FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ドコモはSIMフリー端末だけを売ってくれるのだろうか?

来年の春以降、ドコモの端末は事実上SIMフリー化する。
ということは理屈上は端末だけを買うことも出来るはずだ。

例えばソフトバンクユーザーがドコモショップに行って端末を購入しようとすることも有るかもしれない。
割賦は無理にしても一括ならどうだろう。
ドコモはそんな状況を想定しているのだろうか?
将来的な回線顧客候補として端末のみの販売は意味のあることではないかと思う。
自社回線ユーザーと他社回線ユーザーでインセンティブが異なる場合、端末価格も変える必要が有るのか等、
今のうちからシミュレーションをしておく必要がある。

私の考えとしては回線なしユーザーという契約が有ってもいいのではないかと考える。
それで割賦も認めると。

一旦契約を持つとそこにSIMを追加するのは心理的ハードルが低い。
勿論マイドコモも使えるようにする。
しかし回線ユーザーで無いのでプレミアムクラブには入れないのだが・・・。

一度ドコモユーザーになるとマイドコモからSIM契約も出来ると嬉しいんだけどね。
なんでもオンラインやカタログ通販の時代、本人確認は初めの契約時に全て終わらせておけば
後はWEB上から何でも買えるようにしておけば便利なんじゃないかと思うんだけど。


ドコモがSIMフリー端末で他社ユーザーがまず買いそうなのはコラボモデル等でしょうね。
以前知り合いの件でネタにしたようにQ-potのチョコレート携帯のように引きの強いものは
他社ユーザーも欲しがるでしょう。

もう一つはドコモが強力布陣を予定しているAndroid端末。
iPhoneユーザーが複数端末所持の為に次期Xperiaの追加購入等は十分考えられます。

ドコモは端末ビジネスで儲かる体質に既になっているとしたらこれは追い風でしょう。
メーカーも儲かりますし。
しかし端末は儲けなしの原価ラインで売っていたのだとしたらあまり旨みは無いですけどね。

でもSIMフリーを進めるならこれは避けて通れない道だと思います。
ドコモショップへ他社ユーザーが足を運ぶきっかけに出来るのですから手を抜く訳には行かない事と思います。
関連記事
  1. 2010/08/03(火) 19:05:24|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<対応早っ・・・ドコモ海外パケホ発表 | ホーム | SBが法に触れずにWillcomの基地局を自社に付け替える方法>>

コメント

まあドコモの中の事情を知らない外野から見ると、SIMロック解除に「対応した」端末が出るのは来年春からですが、
じゃあ実際にSIMロック解除ができる運用はいつになるかはさっぱりぜんぜんまったく完全に判らないんですがね。
あくまでロック解除の運用が始まったとき「でも解除できるのはこれから後に発売される端末からですよ」という事を避けているだけ。
そして運用は「キャリアみんなで考えましょうね」という、SIMロック解除を渋る所から見たら「遅れてるのはお前のせいだよ」といわんばかりの態度。
実際はすぐ話し合いが始まってももめること請け合いで再来年あたりまで無理そうな予感ですが。
話し合いそのものを渋ってるとこがあるならさらに伸びそう。

あくまで外野の集まりである世間的には、最初からじゃなくて「一定期間後に解除」ってのが現実的じゃないかという見方らしい。
個人的には「SIMロック解除可能なフィーチャーフォン端末に、専用機械(顧客管理端末?)からキャリアサービス向けAPの情報を
書き込めるような仕組みを義務化しろー」とか言ってくるキャリアが居そう。どことは言わないが。
  1. URL |
  2. 2010/08/04(水) 02:41:01 |
  3. Mt.reliance(仮) #uqP/rtpA
  4. [ 編集]

>Mt.reliance(仮)さん
わー、確かに有りそうな嫌な大人の事情ってやつですね。
キャリアサービスAP情報を後から更に追加出来たら嬉しいですが、初めは入ってないのは嫌ですね。
海外に行ってもローミングするにはいちいちそこのキャリアに書き込んでもらわないといけなくなりますよね。
どこかがゴネているようですが、ゴネるのが得意な社風の某社ですかね。
  1. URL |
  2. 2010/08/04(水) 23:21:40 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/969-9a577be7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。