FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

LTE化のインパクトは意外に少ない

私を含め次世代通信のLTEやDC-HSDPAなどについて多くの方が騒いでいる。
WiMAXやHSPA+等が出てきているが、やっぱり誰もが本命視しているのはLTEで、それに向けた
余興的な目で見ている向きが多いと思う。

そのLTEも日本での開始は今年の終わり頃ともう目前に迫ってきている。
既に試作端末も出来上がりつつあるだろうし、今年のCEATECの大きな目玉に成るのは間違いないだろう。

そのLTEも実際にサービス開始によるインパクトは少ないと見ている。
メディアは記事のネタを常時探しているので間違いなく「次世代」というキーワードが久しぶりに大手を
振って使えるので飛びつくだろうが消費者的には冷ややかな反応になると思う。

その理由は新しいことが出来るようになるわけではないから。
今まで出来た事が高品質化するだけで、別に今までのもので不満の無い人には何の恩恵も無いからだ。

ドコモの計画では今年の12月にLTEを開始すると発表しているが、ドコモがLTEに期待しているのは
旧来の3.5Gネットワークの多くのトラフィックを、よりビット単価が安く高速なLTEに付け替えることだ。

当初は既存のドメ携やスマートホンのトラフィックをLTEに移す予定は無い。
今非常に重いパソコン等で使われているトラフィックを3.5Gネットワークから追い出したいのだ。
ユーザーからしてもパソコンのトラフィックは真っ先に規制対象になり勝ちなのでLTEで快適に使いたい人も
大いにいるだろう。有線ネットワークのようにとまでは言い過ぎだが、それに近いクオリティーを期待できる
LTEは必要な人には有りがたい。

重いトラフィックがLTEに逃げると既存ネットワークが空いてくる。
2GHz帯の帯域は20MHz幅から15MHz/10MHz幅と減らされるがそれ以上に重いトラフィックが逃げてくれる
ほうがメリットとなる。混雑地域は1.7GHz/800MHz帯と二重三重にカバーされているので大して心配する
必要も無いというのもあるだろう。

LTEが始まっても大きなインパクトは無い。
しかし少しづつメリットが分け与えられる形でユーザーに還元されていく形になるだろう。

後はイメージ。
次世代通信を一番に開始する”名声”は大きい。
「何か分らないがスゴイらしい」という大まかなイメージでしかない。
でも疎かには出来ないし、王者にとっては取りこぼしが許されない部分だ。


ここまで書いた上でこんな事を書くのもアレだが、高品質化は金にはならないという問題も大きい。
過去にVHSとベータ戦争が有った時も勝敗を決めたのはデッキの性能ではなく低品質でも長時間録画や
映像ソフトの豊富さが決め手になったし、その後のS-VHSは少し流行ったものの結局無くなったし、
D-VHSやW-VHSなんて知らない人のほうが多いと思う。

価格低下が著しいビデオデッキの世界でも高品質で高価格帯を狙ったが、結局廉価でお手軽なものが
求められる結果となった。

通信業界の世界もここは見誤って欲しくない。
どれだけ高機能化高性能化しても廉価でお手軽な部分を決して疎かにしてはいけないと思う。
その部分を旧規格だけに依存させてしまうと後に必ずソフトバンクやイーモバイルのような業者が
現れて、がっさりとシェアを奪ってそれを頼りに楔を打ちつけていくことになる。

大手はこの楔を打ちつける場所を作らないことが最大のテーマであり、力の小さなところは
楔を打ちつける場所を見つけることがテーマだ。

今後は通信業以外のところもぽっと出で考え付かなかったサービスでシェアを奪っていく可能性だって有る。
ビット単価が下がるほどに有り得ないサービスが成立してしまうものだ。

勿論王者が安定して鎮座しているほうが頼もしいが、新鋭が気を吐いて荒らしている様はそれ以上に
面白いものだ。孫社長にそれを期待するのか、後続から現れるのか。

LTE自体がインパクトではない何かが出てくることはかすかながら期待する部分はある。
関連記事
  1. 2010/03/15(月) 19:37:14|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<UQの苦悩? | ホーム | Android急速普及中>>

コメント

んー、やっぱしアレの存在でしょうかねぇ?
クアルコムへの上納金がクソ高くて通信事業者が不満とか。
こういうものに関しては普及させるのが前提の筈なのに、特許で独占的に金をせしめる企業がいるから揉めてしまうんですよね。

#アメリカ人らしい発想と言われたらそれまでだけど
  1. URL |
  2. 2010/03/15(月) 22:16:23 |
  3. missaile #195Lvy4Y
  4. [ 編集]

去年から今年のイベントでドコモのキーパーソンはLTE用に割く2ギガ帯の幅を「未定」としてますが、果たして。

一律5でいくか、1.7ギガの基地局あるエリアを中心に10でいくのもありか…(・∀・)ドーナンダロ??
  1. URL |
  2. 2010/03/16(火) 08:28:36 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

まずは、LTEほどの速度で何を利用するか、ですよね。
FOMA初期同様、ネットワークが高速化しただけでは顧客はついてこないはずです。
低遅延をウリにしたクラウド型サービスも考えてるようですが、一般ユーザーにはまだPCの世界でもクラウドは本格的に広まってはいないうえ、現状の電池だとそれらをすべて賄えるわけがないなど、問題点もまだまだ存在します。
それがはっきり見つかるまで、無理にコストをかけず、HSPAのアップロードを行っていくというSBは「短期的には」正しいのかもしれません。「短期的」には。
SBにドコモのような資金力があれば話は別ですが、LTEだからこそできるすごいサービスが登場したらまったくついていけなくなってしまう恐れがあるので長期的に見れば危ないと思いますが。
今年末から始まるサービスではまずはPCトラフィックの移し替えをしたいようですが、そこでうまいことどうDC-HSPAのEMに優位性をもつか(単純に最高速度では負けますし)、いかにうまく既存の3G網を確保しつつLTEの帯域を広げていくか。
そしてハンドセット型の端末が出てきたときにいかにうまくLTEの持ち味を生かせるか。

FOMA初期のようにもたもたしてる暇は今回はありません。ドコモの手腕に期待します。
  1. URL |
  2. 2010/03/16(火) 11:59:21 |
  3. hatchet #-
  4. [ 編集]

もたもた?

>FOMA初期のようにもたもたしてる暇は今回はありません。

2001年度から2003年度あたりでしょうか?
あたしはもたもたしてたとは思ってないです
むしろ慌てすぎて勇み足でつまづいてたという感じで…

前回(FOMA立ち上げ)はシングルモードで世代交代させる必要があったので
かなりハードランディングになったのは仕方ないところだと思います

今回はドコモはかなり余裕持って動いてる感じですね
LTEを立ち上げる3年間(2011~2013)は
LTEの不備をHSPA(下14M上5M)でまかなう事ができますからね

2013年過ぎるといつのまにかLTE機種が主流という状況になっていそうです
  1. URL |
  2. 2010/03/18(木) 03:15:29 |
  3. 姫 #Qgp/yXvw
  4. [ 編集]

ようやく基地局がhttp://it.nikkei.co.jp/business/news/release.aspx?i=246966

富士通は前社長解任問題でゴタゴタしてますが、個人的にはハンドセット端末も一号機出してほしいな(´ー`)…Nウケツケラレナイヨ・・・
  1. URL |
  2. 2010/03/19(金) 19:33:46 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

LTEとは無関係ですいませんが、ルネサスのG4量産開始まだみたいですね。夏モデル間に合わなさそう。

やっぱ会社の合併が長引いた影響があるようで(´・ω・`)
  1. URL |
  2. 2010/03/19(金) 20:56:51 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

>missaileさん
金儲け主義はどこかで破綻への道が待っているのですよね。
ソフトバンクは好かれてない分特に衝撃は大きいでしょうね。

>どこも族さん
ドコモのLTEは東名阪に素早く展開してきつい場所の解消を真っ先にしてくるでしょうね。
その中でも1.7GHz帯に対応の場所からと言うのは結構アタリじゃないかと思っています。

>hatchetさん
FOMA初期にも同様の問題が起きましたが、それだけのトラフィックを発生するアプリとコンテンツがまだ不在ですよね。
「また動画か」とうんざりされないようにしっかり整備してもらいたいです。
クラウドもまだまだ不安材料山盛りですしね。

>姫さん
あー、言葉の解釈に齟齬が出来ましたね。
私が言っていたのは「一番を欲張って慌てて開始してしまったので立ち上がりでもたもたしてしまった」ということです。
開始までが思っていた以上の素早さを見せたのでその後がすごくもたもたしているように感じていたのですよ。
  1. URL |
  2. 2010/03/20(土) 02:55:34 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

初期FOMAの失敗はエリアと端末、そしてネットワークに尽きます。

まずエリアについて。エリアが狭いというかmovaと比較して見劣りしてたためかなりのユーザーがFOMAへのシフトを躊躇した。僕は田舎出の者なんでN2701デュアルモードから始めたくらいだし…

次に端末。やはり4桁機時代はデカ・重・低スペックの三重苦(苦笑)完全に50xに見劣りしてた。

そしてネットワーク。最初の数年は欧米もついてこずに世界で孤立?しかも独自網でローミングもままならず。
で、900からブレイクの兆しが出て、ネットワーク改修(3GPP準拠)を経てプラスエリア開始・2ギガ帯基地局増発で弾みがつき、「全部入り」905でドカンとやっとこさブレイク、みたいな感じで。


まあ肝心のLTEに関しては最初からデュアルモードでいくのは確実ですね。だから開設計画書も開始5年後で2ギガ帯で14,000ちょい、人口カバー50ちょい…と控えめ??

FOMA普及期のように、ガンガン基地局建てて多数のユーザーが恩恵に授かれるようにしてもらいたいですね!ついでに言えば新型iモード機がtwitter対応&スマートフォンにオペレーターパック搭載できるようになればブレイク間違いなし??(・∀・)
  1. URL |
  2. 2010/03/20(土) 18:12:41 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

>姫さん
私のは利用者への訴追の面についてです。
初期のころは当のドコモですら何を使って2Gに比べハイスピードになったのかを訴追するまでにかなり時間がかかりました。
その点についてもたもたしていたと感じた次第です。
  1. URL |
  2. 2010/03/20(土) 19:48:59 |
  3. hatchet #-
  4. [ 編集]

>どこも族さん
その初期の失敗は当時の技術ではハードがまだCDMAを受け入れるには未熟だった部分があったのが大きいでしょうね。
なので重大短という最悪な端末と、ハンドオーバーもままならない基地局が出来上がってしまったのだと思います。
3GPP準拠の頃には基地局・端末を受け入れるプロセルルールを含むハード側の準備が整ったのも大きいでしょうね。
LTEは逆にプロセルルールの方が先に進んでいるぐらいなのでFOMA初期のような悲劇はLTE単体の端末だったとしても
ないと思います。デュアル対応はあくまで基地局整備の問題のみでしょうね。
  1. URL |
  2. 2010/03/22(月) 00:54:26 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

北米でドコモがLTE実機デモしてくれたのかなhttp://k-tai.impress.co.jp/docs/event/ctia2010/20100325_356659.html

個人的にはICチップがFelicaからNFCに移行するのなら、すんなりいきそうで賛成です。(・∀・)
  1. URL |
  2. 2010/03/25(木) 20:10:53 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/772-018c3339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。