FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

中国5億パワー事情

Discovery Channelで中国・5億人の携帯事情という番組がやっていました。
様々な内容を駆け抜けて報道するなかなか濃密なDiscovery Channelらしい番組でした。
番組内では5億人のユーザーを抱えるチャイナモバイルが舞台だった。

映された出稼ぎの携帯ヘビーユーザが使っていたのは
 NOKIA N73(Symbian OS)
 EGSM 850/900/1800/1900
 WCDMA 2100
この端末はGSM/WCDMA端末なのだがチャイナモバイルはTD-SCDMAなのでGSM 900MHzでの通信となる。

しかし使っている様子は見た目的には日本で普通にドメ携端末などでi-mode等の携帯サイトを使ったり
しているのと変わらない。OSや通信方式が何であれ経済活動的に揃う要素は同じだと言える。
ユーザーから見える環境の行き着く先は結局同じであることが良く分かった。


地方の基地局が紹介されていました。
50m鉄塔で2セクタで半径11~12Kmをカバーしている。
8台のユニットで1台辺り8チャンネルの通信が出来るので同時に64チャンネルの通信が出来ます。
鉄塔は3セクタ分の取り付けが出来ますが2セクタ分しか使っていません。
ユーザーが増えてきたら8台を12台に増やして3セクタに増強できるようです。
4スロット分空きが有りました。

おおよそで20Km平方の地域の中で64チャンネルで事足りる密度で15万局ほど立てているようです。
(都市部はもっと容量のある局で密度を上げているでしょうが)
速度にそれほど不満が無いとすればこの容量でも問題ないわけですし、何よりGSMのシステムでの
拡張を前提としてあと1セクタ分確保しています。さらに今ですらそのGSMでエリアを拡大しよう
としているわけですので3G、4Gなんていつの話だってことになりますね。

そもそもこれだけのエリアを整備できるのは900MHzだからであって、2GHz帯や2.6GHz帯ではさすがに
半径10Km超のエリアを作るのには向かないでしょう。地方の農村での使われ方のほとんどは通話ベースで
薬草の相場を聞いたり手伝いの手の確保や事前に訪問を知らせる為などが主流です。GSMで事足りる上に
パケットサービスなんて全く使われる要素が見えてきませんでした。

元からそういった地域には二年前までは数十キロ先の役場に有線電話が来ているのみで
薬草の相場も分からず仲介人の言いなりの値段で販売していて、携帯を手にしてからは売値が
8倍に上がったということで携帯の代金を払ってもお釣りが来るというわけです。


少しでしたがTD-LTEのテストの様子を4Gネットワークとして紹介していました。
LTE Live DEMOと横に大きくペインティングされた車でTD-LTEの実験を行っていました。
実証実験という形をとった次世代通信の広告も兼ねているようです。

車載機が端末でまだマイクロバスに乗るレベルの小型化しか出来ていませんのでまだまだこれからですが、
性能的にはリアルタイムでカメラで撮影した動画を送って帰ってきたものを画面に映し出して
手を振ったりしても遅れはほとんど無く、伝送路での遅延がほぼ無いに等しいことを
実証していました。TDDでもこれだけ遅延が無いのでFDDも含めてのLTEは本当に期待できそうです。


まだまだ発展途上の中国携帯市場の状況が映されていたわけですが、3Gは冒頭に映されていた
一部の富裕層が使っているだけということも良く分かりました。(映っていたのはVodafoneの
SHARP端末)

とりあえず興味の湧いた部分だけ引っ張り出して記事にしてみました。
関連記事
  1. 2010/02/28(日) 19:36:37|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<詳細決定「S-1 グランドチャンピオン 2010」、日本テレビ系で生放送 | ホーム | アプリメーカーのiPhone離れが起こる>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/758-71f09f91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。