FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

アップルが本格詐欺師デビュー、『バッテリーが劣化したらこっそり性能を落として低品質を隠匿してやる⇒ごめんなさい、安くバッテリー交換します』に関して私の思う所

アップルのバッテリーの消耗具合での速度低下の問題、遅ればせながら。

問題の始まりはここから。

Appleが古いiPhoneの性能を落としていることがベンチマーク統計から明らかに、その狙いは何なのか? ~ GIGAZINE
「iPhone 6sのバッテリーを交換したら劣化した性能が回復した」という報告が大きな話題になりましたが、ベンチマークソフトGeekbenchが、この主張を裏付けると推測できる統計を明らかにしました。Geekbenchは、「なぜAppleは意図的にiOS更新によって性能を下げているのか?」を推察しています。

バッテリー交換したら速くなるというおかしな報告をGeekbenchが裏付けてしまいました。

それを受けてアップルは早々に白旗を上げちゃいました。

「iPhoneは早ければ1年後に性能が落ち始める」のをAppleが正式に認める ~ GIGAZINE
「AppleがiOS更新によってiPhoneの性能を落としている」というベンチマークソフトGeekbenchの公表を受けて、Appleが正式にiPhoneのピーク性能を意図的に落としていることを認めました。これは「最高のユーザー体験を提供するため」だとAppleは述べています。

その結果・・・、訴えられました。
説明して納得をさせてからすべきことを、黙ってこっそりとやったのですから・・・バカでつねw

Apple、「古いiPhoneが遅くなる問題」で訴えられる!理由説明の直後 ~ iPhone Mania
バッテリーの古くなったiPhoneの動作を遅くする制御のために経済的損失を受けた、としてAppleが訴えられました。Appleは最近、出力が不安定になったバッテリーの影響によるシャットダウンを回避するための制御についての声明を発表したばかりです。

古いiPhoneのCPU性能を制限する「Appleタイマー」の存在が発覚。ついに続々と集団訴訟へ ~ すまほん
海外掲示板Redditにて、iPhoneの性能低下についての議論が沸き起こりました。
iPhoneの異常な処理速度低下に悩まされていたユーザーが、ベンチマークテストを実施すると、かなり処理性能が低いという結果に。しかし電池交換後、Geekbenchでのベンチマークスコアが倍近くになったとのこと。体感での動作感も大きく向上したとのことです。

iOS 10.2.0のiPhone 6sは、ベンチマーク結果にばらつきはありません。全て2500あたりでスコアが出るほど安定しています。
これに対し、電池問題を解消したとされるiOS 10.2.1では、2500以外のベンチマークスコアの機体が多数現れます。
さらにiOS 11.2ではこの傾向が顕著に。どうやら電池の状態によって、Appleはパフォーマンスを5段階ほど低下させていくようだとの説が濃厚になります。
こうした噂から議論が巻き起こり、ついにAppleはTechCrunchに対して公式コメントを送りました。
Appleの目標はあくまでデバイスの寿命を延ばすことでユーザー体験を向上させることにある、と主張しています。

続報:Appleが謝罪
2017年12月28日追記:Appleが謝罪しました。

アップルが認めて謝罪した模様です。
それを受けて世界各国で集団訴訟をする流れになりました。


この訴訟などの流れは日本では受け入れられないとまでは言わないまでも、
ちょっと感覚は違うのではと思います。
「そこまでするほどではないけどな・・・」とか、買い換えたら仕舞だろとか、
すぐ買い替えるから1~2年も使えれば十分みたいな感じでしょう。
もちろんこういう記事に真っ先に反応するような濃厚ファンの話ですけどね。


日本ではそうでも、海外に行けばそれは全く感覚が違います。
日本ではキャリアがユーザーに代わり、アップルへと高額な端末代を先に立て替えて収めていますが、
海外では定価で買うことも珍しくないのです。ていうかそれが普通なんですよ。
なので「日本で売れている高価な高級品が、こんなクズみたいな品質の訳がない。」
「日本人が買っているから信頼性も高いはずだ・・・」と受け取られてしまうのです。
アップルも戦術的にそういうを意識が存在しているのを利用していますしね。
たったの1~2年も経てばバッテリー劣化の為にメーカーによって意図的に性能を下げられるような
クソ製品が高級品・・・? 普通は無いですね。
例えば高級ブランドバッグなど、お直しして生涯使えるもの・・・高級品とはそういうものなんですよね、本来は。

例えばデパートで買った高級品のはずの製品が、格安製品と同レベルの品質だった場合、
それをメーカーが認めたとして、ユーザー自身もそれを自覚できるものだった場合、
やはり一言は言いたいところです。いや一言ではすみませんが普通なら。
デパートで買ったものがクソ品質ならば、保証されて当然だろうと普通は思いますよね。
その為に購入時に高い金を払っているのですから。


今のスマートホンの製品技術を知っている人ならば、リチウムイオン電池の特性やら、
性能向上によるプロセッサのバカ食い具合やら、そうなっても仕方がない環境が整ってきている
事を知っているわけです。だから濃厚なアップル信者でない限りは「あー、仕方がないね」で
終わりだったのではと思います。実際私はそうでした。

このアップルの対策を「バカでつね」と思いつつも、するーっと流していたわけです。



でも世間様はそうではなかったようです。
しかもアップル尊師が認めてしまったわけですからもう収まらない。


そもそもiPhoneはバッテリーでの障害が起きやすい機種です。
まず一つ目は、アップルが部品のコストダウンをメーカーに強烈に求めていること。
その上で納品期限も厳しく決めています。

要するに歩留まり目標が目標ではなく、初めから歩留まり率が決まっているわけです。
しかも納品価格も決まっていますから、そもそも歩留まりを落とすと途端に赤字に陥ります。
そんなわけで、メーカーはどうやっても検査落ちレベルのものまで出荷せざるを得ません。

それを隠すためには表向きには「アップル品質」というイメージを作っておく必要がありました。
しかしコストや納期を叩いた部品で組み立てられたiPhoneでそれを達成するのは難しい。

なので「アップル品質」のような言葉は細々と発信しつつ、発生したクレームに対しては
とことん真摯に対応し、怪しげなものでもすぐに無料で交換していました。
そのせいでiPhoneで色々問題が発生しても、客側の心証は悪くなりにくかったのです。
当時はジョブズもまだ居ましたし、”神”が居れば反論も起きにくいですしね。

当然いいイメージが付いた後は、無償で交換はしなくなりましたよ。
一度いいイメージが付いたが最後、無駄な掃き出しはしません。
それがアップル品質。

それら色々が引き継がれたまま現在に至ります。
そこにアップルが「クソ製品でした」と・・・。
公表せずに性能低下なんて黙ってやってましたと後でバレたら怒るでしょ普通。



iPhoneの二つ目の問題はApple Aプロセッサの問題。
アップルは伝統的に小コア数のビッグコアの伝統を守っています。
従来は2コア固定、A11プロセッサでも4スモールコア&2ビッグコア。
コア数を増やしてもビッグコアが2コアという伝統を崩してはいない形。

しかし今時の性能で、ビッグコアを維持し続けるのは無駄が多いとも言えます。
ビッグコア側も性能を落としてコア数を増やす方がワットパフォーマンス的には有利です。
つまり今のApple Aプロセッサは負荷をかけるとバカ食いする仕様というわけです。

更にアップルは伝統的にバッテリーの容量を削っている方向の設計です。

  iPhone 6     1810mAh
  iPhone 6 Plus  2915mAh
  iPhone 6s    1715mAh
  iPhone 6s Plus 2750mAh
  iPhone SE    1624mAh
  iPhone 7     1960mAh
  iPhone 7 Plus  2900mAh

こうなると、容量当たりの引き出される電力が瞬間的でも大電力になる可能性が高まります。
バッテリー側の事情からすれば、大容量のバッテリーならそれなりの出力を要求されても余裕を持って
対応できる場合でも、ギリギリの容量なら所々で限界に達する瞬間が出てしまう時が有ります。

結果、電圧降下を引き起こし、突然再起動がかかったり、バッテリーの残り容量が80%→30%のような
ジャンピング減少のような症状として現れます。先ほど書いたように、品質がハズレのバッテリーで
大電力を瞬間でも要求されたらすぐに破たんしてしまう可能性が高まるわけです。


iPhoneでの再起動や突然の残り容量の減少のような問題は、iPhoneだからこそ起こりやす
かったと言っていいと思います。

逆にAndroid等の国産スマートホンでは、部品の選定基準が非常に高いだけに、こういった問題が
起こりにくいです。その分カタログ性能比で見ると割高ですけど。
日本の家電を含む製品は今でもそれを保っていると思っています。

最近アルミや鉄鋼、車の検査でガチャガチャした騒動が有りましたが、それでも製品にするまで
にはそれなりのハードルや検査が有るわけで、総合的に見た耐久性や品質は保っていると。
私はそう見ています。



さて、この問題は結局アップルがどうするかって事ですが・・・。
ご存知の通り、ぼったくりアップルにしては比較的安価にバッテリー交換することにしたようです。


「iPhone」バッテリ交換、劣化なしでも安価で対応か ~ CNET Japan
同社はApple Storeに対し、顧客の端末がバッテリ容量テストに余裕をもって合格しても29ドルでバッテリを交換するようにと通達しているという。リークされたメモをiGenerationが入手し、それとは別にMacRumorsもApple自体に確認をとった。

iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと ~ Apple
バッテリーが古くなったiPhoneのパフォーマンスに関するAppleの対応や、Appleの対応をお伝えする方法について、お客様からフィードバックをいただいてきました。Appleへの期待を裏切られたと感じる方もいらっしゃるでしょう。心よりお詫び申し上げます。この問題に関しては多くの誤解が生まれているため、事実を明確にし、私たちが行う変更についてお知らせします。

とは言え、タダではないのですよね。

まあタダにすることの恐ろしさはアップルは良く知っていますからね。
これだけ値段を下げれば客は怒らないだろうというラインを上手に出していますね。

6シリーズ/6sシリーズ/SEの3シリーズに限ってなのですけど、これのバッテリーが交換されると
アップルの想定からは寿命が延びてしまい、8シリーズやXの買い替えを阻害してしまいます。
同時に折角順当に性能を落としにかかった6シリーズ/6sシリーズ/SEの性能が復活してしまい、
アップルにとっては二重の悪影響が発生してしまいます。


アップルは今迄の裏の政策から、ユーザーの”心”を上手に操っていることが分かっています。
この発表でも、ユーザーに対して言葉の切り貼りをされることを前提とした発表をしており、
よく考えた文章に仕上がっているなと思います。

何よりもまずお伝えしたいのは、お客様による製品の買い替えを促すために、私たちが意図的にApple製品の寿命を縮めたり、お客様の体験が損なわれるようにしたことはこれまでに一度もなく、今後も決してないということです。Appleの目標は常に、お客様が夢中になるような製品を作ることであり、iPhoneをできるだけ長く使えるように設計することはその重要な要素の一つです。

どう切り取っても否定的な文章に仕立てることが出来ないなと読んでいて感じました。
私のようなひねくれた人間的には「いいことも悪いことも全てを書く」方が信用を得やすいのですけど、
こういう発表ではは「また言ってるわクソアップルが」としか感じません。
しかしアップルは私のようなひねくれものを納得させることは初めから眼中になく、発表が切り貼りされて
一人歩きする事だけを考えて発表を行っているって事ですね。

こんなのに騙される人がどれだけいるんだって思いますが、不思議とこれがメディアを通じてコピペ
されていくと信憑性が生まれていくんですよね。伝言ゲームの脅威です。
今iPhoneが売れている大半の理由がこの伝言ゲームが原因なんですよね。
悪いうわさもいいうわさも一度浸透したら強いですからね。
これって詐欺師的な所がよく使う手法ですね、ソフトバンクとかお得意なやり方です。


で、アップルの言い訳。

■予期しないシャットダウンを防ぐ
Appleは1年ほど前、iOS 10.2.1で、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE上での予期しないシャットダウンを防ぐため、ピーク負荷時の電力管理を向上させるソフトウェアアップデートを提供しました。このアップデートでiOSは、シャットダウンを防がなくてはならない状況下で、一部のシステムコンポーネントの最大パフォーマンスを動的に管理するようになりました。ユーザーがこうした変更に気づくのは稀だと思われますが、場合によってはアプリケーションの起動時間が長くなったり、そのほかの部分のパフォーマンスが低下する可能性があります。

iOS 10.2.1は予期しないシャットダウンの発生を減らすことができたため、お客様から好意的な反応をいただきました。私たちは最近、iOS 11.2でこのサポートの対象をiPhone 7とiPhone 7 Plusにも広げています。

もちろん、化学的に古くなったバッテリーを新しいものと交換すると、標準的な条件下で操作を行った際のiPhoneのパフォーマンスは正常に戻ります。

上品に表現していますが、要は「ピーク性能を抑えて、バッテリーの負荷を押さえました」ってだけの話です。
低品質なものが含まれ、性能がばらついていて貧弱なバッテリーを負荷を下げて守るようにしただけの話です。
バッテリーの負荷を減らせば電圧降下を下げることが出来ます。
そうそれば予想外な再起動や、一気に残容量の低下が進みにくくなります。
それだけの話です。
そうすることで、ピーク性能の低下は避けられません。
どれだけ上品に説明してもこの事実は変わらないわけで・・・。

発売時には6シリーズでiOS8、6sシリーズでiOS9でしたが、今のiOS11発売当時から比べるとかなり重くなっています。
iOS9の端末を触った後、iOS11にバージョンした端末を触ると、明らかに重くなっていることが分かります。
iPhone 8ならそれも分からない差なのかもしれませんが、6シリーズの辺りなら、私レベルでも十二分に
感じ取ることが出来ました。スクロールも明らかにガクっているし、タップしてから開くのに、謎の待ち時間が
発生するようになりました。明らかに遅いです。
これもバッテリーを新品に交換すればそんなことも無くなるのでしょうか・・・。

激怒するユーザーは、この遅さを実感したユーザーのように思います。
旧機種スキーな私ですらこの重さを実感できるのですからねぇ・・・相当なもんですよ。



最後に以前の記事のコメ欄でこんな記事を紹介して下さったものを紹介して終わりにします。

Barclays:AppleのiPhoneバッテリー交換値下げは、2018年のiPhone売上減少と巨大な損失をもたらす ~ 小龍茶館
Appleユーザが、Appleがもともとユーザの同意を得ずに隠れて速度低下という措置をとったことに大して心理的な不満を抱いていることや、またバッテリー交換をすることによって旧機種の寿命が延びることで、iPhoneの販売台数には一定の影響があるものとみられています。



関連記事
  1. 2018/01/05(金) 20:54:22|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<iOS向けのアプリが販売終了で、かなりシビアなiOS向けのアプリ事情が垣間見える | ホーム | S835とA11のベンチマークは本当に正しいのだろうか・・・アプリ使用時の感触と食い違う弁ベンチ結果に疑問を感じる>>

コメント

>伝統的にバッテリーの容量を削っている方向の設計です。
変化を出そうと、あれこれ積み増ししてるから、本体を大きくしつつもスペース確保のためもはやバッテリーを削らざるを得ないだけのことでしょう。
イヤホンジャックと可動ホームボタン廃止もその一環に過ぎません。
指紋センサー、3Dタッチ、タプティックエンジン、NFC-A、背面ガラス、無線充電、終いには電力と液晶の駆動ドライバ基板まで邪魔になったのか、焼き付き問題を把握しつつも有機ELにまで手を出した。
さらに指紋センサーまで廃止する有様。糞不格好な凹字画面デザインにしてまで。
次なる摘出メスの向き先は充電兼通信のライトニングコネクタやSIMトレイでしょうかね。
そしてそれでも足りなければ更なる大型化。6インチ台に手を出す噂もあることですし。
どこまでとっ散らかれるか見物させていただくとしましょうか。
  1. URL |
  2. 2018/01/06(土) 06:47:23 |
  3. 9SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

鈴さん、あけましておめでとうございます。
今年も好き勝手にコメントさせていただきますが、よろしくお願いいたします。

ぼったくり価格を良心的な価格でバッテリー交換したら何となく親切みたいに感じる人がいたら完全に飼い慣らされた犬状態ですね。iPhoneユーザーには結構多いと思いますが。
もしこれがソニーなんかがやっていたら日本国内でもニュースで大きく取り上げられてると思いますが、どうもそんな動きはありませんね。忖度してるんでしょうか?(笑)

それにしてもバッテリー交換で古いiPhoneが延命したらますます在庫が山積みになりますのでこの措置は日本のキャリアも影響ありますし、iPhoneのバッテリー交換を生業にしているお店なんかもやりづらくなりそうですね。どうなるんでしょうか?
  1. URL |
  2. 2018/01/07(日) 15:00:35 |
  3. 空耳 #-
  4. [ 編集]

iPod touchやiPadは影響無いとAppleが言っているようですが、理由が解りませんね。なぜiPhoneだけ?
  1. URL |
  2. 2018/01/07(日) 23:14:26 |
  3. そんふ #-
  4. [ 編集]

>9SUXENさん
スペース問題も大いにありますね。
それも有って4インチ版のiPhoneはバカ食いA11以降のシリーズでは段々難しくなっていくでしょうし、
バッテリースペース的にも排熱的にも苦しいでしょうね。
無理な大コア化を貫かないS835とは対極の、コア当たりの処理性能に拘り続けているAシリーズでは
ますます小型のものは難しくなっていくでしょうね。
その為の機能や端子排除は今後も色んな方向で続けていくことになりそうですね。



>空耳さん
はい、ここのコメ欄は自由にお使いください。
多分色んな方が見てくださっていると思います。
結局大騒ぎされたら対処せざるを得ない位に信者の統制力が、アップルにはもうないということでしょうね。
昔ならジョブズが一括すればある程度までは抑えが効いたのですけどね。
こうして徐々にアップル人気の陰りが増大していくのではと思います。
アップルが一番気にしている日本市場でも騒がれたのが大きかったのではと思います。



>そんふさん
それはiPadはiPodにほぼ影響力が無いぐらいしか売れていないって事でしょう。
アップルが一番気にしているのはiPhoneの販売数です。
これはもう今更発表せずに隠すことが出来ない上に、売上の6割を占める超看板商品です。
これをどんどんと買い替えさせて新陳代謝を生むことがアップルの至上命題なのですが、
それをこっそりさせようとして仕込んだ罠がばれてしまい、アップル自身が討ち死に寸前まで
追い込前れたのが今回の騒動といわけです。
  1. URL |
  2. 2018/01/08(月) 00:51:14 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

https://www.cnn.co.jp/m/tech/35112935.html
ダメだこりゃ
  1. URL |
  2. 2018/01/11(木) 02:29:07 |
  3. Beep #-
  4. [ 編集]

iPhoneのバッテリー事故が2日続けてApple Storeで発生、「計画的陳腐化」に伴う交換プログラムが影響か
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14142175/

2日続けて発火ですって
  1. URL |
  2. 2018/01/11(木) 19:31:27 |
  3. Nexus7持ち #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7381-631e3f14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。