FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ブラウザ性能の底上げ

ケータイ・ブラウザテスト(携帯ブラウザ性能測定) ~ mpw.jp
http://mpw.jp/browsertest/


2009年末の秋冬~2010年春機種辺りからブラウザ性能の底上げの傾向が見られる。
ドコモのi-modeブラウザとソフトバンクのブラウザのランキングでその傾向が見られる。

ドコモの場合はi-mode2.0ブラウザでようやく過去の足かせが外されたので2009年の夏機種から
やっとまともな数字が出始めた感が有るが、それと比べても更に一枚上手の数字を感じる。
ソフトバンクも3Gの940SH~943SHしか上位にランクされておらず、旧機種と1.5倍ほどの
差が有りその差は圧倒的だ。ドコモも旧機種とそこまで大きな差はないがそれでも有意と
思える明確な差は認められる。

やはり処理する為のプロセッサの高速化が利いてきている。
HSDPA/HSUPAの高速化やアプリも重くなってきている。
そもそもメニューなどの基本的な機能すら重くなってきており端末のもっさり化も著しい。
それらに対応する為にプロセッサが高速化してきているのがブラウザの快適化にも
繋がっていると考えられる。

要するにHSPA通信速度よりもプロセッサの方が足を引っ張っている状態といえる。
今以上の速度に対応していくにはプロセッサの高速化をするか、OSの軽量化が必須だ。

ソフトバンクではiPhoneがかなりいい成績を出している。
これはOSを上手に軽く作ってあることが大きい。
なのでWiFi接続なら10Mbps overも十分に有り得る。
実際そういう速度がベンチで計測されていることもある。

重すぎるOSは早く何とかしてもらいたいものです。
昔のパソコンは100MHz以下でも十分さくさく動いていたのですけどね。
操作性やブラウザを含む各種性能アップはプロセッサの高性能化に依存している体質を
そろそろどうにかしてもらいたいものです。
関連記事
  1. 2010/03/12(金) 21:55:42|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Android急速普及中 | ホーム | ドコモ品質に疑問を呈す>>

コメント

SB端末はネットフロントのブラウザーが新しくなるそうですが(今年出荷なので少なくとも940には搭載されてないはずです。)、それはどう出るのでしょうかね…

昔からauが早かったのはkcpの動作がよかったのでしょうか?
  1. URL |
  2. 2010/03/13(土) 16:10:15 |
  3. hatchet #-
  4. [ 編集]

>hatchetさん
ソフトバンクもドコモのi-mode2.0に刺激を受けたのでしょうかね。
なんにしてもバージョンが上がるとなると期待してしまいますね。
300KBの障壁は廃止してくるのかも非常に興味があります。
  1. URL |
  2. 2010/03/15(月) 02:28:43 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/770-60747251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。