FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

時間が経って光の道対談をもう一度考えてみる

孫 正義VS池田 信夫の対談から時間が経ち、その内容をトイレや風呂等の時間に思い浮かべてはその言葉の
意味を再度考え直してみたりしてもうこのことに一度記事を書いてみようと思った。

孫社長は今後、トラフィックが異常に増える事を対談の冒頭に語った。
この先20年で100万倍に増えるトラフィックを逃がす為のインフラ整備がどうしても必要だと力説した。
それには光が必要だということで白羽の矢が立ったのが原口大臣の光の道構想だ。

しかしよく考えてみるとこの大量のトラフィックの発生と日本津々浦々への100%家庭への光の敷設とは
別の問題ではないだろうか。大量のトラフィックが発生するから電波の帯域が足りなくなるというのが
孫社長の説だがそれも何かおかしく思う。

どう考えても小さな地方都市クラスになってくると今後4Gで割り当てられる帯域で不足が起こり、
輻輳するとは到底思えない。大量のトラフィックを逃がす光が必要なのは東名阪や大きな都市圏がほとんど
だと私は思う。孫社長の光100%構想と大容量トラフィックの話は全く噛み合っていない。

大都市部のトラフィックを逃がすのが目的なら、現在ある光ケーブル以上に更に多数の会社が光を引けば
余裕が出来るし、災害や故障対策や事故・有事の際のバックアップにもなる。
そのぐらいならソフトバンクの体力でも不可能ではないだろう。
それとNTTの引いた光ケーブルだけで都市部の全てのトラフィックを完全に捌けるという保障は
有るのでしょうか?孫社長はその検証についても全く触れておりませんでした。
私は複数の企業による複数のケーブルが安定的にトラフィックを分けることが出来、安定した
アクセスを保障するものと考えています。

今後20年の自ら主張する100万倍の需要が見込めるのだから投資のチャンスではないだろうか。
そんな儲け話が有るのなら孫社長は他人に振らないで自ら光を敷設してください。
今後明らかに帯域が不足するんでしょ?あれだけ生放送で力説したわけですから。

東名阪だけならコストも抑えることが出来ますよね。
地域ごとにまとめて工事するアイデアまでお持ちのようですし、ソフトバンクの光構想を立ち上げて、
地域ごとに工事のスケジュールを公表し、それに合わせて各地域で申し込みをするようにすれば
事務手続きも工事も効率が上がりますよね。これは孫社長ご自身が語られたことの単純な応用です。



100%のブロードバンドの話は上記の話とは別に語るべきですね。
東名阪等大都市のトラフィックの心配がなくなり、その上で人の少ない地域までなかなか到達しない
光を含んだブロードバンドの話をするべきです。孫社長自身話題の整理が出来ていないか、本当の内容を
考えさせないように意図してごちゃ混ぜに語っているかのどちらかだと思います。

私は光だけでなく、LTE等の無線を含む何からの方式のブロードバンドで全国100%を目指すべきだと
思います。光で100%は必要ない。地方は地方で効率のよい方式を用いるべきです。

孫社長はケーブルの総延長が長ければ長いほど故障率の増大に繋がると仰った。
そうであれば田舎ほど距離が長くなるのだから、そんな場所に新たに光ケーブルを敷設するのは
ナンセンスな話ではないだろうか。距離が長くなる地域はメンテナンス性のいい無線で整備すべきだ。
田舎ほど少人数で帯域がふんだんに使えるので都合がいいのではないか。
しかも無線系だと都市部から来た人もそこで有線契約をしなくてもブロードバンドが使える。
都合のいいことだらけだと思われるのだが。

トラフィックがパンクしかけの都市部は、新たに又は既存業者が強化する光ケーブルでトラフィックを
逃がしつつ、地方では帯域に余裕のある無線を大いに活用する。
これが鈴の音情報局が孫社長の乗っかった光の道構想に対抗するブロードバンドビジョンとして
提唱することにします。

帯域とトラフィックを語る時は都市部とそうでない地域をしっかりと分けて語る必要があります。
世界でも有数の過密都市と過疎が問題視されているような山岳地帯を一緒くたに語るなど、
全く本質の見えてない討論でしかないと思います。


原口総務大臣の光の道がどういった詳細なのか一切知らず、名前しか知りませんが少なくとも私がここに
書いたような内容ではないように思います。光の敷設はとても大事ですが、実際に発生している
トラフィックの容量と場所をしっかり把握した上で適材適所で無駄のない対応をしてほしいです。



光の道アンケートをやっています。
この記事を読んで更に意見がある方は前回の投票に重ねて投票いただいて結構です。
生の声を届けるチャンスです。
関連記事
  1. 2010/06/19(土) 23:35:55|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<やはり電波の国際協調は重要 | ホーム | iPhone4、国内販売は6万台?>>

コメント

目的と手段

薄々お気付きかもしれませんが、孫社長の目的は全家庭にブロードバンドを普及させることではないでしょう。
iPhone(に限らないけど)のトラフィックを固定網に逃がすための手段を求めて、「光の道」という聞こえのいいお題目に乗っかっているだけかと。

最近はとみに、iPhoneの利用者の裾野が広がり、Wi-Fiとは何かを知らなかったり、BB回線を自宅に持たないユーザーが発生させるトラフィックがソフトバンクの網にのしかかってきています。
前者はAPの無償配布等で対処できるかもしれませんが、回線がないところには強制的に敷設するしかないので光の道に乗っかりたいのでしょう。

でもその後、一家に一台のWi-Fi APがあるような状態になったらどうするんでしょうかねw
今度はAP同士の輻輳が起きると思うのですが…
故にマクロ的なトラフィックはある程度通信事業者がちゃんとインフラを整備するべきだと考えています。
  1. URL |
  2. 2010/06/20(日) 02:18:51 |
  3. イルル #-
  4. [ 編集]

鈴の音情報局のブロードバンドビジョンに全面的に賛同します。

今後さらにトラフィックが増大することは間違いありませんし、バックボーンのさらなる強化自体は必須なのは確かです。
だからといって「全国民に光を」というのは違うだろう、と。
「人口カバー率100%」ではない、「100%の人口の居住場所」にインフラを整備することの大変さがどれだけなのか、孫社長はわかってないか、わかってて意図的にしらんぷりしているかのどちらか…いや、インフラ関連業をやってるのだからわかってないとは言わせません。

池田氏は光の道構想批判時に、離島の整備をどうするのか?とよく取り上げてますが、
http://www.ntt-west.co.jp/universal/torikumi/torikumi01-02.html
こういったNTTの「孤立防止対策用衛星電話」の整備維持についての地道な取り組みを見ると、池田氏の主張により賛意を感じますね。
こんな場所にまで全世帯分の固定網を引いたらどれだけの費用がかかるか…ユニバーサルサービス料が今の8円から1400円くらいにまで跳ね上がるんじゃないでしょうか?(苦笑

そのうち孫社長は離島は例外だ、って言ってくるかもですが、
陸にも限界集落というまさしく「陸の孤島」が各所にあります。
例えば、「温泉 自家発電」とか「温泉 衛星電話」とかで検索すると、外からインフラを通すのが不可能な温泉宿がぞろぞろ出てきます。
検索にひっかかりやすい温泉宿でこれですから、名もない集落となるといったいどれだけあることやら…
そんな場所にも全世帯分の固定網を引いたらどれだけの費用がかかるか…ユニバーサルサービス料がさらに2800円くらいにまで跳ね上がるんじゃないでしょうか?(苦笑
地震や台風の被害にあったあとの復旧費用なども考慮したらまだまだ跳ね上がりそうです。ガクガクブルブル


ここからは余談。
「愛国心とは、ならず者達の最後の避難所である」といったのはイギリスの文豪サミュエル・ジョンソンですが、
Key氏も確か愛読の銀英伝でいうなら
「僕は本当に日本が好きなんです」と男泣きした孫社長は、
「愛国心や戦争を賛美して他人には死を強要しながら、自分は安全な場所に隠れている輩」ことヨブ・トリューニヒトですね、まさしく。

ヤン・ウェンリーの言葉を光の道関連の状況に当てはめるなら…
「人間の行為のなかで、何がもっとも卑劣で恥知らずか。
権力に媚を売る人間が、安全な場所に隠れて時代錯誤の無駄な大型公共投資を賛美し、NTTや国民に愛国心や犠牲精神を要求して疲弊させようとすることです。
日本を平和にするためには、時代錯誤の無駄な大型公共投資を行うより、まずその種の悪質な寄生虫を駆除することから始めるべきではありませんか」
ってところでしょうか(笑
  1. URL |
  2. 2010/06/20(日) 08:15:23 |
  3. みっく #-
  4. [ 編集]

>例えば、「温泉 自家発電」とか「温泉 衛星電話」とかで検索すると、外からインフラを通すのが不可能な温泉宿がぞろぞろ出てきます。

一回目の対談しか見てませんが
その時は現在銅線で電話を引いてる地域以外は対象外という前提で話をしていたようです。
  1. URL |
  2. 2010/06/20(日) 11:26:52 |
  3. 通りすがりのSB&Wユーザー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

イルルさんの名前の出どころに笑いつつ意見を

池田さんとのたいだんでは全ての方にとぬかしたので多分辺境まで引くと大見得きって検討会試算でトンデも金額になって言い訳になるのではないかと

しかも何度も書きますが、電話しか使わない所は電話端末に接続する変換器をつけるのですが、なぜかWi-Fiがついている

どう考えても自社のための光ですね
  1. URL |
  2. 2010/06/20(日) 13:11:05 |
  3. きりがはら #-
  4. [ 編集]

>私は光だけでなく、LTE等の無線を含む何からの方式のブロードバンドで全国100%を目指すべきだと
思います。光で100%は必要ない。地方は地方で効率のよい方式を用いるべきです。

その方針には賛成です
でも光が最適解だと、あたしは思います

無線はモバイルにふる必要があります、できても電柱から軒先までが無線というのが穏当でしょう
それなら全部有線でも変わらないでしょう
有線ならメタル線も光も同軸(CATV)もコストはかわらないとみてます
コストは「敷設する事」と「保守・維持する事」が大きく線種差は小さいと思います(要は人件費が大きい)

同じコストなら速いのがいいと思うのです
だから光への1本化をして欲しいのです
  1. URL |
  2. 2010/06/20(日) 13:40:59 |
  3. 姫 #Qgp/yXvw
  4. [ 編集]

>そのぐらいならソフトバンクの体力でも不可能ではないだろう。
そんな余裕があるなら基地局にももっと投資が出来るのでは?
  1. URL |
  2. 2010/06/20(日) 22:53:36 |
  3. kk #-
  4. [ 編集]

>イルルさん
そうですね。
孫社長自身が対談の冒頭にも言っている通り無線の帯域が足りないということでそのトラフィックの
受け入れ先を作る為に乗っかったわけでしょう。
マンションでは間違いなくWiFiの干渉が起こりまくりでしょうね。
今でさえパソコンを開くと3つや4つぐらいは見つかることは当たり前なのに。

>みっくさん
興味深い意見有難うございます。
予断の部分が結構面白いかったです。
Keyさんは銀英伝のファンだったとは・・・w
有線敷設が現実的と思う孫社長や賛成派の方々は離島や対向不可な一車線道路を
何十キロ走った山奥にぽつんとある一軒家等の状況を知らないんでしょうね。
人のいない地域で余っている帯域の無駄をどうするつもりなんでしょうね。

>通りすがりのSB&Wユーザーさん
そんな前提があったのですか。
私は二回目しか見ていませんがそんな話は全くなかったです。
一応二回目を見た分のみの知識で話を進めることにします。

>きりがはらさん
存在しているものは何でも利用するという孫社長の執念はすごいものが有りますね。
一度問題提起して引っ掻き回せばもしかしたらNTTの財産をタダで手に入れられるかもしれないという
巧妙な手口ですね。相手のペースにひきづられてはいけないと思います。

>姫さん
日本国土を津々浦々まで車で走破した人から言わせれば有線は現実的ではありません。
日本国土を隅々まで走ってみれば分かりますが、どんなに住むのが困難と思われる場所にでも間違いなく人は住んでいました。
遥か山奥から岬の先っぽまで、人の開拓心はなんともたくましいものだと実感しました。
それらを全て有線で繋ごうなんてちょっとナンセンスな選択だと思うのです。
パソリンクや衛星などの無線エントランス回線で現場まで繋ぐほうが遥かにコストが安くてメンテナンス性がいいです。
しかし無線エントランスの先にまた光ケーブルを引くなんてのはちょっと変だと思いませんか?
だからこそ全部無線でという話になっていきます。
インドではNECがパソリンクの販売と敷設の為、技術者を現地に送っています。
国土の広い国では有線の敷設は早期に諦め、無線化を進めていることからも無線の方が効率がいいのは明白なんですよ。
ガードレールすらつける事も出来ないような片側通行の道路の脇に電柱なんて立てられるわけもないのです。
有線を引くことが現実解となってしまう方は、もっと日本の国土の現実を自分の目と足で知る必要が有ると思うのです。
離島を入れなくてもこの状態です。離島を考え出すともっと現実離れした話になります。

>kkさん
半分は皮肉込みです。
あとの半分は孫社長の"口"に対する期待感込みということで・・・。
  1. URL |
  2. 2010/06/21(月) 19:06:08 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/897-905f685a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。