鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

Snapdragon 845のAnTuTu7のリザルトは総合スコアで27万点台、しかしベンチ至上主義ではなく実はとんでもない省電力プロセッサ・・・もうアップルAプロセッサ等相手にはならない

スマホのプロセッサの進化が速いですが、2018年の初めの方に登場が予定されていて、
間もなく出てくると思われるSnapdragon 845に関しての情報が急激に出始めています。

Qualcomm Snapdragon 845のAnTuTuベンチマーク結果がリーク。GPUスコア約11万点、総合スコア27万点の大暴れ ~ RiaMEIZU
2018年のフラッグシップモデル向けQualcomm製プラットフォームのSnapdragon 845のAnTuTuベンチマーク Ver.7の結果が微博にてリークしました。
計測に使用されたスマートフォンはXiaomi Mi MIX 2のマイナーチェンジモデルのXiaomi Mi MIX 2S(polaris)と予想されています。
主要なスペックは判明しておりませんが、Snapdragon 845が搭載されるのは確実視されております。




おおーーっ、Snapdragon 845が27万、すげーーっ!!

っと言いたいところですが、下の行に有るSnapdragon 835が21.2万という数字。
これとても気になります。

AnTuTu Benchmark Ver.7ってなっていますけど、これはAndroid向けのアプリだけ。

2018年2月12日現在で、アプリの最終更新がGooglePlayでは2018年1月30日にVer.7.0.4に。
AppStoreでは2017年9月28日に6.3.3に更新されたのが最後でその後更新無し。

そこでSnapdragon 835のAnTuTuのVer.6時のスコアを確認しておきます。

決定版!2017冬スマホ/SIMフリー/タブレット97機種ベンチマーク性能比較!AntutuからCPU、3Dグラフィック/動画再生/バッテリーまで9種類 ~ ソキウス101

端末は違いますが、同じSnapdragon 835を搭載している機種同士で見ると、
Ver.6からVer.7への更新で181288→212606に上がっています。(OnePlus 5が835搭載)
そんなわけで270461となっている小米 MIX 2Sも、Ver.6では23~24万程度じゃないの?
って気がします。iOS向けのVer.7が出てきたらまた結果が変わるんじゃないかなって思うのです。
それともiOS版はそのままで、Android版を修正してiOS版の評価法に合わせただけの可能性も
考えられます。iOS版はVer.6では下駄をはいているスコアだった可能性も考えられますし。
iOS版がVer.6でいきなりスコアがびっくりするぐらい伸びましたしね。旧機種まで含めて。
あの説明のつかない旧機種のスコアの伸び方を見て以来、ずっと私はiOS版は重みづけが
Android版とは違うのだろうとずっと思っていました。


しかしながらどうやらAnTuTu 6系と7系でまた評価の重みづけが変化した模様です。
iOS向けのVer.7が出てこないとどうなったのか全く分からないですけどね。
アップルに忖度したVer.6を改めて、またVer.6以前の評価に戻るのでしょうか。
Apple AプロセッサがSnapdragonにボロ負けしていた時代のAnTuTuに。


そんなわけで、取り敢えず今のベンチはAnTuTuもGeekbench等の主要なベンチマークは
アップルに汚染済みと思われることに加え、もうどのプロセッサも十分な性能に達していると
思われますので、ベンチマークプログラムの結果の重要度が以前に比べて極端に下がって
いると思われます。

まあまだ3DMARK SSEはアップルに汚染されていないようですので、これを参考にする手は
残っていますが、これもいつまで汚染されないままでいるのか気になる所です。



ベンチ結果はともかくとして、私がいま最重要視しているのは省電力性能。
私は先日Xperia Z3 Compact (SO-02G)を壊してしまい、慌てて買ったのがXperia X Compact (SO-02J)です。
これを選んだ理由の大きなところを占めていたのが省電力性能。
Snapdragon 650が搭載されており、定評のあった省電力性能を期待して選んだのがXCだったのです。
Xperia XZ1 Compactと最後まで悩んだのですが、650にかけてみました。(※XZ1ではなく、XZ1 Compactに訂正)
現状そのバッテリーの持ちの良さに驚きながら使っている状態です。
まあでもSnapdragon 835搭載のXZ1もかなりいいみたいですので後はコスパ問題だけだったのかもしれません。


その観点からSnapdragon 845を見ていくとどうでしょうか。

デモで明らかにされたSnapdragon 845の省電力性能 ~ ケータイWatch
クアルコムが2月5日~8日にかけて実施したイベント「Snapdragon 845 Benchmarking Workshop」の模様は別記事でご紹介した通りだが、あわせて同チップセットの特徴がわかるデモも披露された。

高い処理能力と省電力という両立が難しい課題について、大変興味深かったのは、Snapdragon 835との動画再生時やベンチマーク実行時の電力消費量のモニタリングのデモだ。動画再生では、Snapdragon 835が平均2000mW以上を消費しているのに対し、Snapdragon 845では平均1600mW程度に改善されていることがわかる。

ぶっちゃけ、Snapdragon 835よりもスコアが上がり、電力消費はSnapdragon 845の方が少ない。
これ理想的すぎますね。

Snapdragon 835ですら、熱を持たない、電池が良く持つと言われいて、しかもこの強大な
プロセッサの性能を使い切ることが出来るレベルゲームが無いとすら言われています。
(今使っているSnapdragon 650ですら現状厳しいと思えるゲームに出会わないので・・・)

取り敢えず以前比較的重いということでコメント欄で教えて頂いたWorld of Tanks Blitzで
試してみると、61fpsで張り付いてしまいます。恐らく本当は60fpsがMAXだと思うのですが、
計算誤差か何かで61fpsにまで到達するのでしょうか。ゲーム感も何のストレスも無いので、
これ以上に重いゲームでないとSnapdragon 650のゲーム利用での限界点が分からない状態です。

Snapdragon 835の限界点はもっと高いと思いますので、この辺りの感覚が現状で私が
ベンチマークはクソくらえと言う根拠になっています。まずはSnapdragon 650で重いか、
処理能力が間に合ってないと思えるゲーム(ゲームでなくてもいいのですけど)に出会えない限り
それ以上の能力を測るベンチマークになんの意味を感じないのです。


それよりも何も、今まで以上に高性能なプロセッサを作ることを可能とする微細化や設計、
プロセスルールの進化は出来る限り省電力化に向けて欲しいのです。どうやら今出ている
情報ではSnapdragon 845は私のその考えに沿っていると思える状況のようですので、
大歓迎している感じです。

多少の性能向上は有ってもいいと思います。
しかし性能向上によって省電力化が阻害されたり、発熱が増したりするのでは全く意味が有りません。
スマホメーカーが、排熱を大して気にしなくても設計できるぐらいまでプロセッサの発熱が
押さえられたら理想的です。結果として発熱によるスロットリングも押さえられますしね。


一方で、アップルのAプロセッサは未だにベンチ至上主義に拘っているようです。
まあ一度自ら踏み込んだ、強大なパワーを実現する設計の世界ですが、そのせいで
バカ食いプロセッサになってしまっている所が有ります。

何よりもビッグコア側のコア当たりの性能を高め過ぎて消費電力的には間違いなく不利になっています。
また同時に発熱に関してもSnapdragon 835や6xxシリーズに比べて圧倒的に不利です。
シングルコア性能に拘るとそこで必ず不利な状況が起こってしまいます。

なので私は今のクアルコムの設計に賛同しています。
コア当たりの処理能力を欲張らず、消費電力と発熱を徹底して抑えて前世代よりも低消費電力な
ハイエンドプロセッサを作る・・・恐らくはSnapdragon 810での"失敗"を顧みてこうなったのだと
思うのですけどね。

消費電力の低廉化、私はまだまだ突き詰めていける所は大いにあると思いますよ。
もう”見えなくなっている”処理能力を競うよりも、利用時間やバッテリー容量に直結する
低消費電力化は一番ユーザーエクスペリエンスに結びつきますからね。

発熱が押さえられて排熱を簡略化できれば端末を薄く軽くも出来ます。
バッテリー容量もやバッテリースペースも抑えられますし、同容量なら利用時間が
伸びますし、バッテリーの除妙も伸びますよね。

こんな風に色々メリットがあるのでこれからもこっちの方を更に進めて欲しいのですよ。


アップルが時代遅れな性能競争を続けているのを見て、やはりジョブズを失った代償は
大きかったんだろうなと思っています。ジョブズは初めからハードの性能競争なんて
クソくらえな思想を持っていましたから。

ジョブズが居なくなった途端、ベンチマーク競争を始めちゃうようなセンスを覗かせて
しまった時点でiPhoneの先が見えてしまった気がしていました。

性能が十分になっても性能を追い続けている。
ダメでしょ、そんなバランス感覚じゃ。
クアルコムがやっているように、ビッグ側のコアの性能を絞ってでも省電力が大事ですよ。
今のアップルのやり方はこれからのあるべき姿と正反対を向いていると思うのですけどね。
だってiPhoneって、バッテリー問題を抱えているでしょ?
あれこそ大食らい発熱プロセッサの代名詞みたいなもんですよ。

Android端末にiPhoneのようなバッテリー問題が起こりにくいのや、ビッグコアが
iPhoneのような大食らい仕様になっていないことも大きいですね。
CortexA53系を採用している機種だとアップルAプロセッサとの差はも天と地ほどあると思いますよ。
だからAndroid機でバッテリー関係の問題が起こったってあまり聞かないのですよね。

私が省電力に力を入れているのはこういったことまで含めた総合的な使い勝手に
直接影響してくるからです。ベンチ至上主義があほらしくなってきませんか?

関連記事
  1. 2018/02/13(火) 03:49:47|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<取り敢えずワンセグが付いていて良かったね、仕事でも見れた羽生選手のオリンピックで金メダルの瞬間、Androidで良かったね | ホーム | 品質のばらつき、低品質がiPhoneのトレードマークに・・・アップルがiPhoneをやめる事すら意識した記事すら出てくる始末>>

コメント

XZ1と悩んだはウソくさいなー

現状XZ1とi7ゲームやるならどっちを用意すべきか安くて快適なのは後者、どちらも所有している人間の意見はほぼ一致すると思う。

高性能を求めてXZ1買う位なら、mate10pとかi8を買った方が満足度は高そう。

発売直後のペリアは即売りで、回線増やしたり月サポ維持のためにもかなり役に立つ。
  1. URL |
  2. 2018/02/13(火) 14:10:25 |
  3. む #-
  4. [ 編集]

>むさん
すみません、XCと迷っていたのはXZ1ではなく、XZ1 Compactです。
記事にも訂正入れておきました。

ずっと白ロムの値段をチェックしていたのはXperiaの中ではZ5C/XC/XZ1Cの3機種でした。
Z5CはRAM 2GBなので早々に選択から外しました。
XZ1もサイズの確認などは許容範囲なのか一応行ってはいたのですけど、幅が70mmを切らないと心が動きませんでした。
結局モバイルSuica対応の端末が前提だったので、AQUOS系も眺めつつも、結局は普段から
チェックしていたXperiaにせざるを得ず、最後の残ったのがXCとXZ1Cの二機種と・・・それを略して書いたのがアレです。

ちなみに私にとってゲームはベンチ需要が主ですね。
iPhone7/8は私にはiOSである限り、需要の範囲には存在しません。
ファーウェイの端末は先日記事にもしたように、魅力は十分に理解していますが、
例えばmate10pだと幅74.5mmは大きすぎるし、178gは重すぎです。
私は記事で念を押すように重要視しているのはCPUやGPUのパワーではなく、
あくまでも消費電力と発熱の低さです。
ゲームはあくまでもベンチマークでしかありません。
ゲームをプレイすること自体は割とどうでもいいことなので、それでiPhone7がゲーム機としての
コストパフォーマンスが高かったとして、割とどうでもいいことです。
mate10pは大きさと重さ、iPhone8はOSの問題で私にとっては必要のないものです。
そもそもXperiaから他機種に変更しなかったのは、3ボタンが早期から物理系を廃止してソフト系に移行していたということも有ります。
ホームボタンがいつまでも物理ボタンのClassic iPhone系の機種は、OSが何であれ、それだけで却下だったりするのです。

以前から何度も書いていますが、とりあえずモバイルSuicaの問題を解決していない機種は悩みようもないので、
SIMフリー系の機種はまずはそこの問題をクリアしてもらってからの話ですね。
そういう意味ではSuica利用がApplePayベースで、折り畳み携帯の頃から続いているモバイルSuicaと互換性のない
iPhoneが入ってくる余地は全くないです。

端末を壊して一晩、これだけ悩んだ結果XCを選択・・・そんな感じです。
急いでいたんで、買ってから「あっ!」が許されない状態だったんですよ。
  1. URL |
  2. 2018/02/13(火) 16:05:12 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

ゲームの重さ試すならFGOとかいいですよ。
  1. URL |
  2. 2018/02/13(火) 17:23:12 |
  3. あ #-
  4. [ 編集]

重さ見るならFGOが最重量すらあるかも。
Androidじゃプレイに耐えないくらいw
  1. URL |
  2. 2018/02/14(水) 08:23:12 |
  3. らむだ #-
  4. [ 編集]

845のGPU性能は凄まじいですねー。ワットあたりのパフォーマンスもかなりのものです。
CPU側は Cortex A75そのままという感じでしょうか。

ところで、サムスンの新型SoC Exynos9810ですが、シングルコア性能を大幅に高めてきたようです。
ビッグ側はA75をカスタムしたものではなく、独自設計コアですね。
Apple A7以降と同じ6wayデコーダを備え、GeekBenchのシングルコア性能もかなりのもの。
ARMもA75の後継コアではこの傾向に追随するのではと個人的には考えていますがどうなるでしょうねー。
  1. URL |
  2. 2018/02/14(水) 12:36:21 |
  3. str #-
  4. [ 編集]

>FGO
おおーーーっ、皆さんありがとうございます。
今更ロールプレイングゲームが重いの?とか思いつつ、
取り敢えずダウンロードしてみたので試してみます。

>Exynos 9810
対アップルAプロセッサ向けにビッグビッグコアが有ってもいいとは思いますけど、これが主流になるのは嫌ですねぇ・・・。
折角845では超低消費電力や素晴らしい発熱低下を手に入れたのに、またバカ食い発熱コアへ戻るのは嬉しくないので。
それはともかく、新しいGeekbenchの計測結果では、なかなかの数字を出してはいるみたいですね。
後は消費電力がAプロセッサと比べてどうかという所でしょうか。
https://gadget-walker.net/2018/02/samsung-galaxy-s9-exynos-9810-model-appears-benchmark/
  1. URL |
  2. 2018/02/15(木) 02:11:04 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

iPhone7以降はモバイルSuicaが使えます
それ以外のおサイフケータイ(nanacoなど)は使えませんが、
互換性が無いとはこのことでしょうか?

Androidと比べてiOSが使いにくすぎる、iOS11が話にならないは全くの同感です
ゲーム専用機以外としては価値はないと考えています
  1. URL |
  2. 2018/02/15(木) 12:27:36 |
  3. Xperiar #d/CpiV46
  4. [ 編集]

CPUの性能は良くても最近のappleはOSがね

iPhoneに特定の文字を受信するとクラッシュするバグ。再起動ループの恐れも
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20180216-00081667/

iPhoneってAndroidと比べてこの手のバグが凄く多くないですか?
Androidだとオープンソースで世界中の開発者とかが見てるから正式版公開前に発見しやすいのかな?
  1. URL |
  2. 2018/02/16(金) 07:44:38 |
  3. Nexus7持ち #-
  4. [ 編集]

>Xperiarさん
>iPhone7以降はモバイルSuicaが使えます
調べてみると、確かにAndroidやフィーチャーホンからiPhoneへ引き継げるようです。
旧来のモバイルSuicaの引継ぎはiPhoneでは受け取れないと思っていましたが、違ったようです。
がしかし、一度iPhoneへ持っていくと、Androidへ引き継げないという片道切符でした。
再度Androidで利用するには一度退会し、再登録する必要が有ります。
これではiPhoneに行ったきり、Androidへ戻せないという最悪の選択になってしまいます。
http://appsuica.okbiz.okwave.jp/faq/show/1538?site_domain=default


>Nexus7持ちさん
Androidは何をおいてもユーザーの多さでしょう。
多くのユーザーが目を光らせていますし、何かあったらソースコードを眺めて、
ソースレベルで原因を見つけてしまうというオープンさと、それを好むスキルを
余らせているユーザーがAndroidを利用しているという所が大きいと思います。
iOSはそのクローズさ故、”マニアユーザー”が徐々にAndroidへ逃げて行き、
少しづつ技術者を失っているという裏の理由は無視できないと思います。
OSの安定度の違いは、デバッグができる知識レベルのユーザーの圧倒的な数の違いでしょう。

iOSは本来、安定していて”退屈なOS”のはずですが、
実際には完成度が低くて”擦り足らないOS”になってしまっていると思います。
全然枯れていない未完成品ですね。

ちなみにiPhoneだけではなく、色んなアップル製の機種のOSや、サードパーティーのアプリ上でも発生するようです。
>【追記】米メディアAppleInsiderによると、この現象はiOSのメッセージアプリだけでなく、
>FacebookメッセンジャーやGmail、SkypeやWhatsAppなどのサードパーティアプリでも発生
>確認されているほか、Apple Watchや、MacのSafariやMac App Storeでも同様の現象が確認されています。
https://iphone-mania.jp/news-203003/
  1. URL |
  2. 2018/02/17(土) 03:46:21 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7403-c6084ed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。