FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

アップルはわざと端末を壊れやすく作ったことが有る・・・という噂、さすがのアップルでもそんなことはしないだろうと私は思っています

MacBookのキーボード不良はわざとやったのではないかとの陰謀論が復活している理由 ~ iPhone Mania
バタフライキーボードは動作不良という大きな危機に直面しており、中にはAppleがわざとやったのではないかと陰謀論を噂する人も出てきているようです。

アップルがキーボードをわざと壊れやすくしたんじゃないかって疑いをかけられているという話。


私はこれはまずないだろうと考えています。
確かに買い替えを促進させる為に強度を落としてわざと壊れやすくするというのはシナリオとして
スッキリとしていて作りやすいお話ですが、果たして本当にそんなことをするのかな・・・と。

どっちかというと、売りにする為にMacBook Airより軽く薄くしようとして攻め過ぎた結果なんじゃないの?
って気がするのです。

私が考えるアップル像は、こういう所ではズルをしないだろうと思っています。
アップルがズルをするのは、あくまで売上げ・利益・販売数と言った数字のかさ上げ・水増しやら、
コストダウンという系統の数字に関してだと思います。ハードをわざと壊れやすくというのは
色々リスクが高いということも有りますしね。



こういったメーカーがハードを意図的に壊れやすくするというネタは古から、ソニータイマーという
言葉が生み出されて以降、メーカーがわざと商品寿命を短くしているだろうという噂がずっと有りました。
特に家電系が多いですよね。

私はそういうことはまず有り得ないという立場を取っています。
そもそもメーカーは商品レベルの品質を確保したり壊れないものを作るので必死です。
その上で、コストを下げる事にも力を注いでいます。

家電が似たような時期に壊れたりするのは、はんだ浮きやら基盤の腐食やら、一部の部品の
寿命が思ったよりも早く来たりする場合が多いからだと思います。後内部に埃が溜まって壊れると
いうのも定番ですね。


そんな状況で更にコストをかけて”タイマー”なるものを仕込むとか、ちょっとあり得ない。
商品自体のコストを下げるだけで必死なのに、何が悲しゅうてさらにコストを上乗せするのかと。

まあ使う部品のクラスを下げて、寿命が短くなるというのは有るかもしれません。
だけどそれは単にコストを下げただけの問題で、わざと寿命を縮めたのとは違う。
アップルが表から見えない部品ではこれをよく行っていますね。

だからiPhoneは当たりハズレが大きいし、同じハードにiOSを新しく入れた時の挙動が
端末ごとに違ったりする。本来なら歩留まり落ちするようなものまで使うもんだから、
どうしてもハズレ端末が生まれてしまいます。でもそれはわざと壊れやすくしているわけではありません。
あくまでもコストダウンと儲けだけを追求した結果です。
そこはアップルの思想は分かりやすく一貫していると私は考えています。



そう言えば以前コメ欄に家電メーカーの技術者の方がそのご苦労を書いてくれたことが
ある記憶が有ります。確かiPhoneの感電死関連の記事だったでしょうか。
あれを見ながらメーカーの方は大変だな、と再認識しましたよ。


とりあえず、いくら銭ゲバ守銭奴アップルでもハードで悪さを働くことはしないだろうと思ったので、
一応記事にしてみました。

関連記事
  1. 2018/07/03(火) 23:53:44|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<GooglePlayがアプリの検索結果の向上を行った模様です・・・私的には必ずしもいい結果とは言えないところもあるのですけど | ホーム | 体温計を測るアプリを検索してトップに表示されるもの・・・Android向けは無料の良アプリ、iOS向けは1200円を気が付いたら課金の詐欺アプリ>>

コメント

誤:部品ではこれをよ行っていますね
正:部品ではこれをよく行っていますね

ちょっと前には「アップルタイマー」が流行りました。
例のクロックダウン問題。
5chでもさんざんアップルタイマーを連呼されていました。
今はバッテリー交換プログラムなる、今年いっぱい限り・一度限りで事実上のリコールをやってますけど。
あれで信者はかなり冷めたみたい。
ガチ信者はそれでもいますけど。

で、あのアップルタイマー解除を選べるようになった後、時々ある報告が
利用中の突然死(予兆なしの強制再起動)
これに対しても文句言ってくる始末。
バッテリーの劣化による影響という物理的事情があるというのに、それを抑止すると文句。
抑止解除して別の影響が出てもまた文句。
それでも信者なのでしょうかね。実に嘆かわしい。
  1. URL |
  2. 2018/07/04(水) 07:25:29 |
  3. 9SUXEN #mmgBXL9Q
  4. [ 編集]

ハード面でタイマーと言われるほど同時期に同様の故障が発生するという事はそれだけ部品精度が高いという事でもある
設計ミス等で耐久力が想定以下という事はあっても特定時期に壊れるようにというやり方はとてつもない費用がかかるでしょうね
低コストを狙いすぎて管理が疎かになってやらかしたのは6sの不良バッテリーとかそういうものかな

ただ、6sの不良バッテリーの影で6の突然シャットダウンは発生していたのにハード面の対策せずクロックダウンに頼ったのは計画的陳腐化を疑われても仕方ないのかなとは思う
  1. URL |
  2. 2018/07/04(水) 10:32:34 |
  3. Nexus7持ち #-
  4. [ 編集]

僕もワザと壊れ易くするというのは、人体への安全確保以外では基本的に有り得ないと思います。

ただ、今回のバタフライの問題は障害が出やすいと言う事よりも、
修理をした際に「高額な修理費が発生する」ように設計されているという事の方が大きいのではって思っています。

何しろキーボードがタッチパッド、タッチバー、バッテリー等と接着されていて、
一つのアッシーになっているのですから。

しかも、普通のキーボードならキートップを取り外して清掃すれば済むのに、
そう出来ないようになっていて、スペースバーに至っては修理のプロでも壊さずに分解することは出来ないって。

長期間にわたって使用するには高額な維持費を覚悟しなさいと言う事ですね。

逆に言うと、Appleがリコールを嫌がるのはこれが原因かと思います。
  1. URL |
  2. 2018/07/04(水) 12:32:32 |
  3. 生ぴーまん #bnistvpo
  4. [ 編集]

バタフライキーボードというとB5サイズの筐体にA4サイズのキーボードを押し込んだThinkPad701C用のキーボードのことですね、というThinkPad至上主義者の戯言は兎も角として、ノートPCの薄型化は各メーカー初期製品で何がしかの不具合を抱えてますね。

初期薄型ノートPCの代表格なDEC HiNote Ultraはディスプレイのヒンジ部分に爆弾抱えてましたし、マイナー機ではありますが三菱のPedionも剛性不足からくる故障率えらく高かった覚えがあります。
(当時所属してた会社で約付きにPedion配布したけど稼働時間より故障での入院時間が長かった)

小型化以上に薄型化は剛性確保が難しいんでしょうね。MacBookのキーボードについてはThinkPad至上主義者的には評価対象外なのでどうでもいいですが。
  1. URL |
  2. 2018/07/04(水) 12:33:04 |
  3. にいくら #mQop/nM.
  4. [ 編集]

薄型至上主義が行き過ぎてキーボードが使いにくくなっては本末転倒ということがなぜわからんのだろか。
標準キーボードがクソオブクソキーボードだったりすることも理解に苦しむ(顧客満足度の押し下げにしかならん気が)。

Surface Bookくらいの厚みのあるキーボードが欲しい所です。
  1. URL |
  2. 2018/07/04(水) 20:13:53 |
  3. Sense Lite #uCPF.7wc
  4. [ 編集]

単に壊れにくいものを採用するよりは、「全部の部品が同じ頃に壊れるように揃える」のが大変ですね。部品寿命がばらばらだと、結局一番短い寿命の部品が製品寿命になってしまい、他の部品はオーバースペックということになります。そこをギリギリまで攻めて低コスト化するのがメーカーの腕の見せ所。
アップルは正直、その辺、下手です。というより、ギリギリのコストダウンをするよりは製品価格に転嫁したほうがかえって業績に貢献すると言う考え方。なので、アップル製品はある程度時間がたつと誰もが「特定の部品が原因で故障する」ということを経験するようになるのだと思います。日本製品だと、だいたい全部品が同時に寿命を迎えて修理よりは買い替えがお得、という感じになる、ある意味隠れたお家芸です。
  1. URL |
  2. 2018/07/05(木) 09:33:42 |
  3. arlt #-
  4. [ 編集]

> Sense Liteさん

> 薄型至上主義が行き過ぎてキーボードが使いにくくなっては本末転倒ということがなぜわからんのだろか。

いや、Appleは分かっていると思いますよ。分かっている上でそうしているんだと思います。

なにせ、新社屋が全面ガラス張りであるが故に、歩きスマホでガラスに衝突する従業員が続出する中、
自衛策で特に危険な場所にポストイットを貼るのですら「建築デザインを損ねる」として撤去したというぐらいですから。

使い勝手や安全性よりもデザイン/格好良さが優先されるのです。

ま、信者さんは使い勝手よりも所有していることに対して喜びを感じているようなので、
それで問題無いんじゃ無いですかね。
  1. URL |
  2. 2018/07/05(木) 10:15:58 |
  3. 生ぴーまん #bnistvpo
  4. [ 編集]

プロダクトデザインとは何か?
有難いくたたんのお言葉を百回くらい読み返せ(違
  1. URL |
  2. 2018/07/05(木) 12:18:00 |
  3. む #-
  4. [ 編集]

なんかもう設計現場や生産現場の品質管理の人が混じってるんじゃないかと思うぐらい、有意義なコメントが集まっていますね。


アップルに関しては、「とにかく薄いものを作りたい!!」の一点張りで作ったんでしょうね。
デザイン最優先で作った結果でしょうね単純に。
  1. URL |
  2. 2018/07/06(金) 01:03:42 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

普段の行いから推測

世界屈指の売上のある会社が利益に繋がる事を無視するどころか商機として転化してるよアップルケアって名目で。

そのアップルケアだけど具体的な修理プロセスが不明なのに額が高すぎてユーザーがうろたえるんだよね。
ウィキペディアになぜか情報ないし、故意に削除されてメーカーには不利にならないようにしてるとしか考えられないね。

いつまでも割れやすいガラス使い続け
そんなガラスで両面割れリスクを増やし
渋々認めたバッテリー交換は画面をメキメキ割らなきゃ交換できないし
と、こんな修理を待ち構えてるような端末作ってるような会社信用する方が間違ってる

たしかにデザイン重視ならメンテナンスや
ケアには金かかるとはわかるんだけど
端末をクローズドにし過ぎて修理ビジネスが当たり前のようにまかり通ってる。
ケアと言いつつカネはしっかり取りながら
実質は修理割引保証券な所もいけすかない。

それに筐体薄さを攻めてキーボードが不具合と思うならアップルはなぜリコール認めないのか謎、しかも毎回認めない。
強度試験もできない極貧会社じゃあるまいし。

陰謀とかじゃなくて会社規模に対してのセコさや普段の行いでしょ。
こういう事を平気でやる会社だから疑われる。
義兄弟 ●しといて平和やー言ってニコニコしてる北朝鮮を信じるようなもの。

しかもアップルは全て計算づくで勘定済。
修理ビジネスの余剰部品は部品最終処分のために廉価版とか言って売るまでが流れ。

さらに旧製品流通を市場からなくし
リサイクル利益をタダで手に入れたいがために
iPhone分解マシンを Daisyと名付けカッコよくPR
内心は環境なんか興味ないのにね。

利益に繋がるなら何でもやるよ。
作為的に見えないようにね。
  1. URL |
  2. 2018/07/06(金) 02:49:26 |
  3. 善意のアメリカ企業 #83/qKwVc
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7473-9513d782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。