FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ソフトバンクがLTEを導入しない可能性

ソフトバンクはLTEを2013~14年頃にLTEを開始すると言われています。
これはソフトバンクからはなんら正式な発表がなされていないので、非公式な発表とほぼ憶測によるものです。

何故今になってもこんなに決まっていないかと言うと今ソフトバンクはHSPA系にお熱を上げているからです。
HSPA+とDC-HSDPAで速度を稼いで世間のLTEに対しての動きを眺めながら移行しようというのが表向きなんだと
思います。実際そういう言葉が上層部から聞かれますし。

実際の効率などを考えると初期の立ち上げ時に苦労を強いられる所はあるものの、いきなりLTEを開始する方が
将来的には一番いいと思われます。確かにLTEが思ったよりどうしょうも無い規格で暗礁に乗り上げる
可能性を指摘する声は有りますが、それらはWiMAX等の先発部隊でOFDMA等で起こる程度問題点の叩き出しは
終わっているので完全な初ものとしての苦労は多少軽減されると思います。

世間では何かとLTEの初期の導入時は価格が高いとか、立ち上げ所期のトラブル多発等、色んなことが
言われていますが、それらの意見の多くはW-CDMA時のドコモの経験からきているように思います。
ドコモは勿論過去の経験を踏まえた上で今回のLTEの立ち上げで万全の体制で挑んでいます。

機器の価格等の差は登場時のサイズである程度推し量る事が出来ます。
W-CDMAの立ち上げ時は大型の機器は20フィートコンテナに収まるサイズぐらいの大きなものでしたが、
ドコモのLTEの機器の写真を見ると1Uで収まってしまうようなものです。全部入れてもラック一本で収まりそうです。
勿論容量がかさばるUPSのバッテリーなど全部を併せればもっとサイズは有るのでしょうが、それでも
他の発表資料を眺めてもどう考えても20フィートコンテナサイズになりそうなものは見当たりません。

基本的にはたたみ一畳で収まりそうとか、コン柱一本に設置が出来そうだとかそういったサイズが主流です。
なのでW-CDMA開始時とは状況がかなり違います。

しかも今ソフトバンクが新しく設置している基地局はソフトウエアアップデートでLTEに対応できる基地局だと
言われています。それって「LTEの基地局を設置しているのと同じかそれ以上のコストが既にかかっている」
という事になるのではないでしょうか。そうでなければLTE対応の基地局は既にそれほど高価なものではない
ということになります。少なくとも基地局のハードウエア的には。


となると問題は端末のみということになります。
上記のように基地局では機器の価格差はほぼ解決していると思われますが、端末はそう簡単な話では
無いでしょう。小型化の問題もさることながら、基地局と大きく違う点はキャリア側から見たら
「自分達の手元に残らない」ものですから、一旦リリースして売ってしまってから不具合が見つかると
対応が大変です。

燃えたり煙が出たりしてもメディアで大騒ぎになりますからイメージ悪化にもつながりますし。
各キャリアが二の足を踏むとしたら端末が原因ということになります。

ソフトバンクも恐らく同様でしょう。
がしかし、1.5GHz帯で考えてみるとHSPA+やDC-HSDPAの基地局を立てているのはいいのですが、
それに対応した端末向けのチップ類や対応端末は聞く事はありません。なぜなら1.5GHz帯は
日本固有の帯域で、何故ここに携帯が割り当てられているのか不思議な帯域です。

できればもう少し上の1.7~1.9GHz帯や900MHz帯と入れ替えが出来ていればスイートな帯域に
なったことでしょう。PDCが停波した時点で再編時は携帯に割り当てることは考えずに900MHz帯や
1.7~1.9GHz帯を既に利用しているものの引越し先として残しておくべきだったと思います。
確かに携帯の切迫状況を考えればそんな悠長な事は言ってられなかったのでしょうが・・・。


そんなこんなでその1.5GHz帯に対応したチップや端末が無い。
特にHSPA+やDC-HSDPAとなるとW-CDMAやHSDPAのように枯れた存在ではありませんから
既存のチップに手を入れて対応させるにも時間がかかる。それを元にソフトバンクの事を
叩いている向きも見られますが、さすがにソフトバンクも全くの無策でそれを開始すると言って
いるわけでは無いとは思います。

ただし1.5GHz帯に対応したHSPA+やDC-HSDPAの端末を一から起こすのならLTEを開始するのとどれだけ
コスト差が出るのだ?という疑問も無いわけではありません。

端末はほぼ完全に自社向けのお手製で、金で手っ取り早く手に入れたものというわけではない。
=高コストな端末を使わざるを得ないという悪循環の始まりのようにも思います。
また、ドコモと共用できませんから数で値下がりする事はまず有りません。
今のソフトバンクの売れ筋はiPhoneですしなお更。

恐らくソフトバンクがコストダウンのメリットを傍受できるとしたらW-CDMA+LTE共用の1.5GHz対応
チップセットが出てきた時でしょう。恐らくそれはドコモやKDDIのおかげで出てくることになると
思いますが、結局ドコモ頼みの現状から脱却できません。

それにそんなチップセットが出てきたのならLTEの端末の価格も下がるわけで、
HSPA+やDC-HSDPAの端末が有利という話でもなくなってしまいます。

今はチップセットのプロセスルールの微細化のほうが進みすぎてしまっており、それに乗せる
アプリケーションの方が遅れているぐらいの状況です。となるとLTE関連の他の回路がそこにポンと
乗せられてしまうことも十分に考えられ、そうなるとHSPA+やDC-HSDPAとLTEのコスト的な
違いはますます無くなっていくことになります。

恐らく2~3年以内ぐらいにそういった状況になってしまうのではと思います。
早い話LTE端末の低コスト化は思っている以上に速く進むと。
中国のTD-LTEも絡んでますし部品が共用できますからね、メーカーは必死ですよ。

さてそうなった時、ソフトバンクはDC-HSDPAを無事稼動させなんとか10Mbpsオーバーを
確保していると考えられます。

そこで選択を迫られるのが「何時LTEを開始させるのか」という問題。
基地局は幾らソフトウエアの入れ替えで対応できるとしてもソフトウエアだってタダでは有りません。
それにHSPAもどんどん上の規格が現れてきています。そこそこの数のベンダーが使っていますし。

場合によってはHSPAのシリーズで100Mbps越えのものを投入する可能性すら考えられます。
その場合、ソフトバンクは何時までもLTEを開始できない病にかかることになります。

まあiPhoneがその病気から救ってくれるとは思いますが、その頃のiPhoneの影響力を
想像するともしかすると既にキラーな存在では無いかもしれません。
キラーでなければソフトバンクは無理してLTEを投入する必要も無いのです。
いや、日本市場でiPhoneはまだいけるとばかりに意地になって売りに来るのかもしれませんが。


ソフトバンクもLTEをいずれやると公言していますし、私も含めて多くの方は勿論開始すると
信じていますが、DC-HSDPAとその後継規格の行方によればソフトバンクは2015年になっても
LTEを開始していない可能性もゼロでは無いというわけです。

私が考えるにソフトバンクが何時までも強ければ2015年までに開始しない可能性が高く、
意外に劣勢で長いものに巻かれる必要性を感じたらLTEに早い目に移るのではないかと思います。
技術的な云々やiPhoneの動向は勿論有りますが、LTEを開始するタイミングもある意味一つの
駆け引き要素では有るのではないでしょうか。敵に塩を送る要素と自社に対しての有効な効果の
両方の側面が有りますから。

それらの全ては孫社長のふとした思い付きと隠密行動が握っているといえるでしょう。
関連記事
  1. 2010/08/19(木) 19:52:30|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<au、スナドラ端末の癖を読む~ベンチマーク等 | ホーム | iPhoneとAndroidの決定的な違い>>

コメント

1.5GHz帯の話ではないですけど...

ソフトバンクのLTE戦略(中編)――iPhone/iPadの動向が2GHz帯の導入システムを左右 | ビジネスネットワーク.jp
ttp://businessnetwork.jp/tabid/65/artid/493/page/3/Default.aspx

>ソフトバンクの戦略上の強みは、2GHz帯に導入するシステムとして、LTEとHSPAの高度化システムの2つの選択肢を持っていることである。
>Flexiは、W-CDMAからHSPA、DC-HSDPA、さらにはLTEにまで対応できる能力を持っている。
>すでに都市部ではFlexiへの置き換えがかなり進んでいる。
>日常的な設備投資のなかで、次世代インフラの整備を進めているといえるのである。
>海外の携帯電話事業者の大勢を見極めたうえで2GHz帯への導入システムを最終決定するものと見られる。
  1. URL |
  2. 2010/08/19(木) 21:18:02 |
  3. 通りすがりのSB&Wユーザー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

>ソフトバンクは2015年になってもLTEを開始していない可能性もゼロでは無いというわけです。

2015年にソフトバンクモバイルがLTEを開始しようにも(とある理由で)出来る状態でない可能性もありますけどねw
  1. URL |
  2. 2010/08/19(木) 21:57:32 |
  3. VtotV #-
  4. [ 編集]

ソフトウェアアップデートでLTEに対応するのはいいとして、
対応させた場合、LTEの電波しか吹けなくなるのでしょうか?
それともW-CDMAの電波も共に吹ける?
片方しか吹けない場合は結局補完設備投資が必要ですよね。
ドコモくらいに密に基地局を建てまくってあるのなら話は別ですけど。
  1. URL |
  2. 2010/08/19(木) 22:06:05 |
  3. みっく #-
  4. [ 編集]

純粋に持っている周波数幅の問題もありそうですね。
ドコモですら時間がかるといっている1.5GHzに今すぐLTEは無理でしょうし、
どんどんトラフィックが増えて他に受け皿のない既存2GHzに導入するのはただのアホでしょうw

もしこの調子で契約者数が増えたとして、トラフィックが伸びたとすればオフロード先にまた別の周波数帯がないとLTEの導入は非常にしんどいかもしれませんね。

余ってる2Ghzの5MHz幅から初めて夏モデルを一気に全部LTE対応にします!!!!とかなら
かなりの勢いで既存HSPA網はガラガラになるんでしょうけどw
  1. URL |
  2. 2010/08/19(木) 23:43:20 |
  3. hatchet #-
  4. [ 編集]

一応DC-HSDPAの168Mbpsが2011年3月に標準化完了予定と言うのもあるんでしょう、あとはアップルがLTEを取るかHSPA+の系統のどちらを選ぶかで対応が決まると
イーモバイルは今年のDC-HSDPA42Mbps導入→DC-HDSPA84Mbps(DB-DC-HSDPA)導入は変わらないと見てますが
  1. URL |
  2. 2010/08/20(金) 00:14:30 |
  3. kk #-
  4. [ 編集]

林檎と銭次第ですよ

新規取得の1.5ギガ帯の規格と、既存2ギガ帯のアップデートの方向性が揃わないなんて、変ですねえ…まぁいいか(^ω^)


レス始めの方に貼られてるビジネスネットワークのリンクは随分好意的に書いてますけど、早い話iPhone次第カネ次第ってとこでないの??


「ロードマップなんてものは存在しない!今は基地局倍増とWi-Fiへ如何にトラフィック逃がすかと自転車漕ぎに頭が一杯なんだっ!!(キリッピキッ)」と宣言してくれたらナァなんて妄想してる外野でした(・∀・)フハハ
  1. URL |
  2. 2010/08/20(金) 12:54:02 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

連レス失礼

来月開催される日本のLTE会議の面々http://techon.nikkeibp.co.jp/article/SEMINAR/20100705/183980/#key-1

NTTドコモ⇒参加
KDDI⇒参加
イーモバイル⇒参加
ソフトバンクモバイル⇒あれれ


こりゃあ予定は未定ですな!(・∀・)ニソニソ

  1. URL |
  2. 2010/08/20(金) 16:22:57 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

>>hatchet
Twitterで松本氏に15MHzしか使ってないのはもったいないから使えよと(意訳)ツイートしたら、
フェムトとの干渉とか色々めどいし、15MHzで十分な気がするわ(意訳)と返ってきたのでまずないでしょう。
>>どこも族
簡単ですよ。2GHzはiPhoneが使いやすいように整備する。
1.5GHzは金のかからないように整備する。それだけです。
でも、
>「ロードマップなんてものは存在しない!今は基地局倍増とWi-Fiへ如何にトラフィック逃がすかと自転車漕ぎに頭が一杯なんだっ!!(キリッピキッ)」
って可能性も否定出来なくはないですよ
  1. URL |
  2. 2010/08/20(金) 23:49:49 |
  3. はdsn #cSrN2osI
  4. [ 編集]

ただえさえ売れ行きが鈍っているSBMのドメ携の為に1.5GHz整備する理由がイマイチピンときません。客が対応した端末を買わないと意味がないわけですから。
それ以上にSBMの顧客買い換えスパンが長くなっている時点で簡単に移ってもらえなさそうな。無理やり交換とか?
あ、売れてないからこそ整備もいい加減なのですかそうですか。iPhoneは繋がるけどドメ携が繋がらないから皆でiPhoneに乗り換えようだとか。
いつでもドメ携を潰していいように1.5GHzへの投資を抑えてあるのかもしれません。おそらくはHSPA+やDC-HSDPAに対応させる気は無いと思います。

あとどーでもいいことですが、
キリッビキッ が キリッピカッに見えたような見えないような。ぇ、疲れてるって?
  1. URL |
  2. 2010/08/22(日) 12:14:03 |
  3. missaile #195Lvy4Y
  4. [ 編集]

キリッピキッの書きだしっぺより一言

僕のピキッは、血管マークを擬声で表現したつもりでして…いやいや、「キ」が「カ」になっても別の解釈が出て愉しいですな!

(・∀・)イイ
  1. URL |
  2. 2010/08/22(日) 14:27:20 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

ちょっと前のUQ某社長発言を思い出した

先日の発表会で1.5ギガ帯をDC-HSDPAで行くことも発表したようですね。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/11/05/128/index.html

しかし、また法螺をボーボー吹いてますね(笑)
・42は物理レイヤーだろ?同じ土俵で語れよ(´ω`)アーア
※MACレイヤーかもしれないね汗
・ドコモLTEの75を無視して語るんですかそうですか。(´ω`)アーア

余談ですが、トラフィックきつい筈の2ギガはどうするんでしょうね。まあ他人事だからいいか(^。^)y-~


参考・物理レイヤーとMACレイヤーが触れられてる記事
http://k-tai.impress.co.jp/docs/event/wj2010/20100716_381371.html
  1. URL |
  2. 2010/11/06(土) 11:54:29 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/999-331e1017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。