FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ドコモのSIMロック解除は中国でも賞賛

ドコモがシムロック解除の方針=なぜか中国人が大盛り上がりの不思議―中国メディア
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=43647&type=1


日本の端末は中国の富裕層には大人気なのだが、SIMロックがガンだった。
i-mode等のブラウザの独自性も問題ではあるが、とりあえずSMSだけでも動けば海外では文句を言う人は少ない。

ドコモがSIMロックできるようにすると発表すると何故か中国から反応が有った。
日本の端末はやはり人気の的なのだ。

ドコモは来年の夏機種からはSIMロックを解除できるような仕組みを導入すると言うが、どんな方法に
なるのかはまだ未定だ。

どうなるにしてもインセ0円で端末だけを購入できる仕組みを作っておいた方がいいかもしれない。
一括・またはクレジットカード必須などの条件でいいので端末だけを買えるようにしておけば
盗難やらそういったものがぐっと抑えられるだろう。

海外からやってくる刺客は必ずしも無料で端末を手に入れたいだけではなく、とにかく手っ取り早く
大量に手にいれる方法がそれしか無いから盗難するのであって、手に入れる方法が確立されれば
入手法を切り替えていくだろう。

また中国からの観光客は秋葉原に殺到し、本気の大人買いで電化製品を大量買いしていく。
ドコモの端末も一括インセ無しが定着すればドコモショップに中国人の一括買い客が来るように
なっていくだろう。「本場の純正端末買い」が流行る事になるかも知れない。

勿論ドコモもそれを見越したスタッフを揃え、ロック解除の手順、英語・中国語モードの初期設定への
切り替えなども見越しておく必要はある。土管だけでなく端末でも儲けを出そうと思えば出せる体制に
持っていくべきだと思う。

折角SIMロックを外すのだから他が出来ない事を先んじてやっていく意味は大きい。
今整えておけば自社の都合のいいように商売が出来るのだから。
関連記事
  1. 2010/08/11(水) 19:22:13|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<3.9G?4G? | ホーム | ソフトバンクの魔法?手品?がスタート>>

コメント

一方、ソフトバンクは林檎からの借り物の武器を取られたくないから解除ヤダヤダとごねております。
・・・滑稽だなぁ。この程度ではアジアどころか国内No.1になれる見込みなんて微塵も無いように見受けられるんですけども。
  1. URL |
  2. 2010/08/12(木) 10:51:51 |
  3. missaile #195Lvy4Y
  4. [ 編集]

>missaileさん
図らずも孫社長自身が「うちにはiPhoneしか武器がない」と認めた形となりましたね。
さすがに武器発言には笑わずにはいられませんでした。
自分で間接的にドメ携の立場を否定するなよと。
  1. URL |
  2. 2010/08/12(木) 23:19:39 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

>>鈴
昔はかなりガラケーが差別化されてたんですけどね。
中国向け端末をローカライズした程度で投入したり、
ヨーロッパ向けモデルを(以下同文
故にドコモやKDDI向けの端末に比べて際立っていた。
他にもJ-PHONEの流れをくんでいたので売れれば正義という発想もありましたしね。
ですが、今じゃドコモ向けの焼き直しばかりで....
(以前が他国向けの焼き直しだったというのはご愛敬と言うことで)
  1. URL |
  2. 2010/08/13(金) 02:04:11 |
  3. はdsn #cSrN2osI
  4. [ 編集]

>はdsnさん
実際のところ海外向けの焼き直しの頃のソフトバンク端末は羨ましかったです。
特にSHのは。
OSはともかくとしても、自由度が半端じゃなかったですからね。
ドメ携風味のスマホみたいなところが有りましたしね。
スマホ風味のドメ携・・・いや、どっちでもいいんですが。
  1. URL |
  2. 2010/08/13(金) 23:55:44 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

>>鈴
もしかしてそれはNokiaの端末ではないでしょうかね?
あれこそガラケー風味のスマートフォンでしたから
  1. URL |
  2. 2010/08/16(月) 11:32:40 |
  3. はdsn #cSrN2osI
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/983-b43973d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。