FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

体温計を測るアプリを検索してトップに表示されるもの・・・Android向けは無料の良アプリ、iOS向けは1200円を気が付いたら課金の詐欺アプリ

私は超健康体で、病気などほとんどしないか、風邪をひいても24時間以内に完治を目指す、
その内の6~7割位は本当に24時間以内に直してしまうような超健康優良児みたいな人です。

しかし先日、この不安定な気候と色々な心労が重なった為か熱が出ました。
夜中の二時位に思わず目が覚め、寝汗がスゴイ。
身体のダルさも有り、こりゃ熱だなと体温計を探したのですが、うちの家は皆同じように
強靭な肉体を持った健康家族なので、体温計なんて5年10年に一回ぐらいしか出番が無いので、
今時のデジタルのなんて無く、私が子供のからあった水銀のアレしかない。
(平成の人は水銀の体温計と言っても、知らない人が居るかも?)
なので、すぐにある所なんてわからない。


というわけで、頼ったのはスマホのアプリ。
Google Playで”体温計”を探した結果がこんな感じでした。



幾らか違う種類のアプリも混ざっているものの、半分以上は体温計アプリです。
ほとんどどれも、画面に指を押し当てて数秒で体温が分かるという代物。
どんな風に測っているのかは理屈は分からないのですが、健康系のアプリで、
脈拍やら血圧やら、色々なバイタル情報を画面タップで測定できるという、
便利なAndroid向けのアプリがGoogle Playには大量にあります。


そんなわけで、一番目に出てきたアプリで評価もダウンロード数も問題なさそうなので測ってみました。



39.3度というとんでもな数字が出ましたが、ほぼ病気知らずの私が動けなくなるようなものすごいダルさ
だったので、この数字を受け入れようとは思いつつも、念のためもう一つの別のアプリでも測ってみました。

なんか数字が違いすぎてちょっと信ぴょう性が・・・。
もう一度最初のアプリで測りなおしてみると、元と同じような数字。
測る度に違うわけでもないので、アプリ自体はそれなりの時前の理屈をもって出している数字らしい。



では別の端末で測りなおしてみます。
Xperia XCだと同じXperiaなので、大して違わない結果が予測出来たので、F-05Fのarrowsで。



更に悩ましい結果に。

この時点でおおよそ38度台ぐらいかなと目ぼしは付いたのですけど、このままだと気持ちが悪い。



そんなわけで、全くハードの種類が違うiPhone 5sでも測ってみることにしました。
こちらは完全に体温計アプリの探し直しから。



一番上に体温計は出ましたが、それ以外は体温計で測ったものを入力して記録するだけのアプリか、
他にはルナルナのような女性向けの基礎体温管理アプリしかない。

そんなわけで、一番上に出たアプリをチェック。



一覧の時から星が1.5しか付いてないので、選びたくはなかったのですけど、その評価通りの評価欄でした。
基本的には気が付いたら、1200円を奪われているような詐欺アプリのようです。
体温は測れたり測れなかったりと、色々な意見が伺えます。

これは記事を書いている今もトップに有るので、もし体温を測ろうとする場合は、検索ワードを各種試して、
これ以外のアプリを探してみてください。
このアプリはお勧めしません。


で、掘って掘ってやっとこさ見つけた別のアプリで計測。



iOS向けって、本当に体温計アプリが無い。
体温を測ってくれるのではなく、自分で入力させる系のアプリがやたらと多い。
AppleWatchで測るアプリかと思いきや、AppleWatchで入力させるだけのアプリとかね。



やっと見つけたと思っても、バカにしてるのかと思うようなアプリしかないのはどうにかならんのか。
緊急事態で体温を測りたいだけなのに・・・Androidだとすぐに測れたのに、iPhoneだとなぜこんなに
苦労を強いられるのか。



というか、体温関係のその他大勢のアプリを含めた数もAndroidのアプリよりもiOS向けはぐんと少ない。

iPhoneユーザーは意識が高いから病気にならないのか?
そう思わずにはいられないほどiOS向けのアプリのスカスカさに腹が立つ。

私はこんな風にiPhoneを時々検証用にバックアップで使うのだけど、アプリを探すと
必ずと言っていいほどAndroid向けのアプリ数より少ない。有っても無料+有料ので数個あるだけとか、
世間がイメージするようなアプリの潤沢さはiOS向けでは感じない。

少なくともAndroid向けのアプリの数と比較すると強くそう感じています。
これはAppStoreでのiOS向けのアプリの登録を維持しようとすると、毎年必ず99USD/年(11,800円税別) を
払い続けなければいけないということが関係しているのかなとか、私は考えています。
Google Playは初回登録費 $25 (= 約2,800円)を支払うだけでOKです。
なので基本的にほったらかしでOKで、その後はお金が全然かからない。
もしアプリがそれなりに使われ続けたら、広告を入れていたらGoogleから広告費の分け前が
たまに振り込まれたりとかが有るぐらいか。なんとなく気が向いたら公開一年後に久しぶりに
アップデートしてみたなんて個人アプリも少なくありません。

開発を始めるハードルの低さと維持のコストがゼロということが、ここまでいいアプリを
沢山GooglePlayに集めることに繋がり、逆にApp Storeは初期開発費用のハードルの高さと、
しかも毎年更新が必要ということでの維持費のコストが高い。なので遊びで作って公開しても、
その維持がなされなくなっていく。よって、元を取ろうとする有料アプリばかりになったり、
公開を止めてアプリがスカスカになったりすると思われます。

しかもAppleが32bit版を止めるから、64bit向けにビルドしなおせとか、何だかんだとうるさい。
一度開発したらしばらく忘れておきたくても、時々強制イベントが発令する。
それも開発者に避けられ気味な傾向を作っているのかも?



まあそれはいいとして、5sのアプリを見つけて一回目の極端な数字を無視して考えると、
やはり38度台辺りかなという答えに辿り着けました。





で、気になる所。

あの1200円、勝手に課金アプリ。



私は今まで、AppStoreでたまにこの手のアプリがトップに表示されていることを見てきました。
非難ごうごうの★一つの評価のグラフの長さを見て、苦笑いしかできません。

このアプリでもそうなっていますね。



で、それがもたらした結果がこれ。

【全てiPhone Maniaの記事】
Apple Storeの売上額がGoogle Playの約2倍に達したことが判明
App Storeの売上、過去半年でAppleの2007年通年の純利益を上回る
AppleのApp Store開発者、総収益が700億ドル超えに
AppleのApp Store純収益、1年で20億ドル増へ

私は、久しくなっかった熱にうなされ、寝れなく辛い状況の中で、腹の底からふつふつと
湧き上がってくる怒りの感情を抑え、必ずこの記事をまとめ上げてやると心に誓いました。

今迄も詐欺課金アプリがトップに置かれていることを見かけたことが有り、「恐らくアップルは、
わざとこれをやって人知れず課金詐欺を行っている」と、私はおぼろげに感じていたのですが、
今回の悪質なアプリのトップ君臨劇には、私の本気に火を付けました。


中途半端に幾らかのコメントに対して作者の火消しコメントが付いていたり、でもそのコメントも
一部だけで、中途半端のまま放置されていたり、幾らかの払い戻しの形跡は見られるものの、
払い戻しが出来る事も知らないと思われる人が恐らく大半なんだろうなと感じさせられ、
いたたまれない気持ちになってみたり・・・高熱で辛いのが更に辛くなりました。



あくまで私個人の見立てですが、アップルはわざとこういった課金詐欺アプリを上位に
表示し続けて、小銭稼ぎを行っていると考えています。iPhoneユーザーの方は注意してください。

またiOS向けのアプリの金銭的なハードルと維持費の高さで、Androidと同じ種類のアプリの
数の多さが圧倒的に違います。全部とは言いませんが概ねAndroidの方がアプリ数が多く、
もちろん無料アプリはAndroid側の方が圧倒的に多いです。
有料を含めるとAndroid向けの方がもう圧倒的に豊富なことが大半です。

ゲーム等、課金などで動くお金の単位が違う企業などは、開発者登録の維持費は大した
ウエイトを占めないので、Androidと同じかそれ以上のものも有るでしょう。
しかしそういった一部のものを除けば断然Androidの方がいいアプリ沢山あると思います。
これは何年もかけて両方を使ってきた結果、下した判断です。



そんなわけで、はっきりとした目的があるならiPhoneもいいですが、そうでないならやっぱり
Androidを勧めざるを得ませんね。今回このアプリ利用の安全性を鑑み、痛切に感じました。

あの辛い中で体温計と検索して、あの詐欺アプリがトップに来た日にゃもうやってられません。
GooglePlayではトップに来たアプリを何も考えずに使っても全く問題ありませんでしたからね。

この温度差は何よ。

世界一クラスの利益を上げていて、ちょっとした国家レベルに匹敵する潤沢な現金を
抱え込んでおり、今期もまたそれだけの利益を上げ続けないといけないと必死の、
銭ゲバアップルらしい搾取ぶりだなと強く感じました。





この記事を公開できるまで、ずっと腹の底でモヤモヤしたものを抱えておりました。
公開できてほっと一息。

気分がすっとしました。

関連記事
  1. 2018/07/02(月) 02:07:02|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<アップルはわざと端末を壊れやすく作ったことが有る・・・という噂、さすがのアップルでもそんなことはしないだろうと私は思っています | ホーム | iOS12ではSMSで届く認証コードを自動読み取り・・・私は既にAndroid 8.0で同機能を体験済み、とても便利です>>

コメント

そうなんですよね。
AppStoreは検索に対する表示順位が、あきらかに期待と異なるんです。
検索エンジンがクソいだけなのか、教祖様のお財布具合を表しているのか。
  1. URL |
  2. 2018/07/02(月) 06:24:10 |
  3. 9SUXEN #mmgBXL9Q
  4. [ 編集]

平熱も計って見てください。お大事に。
  1. URL |
  2. 2018/07/02(月) 07:31:54 |
  3. 白ロムXperiaユーザー #-
  4. [ 編集]

広告を誤タップすると課金画面をさっと表示し、ホームボタンを押すであろう所で課金させる…そういったろくでもないアプリが以前も話題になりましたね。
指紋センサーとホームボタンが一緒になっているが故の弊害かと思います。普段はその位置にあることが便利なんですが…。
審査が不明瞭すぎるんですよ、難癖をつけてリジェクトする割にこういった物はザルだなんて審査が機能していないと言わざるを得ません。

ところで、体温計のアプリはどういう仕組にて計測しているのでしょう…こうもバラバラだと何を基準にすべきか悩みます。
救急箱の中に1本、お安いもので良いので入れておくと良いかもしれませんね。
  1. URL |
  2. 2018/07/02(月) 12:04:17 |
  3. 八ツ橋 #tdZvyn7U
  4. [ 編集]

> どんな風に測っているのかは理屈は分からないのですが、健康系のアプリで、
> 脈拍やら血圧やら、色々なバイタル情報を画面タップで測定できるという、
> 便利なAndroid向けのアプリがGoogle Playには大量にあります。

理屈から言えば、体温であれば本体内の温度センサーの温度上昇カーブから体温を推定する、
脈拍なら近傍センサーか照度センサーで輝度変化を元に脈拍を推定する、
血圧は加圧センサーで推定
って方法な様な気もしますが...

機種によってセンサーの有無/精度/ボディの強度も異なるであろうに、
結構チャレンジング...

って言うか殆ど当たらないのでは! って気がする。
  1. URL |
  2. 2018/07/02(月) 13:27:37 |
  3. 生ぴーまん #bnistvpo
  4. [ 編集]

スマホでバイタルを測定して正確であろうアプリは
脈拍を測定するアプリくらいだと考えます
末梢の血管を流れる血液をカメラセンサー等で捉えて脈拍として換算するとか
ヘモグロビンが赤外線を吸収しますから

温度は測れても、センサーとかどうなってるか存じません
生ぴーまんさんの書き込みの通りかと思われ

福島原発事故以来、イヤホン端子にセンサーを取り付けたガイガーカウンター(?)とか
SBの機種でしたっけ?、放射線量が測定出来るとかありましたが
測定が出来ても、計測機器として「正確」であるかは「別」だと思います

スマホが「何でもできる」とか論じるつもりも毛頭ありませんが
出てきた数字に対して検証も出来ない機能やアプリってのは
課金が無くても詐欺のように感じる場合も・・・・

体温計として発売されている様々な製品ですら「ばらつき」がありますし
「額で測定する体温計」とか、明らかに異常値を出す製品が有って呆れます
  1. URL |
  2. 2018/07/02(月) 15:42:51 |
  3. 通りすがり #mQop/nM.
  4. [ 編集]

熱にやられた釣り投稿ってヤツですかな?(笑)
Linette Studioのはアプリ説明にもエンタメのジョークアプリと明記してますしね。
一応脈拍からの参考値ではあるのですが、無茶なw
わざわざAppleに金払って審査通してまで出したいジョークアプリはやはり詐欺アプリくらいって事でしょうな。
  1. URL |
  2. 2018/07/02(月) 18:53:28 |
  3. らむだ #-
  4. [ 編集]

いや、流石に体温計を買って測ってください。全く信用なりません。
せめてBME280(温湿度センサーモジュール)とかそういうので(逸般人並感)
  1. URL |
  2. 2018/07/02(月) 19:10:09 |
  3. Sense Lite #uCPF.7wc
  4. [ 編集]

アプリ全体の売上の9割以上はゲームのIAPなんで体温計とか関係ないと思いますよ。
  1. URL |
  2. 2018/07/02(月) 20:41:34 |
  3. しげお #-
  4. [ 編集]

色々ご意見有り難うございます。
勿論アプリ計測は翌日体温計を出してくるまでの繋ぎです。
翌朝までのおおよその雰囲気が分かればいいだけなので、本気でそれを信用してるわけじゃないですよ。

本題は体温計の精度ではなく、アップルが幾らかでも小銭稼ぎで水増ししているかどうかです。
9割以上がゲームとのことですが、となると3%なり、5%なりでもこういったことで稼いでいる
可能性が出てきたということですよね。

どうせゲームの課金がほとんどだと思っていましたが、ゲームが99.9%とかじゃなかったと分かっただけでも大きいと思います。

>審査が不明瞭すぎるんですよ、難癖をつけてリジェクトする割にこういった物はザルだなんて審査が機能していないと言わざるを得ません。
私は単に審査がザルなのか、それともわざと審査を通しているのか、ずっと監視してきました。
今回、無料で測れるアプリを下位に埋もれさせ、怪しい課金アプリをトップに置き続けていることで、
私の中で確信に変わりました。そんなわけでこの記事を書いたわけです。
  1. URL |
  2. 2018/07/02(月) 21:26:30 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

「平熱も図ってみて」というご意見が有ったのでやっていた結果を書いておきます。
一つ目に使ったアプリでは36.6度、二つ目は37.4度。
双方ともXZ1Cでね。
二つ目はちょっと高めですが、一つ目のは割とニアな数字を出しています。
体温計と図り比べていたのですけど、体温の低下につれてアプリでの数字も下がってきていたので、
全くのでたらめな数字でもないというのがなかなか憎いです。
心拍を上げると数字がずり上がる傾向が有るので、心を落ち着けて僧侶の気持ちで測るとなかなかいい数字を出してくれました。
あくまでも画面タップのみでの計測なので、コメで書かれているようなセンサー類は一切使用していないと思われます。
いったいどんな方法で計測しているのでしょうか、中途半端に平熱に対してニアな数字を出してくれてるので気持ち悪いです。
  1. URL |
  2. 2018/07/03(火) 00:44:13 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

そう言えば、怪しい課金どころか怪しい挙動のアプリも広告も公然と配信されているそうな。
https://apple.srad.jp/story/18/06/04/0450252/

(流石にお金が絡むものを指紋で通すとか)無いですよね……
パスワード+指紋の設定がほしい所です。
  1. URL |
  2. 2018/07/03(火) 23:32:54 |
  3. Sense Lite #uCPF.7wc
  4. [ 編集]

>Sense Liteさん
一時期アップルファンがやたらと「Androidはマルウェアふじこふじこ・・・」と言っていましたが、
こういった悪質アプリが現役で頑張っているのはむしろiPhoneですよね。
GooglePlayはGoogleは必死にクローラーを走らせて監視・公開停止していますので、
すぐに消えてしまいますが、AppStoreは逆にトップに置いたりしていますから、その差は歴然ですね。
  1. URL |
  2. 2018/07/04(水) 01:12:45 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7472-07a473fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。