FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

WiMAX2でLTEの追撃から逃げる

LTEの挑戦、モバイルWiMAX 2の攻防
急増するネットワーク・トラフィックを制するのはどっちだ
http://www.computerworld.jp/topics/bmobile/181409.html


WiMAX2は2010年9月にIEEEでの標準化、米国で対応サービスが実用化されるのは早くても2012年以降の見通しだという。

サービスではLTEに先んじたが特に日本ではそれを代替する通信のほうが速度は劣りながらも数では勝っている。
LTEのサービスが始まればWiMAX陣営は国内市場ではより苦しくなっていくだろう。

WiMAX2は劣勢のWiMAX勢に一抹の希みを与えてくれる。
早く実用化されることが期待される。
それまでUQが生き残っていることが前提となるが。
関連記事
  1. 2010/06/16(水) 19:53:57|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<UQはやっぱり苦しんでいる2 | ホーム | iPhone4の予約開始>>

コメント

でも実際には電波の規格よりもセルの小径化、つまり基地局の密なる整備が4Gを生かす条件のようですから、KDDIの基地局用地数とドコモのそれがぜんぜん勝負になってないのが、UQの不安すぎるところですね。
  1. URL |
  2. 2010/06/16(水) 20:16:25 |
  3. 孫策 #-
  4. [ 編集]

規格の優劣は別にして、ネットワークのキャパはセクタ数と帯域幅・そして基地局にぶら下がるユーザー数で大体決まるかと。

auやTU-KAの基地局併設中心なら、親(KDDI)の配置状況に依存する要素が大。WiMAXが基地局同期要るかどうかは知らないけど、同期が必須なCDMA2000のに併設するのならマイクロセル化なんてハナッから無理だと思いますね。

だから実効速度は……



あと、WiMAX2ってどのくらいの時速まで対応なんでしょうかね?wikiとか見てたらWiMAXは 規格上120㌔まで※実際の許容はもっと上らしいです

まあ日本に限らず、実用上は新幹線+αの速度の鉄道沿線で普通に使えないと、ね(^^)
  1. URL |
  2. 2010/06/16(水) 21:21:29 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/858-115effdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。