FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

何気に買ってしまった安売りのAndroid One端末(507SH)が意外といい

何気にふと思い立って、ゴミのような値段で売られていたY-Mobile 507SHを購入。
中古価格が5000~7000円ほどで買えるAndroid One端末です。

Snapdragon 617ってことで、性能を期待するような端末ではないことは明らかですが、
これがまた、手に入れて触ってみるとなかなか面白い端末です。

私はこれでAndroid OneとAndroid Go端末の両方を手に入れたことになりますが、
この両方とも特徴があって楽しい。


まず以前買った方のAndroid Oreo(Go Edition)端末。

MediaTek MT6580、Arm Cortex-A7 1.3GHz x 4コア。
RAM 1GB / eMMC 8GBで、AnTuTuで21000程度の本物のローエンド端末です。

しかし実際に使ってみると、動作が意外と軽い。
よくよく見ていくと、どうやらAndroid GoのOSが軽い。
色々省かれているのです。
恐らく動作しているOSの裏タスクがかなり少ないのでしょう。
ウィジェットもちゃんと動きますし、諦めるはずだったゲームも意外と動いた。
デレステも3D軽量なら何とか遊べた。

こんなローエンドプロセッサの端末だけど、Androidで出来る事の意外と多くが経験できる端末だなと感じました。
しかしBTの接続のプロファイルやら、そういったものがポコポコ省かれているものが有ったりして、
その基準が今一つ良く分かりませんでしたけど意外と使えました。

Android Goは別物だと思っていましたが、普通のAnderoidのアプリのかなりのものが動きます。
一部軽量のGoアプリしかダウンロードできなくしてある場合もあります。
それはそれで別に困らないし、余計な機能が無く動作が軽いのでむしろ有難いです。

一部ゲームでGoに未対応なのか、ダウンロードできないものも有りますが、基本大半のアプリが普通に動きます。
それがAndroid Goのアプリ環境です。
プロセッサが遅いこととメモリが少ない目なのを見こせば悪くない選択かも知れません。
人を選ぶところは有ると思いますけど。



次に今回購入したAndroid One端末の507SH。
仕様は以下の通り。

 Snapdragon 617 (28nm) 2015年9月15日
   Cortex-A53 1.5GHz x 4コア
   Cortex-A53 1.2GHz x 4コア

 RAM 2GB
 eMMC 16GB

 Android 8.1 (Android One)

 バッテリー 3,010mAh

こんな感じの端末です。

これがゴミのような価格で手に入ります。
しかし実際に使ってみると、Android Goとは格が違う、ほぼ素のAndroidクラスの中身だと分かる使い勝手です。
Android GoはOSの一部が省かれていると分かる部分が有り、どうしてもどこかが足りないと時々感じることが有ります。

BatteryMixを動かしていると、画面がOFFの間は止まっているものが有ったりと、何かと性能やバッテリーを
節約していると感じさせる仕掛けがそこここにあります。その分バッテリー持ちもよく、プアなプロセッサでも
軽軽動作で快適なのですけど。

しかしAndroidOne端末はその節約をどこで行っているのか全然分からないぐらい普通のAndroid OSです。
でも軽い。

Android Oneって何を省いてこんなに動作が軽いのか全然分からないのです。
OpenGLもSkiaに対応していたり・・・あ、BTのCODECがApt-XやLDACが省かれていました。
SBCとAACだけになっています。これはOneもGoも共通でした。
でも両方とも開発者オプションにはApt-X HDやLDACまで表示されるのですよね。
OneもGoもAndroid 8.x世代ですから、フルAndroidに入っていて表に出てこないものは削除しきれてない
ものも有るのでしょう。非公式なものはその辺適当・・・ということで。

どちらもYoutubeマシンとしては全く問題ありません。

ではいつものGameチェック。
デレステとWarship Blitsです。

デレステは3D標準で少し辛い。
3D軽量なら特に問題なく快適に遊べました。

3D軽量は背景処理がかなり簡略化されたもので、キャラクタの動きは3D標準と全く同じです。
そんなわけで、普通に遊ぶのに特に困ることは無いといった感じです。
ただし、高速で沢山降ってくる時はどうなるのかまでは調べてません。
少ししかプレイしてないんで。

力を入れてチェックしたのはWarshipa Blitsです。
これ結構好きなんで。
Pixel 3aでもガンガン遊んだゲームです。
Pixel 3aでは全て最高に重くなる設定にしても全然問題なくプレイ出来ました。
507SHでは標準設定でもちょっと重い。

標準設定では音より画像が遅れる時が有ります。
ちなみにオープニング動画が一番重く、これはPixcel 3aでも余り余裕が有りません。
507SHでは完全に詰まったりしますね。
動画だけなら普通に動くのですが、裏タスクのデータ読み込みが並行して走ると間に合わず乱れるのです。

ゲーム自体は最軽量に設定すると、特に問題なく乱れもなく遊べる感じです。
こんなどう考えてみクソ重そうなゲームが、実はプアなSnapdragon 617クラスでもそこそこ遊べてしまうというサプライズ。
軽量なAndroid Oneで動いているおかげとも言えなくもないですが、ミドルロークラスの端末でも十分遊べるという
事実がなんとも意外ですごいなと感じました。

しかし、最軽量の設定ながらも遊んでいると端末の温まり方は結構激しいなと思います。
Snapdragon 617の性能限界付近で動作しているのでしょうね。
それでもこのゲームが十分遊べることで大満足な結果ですけど。


5000~6000円で買えてこの使い勝手と、いい事しかない507SHですが、SIMロック解除していないものを
買ったので、ソフトバンクやYモバSIMでなければ使えません。
ソフトバンク系のSIMを手に入れる予定は無いので、実験用で終わる可能性は高いです。

しかもソフトバンク系のバンドにしか対応していないので、ソフトバンク系以外で使いたい時はあまり向きません。
LTEのバンド1とバンド3には対応しているので、東名阪地区では十分かなと思われます。
余り田舎へ連れていったことが無いので、無用に心配が過ぎているのかもしれません。


驚いたのは、発売以降ほとんどの毎月必ずセキュリティーパッチが降ってきていること。
OSバージョンアップの時にたまに抜ける月が有ったりしますが、ほぼ毎月セキュリティーパッチが、
振ってきており、今でも最新のパッチが降る続けているのです。

元々Android 6.0で販売され、以降はAndroid 6.0→7.0→7.1.1→8.0→8.1とアップデートを続けています。
頻繁にバージョンアップが有ればうっとおしいと思うことろですが、ほとんどの月で小さな差分で
済む月も少なくなく、それだけで最新のセキュリティーを確保できるのなら、非常に有難いかもです。


今Android One 8.1で、セキュリティーパッチレベルが2019年07月01日です。
発売日が2016年7月29日の端末なので、丁度3年経ったところです。
先日当てたのがたまたま最後のセキュリティーパッチだったのかも知れませんね。
それまでほぼ毎月アップデートが有ったのですからPixel並みの扱いで、Android One端末は
逆に一般のキャリア端末の中では断トツに安全性が高いのかもしれませんね。

手に入れてから知った意外な一面でした。
3Dのそこそこある程度重いゲームも十分遊べる性能が有り、それが中古とは言えこんなに安いとは驚きです。
安い中古ばかりで繋いでいけば、下手にキャリアに縛られているよりも安くいい感じで過ごせそうな気がしました。

関連記事
  1. 2019/08/06(火) 01:39:23|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<7Payが終了なのは英断、ローテクで脆弱なQRコード決済を日本で今更流行らせる必要などない | ホーム | サーバー関係機材、入れ替え終わりました>>

コメント

スレチではありますが

公取委がアップルを調査。日本企業に無償で知財提供契約を結ばせていたと判明
https://japanese.engadget.com/2019/08/05/applefree/

もっと早くからこのような動きがあれば訴訟して負けてしまった島野製作所とかも別な動き方があったかもしれませんね
  1. URL |
  2. 2019/08/06(火) 21:55:03 |
  3. Nexus7持ち #-
  4. [ 編集]

全ての弁理士が筋が違うから無理という係争じゃん。
表題で煽ってもダメだよ。

そんなことより来月1日から全てのスマホは
無料で強制SIMロックアンロック手続き義務化だよ。

そこから会社が逃れられる条件は
割賦の100日(今迄通り)
交換品(同)
だけだよ。

数は微々たるものだが
未納赤ロムの自社以外のアンロック手続き、も逃れられない。
  1. URL |
  2. 2019/08/08(木) 03:16:36 |
  3. む #-
  4. [ 編集]

AMAZONで通称怪しいSIM(SoftBankの海外からの旅行者向けプリペイドSIM)売ってるから、それ入手してお試しも可能かと>SIMロック未解除のSoftBank/Y-MOBILE端末

販売元(SoftBankじゃないよ)が怪しかったり使えなくなるタイミングが怪しかったり(期間/容量超過後も使える/超過前に使えなくなる)みたいですけどね。だから怪しいSIMらしいですが。
3GB/30日で約¥3,000だから、それくらいなら払ってもいいかとも思えたり。
  1. URL |
  2. 2019/08/08(木) 06:45:38 |
  3. にいくら #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7648-e956affd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。