナはリング無しで装着されていたり、使われている基地局設備が
タワー型PCサイズのような小容量と思われる物で有ったり等、ちぐはぐな印象がある。

エントランスの無線アンテナはリアス式の海岸をうまく越えてかなり遠方を狙っているようだ。

※基地局はNSNのFlexi BTSで、新しい設備でありかなり高性能なもののようです。
 調べてみるとLTEまで対応できるもののようです。
 コメントで情報を頂きました。有難うございます。


燃費運転に励んでいる毎日だが、昨日とはうって変わってこの低燃費ぶり。
これはとある条件が揃わなかった事に大きく影響されている。
勿論ちょっと寒かったので暖房を長く入れたことも影響していますが、
行きの片道で相当なロスが有ったことが一番の理由です。
超低燃費運転の困難さを物語っており、私の車は本来1リッターで10キロ越えできる
ような車ではない事を証明するような数字です。


この日は惣菜を小さめのものにしてお湯を沸かしてカップ麺を頂きました。
寒いとやっぱりカップ麺は天国の味です。
この地元のUJIEスーパーで買った謎のニュータッチというメーカーのカップ麺。
怪しいメーカー物ながら味はかなりイケています。
麺も怪しいブランドとは思えない出来。
98円だか88円だかで買えるカップ麺としては出来すぎでしょう。
次からこれを買うことにしよう。
  1. 2011/04/25(月) 12:16:14|
  2. 災害・原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

東北に乗り込む#13日目

すみません、お金を振り込んでいただいた分の確認お一方漏れていました。
現在9人の振込みが確認出来ており、合計29万円の援助金を頂いております。
昨日も一方メールで振込みの申請を頂いており月曜には口座に入金されるとの事です。
皆さんからの、私の予想を大きく上回る多くの支援有難うございます。
頂いたお金は気仙沼市の災害対策本部で救援物資を集約しております気仙沼地方青果市場の
ほうへ日々野菜50キロを運ぶ為の活動資金として使わせていただきます。

私が帰る宣言を出すまでは資金提供の申請を受け付けております。
今頂いた資金で4月末いっぱいはほぼ確実、5月はまだこれからの状況ではないかと思います。
また裏で別の形ででも他の方に対して引継ぎは出来ないかとう提案も頂いています。
進行状況は難航気味で実現できるかどうかは未知数な状況ですが。

もし他にも私の活動をそのままでも、違った形でも引き継げるという方がいらっしゃいましたら
遠慮なく連絡頂けると助かります。提案だけでも構いません。気仙沼、または他の被災地の方に
その地域で不足しているものをリサーチして送り届けるという活動を支援できる方はご連絡下さい。
気仙沼においてはインフラ整備は出来上がっていますので私とそのまますぐ交代が可能です。
必要なものは日々の記事にある写真の野菜が詰める程度の車(軽でも可)と運転手と1日の
野菜代金2万円程(現金払い)+運ぶ為の様々なコストです。
野菜の選択は購入元にお任せにしているので内容を指定する必要は有りません。
仕事ではなく完全なボランティアです、ご理解して頂ける方は宜しくお願い致します。

メールはsuzunone.m(あっと)gmail.comまでお願いします。
(このメールアドレスに特定電子メールを送信しないでください)



乳製品が弱いんじゃない?と書いた直後、何故かいつものスーパーの売り場のヨーグルトが
ものすごく充実してました。もしかして地元のスーパーの人も見てる?
というかこれだけ気仙沼気仙沼と書いていたら誰かしら見ていてもおかしくないですよね。
まあ細かい事は気にしないでとにかく日々やるべきことをやっておきましょう。
とりあえず風評被害の福島県産のヨーグルトがあったのでこれをゲット。
全く余計なことをしていない素朴な味に好感。
明治ブルガリアヨーグルトのプレーンタイプに少し砂糖を入れたような味です。


左、物資納入先の気仙沼地方青果市場の日々届く物資の様子。
右、それを納品する先の明細。
缶詰・コンソメ・トマト・青物・湯たんぽ・水きりネット・・・青物は私の野菜の事だろうか?
トマトは私のではないので他からも送られてきているようだ。


この日の野菜はこんな感じ。
物が届いたらとにかくてきぱきと下ろすセンターの方達。
異様に高いテンションで一気に下ろしきってしまう。
恐るべきパワーだ。


超低燃費マニアの私のこの日の成果。
168Km走って使用ガソリンは12.55L。
つまり13.386Km/Lの燃費を叩き出したということです。
今までで最高記録を達成。
ちなみに小さな山越えも含んでいる高低差のある土地を片道雨天走行で、しかも予備ガソリンや
一週間分以上の水、宿泊の為の各種あれこれ。それと野菜50Kgを片道運んだ上でこの燃費を
達成しています。それを12万キロ以上走った古いタウンエースが下道を走って叩き出す燃費なの
ですからこの数字を見た私ですら驚きました。
更に付け加えると1~2時間程度は暖房の為のアイドリングも行っています。

ちなみにタウンエースの10-15モード燃費(カタログ燃費)は9.3Km/Lです。
つまりカタログ燃費以上で荷物を運搬した事になります。
日々運搬コストを下げる為に死に物狂いで努力をしています。
そのうちこの超低燃費を叩き出す為のテクニックを記事に纏めようと思っています。
かなりハードルの高いテクニックですが、役に立つ事も多いと思いますので。


一日中雨だということだし調べ事や見回りは無しにして、5時頃さくらの湯に到着。
しばしネットをしてから入浴。
いつもはラストオーダーに間に合わなかったさくらソフトを始めて堪能。
これ本当に桜餅みたいにさくらの味がする。
とても美味しかったです。
どこかで食べた謎のソフトもそうだったけど、やっぱ乳製品関係全般が美味しいです。
メニューは震災で食材の確保が難しいので限定メニューとなっていました。


この日の晩御飯。
イカがとにかく美味しかった。
こちらではイカソーメンという表現はしないのだろうか。
  1. 2011/04/24(日) 10:06:51|
  2. 災害・原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東北に乗り込む#12日目


この日の野菜。
ネギとかものすごく食欲をそそる匂いを放っていて、野菜を下ろした後もしばらく車の中が
ネギ臭いです。やっぱり朝引き抜いてすぐに袋詰めしているので生き生きしている証拠なんですよね。
下ろす人も慣れてきたのか、私が事務手続きをしている間に勝手に車のドアを開けて下ろし終わっていました。
みんなだんだん要領がよくなってきます。


左、この日の搬入予定。
毎日違ったものが書かれています。
日によっては下までびっちし小さな文字で埋まっている事も。
右、なんと紛失していた先日の分のレシートを今頃発見。


10日目で記事にしたMAIYA45号バイパス店の水の状況。
下から二段目は売れてないのではなく、一度売れた後に補充したようです。
物資薄の中、すぐに補充額効く銘柄は限られているようです。
先日私が記事にした青果市場近くのスーパーは私が水があるよと書いた翌日に全部無くなっていました。
他の場所の水は全然なくなっていないのに、何故かそのスーパーだけがなくなった不思議。
そこで実験で10日目にMAIYAも書いてみました。
すると2日後きっちりとMAIYAだけが写真のようになっていました。
ちなみに他のスーパーは特に変化は感じられません。
一件だけならともかく、今回も同様に無くなっていたので、私がブログで書いたことが
影響しているのだろうなという結論になってしまいます。書かない時は何の変化も無いですし。
地元の方や現地入りしている方でここを読んでいる方が意外と多いんだなと実感しました。
でも本当に近くに住んでいる人が買っているのではないのだろうなということも分ります。
他のスーパーやコンビニに影響は全く無かったのですから。
地元ではない人や少し離れたところからの遠征組の方が買っているのではと思われます。
次からは情報を書く時はちょっと注意するようします。


他のスーパーはMAIYAの記事を書く前と書いた後に特に違いは無いのですよね。
元から多くは有りませんが、特に急に減る事も有りません。
こういう小さなスーパーは場所を書くと翌日には一本もなくなっていそうです。


実は地元の人が特に水に関してシビアでない秘密の理由を公開。
私は大型のクーラーボックスを家から持ってきています。
今まで水は一度も買っていません。
水の補給を一切せずに一週間以上持ちこたえるだけの分を持ってきています。
そしてこうして湧き水を汲んで車に乗せて移動しています。
洗いも飲用も全て買わずに賄っています。


先ほどと道路を挟んで反対方向でも汲むことが出来ます。
この場所を公開。

45号バイパスのMAIYAから岩手方向に向かって5Kmほどだと思います。
オカモトガソリンを超え、短いトンネルを超えて1.7Kmの長いトンネルを出たすぐの所です。
左右どちらの車線でも湧き水を汲むことが出来ます。オカモトガソリンからは3Km程度でしょうか。
水量は岩手に向かって左側の方が多いかな??
なのでペットボトルは捨てずに大事に取っておきましょうね。
20Lタンクでもそんなに時間がかからずにすぐに溜まりますよ。
味も美味しいし、お勧めです。


水汲み場の前を出たところ。
女子高生はこれから1.7Kmのトンネルを歩いて抜けてゆくのか・・・。
前後ともトンネルしかなく、併せて2Km以上トンネルしかないこの場をどこから来て
どこへ帰ってゆくのか。
幅50cm程の暗がりを通るしかない状況を見て切ない気持ちになってしまいました。


歩道の縁石に乗り上げたプリウスを救出。
一週間ほど前はバッテリー上がりでした。
今回は乗り上げです。
私は関西でも車やバイクが立ち往生や事故をしていたら真っ先に飛び出して交通整理や
救出をしてしまう体質の人です。困っている人を見ると何かやらないと気がすみません。
こんなこともあろうかと、牽引ケーブルは常に常備しています。
いつもは不利にしか働かない2トンの車重もこの時だけは頼もしく感じました。


左、今日の夕食。
昼は走っているので食べない習慣がついてしまったので夜にどれだけ食べても体重は減少傾向です。
とは言え最近やっと下げ止まりましたが。

中、今回初めての職務質問。
車中泊には付き物の職質。
通常道の駅ではまず職質は無いのですが、割と開けている田舎の方に行くとたまに有ります。
24時間スーパーの駐車場ではほぼ100%職質が来ます。
職質マニアの方にはスーパーの駐車場がお勧め。

右、福島の野菜を購入する時に非常食として買ったチョコレート。
クーラーボックスの邪魔になっているので減らしたいのだけれど、お菓子を食べる習慣が無く、
甘いものもそれほど好きではないのでなかなか減らない、たったの220gなんだけど。
  1. 2011/04/23(土) 11:51:33|
  2. 災害・原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東北に乗り込む#11日目

昨日東北は思っていたほど乳製品が強くないのでは?と書いたところ、地元の方から震災で圏内の
原乳処理工場がやられているとの情報を得ました。乳製品に強くないどころか、それぞれの県が
乳製品の一大産地だということのようです。そりゃそうですよね、小岩井農場って行った事も有るし、
確か東北は乳業に強いというイメージが有りましたもん。
スーパーには普通に物が並んでいるので非常時だということをすっかり忘れていました。
「東北はそれなりに乳業強いんじゃなかったの?」って思っていた疑問を払拭して頂き有難うございました。



今日の野菜。
週に二日の条件でOKを貰った業者さん。
近場の登米市近郊の農家さんも野菜です。
どれも朝取りで新鮮で美味しそうでした。
気仙沼の物資も徐々に改善傾向か?
昨日ほどは潤沢な物資の様子は見られませんでした。
しかし納品リストを見ていると定期的には物は入っている様子でした。
足りているかは分りませんが。


そして今日は配達が早く終わったので久しぶりに気仙沼の市街地の方へ。
気仙沼に入った初日に見たあの姿は今でもまだあのままでした。


左、重機は出払っているので仮消火栓なるものが地上配管で作られていました。
右、生かせそうと思われる車には片っ端からこういうものが張られていました。
リサイクル業者のものです。意外と無理そうなものにも結構張られていましたけど。


左・中、ガスボンベが錆付いている姿はとても怖いです。
と思ったらガスはあっという間に抜けてしまっていたようです。
抜けていないものの半数ぐらいは有りましたが・・・。
右、誰も渡る事のなくなった歩道橋。


そして陸前高田へ向かいます。
左、鯉のぼりに賭けられた男達の意地、絶対にこの災害に屈しないという魂を感じました。
右、どこがどうなっているのか更地になって分らないので、この地域が一体になって町名を提灯で
分るようにしていました。


左、E.YAZAWA・・・俺達のえーちゃんはこれからどんな勇気を与えてくれるのだろう。
右、コナン君ならこの災害を乗り切る飛び切りのアイデアを出してくれるだろうか。


この辺りのドコモの基幹局と陸前高田気仙局。
高台の上にあり、しかもポールも非常にしっかりしたタイプでこの辺りでは見られない
高性能タイプと見られるアンテナが沢山ついていました。震災後に増設されたのでしょうか。
基幹局だけあって、蓄電設備に余裕を持った設計が感じられます。


そしてそのバックアップに電源車と思われるものまで配備。
かなり厳重にバックアップ体制が敷かれているように思います。
これは単なる電源車か?それとも基地局設備まで備えた自立式の基地局車なのだろうか。
ちなみにこの基地局はパソリンクで繋がっているようなので有線の地上系の破壊で止まる事はない。
この電源車が衛星回線と繋げる機能まで持っていたとしたらほぼ完璧だ。
この車両はISUZU-ELFをベースに作られており、キャンピングカー用品で有名な
OMNISTORのサイドオーニングを備えている。
本格的な長期戦迄見据えた設計が成されている。


左、電源車からは蓄電設備とポールの頂上に向けて太い線が延びている。
電源車の発電部分は起動していなかったが、中でファンの音が聞こえていたので通信設備や
コンピュータ部分は起動していたと思われる。
もしかすると臨時で大容量化をしていたのかもしれない。
右、車の座席部分に置かれていた設備のマニュアルっぽいもの。

そして更に陸前高田方面へ移動・・・。

BS-2005で2キャリア1セクタ局。
たった1セクタ局なのにかなりしっかりした背の高いポールがおごられている。
この局は上記の基幹局の補助的役目の穴埋め&容量稼ぎをしているものと思われる。
またすぐに3セクタに増設できるようになっているのが分る。
こうして回ってみると将来のことまで考えてしっかりと設計されている様子が分かる。


その穴埋め局から少し行ったところでようやくというか初めて見つけてしまった。
崩壊したドコモの基地局を。
この形のアングルトラスはKDDIかと思ったが、設備を見るとドコモのものだった。

コメントの情報によるとキュービクルがKDDIのものだそうです。
崩壊していたこの基地局はドコモではなくKDDIのものということで確定しました。

左、根元から折れたアングルトラス鉄塔。
中、普段この距離では見ることが出来ないリング部。
右、手前が鉄塔の基礎、右に足の一本の根元が確認できる。
その奥手左寄りに流された基地局設備、一番奥に横たわる鉄塔が見える。


左・中、いつも空中で見かける棒状のアンテナはグラスファイバーで覆われているようだ。
この距離で見るまで分らなかった。
右、流された基地局設備、基礎ごと完全に抉り取られている。
さすがに陸前高田での高波にはドコモKDDIの設計でも敵わなかった。
その勢いのすさまじさが伺われる。


左・中、その基地局設備の箱。
右、普段は見れない箱の中。もうぐちゃぐちゃだ。


陸前高田を走る45号のバイパス。
海岸線を眺めて走る気持ちのいいバイパスのはずだが完全に流されて無くなっている。
奇跡の一本松は右の写真の更に右端の付近。(ぎりぎり見えるかどうか)

反対側から撮った写真に奇跡の一本松が写っていました。(後日追加)


そのアップ。(後日追加)

報道されている名所は敢えては行かなかったのですが、あちこち撮っていると景色に写り込むものも有るんですね。



45号バイパス沿いの光景。
左、かなり大きなJAのガソリンスタンド、地上設備は全て無くなっている。
中、釜石から移動してきたあの日見た横断歩道の今。
右、ダンプカーも完全に元の姿は無い。
奥にナイター施設のライトが見えるが、その右奥向こうに奇跡の一本松が有る。


陸前高田の壊れ方の特徴は、全てのものは地上物の破壊よりも何もかも根こそぎ流しきっている事。
なのでこのように意外と地上物が壊れずに他の場所で残っている事がある。
陸前高田の一撃目の波の力が如何にすごかったのか、破壊の様子で嫌というほど伝わってくる。


あの波を凌ぎきったガスタンク。
このガスのボンベ達は色んなところのものが集められてきたのだろう。
書かれている会社名は全てばらばらだ。
店設置の大型タンクにはどのぐらい残っていたのだろう。
こういうものが流されずに本当によかった。


隣接しあうNTTのビルとスーパーのMAIYA。
NTTのビルがどれだけ頑丈に作られているのかよくわかる。
あの倒れた鉄塔はこのNTTのビルよりも更に陸地側に有ることを追記しておきたい。

右、手回しポンプで営業を続けているガソリンスタンド。
バイクと店員の間に有る小さなものが手回し給油設備だ。

逆サイド全景(後日追加)


手回しポンプ拡大(後日追加)

上部に手回しの取っ手が付いていますね。
これで停電時でもガソリンの販売を続けられたわけです。
一月経ってもこのスタイルで販売を続けていました。



この日はタン塩レモンにトン足。
これは当りだ、どっちもうまい。
トマトも一気に食べきってしまいました。
何を食べても美味しいって幸せな事だと思います。
右、朝食の様子。
店で他の客のおばちゃんに「ずんだって何ですか?」と聞くと、「大豆をすりつぶしたもの」と
にこやかに教えてくれました。このパンとても美味しかったです。
  1. 2011/04/22(金) 12:16:33|
  2. 災害・原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東北に乗り込む#10日目


からっと気持ちよく晴れているのに少し向こうの雲はまだちょっと黒い。
しかし澄み渡った空気のおかげで遠くの山は非常にくっきり見える。
空気は少し冷たいが、気持ちのいい日だ。



この日もいつもどおりの仕入れ。
50Kgを概ね2万円前後で仕入れられるようになったので活動を少しでも長く続けれそうです。
中央の赤枠のなかの箱は玉ねぎのようです。
私の持ってきた2倍弱程度でしょうか。
ここで私以外のものが持ってくる野菜を初めて見かけました。
しかし毎日持ってくる私の野菜と足しても1万人を充足するには全然足りません。

缶詰や日持ちのする食材は箱で沢山詰まれていましたが、生鮮類は私の物資以外はこの玉ねぎのみ
のようでした。他は紙おむつや水、トイレットペーパー等でした。
毎日1万人の被災者が生活していくわけですからこれだけ大量の物資が必要になるわけですね。


ボランティアセンターとその向かいの広場で野営テントを張るボランティアの姿。
テントは大小併せて10張りほど有ったと思います。
ボランティアは自己完結が鉄則です。
私も日本一周半の経験が無ければ車中泊で自己完結する技術に自信が持てず、恐らく来れて
いなかったでしょう。


私の活動を支えてくれるホテル・タウンエース。
様々な景勝地をホテルに変えるスイートルームを装備。
オイルランプの点灯時間が延びてきた気がするのでそろそろオイルレベルをチェックしてみる。
Lowレベルのラインぴったりぐらいでした。まだ余裕が有ったみたいです。
しかしバイパスをちょっと飛ばしたぐらいで点灯するようになる状況では今後も安心とはいえません。
一応予備の1L(0W-20)は有るので不安は多少マシにはなりましたが。


こわいよ~~~。






ちなみに全部で20台ほどいました。
千葉県警でした。


気仙沼バイパス沿いに有る大型ショッピングタウンMAIYA。
45号沿いに有るだけ有って遠方からもどんどん車が入ってきます。
駐車場は常に待ちが有る状態。
どの店でも「頑張ろう気仙沼」や「頑張ろう宮城」等の張り紙があります。
他に道路には「救援有難う」等と店や会社が通り行く車に向けて張り出しているところも。


少しのことでパニックになっている関東や関西とは違い水は潤沢に有る状況。
なにせ売るほど有ります。



その気仙沼バイパス沿いに有るドコモショップ気仙沼バイパス店。
先日報告した気仙沼店から道なりに1.5Km程の距離です。
店内はものすごく待ち客が溢れています。
駐車場を見ても分るとおりです。
店の中には全キャリア対応充電器が大量の充電をさばける状態になっています。
なんとこの発泡スチロールまで充電器です。
下にAC100Vからの純正の充電器のコネクタが中に引き込まれていました。
見栄えはともかく、大量に押し寄せる充電需要に応えて数を揃えようとする努力が見られました。


被害を受けたドコモショップ気仙沼店・左。
ようやく店の前の瓦礫は片付けられた模様。
店内の泥も排出は終わっている様子。
ショップのガラスウインドウは全て破壊されて無いので営業再開にはまだ程遠いか。
中・右、少し坂を上がったところに有るauショップ。
店の前の瓦礫はもう片付いている。
両サイドの飲食店は共に再開済みなのに何故かauショップは再開されていない。
キャリアの勢いの違いがこんなところにも表れているようにも思える。
これではauの客はドコモショップで充電するしかない。
私もauの充電器を忘れてきたのでドコモショップでauの端末を充電させてもらった。


念願のオイル交換を出来たガソリンスタンドで見かけた新聞、河北新報。
宮城県ローカルの新聞なんだろうか。
92.5%が水死ということだけど、今行方不明のほぼ100%に近い人もそうだと思う。
それを考えると水死の割合は今よりも上がりこそすれ下がる事は無いと思われる。
実は地震も面白い情報を得ている。
地元の人によると津波を生んだ本震は大したことなく、
その後の余震(地元の人は「二回目」と呼ぶみたい)の方が酷かったというのだ。
この記事でも明らかなのだが一回目は津波を生むプレート型地震、
「二回目」は阪神淡路と同じ直下型地震だ。
ここのコメントにも書きましたが、海洋プレート型地震は地上物の破壊は殆んど無く、ほぼ被害は津波で起こるわけです。

被災地に起こった地震での被害は地元で呼ばれている「二回目」によるものがほとんどだと
いうことが地元の証言で明らかになったということです。
ちなみに「二回目」は津波と同じ4月11日に起こっているものです。


健康な男性が日々活動していると溜まってしまうもの。
それは・・・洗濯物です。
というわけで、初めてのお洗濯。
日本一周半のときもだいたい一週間ぐらいでコインランドリーで洗濯をしていました。
車中泊の生活が成立をするのはコインランドリーのおかげと言っても過言ではありません。
どんな田舎に行っても走っているとたどり着く街で主婦の方に「この辺りにコインランドリー有りますか?」
と聞くと案内してくれます。
この日もMAIYAで聞いてここにたどり着きました。
早速洗濯・・・と思うと洗剤が売り切れ・・・。
仕方ないので液体石鹸の代わりにお風呂セットのリンスインシャンプーを投入。
綺麗に洗えました・・・がどうも下着や枕にかけているタオルが萌え萌えする匂いに
なってしまった気がする。しかし洗い上がりは上々なので今後は節約の為にリンスインシャンプーで
全てを代用する事にする。実はお風呂でのボディーシャンプーもこれを使っているのです。


45号沿いの以前から営業を開始しているコメリ、と向かいの海側の店。
高さはほんの少ししか変わらないが、道一本挟んだだけでこの明暗の分かれようだ。
片やコメリは蛍光灯などをいくらか間引いて何とか営業を続けている。
片や表のガラス等がバリバリに割れて見るも無残な姿のまま手付かずだ。
水で汚れてもウインドウが割れないなどの破壊が無ければ復興も早いようだ。
右の地面の謎の模様は高圧清浄機で地面を洗ったあとだと思われる。
このコメリの駐車場全てにこの模様があった。

実は前の車幅灯の電球が切れてたのでコメリに買いに来たのです。
気になっていたんですよね。
ガススタとかで代えてもらうと工賃がかかるので。
ちょっとでも資金は大事に使って一日でも長く野菜を届けたいのです。


今晩の夜はMAIYAで買ったので内容が異なる。
この中の惣菜で一番高いフランクフルトが一番美味しくなかった。
他は塩辛すぎるとかはあってもどれも美味しい。
フランクフルトだけ朝に一本残してしまった。
一番高いのだけハズレとは・・・罠だった。
やっぱり生もの系が美味しいね、東北は。


初日以来久しぶりに低温殺菌牛乳をゲット。
普通は毎日でも手にはいるものなのに、どうも東北は乳製品は思ったほど強くない気がする。
ちなみにどこで買っても岩手が産地なので東北の乳業は岩手が支えていると思われる。
どこの店でもメグミルクか、地場ブランドのものしかない。
店によっては明治も有るが、それは遠方の他県産のものだ。
右は兵庫から来たボランティアらしき人たちのバス。
ここで一泊していった。
カセットコンロでお湯を沸かしてカップ麺やコーヒーを飲んでいた。
カセットコンロやっぱり持ってきたほうがよかったかな・・・冷凍のラーメンとかコンビニで
買って食べられるもんね。でも現状でも何とかなってるけど。
  1. 2011/04/21(木) 11:34:01|
  2. 災害・原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東北に乗り込む#9日目

昨日も書きましたが、非常に多くの資金の提供有難うございます。
現在8人の方から24万円の提供を頂きました、大事に使いたいと思います。
その資金は野菜の購入のみに使おうと思っていましたが、皆さん添えられるコメントに
「野菜に限らずに自由に使ってください」とか口々に支援活動全般を応援します的な
メッセージが添えられており、その言葉に甘えさせて頂きまして、ガソリン代や
私の日々の食事など、活動の為の支払い全般に使わせていただきます。

また現在集まっている資金と私の手持ちの残りでおおよその見通しで4月末程度までの
活動が可能です。勿論予想外の出費があればまた計画は変わってしまう可能性も有ります。

資金の提供をしてもいいよという方がいらっしゃったらまだ募集は続けておりますので
メールでその旨をお知らせください。折り返し振込口座をお知らせいたします。

メールはsuzunone.m(あっと)gmail.comまでお願いします。
(このメールアドレスに特定電子メールを送信しないでください)




この日は朝から一日中雨。
しかも風が強くて冷たくて寒かったです。
夜は雪が混じってみぞれになり、夏タイヤの私の車ではどうなる事かとヒヤヒヤしていました。



写真はお昼に食べてくださいと頂いたものです。
味噌を塗った焼きおにぎり。
焼きそば、そして団子みたいなのは味つきのこんにゃくです。
どれも化学的な味がせず、自然の味で本当に美味しかったです。

この日は道の駅・林林館で購入しました。
地場の産直の野菜を提供してくれる有り難い存在です。
しかしどこの道の駅でも私が要求する毎日50Kgを提供する事は出来ません。
なのであちこちから仕入れて回していく事になります。
それ以外にももっと大きな業者もコンタクトが取れたので最終的にはこの辺り全ての地域に
地産地消で提供する事が可能になりそうです。さすがにそこまでの資金は出てきませんので
今の活動を続けていく事になります。

例えば孫社長辺りが「やりましょう」といってくれないだろうか。
そうすればうるさいブログが少しおとなしくなるかも知れません。
いや提供してくれても叩くべき時は叩きますが。(笑)


林林館で仕入れた野菜。
ここもなかなか頑張った量を揃えてくれました。
みずみずしく美味しそうです。
しかし・・・あろうことかレシートが紛失。
先ほど写真を撮ろうとして無い事に気づきました。
昨日貰った事は覚えているのですが・・・その後どこへ行ったのか。
購入金額は2万円程だった事だけ覚えています。
ああ・・・どこかから出てきて頂戴。


今日はチルド商品のシュウマイを作ってみたいと思います。
蒸さなくちゃいけないんですけどね・・・うまくいくでしょうか。
ガスコンロやバーナーを忘れてきたので、ポットでゆ~わくしか武器はありません。

中に水を張って、その上にアルミホイルで鍋状にします。
適度な隙間からアルミの内側に蒸気が入るようにしておきますが、箸で突いてしまい
適度にお湯がアルミホイルの内側に通るようになってしまったので仕上がりが早くなりました。
こういう適当なぐらいが丁度いいのです・左。

ちょっと多いですね。
お昼に貰った焼きそばが残っていたのを忘れていました。
でも全部食べました。


そう言えばホタテの貝柱はこのカップ麺への投入用に買っていたものです。
カップ麺を食べると胃が破裂しそうになるので残念ながら持ち越し。
貝柱は単体で食べました。
醤油がないので焼きそばの塩分でなんとか凌ぎました。

それにしてもこの焼きそば本当に美味しすぎる・・・。
帰りがけに手を振ってくれた売店のねえちゃん、マジで料理うまいです。



実は一日中雨で写真が撮れずで少なかったり・・・。
レシート紛失も重なったりともういろいろ大変。

そう言えば車のオイルランプがついているのは走ると消えるんですよね・・・。
フィルターが詰まり気味なのでしょうか。
だから回転数を上げると消えるとか・・・??
昨日5時半ごろにイエローハットを見つけて入ったら6時閉店、オイル交換受付終了。
うーーーん、非常時だからこんなに早いのか普段からこの時間なのかは謎ですが、
まさかこの時間に終わりだとは思いませんでした。

とりあえず緊急用に継ぎ足す為に安売りの1Lのオイル缶を購入しておきました。
点きっぱなしになっても足せば一日ぐらいは凌げるでしょ、多分。
しかし安売りだけあって0W-20ですよ。
そりゃ春が来たら安売りしてしまいますね。

こんなにやわらかいオイル東北じゃいらないんでは・・・?
北海道のスタンドでも10W-30のを入れてくれましたよ。
「10Wで大丈夫?」って聞くと、「全然へーき、0Wとか必要ない」って言われました。
確かに-20度でもちゃんとエンジンかかりました。
バッテリーに不安を抱えていなければ日本全国10Wで大丈夫そうです。
現場の人って大丈夫なところを感覚で知っているので無駄な投資はしないんですよね。
  1. 2011/04/20(水) 11:19:19|
  2. 災害・原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。