FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

UQはやっぱり苦しんでいる2

UQが動き出してTCAの数字が5回発表された。
この数字がどんなものか検証したい。

まずは以下の資料を見ていただきたい。


3ヶ月ごと3期分とプラス2ヶ月のイーモバイルとUQの数字だ。
イーモバイルは更に2ヶ月の数字もいれてみた。

一般のユーザーを募集し始めた3カ月目の初めての発表の時点で約3倍の違いがある。
6カ月目でも純増ベースで1.5倍、累積でも約2倍の差が有る。

9ヶ月経った時点でのイーモバイルは205900回線、UQは150300回線。
かなり追いついてきたとは言え実力的の違いが数字に出た形だ。

そして先月の発表では月当たりの純増がまたもや2万を切った。
3月の新入新卒需要を過ぎたからだ。
しかしイーモバイルはまだこれから新卒新入需要を迎えるところだ。
いきなり13万の純増を叩き出し始める。
UQの今月の予想される数字を考えると同時期のイーモバイルとの数字の違いは
ダブルスコア近くまで開くと予想される。

その後のイーモバイルはドコモと争う純増を続けている。
しかしUQは離陸に失敗したような動きになっている。
もう到底UQはイーモバイルのペースには追いつかないだろう。
ここからは離されていくばかりだ。

両社の開始は約二年弱の違いでUQの方がブロードバンドに対しての理解が行き渡ってからの
開始で、しかも次世代通信のWiMAXだという看板もあってそんな不利な立ち上がりではないはずだ。

ところがWiMAXの方が立ち上がりは遅い。
それは欲しい人は既にイーモバイルやドコモのデータ定額を使っている可能性があったりと
需要が先食いされているという考え方も出来る。しかしそうだとすると市場パイが異常に小さい
ことになってしまう。さすがにその線はそれほど考慮しなくてもいいと思う。
逆にまだモバイル市場が本格的に立ち上がっていないだけじゃないだろうか。

やはり先にはLTEも有るので様子見感が大きいと思われる。
ユーザーとしてはまだ有線が有るのでモバイルブロードバンドまではお金を回せない。
可処分所得の予算の中に一定の通信費のおおよその金額が枠として決まっている。

となると無線ブロードバンドは有線からパイを奪いながら成長していくことになる。
有線・無線の両方にお金をかける層はそう多くないだろう。
または無線の中でi-mode等の携帯パケット等に多少プラスで使えるのなら使うだろうが、
携帯パケットプラスPC定額では有線も入れれば3つも通信費を払うことになる。

そんな状況だから余計なものには投資しない。
将来にW-CDMAと端末を統一できるのに、今WiMAXのハードにお金をかけるほど無線パケット通信に
お金を落とす必要性を感じている人が余りいないということかもしれない。

そうなるとWiMAXでは携帯との共用は無理という意味でNGだ。
有線から乗り換えていいかというと今はそこまでとも思えるレベルではない。
なのでこの時期にWiMAXが伸びないのは当たり前で、こうしてきっちりと説明がつく。

結局はユーザーが有線から乗り換えていいと思う所から徐々に剥がして行くか、携帯WEBとの
オプション契約としてプラスでPC定額を付けていくのか、大きくデータ定額が動くのはどちらかしかない。
テザリング割やPC定額オプション割のようなセット料金プランを設ければ、ある意味縛りとしての
効果も期待できる。W-CDMA側は携帯とデータ通信をセットにしてしまえば他規格へ目が向くのを
避けることが出来る。LTEに向けた料金プランを組む時は音声と携帯WEBとPCデータ等をセットに出来る
プランでお願いしたい。当然個別で契約するよりもお得に。

WiMAXの真の実力を問うにはLTEが出て、それでもなお一定の割合の純増を確保できるかどうかを
見る必要がある。LTEのおかげで次世代モノが揃って延びる可能性も十分可能性はある。
選択肢の一つとして存在した上で選ばれることが重要だ。
今はその状態ですらないのでより敬遠されているのではないかと思われる。
関連記事
  1. 2010/06/16(水) 21:03:06|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21
<<孫 正義VS池田 信夫~光の道対談 | ホーム | WiMAX2でLTEの追撃から逃げる>>

コメント

UQは携帯端末を発売していない欠点があります。

スプリントのWiMAXスマートフォンを発売すると、流れが変わる可能性があります。

それと、UQの拡販にJ:COMの営業部隊が投入される可能性もあります。

いずれにしろ、UQはauとセット(WiMAX + CDMA2000)等で、エリアの穴を埋めることが最重要だと思います。

うーん、総務省。
  1. URL |
  2. 2010/06/16(水) 21:37:44 |
  3. UQの今後 #-
  4. [ 編集]

UQに対しては、発表してから半年以上も経つのにいまだに発売時期についての話が聞こえてこない、au+UQデュアルデータ通信端末を待っている層がそれなりにいる気が。
それが出たら純増ペースに弾みがつくのでは?
ただ、auがマルチキャリアrev.Aをこの冬にも始めると発表してしまったため、どうせならそれに対応したデュアル端末が出るまで待つか、とさらなる待ちモードに入る人もいそうな悪寒。
時間が経てば経つほどドコモのLTEの開始が背後に迫ってくるわけで、その前に出すべきタマを出してユーザーを囲い込んどくべきだったのに…
開発が容易ではないのは察しが着きますが、とはいえこの遅れはUQにとってかなり痛いと思います。
  1. URL |
  2. 2010/06/16(水) 22:00:56 |
  3. みっく #-
  4. [ 編集]

>>UQは端末を発売していない

見落としがちですが、確かにその通りですね。次にいかに繋がるか=エリア

実質前スレhttp://suzunonejh.blog15.fc2.com/blog-entry-869.html


↑ここにコメントしたように、鉄道沿線網羅してやっと競争力が…ってとこ?まあWiMAX2は、移動体としてどれぐらいのポテンシャルあるか未知数※WiMAXは規格上時速120キロ実際はもうちょい上らしい ですが。

流行るか廃れるかは、まさにUQ次第ですね。参入競争時のDOCOMOの身の退き方したらモニャモニャなんでしょう?…(^^)
  1. URL |
  2. 2010/06/16(水) 22:02:08 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

そういえば、基地局数で先月中にイーモバイルを追い抜いているのはほぼ確実のようですよ。

携帯電話基地局数 (平成22年5月15日現在) ※増減は平成22年5月1日現在との比較
eMobile  1.7GHz W-CDMA   9268  +17
UQ     2.5GHz mWiMax    9258 +243
http://www6.atwiki.jp/k-p/pages/144.html

もっともこれだけのペースで建てられるのは、コストが安い他社鉄塔寄生型やコン柱型などの小型低出力基地局の設置に注力しているからでしょうし(好意的にとれば、マイクロセル化を前提でエリア構築しているといえるかもしれませんが)
エリアではまだまだイーモバイルには及んでないでしょうね。
もっとも、もしかしたら人口カバー率85%の3分の1であるというソフトバンクの7.2M対応エリアよりは広い可能性はありますが(笑
  1. URL |
  2. 2010/06/16(水) 22:21:43 |
  3. みっく #-
  4. [ 編集]

地方の電気屋でwimaxを扱っている店舗が少ない=知っている人が少ない
地方都市部だけのサービスなので扱いにくいってのもあります。
  1. URL |
  2. 2010/06/17(木) 10:56:22 |
  3. 球根 #1uo9cX9M
  4. [ 編集]

なんか必死すぎる・・・。
5月の純増数がどうだろうが

スピード、価格、契約解約のしやすさ、帯域制限の弛さ、誠実さ、設備投資のスピード、パソコンへの内蔵のしやすさ、ルータの豊富さ、全てにおいて勝っていて 頼みの綱のエリアすらもう追い付かれてしまった。

はっきり言ってもうサイトなどではイー・モバイルは葬式ムードです。ウィルコムみたいな空気になってるのは事実で巻き返しの材料はありません。




私は何よりセンボンさんの技量に疑問を持ってたので KDDI率いるWiMAXにはかなわないだろうと読んでいたのです。人を見るだけでいいんです センボンさんがこの先何をやろうがまた同じ事になるでしょう

ただの起業好きな人間では継続できません
  1. URL |
  2. 2010/06/17(木) 16:03:17 |
  3. WiMAX #-
  4. [ 編集]

何か、WiMAXさんからは某KEYさんと同じタイプの臭いを感じてしまう…
  1. URL |
  2. 2010/06/17(木) 17:22:14 |
  3. VtotV #-
  4. [ 編集]

誰とは言いませんが、スレチな場所で妙な書き込みしてる人が居るので貼っときますねhttp://suzunonejh.blog15.fc2.com/blog-entry-888.html

僕だけでなく管理人(鈴さん)からもコメントを求めてるんですが……無視(遁走?)ですか。で、懲りずにブログ内のあちこちで……
  1. URL |
  2. 2010/06/17(木) 19:00:02 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

イモバもWimaxもそれほど興味がない自身にとっては、不毛な争いより基地局を建てて繋がりやすさをアピールして欲しいとこです。
速度が出ようが繋がらなきゃ話にならないわけで。伝搬特性上2.5GHzが不利とか仮説を立てた鈴さんの理論を実績で覆せばよろしいんじゃないんでしょうか?
加入者数でイモバが勝つかWimaxが勝つかである程度答えが見えてきます。
まぁ、技術だけでもなくマーケティングや販売、アフターなど全体的な面で顧客をつかむ必要がありますがね。

そんな事より自身の意見を主張したいのならばブログを開設してみてはどうでしょう?
SBMの人の件もあるのでここにネチネチ書くと嫌な目で見られるのは避けられません。
実調査の速度データ、技術解説、製品紹介とかを書き記しておけば検索してきた人の目にはとまります。それでWimaxの優位さをアピールすればいいんではないかと思うのですがどうでしょう?>wimax氏
  1. URL |
  2. 2010/06/17(木) 22:14:30 |
  3. missaile #195Lvy4Y
  4. [ 編集]

これをWiMAXの逆襲と取るか、WiMAXのご臨終と取るかで意見のわかれるところ

モトローラ、802.16mやTD-LTEへのアップグレード可能なWiMAXソリューション
http://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/264/Default.aspx

>同ソリューションではさまざまな移行シナリオにおいて、基地局の大半、およびIP/MPLSコア、バックホール、および機器管理などの主要なネットワーク構成要素の最大100%までを再利用できるという。そのため、通信事業者は、4Gへの移行をより容易に行えるとのこと。
  1. URL |
  2. 2010/06/17(木) 23:15:20 |
  3. 孫策 #-
  4. [ 編集]

UQの日単位で使えるプランは、毎月の純増数には含まれないので、
日契約のユニークユーザ数が月間でどれぐらいの規模感あるか知りたいですね。
(日契約はあんまりニーズが無いのかもしれないけど)参考値として。
  1. URL |
  2. 2010/06/18(金) 00:36:23 |
  3. うーきゅー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

WiMAXに関してはロシアがLTEへ鞍替え、米国のクリアワイヤがTD-LTEを使えるように申請中、台湾でもWiMAXからTD-LTEへとの声も上がりつつある今これ以上の設備投資をするべきなのか疑問な所もありますね>UQ

UQの認知度が2割、猫のCMの認知度が8割とのことですからサービスの利便性とかなんてほとんど知られていないと思いますね、イーモバイルの帯域規制強化の離反組みを掴めないようなら今後も厳しいでしょう
  1. URL |
  2. 2010/06/18(金) 01:05:41 |
  3. kk #-
  4. [ 編集]

UQがスマートフォンを出さないのは可笑しな話

エリアやシェアも重要だけどデータ専用ではない端末を出さなきゃ話になりませんよ…
HTCに発注をお願いしなさい。
  1. URL |
  2. 2010/06/18(金) 09:18:10 |
  3. X10 #-
  4. [ 編集]

>>スマートフォン等を出さないと

そうかもしれませんね。auブランドで出してMVNO式でいくか、UQから出して音声をKDDIローミングで対応するとか、かなあ。僕はどちらでもパスしますが。
  1. URL |
  2. 2010/06/18(金) 12:52:48 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

VtotVさん
Keyさんは凄い方です。あのような凄い方と比較されるレベルにありません。

それと、私はなんでもかんでも否定するタイプではなく、高い周波数の方が速度が出る話では鈴さんに同意させて頂きました。
  1. URL |
  2. 2010/06/18(金) 20:04:50 |
  3. WiMAX #-
  4. [ 編集]

真偽は中の人のみぞ知るといったところですが、
au+UQデュアルデータ通信端末は法人向け限定で既に稼動しているという話が出てました。

http://www.phs-mobile.com/?p=722

専用ソフトで接続・切り替えとのことなので、電波状況に応じてシームレスに切り替えてくれるわけではなさそうですが、
それでもモノがもう出来てるなら一般にも出せばいいのに。
好事家は確実に飛びつくでしょうし、値段しだいでは一般層からもそれなりの契約数を得られると思うんですけどね。
プラン料金でauとの折り合いがなかなかつかないのかな?
  1. URL |
  2. 2010/06/18(金) 21:02:42 |
  3. みっく #-
  4. [ 編集]

ワイヤレスブロードバンド実現のための周波数確保等に関する意見募集の結果及び再意見募集
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02kiban09_02000043.html
各社の意見書が出ています
  1. URL |
  2. 2010/06/18(金) 23:24:15 |
  3. kk #-
  4. [ 編集]

孫策さんが貼ったリンクと中身が似てますが…「特定分野に活路を」だってhttp://wirelesswire.jp/Watching_World/201006181043.html

活路を見出だすとの表現がなんとなく哀れですな。
  1. URL |
  2. 2010/06/19(土) 16:28:26 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

海外はTDD-LTEへ向かうみたいですね。今入ってるユーザーも腰掛け利用みたいな層があるとかないとかhttp://japan.internet.com/finanews/20100622/5.html

まあ上のリンクは海外での予想ですよ、予想
  1. URL |
  2. 2010/06/22(火) 20:00:21 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

上記のau+UQデュアルデータ通信端末がやっとこさ発売にこぎつけたようです。

http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20100623_376188.html

技術的問題点をクリアするのに時間がかかったとのことですが、シームレスハンドオーバーを実現。
料金はプロバイダ料と足して6千円前後。
混雑している場所では通信制限がかかることがあるが、通信料による規制は無し(CDMA網接続時でも)
これならかなり魅力的ですね。

これでSIMを差し替えないと山間部では使えない、しかも従量青天井の
ソフトバンク+イーモバデュアル端末の存在がかすんでしまうことでしょう。
  1. URL |
  2. 2010/06/24(木) 09:07:35 |
  3. みっく #-
  4. [ 編集]

CDMA2000は同期式なために基地局の高密度配置が難しい方式ですしね。バイパス利用は予想通りです。

auがLTE全国展開しても継続するでしょう。だってモニャモニャ…(・∀・)
  1. URL |
  2. 2010/06/25(金) 08:27:22 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/831-438d83a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。