FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

携帯各社のCMに変化あり

時々触れている各社のCMについて。

基本的に大きく変わってはいないがドコモのBeeTVのセンスがとてもいいように思う。
アマルフィーの頃から「異変」は感じていたんだけど、レギュラーのCMの方は相変わらずの
ドコもっさりなCMが続いてたので敢えてスルーしていました。
しかしこの3月に入ってから見かけたCMは0.5秒のタイミングにまでこだわっていてCMに飽きさせない。
他のドコモのCMは相変わらずだが今後のBeeTVのCMは気にして見ていこうと思う。


auは相変わらず。うるさいと感じる人には最悪のCM。
乗りがいいと感じる人には小気味がいいと思うCM。
選択肢を持っている側には受け入れられやすいのではないだろうか。
選択権を持ている側はCMが気に入らないからアウトとまでは言わないだろう。
家族割などで駄目だと言うことはあるだろうが。
少なくともターゲティングはしっかり行われているので好き嫌いがはっきりするが
良CMの内には入っているように思う。

でも天下のKDDIがあのCMしかないというのはちょっとナイと思う。
中途半端に手広くして何も印象が残らないよりは当然いいが、しかしこのままでは
NTTグループのしっぽすら捕まえる事はないだろうなとも感じさせられる。
単品の評価は悪くないが総合評価をすると「え?それだけ?」と何か物足りなさを感じる。
CM自体が今のKDDIを体現しているようにも思える。


CMの王者と言えばソフトバンク。
最近は哀愁漂う旅情編が主なラインナップだ。
コミカルなところでキャラクターを売り、キャラクターを印象付けてから演技や風情を売る。
王者の風格とも取ることが出来る流れだ。

が、そろそろネタが尽きた感が否めない。
なのでインパクトを取る為にお父さんCMばかりではなくて大物俳優やSMAP等を
スパイスとして入れてきたわけだが、次は”繋ぎ”にどんな大物を投入してくるのだろう。
大物つなぎの次のお父さんCMでホンモノの王者なのかネタ切れの本格化かが判別できるだろうと思う。


イーモバイルは必要な層には既に認知済みということでCMは打たなくなりましたね。
UQの猫CMが幅を利かせていようがお構いなし。
会社を知ってもらう時期が終わって経営的に数字を作る時期に入ったのでしょう。
なので広告費は節約・・・これもまた有りでしょうか。
関連記事
  1. 2010/03/25(木) 19:57:11|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<JRの架線事故に見るUQの基地局状況 | ホーム | テレビ局の利権か、日本の携帯事業の発展か>>

コメント

今日TVを見ていたら

Web de請求のCMが始まってましたね。
久々に仲間由紀恵さんがECO大使として登場してました。
嵐と土屋アンナさん以外のKDDIを久々に見たらなんだか新鮮でした(笑)
  1. URL |
  2. 2010/03/25(木) 22:52:21 |
  3. au #4we8Ke7.
  4. [ 編集]

逆に考えることも出来ます。
auは盛り上がりたいんだと。要端末改善前提ですが。
ソフトバンクは勝手に王者気取りしてるカンジ。だからって値上げだのサービス改悪とかをやっていいとは思えません。

ドコモはアピールが下手くそなのは相変わらずなので、もうちょっと弊社はこんなことやってますよーぐらいは欲しいとこです。
  1. URL |
  2. 2010/03/26(金) 00:17:21 |
  3. missaile #195Lvy4Y
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/781-e0ecc5d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。