FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

割り当て周波数の再編

携帯電話端末が使用する周波数
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/policyreports/chousa/keitai-syuha/pdf/041021_3_s5.pdf


携帯電話の使う電波は800MHz、1.5GHz、1.7GHz、2GHzと大きく4種類ある。
このうちの800MHz帯と1.5GHz帯の割り当てを再編することになっていてこれが色々影響を
生み出している。アナログ放送中止などは多くの人が知る影響の一つだ。

総務省は無計画にも800MHz帯と1.5GHz帯を細切れに、しかもキャリアごとに整理しないで
ばら撒いた。それが現在の周波数の混乱に繋がっている。このおかげで日本の携帯業界は
数年捨てることになったに思う。当時これを決めた人は縛り首ものだろう。

これを5~10年かけて整理しようというのが今の周波数再編の取り組みだ。
もちろん上記以外のアナログテレビの停波なども含んだ国の電波事情全てを
巻き込んだ大掛かりなプロジェクトだ。

携帯のためにテレビが譲る、ぶっちゃけて言うとこういう構図になる。
一部航空無線やMCA等の業務用無線も帯域の引越しとなる。
これで700MHz~900MHz帯までの大きな空間が確保できる。

結局携帯電話で一番使えるのはこの周波数帯だということが過去の経験から
明らかになった。この周波数帯にSuper3Gを乗せることになるのだが、
もしそれでいっぱいにしてしまうと4Gは当初の予定通り2Gよりもっと上の
周波数帯域しか取れなくなる。

4Gは3Gのように5MHz幅や10MHz幅なんてちんけな幅では足りないという
事情があり3.4~3.6GHz帯を予定している。こんな周波数だと家の中や
ビルの奥はどうすればいいのだろうか。いくらなんでも減衰に強いとか
いう言い訳が利くレベルではないだろう。やっぱり1.5GHzや700~900MHz帯を
重複させるのだろうか。

国内だけではなく海外の割り当てとも合わせなくてはいけない。
そうしないと海外ローミングや販売のために内蔵するアンテナが増えて
コストがかかり、サイズも大きな端末になる。その努力をメーカーやキャリアに
押し付けるようなことを総務省は行ってはならない。

3Gの今だけではなく、4Gまで見据えた割り当てを今から行って欲しいと思う。
関連記事
  1. 2008/05/05(月) 21:51:04|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<横240ドット&報告のお礼 | ホーム | 次世代ワンセグ>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/76-23b436cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。