FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ドコモ品質に疑問を呈す

昨日の新幹線の中でのソフトバンクの電測結果に有形無形に反発を頂いた。
当然のことだと思う。誰もが信頼する「ドコモ品質」を揺るがし否定するものなのだから。

しかし私は以前から感じていた事を立証したかったのと、今回暇つぶしを兼ねて電即してみて
出た結果に嘘はつきたくなかったので感じた事をそのまま記事にしてみたというわけだ。
ついでに私がキャリアのエリアに対して感じていた事を今回の記事でまとめてみる。

ドコモのエリアが広いのは間違いのない事実だ。
今ではauを抜いて一番広いだろう、エリアマップを見ても間違いない。
auの方が広い場所は当然あるけれど、全体的に山でもドコモのほうが奥へ一歩深いという印象がある。

私は以前の記事に書いたようにトレーニングがてら山登りをしている。
また余り改造はしないが元々走り屋系の人でもありレースもしていた。サーキットは山奥にある事が多い。
さらに元から放浪癖があるので山には二輪、四輪のタイヤ付きでも自身の足でもかなりの頻度で行く。

しかもドコモ暦13年のユーザーなのでコテコテのドコモ信者だ。ドコモを信じて疑わない。
周囲には自動車電話が出てすぐに車につけたような25年オーバーのユーザーも複数いる。
そのような方々の番号は当然ながら初回配布の030系を今も維持している。
自身も回りも相当コテコテのドコモユーザーという環境だという前提で読んでもらいたい。


私は二輪でしかいけないような山の細い道を開拓したりもする。
当然そのような場所はほぼ圏外であることがほとんどだ。
攻めているのは1000mも行かないようなちょっとした山だが、会う人といえば地元のご老人が山菜を
取りに来て道端でおにぎりを食べているぐらいしか見かけない場所である。それ以外の人通りはゼロだ。
普通の人は迂回するもっと大きな道しか使わないだろう。

ある時、いつもの4台セット(FOMA,au,SoftBank,mova)を取り出してみるとソフトバンクは
当然ながら残りの3台も進む程にしおしおの状態になっていくような場所があった。
圏外に変わりしばらく進んだ辺りだろうか、頂上近くで急にmovaの電波が3本になった。
続いてauも2~3を示す。FOMAとソフトバンクは圏外のままだ。
私はその付近にある古い神社か何かが有るのでそこに基地局があるのだなと思っていた。
しかしエリアマップを開くとそのような場所にどのキャリアも基地局は打っていない。
ドコモに聞いてもそこには基地局はないとのこと。滅多に人が来ないような場所なんだから当然だ。

話は変わって登山の場ではだいたい4台セットを持ち込んで電測に励む日々。
とある山の麓ではFOMAがバリバリの3本のまま、登り始めても一向に衰えない。
しかし急な曲がり道を数回曲がった後は圏外となった。
当然他の3台も・・・と思っていたらmovaだけは意外と優秀で0本だが立っている。

山を登るにしたがって徐々にアンテナが復活する。
結果としてmovaが常に1~3本、auが0~2本、ソフトバンクが圏外~2本、FOMAが圏外~2本だった。
この中でもFOMAの成績がダントツに悪かった。圏外時間が一番長く、movaはその後山頂まで
ほぼ常に使えて151にもかかるが、FOMAはピクトは振るがかからないことやGoogle MAPが見れない
ことが9割り以上だった。見れても3分以上かけてエラーをかいくぐってやっとの思いでという有様。
後でエリアマップを調べると当然全キャリア完全圏外の場所だ。

つまり私が以前から電測をしていた場所は「基地局のない場所でのカバーエリア」が多く、そこで電波を
掴めるかどうかは周辺の基地局の配置と出力が大きく影響する。

FOMAは徹底したマイクロセル化と最適化を行い必要最低限の出力しか出していないと考えられる。
なのでドコモの基地局は近隣の他の局の邪魔をせずに一つのセル内の帯域のクリーン化を果たしている。
たとえ30Wで免許が下りている局も30Wでは稼動させず15Wや10Wで稼動させているのかも知れない。
その分マイクロセル化してカバーしやすくなるというわけだ。

セル内のクリーン化はどういったメリットをもたらすのか。ノイズが少ないので速度が出やすくなる。
また基地局装置の最大接続可能数まで接続が可能になりやすい。
ノイズだらけの汚染されたセルは速度が出にくいだけでなく、ある程度以上の接続もままならないことのある。

一方他キャリアの基地局は30Wなら30Wきっちりと炊いている可能性が高い。
ツーリングでも登山でも尾根や頂上付近で急に3本立ったりすることがある。
2GHz帯で不利だと主張しているソフトバンクだって例外ではない。
どう考えても基地局のないであろう尾根でソフトバンクの携帯が157に通じた。

中には頂上で見晴らしが良くて平野部の町並みが一気に見下ろせる山がありどの携帯もピクトは
そこそこ振っているのだが、FOMAだけ使えないということも有った。
中途半端に弱い電波しか出していないのとマイクロセル化されているので多数の基地局の電波を
受信してしまうのだろう。

逆にソフトバンクが使えたのはマイクロセル化されていないせいで近い基地局と遠い基地局の
電波のメリハリが付いているのでどの基地局を選ぶかの選択がしやすいおかげだと思う。
auやmovaも同様なのだろう。

FOMAはエリアマップ内は間違いなく使えるわけだしそのエリアもかなり広い。
しかしエリアマップを一歩出ると電波の最適化という名の下に出力を落としていると思われ、
エリア外に向けては余り飛んでいかない。というか意図して飛ばしていないようにコントロールされている。
なのでエリア外の行動が異常に多い私のような人種からすればFOMAは意外とエリアを狭く感じる。

私が一番信頼する携帯ネットワークはmovaだ。
これはauより更にエリア外へ電波が飛んでくるし信頼できる。
この状況を仮にエリア外エリアと呼ぶことにする。


話は大きく別方向に向いてしまったが、昨日の新幹線の話に戻る。
上記の一連の話で持ち出したかったのはエリア外エリアで説明が出来る各キャリアの基地局から
発射されている電波の強さ。この発射される電波が強いほうがよりエリア外の山奥まで飛ぶし、
エリア内でも高速で動くものも追従しやすい。

ソフトバンクは新幹線に対しては多くの場所で300Km/hに合わせた最適化を行ってきているように思う。
一方ドコモのFOMAは基地局整備はあくまで0Km/hで行っていて、最適化はデータ通信の容量を基準に
しているように思う。移動せず大量の通信をするなら”ドコモ品質”は傍受できそうだ。
しかし一旦そこから外れるとそれぞれに最適化したものには勝てない。

今回私が経験したソフトバンクの157がクリアにノイズもなく聞こえ続けたというものは300Km/hに
最適化されたメリットを傍受したのだと推測できる。同じ場所で151に聞き続けたドコモは基地局が
遠ざかりハンドオーバー付近で少しノイズが入り、素直に0Km/h向けに最適化した基地局配置だなと
感じさせる。あくまで地上物しか相手にしていないエリア構築だと感じる。

なので新幹線内の品質が昨日の記事のように最適化されたものに対してドコモが劣ることが有っても
おかしなことではないと思う。移動中は何も出来なくて暇なんだからモバイル通信をさせろと思う
ユーザーも少なくない。ドコモは300Km/hの幹線に対してもっと整備をすべきだと思うのだが。
関連記事
  1. 2010/03/11(木) 22:33:09|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<ブラウザ性能の底上げ | ホーム | 新幹線内、ソフトバンクの不思議な特性>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2010/03/12(金) 03:44:34 |
  3. #
  4. [ 編集]

ご存知かと思いますが、ドコモはのぞみ700系にMZoneを提供してます。ドコモが基地局を新幹線の速度に合った電波の整備をしてない理由のひとつとも思えます
  1. URL |
  2. 2010/03/12(金) 21:25:30 |
  3. aLt.C|―てぃち` #-
  4. [ 編集]

細かい話でスイマセンが、東海道新幹線は270Km/hです…

もしかしたら、sbmは新幹線沿線で新幹線のルートに沿った指向性アンテナを開局してるんですかね?
デジタルフォン時代に2Gならやってそうですし・・・
もしかして高速移動時には800Mhzより2GHzの方がいいんですかね…
端末がどっちを優先してつかむか分からないですが。。。
それとも高速移動時は800⇔2GHzのハンドオーバーがうまいこと行かずにぶつ切りになるんですかね?

movaならどうなんでしょうか?
SBの1.5Ghzも新幹線は快適だと聞いたことがあります。
  1. URL |
  2. 2010/03/13(土) 16:07:24 |
  3. hatchet #-
  4. [ 編集]

>匿名さん[2010/03/12(金) 03:44:34]
いや、0Km/hで使っている分には最強なのでプライマリから落とすことは不可能です。

>aLt.C|―てぃち`さん
確かにWiFiを使わせたいということはあるでしょうが、国内に流通するドメ携のほとんどは
WiFiが付いていませんし、何よりi-mode網に入れません。
新幹線内はドメ携のi-modeメールが出来ないと本当に暇になってしまうのでWiFiでは
解決出来ないことも多いと思います。

>hatchetさん
800MHz<>2GHzのハンドオーバーの有利不利ってあるんですかね。
そうかもしれないと疑わしくは思っても実際にそのあたりの処理はほぼ1チップに収まっているようなので、
意外と関係ないのかもしれないような気もします。
  1. URL |
  2. 2010/03/15(月) 02:04:33 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

はじめまして
FOMAで車や電車で移動している時にピクトが3本→0本→3本になる事がありますがこれはハンドオーバーだと思って良いんでしょうか?
  1. URL |
  2. 2010/03/15(月) 21:07:34 |
  3. wa(・∀・∩) #-
  4. [ 編集]

> 鈴さん
昔のさまざまな記事を見てると、800MHzが整備され始めたころは800Mhz→2Ghzの切り替えがうまくいかず、通話が途切れるような時もあるという内容のものがありまして…(少し前に見たのでソースは忘れました…スイマセン)
でも当時はチップセットがわかれていたはずなので今はそこまでははないと思われますが、
http://www.ne.jp/asahi/mogi/nwc/tech_foma800.html
によると、情報が古いのですが、やはり無音時間等があるようです
  1. URL |
  2. 2010/03/16(火) 11:46:20 |
  3. hatchet #-
  4. [ 編集]

>wa(・∀・∩) さん
はい、それがハンドオーバーの時の表示の進行です。
基地局が目視できるようなロケでしたら基地局がカバーする半径がなんとなくイメージできますね。

>hatchetさん
感覚的な感想で申し訳ないですが、今の端末は800MHzと2GHzの切り替えはシームレスに
行われているように思います。とは言え確証が持てるほど検証したわけでもないのですが・・・。
  1. URL |
  2. 2010/03/20(土) 02:41:43 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/769-cae629ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。