FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

TD-LTEかXGPか、技術と国際競争力

LTEはTDD/FDDで完全にWiMAXに引導を渡す~エリクソンの資料により明かされるの記事の
コメントがとても熱い。
そこで頂いたコメを読んでいて思うことがあったのでそれで新しく記事を起こしてみたいと思う。


PHSは純国産の革新的な技術のオンパレードで素晴らしいものだというのは
多くの肯定が得られるところでしょう。
XGPもその延長線上でPHSとして必要なモノを引き継いではいます。
世界がPHS系へと向かっているのは技術論としては全くその通りだと思います。
しかしそこには日本の名はありません。

世界はLTEをやりたいけれどFDDという壁が立ちはだかっていました。
TDDでもLTEをやりたいという需要がありました。
TDDは帯域の割り当てがやりやすいので当然の需要です。
そこにTD -LTEが登場しました。
そのTD-LTEがPHSの先進的な技術を意欲的に取り込んでると仰っています。
まさにその通りです。

しかしそのTD-LTEを開発しているのは中国です。
多くの方は日本ではなく中国の功績と思ってしまうことでしょう。

もしXGPがTD-LTEに取って代わるもので、LTEのTDD版がXGPだったのなら
それが最善だったのではないでしょうか。そうすればLTEはFDDもTDDも日本発の
技術として3.9G~4Gの世界を日本が席巻していたのではないかと思います。

WiMAXが規格として負けつつありますが、XGPもおなじことだと思います。
無理に生き長らえさせてもそれを引き継いでいく会社が苦しむだけで、
極端な施策をしながら低空飛行でニッチ道を歩むことしか出来ません。
片やTD-LTEを開発している中国は世界の表舞台でもてはやされ、今後大量の
外貨を稼ぐことになります。私は日本の企業には是非とも後者の立場で
あって欲しいと願っています。

もしかすると素晴らしい技術を開発することが目的となってしまってはいない
だろうか。素晴らしい技術は手段であり、その技術を開発することを目的と
するのは研究室だけでいい。

企業である限り技術部門が素晴らしいだけでなく、その技術を利用して商売をする
営業部門も優秀である必要がある。こういったケースは本来ならそういった技術の
営業部門の一つは総務省でもあるべきで、私が担当なら血の滲むような思いをして
でもXGPをTDD版LTEの座に座らせられるように駆けずり回っただろうと思う。

恐らくTD-LTEはXGPとはそう変わらないか、XGPよりも遅いタイミングで開発が
スタートしたのではないかと思う。しかし今世界が注目しているのはXGPではなく
TD-LTEだ。本家のFDDのLTEも日本の発言力はたいして大きくはなく、TDDに
おいては負け組みとなってしまった。

例えば最高のバットが有ってもヒットもホームランも打てなければ意味のない
もので、同じ技術を使った別のバットがホームランを量産すればそのバットが
賞賛される。

技術・キャッシュ・サービスが三位一体になってこそ高度な要素技術は企業に
とって素晴らしいものになるのであり、キャッシュを産めなければただの
バットと同じことになる。

素晴らしい選手を育て、オリンピックでメダルを取る。
素晴らしい技術の開発は素晴らしい選手を作っただけに過ぎない。
オリンピックに参加させてメダルを取らなければ賞賛は得られない。
技術もそういうことなのではないだろうか。


私も技術に絡んだ人間であり、国産の技術がこうして離陸に失敗していく様を
見るのは素直に辛い。しかし国産の技術というだけで商業的な無理を通して
いくのでは今度は日本の企業が萎んでいってしまう。

技術は人の為のものであり、技術の為の人にはなるべからず。
関連記事
  1. 2010/07/20(火) 19:32:12|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<言い訳のソフトバンク | ホーム | ソフトバンクの基地局がものすごく増えた>>

コメント

WiMAXは元々、超広域帯(UWB)を使った超高速通信技術でWiFiの後継規格を作ろう
ってところがスタートなので、今のWiMAXの使われ方は、本来意図されていないものです。
ところがUWBが使える目処が立たず、規格として立ち上がっていたものの
世に出すことが出来そうになくなったから方針変更して狭域帯でも使えます~
WiFiを超える距離でも通信できます~って規格になってしまったんです。
(UWBを使っていたら、通信可能距離は精々数m止まりだったでしょう。)

WiMAXを「負け組」扱いしたいのなら、そうしてしまった各国の電波行政に
責任を問うべきであって、規格として扱っている会社に問うべきものではありません。
そもそも各国の、そして国際的な制約上の電波利用を超えて運用できるわけ無いのですから。
  1. URL |
  2. 2010/07/20(火) 20:03:45 |
  3. こむ改 #-
  4. [ 編集]

WiMAXは無線LANに毛が生えたようなもんかと

海外で見逃せない動きが出てます。WiMAX⇒TDD-LTEソリューションを作ったばかりと思われるモトローラの一部事業がノキアシーメンスへhttp://japan.zdnet.com/news/ir/story/0,2000056187,20417013,00.htm



>>こむ改さん

言い方は悪いですけど、モバイルWiMAXは追随移動速度の視点から、2G並かそれ以下と言わざるを得ません。ブログ内のあちこちで書いてますけど、僕から言わせれば、新幹線クラスの速度に対応できないなら、移動体としては最早落第ですよ

平成10年頃の古ーい話ですが、連れと僕が各々のマイカーで中国道をドライブしながら時速120~130キロで移動しつつ、J-PHONE⇔movaの発着信&会話が普通に出来たんですよ。昔のレベルが現代規格WiMAXで出来るかどうかってんなら、そりゃもう…(^^)
  1. URL |
  2. 2010/07/20(火) 20:52:59 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

>どこも族さん
ですから、最初から移動体通信向けの規格じゃないんですよ。
IEEEナンバーが付けられた規格になってしまったから、世に出して来たってだけで
mWiMAXなんて、それこそ後付けの「初めに用途ありき」の規格に過ぎません。

最初から移動体通信向けとして、利用する帯域にも柔軟性を持たせ規格された
LTEと比べること自体「間違っている」んですよ。
と言うか、既に書きましたが本来の形でWiMAXが運用されたら、移動することはおろか
屋内の限られた範囲(パソコンラックの周辺のみ程度でしょう)でしか通信できないって
代物なんですよ。

#まぁUWB自体、将来的には高出力でも使えるはずだって青写真で
#突っ走ってしまった感ありありなんですが。

更に細かく言うと、UWBを使った次世代WiFiってのも、IMT-2000とも似通った
2つの企業によるちょっとした特許戦争が巻き起こって、ゴタゴタになったんですがねぇ・・・
  1. URL |
  2. 2010/07/20(火) 21:24:09 |
  3. こむ改 #-
  4. [ 編集]

>こむ改さん
あらま、mWiMAXが本命の利用法だとばかり思っていました。
UWBとして数mの距離の使い方が本命だったとは不勉強でした。
それで現在の802.11B,Gの帯域のそばに置かれているわけなんですね。

しかしながら国の肩を持つわけではないのですが、ブロードバンドの帯域不足に
焦ってこういう使い方になってしまったのかもと思う側面も有ります。
他には地域WiMAXしかり、新興国のラストワンマイルしかり。

>どこも族さん
巨人同士の再編劇・・・って感じですね。
手の届かない所で何かが動き出した感じです。
  1. URL |
  2. 2010/07/20(火) 21:26:12 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

鈴さんがUQ WiMAXに対してなぜそんなに否定的なのかと思ったらそういうわけだったのですね。
こむ改さんの認識もちょっと極端だとは思いますけど。

基本WiMAXは無線LANの拡張です。
当然XGPはPHSの拡張,携帯(3G)の拡張がLETですよね。(高速化する技術はOFDM・MIMOで皆同じ)

つまり携帯と公衆無線LANとPHSがそれぞれ共存している(た)ように
LETとWiMAXとXGPが共存出来る可能性はあります。XGPはもうだめだと思いますけど。

条件が同じならWiMAXはLTEより廉価になる可能性が高いです。
もちろん規格上移動通信は苦手で半固定で使用するのが前提です。

田舎のラストワンマイルとかには最適ですし,新幹線の中なら新幹線の中に基地局を置けばよいのです。
LTEよりも(基地局も,端末も)安くて高速,そういう規格です。

ただ,あまりに早くLTEが普及すると,コストメリットがなくなる可能性は高いので,
今の有料の公衆無線LANのようにニッチ市場になる可能性は高いかもしれません。

  1. URL |
  2. 2010/07/20(火) 22:14:18 |
  3. kuma #-
  4. [ 編集]

スタンスの違いでしょうね。

先の記事とこの記事を読んで、やっぱり根本的に鈴さんとはスタンスが違うんだなと言うことが分かった気がします。
周波数再編の話でもそうだったのですが、鈴さんの考え方は「個々の技術を生かす為にデファクトスタンダードを取るべき。」
私の考え方は「技術を持つならばそれ自身がデファクトスタンダードに成るべき」
戦だと鈴さんが引き込んで敵を討つやり方。私が打って出るやり方でしょうか。そんな感覚がしました。(違っていたら申し訳ない)

さて、本文に対するコメント。
>そのTD-LTEがPHSの先進的な技術を意欲的に取り込んでると仰っています。
>まさにその通りです。

>しかしそのTD-LTEを開発しているのは中国です。
>多くの方は日本ではなく中国の功績と思ってしまうことでしょう。

>片やTD-LTEを開発している中国は世界の表舞台でもてはやされ、今後大量の外貨を稼ぐことになります。
>私は日本の企業には是非とも後者の立場であって欲しいと願っています。

だからこそ、XGPを以て打って出るべきなのです。
例えばTD-LTEといっても後々のバージョンがどうなるかまでは決まっていないはずです。CDMA2000のRev.Xの様にかなり変わっていく可能性もあります。例えLTEにコジ入れられなかったとしても、IMT-Advancedに加わっていく働きかけをしていくことも出来ます。FMCのメインになるべく動くことも出来ます。
今メインではないからと言って潰すことは性急過ぎる判断だと思います。

鈴さんも技術畑の人間ならわかっていると思いますが、技術とは積み重ねです。過去を失った技術は新しいものを生み出せません。
鈴さんは「XGPがベースでなくとも技術は残せるでしょう?」と仰いました。
これに対して私は「いいえ」と答えます。積み重ねたものを取り除いたものに技術は残りません。
「日本の企業が後者であって欲しい」のなら尚更です。今ここで引き返してしまうことは世界に対して白旗を揚げることと代わりません。

「もしかすると素晴らしい技術を開発することが目的となってしまってはいないだろうか?」確かにそうかも知れません。
しかし少なくとも「規格」というものは「素晴らしい技術を提供すること」が目的であり、提供の為には開発することが大前提です。
つまり、こと「規格」に関して言えば技術を開発することが目的なんです。
技術を使うことばかりに目が行ってはいまいか。技術は確かに手段であるが、何故手段と成りうるのかを見過ごしてはいまいか。と思うのです。

確かにこのままXGPが残ったとして、しばらくはニッチな道を進むことになるかも知れません。しかし企業としてはニッチだろうがメインだろうが採算が合い、利益が出れば良い訳です。経営は確かに苦しいでしょうが、少なくとも次のチャンスを窺うことが出来ます。虎視眈々とメインを狙えば良いのです。
技術を持っているものは常にメインである必要はないのです。
バットにせよオリンピックにせよ同じ事です。
例えば万博やオリンピックの誘致。開催出来るだけの技術があっても営業が足りなければ誘致は出来ません。しかし、開催出来ないからといって諦めてしまえばそれまでなのです。
もし、最後までチャンスに恵まれなかったら?その時はその時で時運に恵まれなかったとして自然に消えていくでしょう。
少なくとも積極的に潰す必要はどこにもありません。

何より、何度も書いていますが、技術に限らず物事が一系統にまとまってしまうことは大変危険なことです。業界の硬直化を招く危険があるからです。
メインでないからと言って止めてしまえばそれこそ技術の停滞を招く事になりかねません。

私は何も国産発祥技術だからというだけでここまで言っている訳ではありません。(もちろんそれも無いとは言いませんが)
XGPが優れた技術を持つものであり、しかも世界の流れがPHS系の技術に向いているからこそ、その土台となった技術であるPHS系の規格を残すべきだと言っているのです。
世界が注目している技術を持っているにも拘わらず、メインではない、コストが良くないという理由で止めてしまえと言うのはどうしても納得いきません。


鈴さんの意見に対して是非を言うつもりはなく、私のスタンスとして意見を書かせていただきました。なので、もしかしたら論旨が多少ずれているかも知れませんがご了承下さい。長文失礼しました。
  1. URL |
  2. 2010/07/21(水) 02:26:54 |
  3. 通りがかりの置きみやげ #HSDP1/G.
  4. [ 編集]

> 素晴らしい選手を育て、オリンピックでメダルを取る。
> 素晴らしい技術の開発は素晴らしい選手を作っただけに過ぎない。
> オリンピックに参加させてメダルを取らなければ賞賛は得られない。
> 技術もそういうことなのではないだろうか。

「結果が全て」
鈴さんが言いたいのはこの一言。

経過なんてどうでもいいんです。
TD-LTEにしても、成功しなければWiMAXと同じ扱いになります。
失敗すれば負け犬です。
  1. URL |
  2. 2010/07/21(水) 06:48:13 |
  3. たなべ #zdvXpt9s
  4. [ 編集]

XGPに関してはチョッと哀れですね。

推測の域を出ませんが、SBが面倒見てちゃんと育てるかどうかと言えば、かなり疑問です。
腹黒い孫の目論みは、総務省への恩売り(事実作り工作)?TDD-LTEに転用して売り飛ばす?はたまた塩漬け狙い?それとも真っ当にロケーション狙い?

わかりませんねえ…(´・ω・`)?
それとも凡人の想定を超越したサプライズでも?まあ何でもいいや。時間がたてば判ることだし(^ω^)
  1. URL |
  2. 2010/07/21(水) 12:56:00 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

>たなべさん
「結果が全て」と仰いますが、結果は出てませんよ。それこそ規格を止めてしまった時に結果になるのです。
それに結果に拘るのは、技術というものがどういうものかよく分かっていない商業的にのみ突出した考え方です。
そもそも、鈴さんが「結果が全て」と仰っているとは私には見えませんが。
  1. URL |
  2. 2010/07/22(木) 20:23:56 |
  3. 通りがかりの置きみやげ #HSDP1/G.
  4. [ 編集]

>通りがかりの置きみやげさん
いや、言っておられる理屈速く分かりますしXGPの技術も素晴らしい。
しかし今更IMTのシリーズに推すにしてももう何年も遅いとしかいえません。
IMT-Advancedに何とかしてコジ入れたところで使う所が日本だけなら意味が無いですよ。
今風はLTEに向かって吹いているんです。
例えばXGPを作っているWillcomがドコモ程の力が有ればそれらも不可能ではないと思えます。
しかし一度潰れて再建中の会社が作った企業の、しかも携帯発ではなく(名目上は)PHSから出てきた規格に
どれだけの賛同が得られるのか、考えただけでもほぼ不可能なことは誰でも分かるでしょう。
サブの規格ならともかく、ほぼメインの片割れの規格です。
しかもこれからの期待の星の中国が何億というユーザーを引っさげて開発しているんです。
400万回線の、しかも毎月純減している会社に賛同を集めるなんてそれこそB29に竹槍でしか無いでしょう。

それと私は「こう思う」ということを書いているだけであって、私が将来の規格決める立場に居るわけではありません。
私を説得しても得られるものはかなり少ないと思いますよ。
  1. URL |
  2. 2010/07/22(木) 20:47:52 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

>kumaさん
私の認識では「無線LAN由来でモバイル通信に拡張した」って感じですかね。
コードレスホンを~でPHSみたいな感じです。

>たなべさん
一言に要約有難うございます。
短くすると誤解を招く恐れもありますが、非常に分かりやすくてインパクトも有りますね。
背景を無視して単語の意味でそのまま信じられると反動が怖いかもです。(笑)

>どこも族さん
私的にはロケーションもだけれど将来に向けた帯域取りも大きな一面じゃないかと思います。
帯域だけならドコモが取りに行ってもおかしくないよな~とも思ってましたから。
  1. URL |
  2. 2010/07/22(木) 20:55:12 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

話は飛びますけど、ITUに提唱された4Gに関してはW-CDMA(3GPP)派生のLTE-Advancedと無線LAN(IEEEE)がルーツの規格が出そうです。WiMAX2のことかな?来年明るみになる見通しデス


もっとも、CDMA2000(3GPP2)はワイヤレスジャパンでKDDIの話を聞いてないので詳しくは知りませんが、3.9G規格が実質お蔵入りなので、個人的には恐らく「無い」との認識です。
現にエリクソンとCDMA2000の旗元Qは日本のドコモとソフバンの関係に似てます※例えば極端ですが…



>>鈴さん

指し示す周波数帯域がXGPのそれかメガ帯か分かりにくいので、関連コメント(レス)はその辺がクリアになってからってことで。
そんな建前チックなこと言いつつ、僕の腹積もりはドチラだろうが見え見えでしょうがね( ̄▽ ̄;)ハハハ
  1. URL |
  2. 2010/07/22(木) 21:31:39 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

うーん、説得というか、

>鈴さん
いや、鈴さんをどうこうするつもりで言っている訳ではありませんよ。
ですから、「鈴さんの意見に是非を言うつもりはない」と書いているのです。

ただ、鈴さんは「規格(技術)」の話と「企業」の話を少しごちゃ混ぜにして考えておられる様に感じました。
もちろん、規格を作っていくのは企業ですから不可分ではありますが、技術者から見ればその規格がどんな技術なのかに意味があるのであって、どんな企業が持っているかはあまり意味のないことなんです。
極端な話PHSやXGPをやるのがウィルコムじゃなくても良く、例えばもしウィルコムが無くなった場合、どこかがその技術部門を買い取るなりしても良い訳です。
私はあくまで「規格」としてその技術を残していくべきだという事を言っているのであって、「企業」を残せと言っている訳では無いのですから。
(もちろん、ウィルコムという企業が残って欲しいのが本音ですが)

正直鈴さんの意見も理解は出来ます。
が、結局スタンスの違いというか、思いの違いみたいなものがあるので、
このまま議論をした所で平行線かもしれませんね。
鈴さんの考えも私の考えも一つの意見として、それぞれ読んで貰えれば良いと思います。
(ここでは私の考えに同調してくれる人は少なそうですが(^_^;)




※小話を一つ。むかーし「新日本企画」という会社が御座いまして~
  1. URL |
  2. 2010/07/23(金) 03:26:15 |
  3. 通りがかりの置きみやげ #HSDP1/G.
  4. [ 編集]

>鈴 さん
件の一文(私が引用した文)で、思いついたので書いてしまいました。
今読むとばつが悪い一文を読んで頂きありがとうございます。
  1. URL |
  2. 2010/07/23(金) 06:27:54 |
  3. たなべ #DhJvz.UY
  4. [ 編集]

はじめまして

> 通りがかりの置きみやげ さん
同調してる人間もいますよ。

XGP、遅すぎるとも思えないんですけどね。
TD-LTEなんてまだ虚像でしかないんだし、実際に動くものがそこにあれば今まさに注目されていたんではないかと。

今の状況が悔しくてたまらないいちファンの考えですけど。
  1. URL |
  2. 2010/07/23(金) 09:25:14 |
  3. TAMANDUA #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

>どこも族さん
私が先のコメントでさしたのはXGPの2.5GHz帯です。
MHz帯の話はここでは扱ってないので。

>通りがかりの置きみやげさん
多分私は技術的に勝つよりも商業的に勝つ事を重視しているから話が食い違うのだと思います。
XGPが全体的にWiMAXよりも速度やアクセシビリティーで上回っているにも拘らず、ほんの一部の方に
しか評価されておらず、またその存在自体も大して知られていません。
表からは見えないところで規格の生き残りの為に骨肉の争いが行われているとは思うのですが、
そこでXGPは優位に立てているとは思えないのです。私がXGPに対するこだわりを諦めたのは
Willcomにソフトバンクが絡みだしてからですが、今回のワイヤレスジャパンで決定的になりました。
それまではXGPの基地局の増加を日々心待ちにしていた口なんですけどね・・・。

>たなべさん
先の書き込み、ニヤリとさせて頂きました。
ああいう突込み大好きなんです、ご安心ください。

>TAMANDUAさん
コマーな方からしたらXGPはまだ応援したい所ですよね。(違っていたらすみません)
問題は継続して基地局を立てるための資金でしょうね。
それをどうソフトバンクに認めさせるか。
TD-LTEはリニアやらなんやらとチャイナモバイルが控えた状態でオリンピックを利用して
世界にアピールしちゃってものすごく有名になってしまいましたが、XGPがそれを覆すには
万博なりを利用して徹底したアピールをするなりしないと難しいでしょうね。
TD-LTEと同レベル以上に「やってますよ」感を演出しないと。
  1. URL |
  2. 2010/07/23(金) 20:47:14 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

>TAMANDUAさん
ありがとうございます。そう言って貰えると助かります。
私もまだ遅すぎるとは思いません。
TD-LTEはまだ確立されているとは言えない技術で方やXGPはこれから各種規格これから目指しているものが実用化されているものです。
これからのやり方次第でまだ浮かび上がる余地はあると思っています。
もちろん鈴さんの仰る様にアピールは必要でしょう。

SBはXGPをTD-LTEに変えたいようですが、私は現時点でSBがXGPの仕様を変更出来る権限があるのか疑問です。
私はSBがさもXGPの権限を持っているかの様な発言をすることでわざと世間の誤解を招いているように思えます。
つまり各ISPに無断でフェムトセルに繋げさせようとしたことと何ら変わらないと
思っています。


※かの名言を一つ。「まだだ、まだ終わらんよ…」
  1. URL |
  2. 2010/07/24(土) 02:27:07 |
  3. 通りがかりの置きみやげ #HSDP1/G.
  4. [ 編集]

>>鈴さん

やはり2.5ギガ帯でしたか。一応確認したかったもんで(^_^ゞ

人口カバー率の要件を満たさなければ、追々免許取消が待ってますが、国は純国産技術を守りたいだろうから紆余曲折しそうですね。何となく。

そういう理由で、SBの思惑通りにはいかないだろうと予想します。少なくとも転用にNOと回答するのでは、と。要件変更の改正も必要でしょうし。
  1. URL |
  2. 2010/07/24(土) 07:47:56 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/946-f188bf20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。