鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

S835とA11のベンチマークは本当に正しいのだろうか・・・アプリ使用時の感触と食い違う弁ベンチ結果に疑問を感じる

明けましておめでとうございます。
年明け早々ですが、誰も指摘しないのでずっと書きたかったことを記事にします。
と言っても、やっぱりiPhone関係ですけど・・・・。


iPhone X/8/8Plusの性能は最高、Androidの性能はそこそこ。
今はこういう認識が一般的かなと思います。
中には未だに5年前位の「Androidはガックガク」な認識の方が残っているようですが、
そんな化石な方は取り敢えず排除して話しを進めます。



その"最高の性能"と評される根拠になっているのはAntutuやGeekbench等のベンチマークです。
今売っているどんな端末を触っても、重いアプリを動かすまでは基本的にそう大きな性能差は
感じられません。なので性能差を測るにはベンチマークの数値に頼るしかなくなっているのが実情です。
どれを触ってもとりあえずは問題ないor快適なんで。

逆にいえば、ベンチマークの数字がどうにかなれば、メディアや一般人の評価を自由に出来るとも言えます。
私が気になったのは、「AntutuやGeekbenchがAndroidとiOS向けのアプリで本当に公平なベンチマークに
なっているのか?」
ということ。

AndroidとiOS向けは別々に作られた別のプログラムですから、全く同じ内容ではなく作ることも
可能ですし、片方に有利な作りにすることも可能です。例えばAプロセッサにのみ搭載されている
何らかのアクセラレータに重きを置いたベンチにするとか。そう作られていても誰かがアプリの解析を
してみなければ分かりません。もちろん解析してもそう簡単に分かるようにはなっていないでしょう。


そもそも上記のようにAntutuが4.x→6.xに上がった時に、不思議な現象を体験しています。
iOS向けがやたらといい数字を出すようになったのです。

Xperiaアンバサダーの企画で端末を借りて報告する時に、私が繰り返しベンチマークを実行して
数字が収束するまで行う耐久ベンチマークを行っていた際に、他機種のリザルトを漁っていたら
iOS向けのリザルトが新バージョンではやたらと跳ね上がっているのを当時見つけました。

Snapdragon 820とApple A9の比較なのですが、4.x→6.xにバージョンが上がったAntutuで、
Antutu 6.x側では4.xと比較して突然iOS側のベンチが高い数字を出すようになったのですが、
もう片方のGeekbench 3ではAndroidの方が速いか、せいぜい同レベルなのです。
この記事で指摘していますね。


そしてほどなくしてiPhone 7の発売前にGeekbenchも3→4へと上がることになります。
こちらは4になってもそう大きくは変わらなかったのですが、しかしながら若干ではありますが
平均してiPhone側の数字が上がってはいます。ここではA10以降のAプロセッサ向けに
何からの最適化が有ったのでしょうか?

そうなると普通誰だって疑惑を持ちますよね。
A9/A10プロセッサ(iPhone 6s/6s Plus)が発売されたタイミングで突然AntutuもGeekbenchも
バージョンアップして、iPhone側の評価が変更されるというのは何か不自然ですよね。
誰も指摘しませんけどね、私はずっと思ってきていたことです。


この背景には、アップルが32bitプロセッサ時代に、演算性能でAndroid勢に完膚なきまで
性能差が付けられてしまっており、どうあがいても勝てないということが有りました。
なのでアップルが64bitの開発は他のメーカーに先んじて、徹底的に年単位で先行して
性能を出すということをしてきました。

それは大当たりで、64bitプロセッサのデビュー当時では、Android勢を2年は先行した結果となり、
その性能を背景に、「ゲームをするならiPhone」の地位を絶対のものに確立しました。

しかしAndroid向けのプロセッサを開発するメーカーは多数あり、結局性能競争になると、
アップルもいつまでも性能で先行し続けるのは無理が有ります。

遅かれ早かれ抜かれるまではいかなくても、最低限追いつかれるのは間違い有りません。
なので、見かけ上だけでもいいので追いつかれないようにする必要が有ります。

私はこのA9/A10プロセッサのタイミングでのAntutuとGeekbenchのバージョンアップは
見かけ上だけでも追いつかれないようにするための「何か」を組み込むためだったの
かも知れないと思っています。その可能性はぬぐえません。



では本当の所、アップルのAプロセッサは性能的にはどうなのでしょう?

Youtubeで各種ベンチマーク的な動画が配信されています。
それらを見ると、Androidの機種はGalaxy S8シリーズや、Xperia XZ1シリーズと
iPhone 8シリーズやiPhone Xを比較した動画が中心です。

結果は同世代のXperiaシリーズやGalaxy S8シリーズとiPhone 8シリーズ/Xはほぼ
動作スピードに差が無く、ややもすればAndroid側が速いものも結構あります。
私が見た所「ほぼ差が無いか、Android側の方が速い」と思うのです。
どちらにしても僅差なのでほぼ同じ性能ということでいいでしょう。

しかし世間の評価はAntutuやGeekbenchの結果が全てのように扱われています。
実態とは別の評価が一般化してしまっているのです。

もしAntutuやGeekbenchにアップルが関与して何らかのAプロセッサに有利になる
”何か”を仕込ませたとすれば、アップルの先見の明が有ったと言わざるを得ません。
私は「あーあ、やっちまったな」位にしか思いませんけど。

だって「ベンチだけ速くて、実態は違う」となると、必ず私のようなひねくれものが現れるのです。
そうしてその内、アップルの意向を受けないベンチマークを自作して評価するものも
現れてくるかもしれません。そうなった時がアップルにとっての正念場。

その新参ベンチマークは当然ながらアップルが欲しい結果が得られないいベンチとなる
可能性が少なくはなく、もしそうならばそれまでのAプロセッサの評価に疑問が発生してしまいます。

その新参マイナーベンチの評価が広がるということよりも、既存のAntutuやGeekbenchの
評価に疑義が生じることがアップルにとって最大の危機なのです。
折角A9/A10プロセッサの時に上手く仕上げた仕組みが崩壊するのですから。

誰も疑問を呈さない状態で、この状態を上手く作り上げたのに、それにケチをつける
私のような存在や、それを実際に検証するような勢力が表れるのが、アップルにとっては
一番望まない状態であろうと私は予想しています。

2017年迄は64bit系のAプロセッサが性能で最高とされる年。
2018年はそれに疑義が付く年になるかもと私は位置づけています。
2019年以降はAプロセッサの化けの皮がはがれ、iPhoneのゲームでの立場にも
揺るぎが発生するようになると考えています。

これらは私が予想している通り、A9プロセッサの時のベンチマークのバージョンアップに
”変な小細工”をされたということが真実の時のみ進んでいくシナリオですので、
この通りになるかどうかは検証結果次第です。まず検証する人が現れないといけませんが。

このブログは変な所まで意見が届くことが有るようですので、それに期待するしかありませんね。
今となってはアップルの品薄商法も世間に定着しましたし、結局私が感じ取った内容は、
実は多くの人が感じているものだったのです。



Snapdragon 835はA11プロセッサに演算性能では劣るとされております。
私は確かにS835は演算性能に振っているとは思いませんが遅いとも思いません。
ただしクアルコムは演算性能よりも優先したものが有るのは確かです。
それは省電力性と熱を持たないということ。
なのでS835を搭載した端末は熱を持ちにくく、バッテリーの持ちもいい。

ギリギリの性能を追うよりも、今は温度が上がらず省電力である方が有り難い
ケースは多いと思います。そういう意味ではA11プロセッサは設計を誤っていると
思える所が有ります。

省電力コアは結構電気を食わないようですが、負荷をかけると結構電力を
消費して熱を発するようです。なので待ち受け時はバッテリーが長持ちしますけど、
一旦使うとそれなりに減るということになっているようです。

私的にはS835の思想の方がとても有り難いですね。
負荷をかけても熱くもならないのは本当に助かります。

各メディアの記事になりそうな飛びぬけたネタ性は無いですが、実仕様的には
S835はかなり出来のいい子じゃないかなと思います。S845もS835の設計思想を
引き継いでいたとすれば、やっぱり出来る子になるんじゃないかなと予想しています。


まずはベンチ・・・真実はどうなのでしょうか。

関連記事
  1. 2018/01/01(月) 23:56:55|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<アップルが本格詐欺師デビュー、『バッテリーが劣化したらこっそり性能を落として低品質を隠匿してやる⇒ごめんなさい、安くバッテリー交換します』に関して私の思う所 | ホーム | アップルが日本で得た利益から1.2兆円を税逃れ、しんぶん赤旗が指摘記事>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2018/01/02(火) 00:02:54 |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2018/01/02(火) 00:12:09 |
  3. #
  4. [ 編集]

>2018/01/02(火) 00:02:54
>2018/01/02(火) 00:12:09

あー。
思い切りみっちし扱おうと思って振り被っていたら、単純に乗り遅れただけです。(笑)
多分数日中には記事にすると思いますので、もう少しお待ちください。(;´∀`)

というか、メールでも頂いてる他のネタの分すらもまだ消化できてなかったり・・・w
  1. URL |
  2. 2018/01/02(火) 01:14:24 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2018/01/02(火) 02:56:45 |
  3. #
  4. [ 編集]

A11
トランジスタ数:43億
コア数:2+4(6コアの同時駆動可能)
モデム外付け

スナドラ835
トランジスタ数:30億
コア数:4+4
モデム内蔵

GPUとか周辺回路もあるので厳密にはCPUの比較はできませんけど...
自分はA11が有利かなとは思います。
  1. URL |
  2. 2018/01/02(火) 09:22:10 |
  3. み~ #-
  4. [ 編集]

「Appleは私のiPhoneを遅くしている」説をベンチマークが否定
http://jp.techcrunch.com/2017/10/09/20171006benchmarks-contradict-apple-slowed-down-my-iphone-claims/

色々話題になったiPhoneのクロックダウン問題をappleが認める2ヶ月ほど前にはこんな記事がでていた
ベンチマークツールって適当なんだなと思いましたw
  1. URL |
  2. 2018/01/02(火) 11:54:11 |
  3. Nexus7持ち #-
  4. [ 編集]

>2018/01/02(火) 02:56:45
参考になるかは不明ですよ。
期待しないで待って居てもらえろと助かります(笑)


>み~さん
素子数は無関係じゃないけど、素子数で性能を測るのはちょっと違うなと。
大事なのはコアの設計や思想、プロセスルールや駆動電圧の方がもっと影響が大きいと思いますよ。
体重が重ければパワーがあるみたいなモノの判断は、本当の実力を見誤ります。
ぶくぶく脂肪の塊と、筋肉質で全く違うことぐらいは分かるでしょう?


>Nexus7持ちさん
私はその記事の方を懐疑的に見ていた方です。
実際に遅くなったという人が少なくなかったからというのが大きいです。
Futuremarkはプロセッサの何を見ているのでしょうね。
どちらにしても、今までのリーク記事などと同じで、アップルの
息がかかった記事の可能性を私は頭の隅に置いています。
先日発表されたGeekbenchの件は、私的にはFuturemarkの発表に
納得のいかなかった人が動いて出てきたものかなという気もしています。

>ベンチマークツールって適当なんだなと思いましたw
適当じゃないと思いますよ。
そのベンチがどこを見ているかでしょうね。
見ている部分をはっきりし、「その部分に関してはそういう結果である」と
測った部分だけの結果であることを、しっかり認識しておくべきかなと思っています。
その結果が決してそのプロセッサや機種の全てを表していると勘違いしてはいけないと思うのです。

例えるなら、体重計は体重をきちんと測れますが、体重を測った結果が重いからって
必ずしも身長が高いわけではないというようなものだと思います。
体重計は体重だけを測るものなんですよ。
  1. URL |
  2. 2018/01/03(水) 02:21:35 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

3DMarkはPC用を見るとCPUよりGPUメインでベンチを取るツールにみえるんですよね
スマホ用がどこをメインにみているかはわかりませんけど
ただ、これを出した後にGeekbenchがあれだけ差の出たiPhone6sのベンチ結果出してAppleが認めちゃったもんだからFuturemarkのベンチ集計の信頼性は?ってなりかねんなと

iPhoneもCPUのクロックダウンなら多少のもっさりはごまかせるでしょうけどGPUのクロックダウンで普段使いの描写ががくついたらごまかしきれないでしょうからそこは手を出さなかったんでしょうね
  1. URL |
  2. 2018/01/03(水) 07:54:22 |
  3. Nexus7持ち #-
  4. [ 編集]

単純に電卓とかしか使わないならS835で困る事無いと思いますよ。
OSの違いのせいかも知れませんがCPUパワー要求されるゲーム系アプリでは雲泥の差すぎて流石にAndroidを擁護出来ません。
何年も前のパズドラみたいな単純ゲームですらAndroidの方が遅いという差が解るのですから。
FGOみたいな重いアプリ設計代表みたいなのだと差は歴然でした。
  1. URL |
  2. 2018/01/03(水) 18:54:39 |
  3. らむだ #-
  4. [ 編集]

>> らむださん
そこはCPUのパワーよりも最適化の問題が大きいかと
同じゲームをするにしてもゲーム機でやるのとPCでやるのとでは同じ描写設定でもPCの方がよりパワーが必要だったりしますから
ただ、最適化が進んでいれば重いと噂のデレステ最高設定でもぬるっと動きますけどね
XperiaXZPの4Kディスプレイでも

まったく別な話になりますが新年早々PC関連でとんでもないバグが
Intelがスマホ向けAtomを撤退したのでスマホネタとは関係ない話になってはしまうんですけど

Intelのプロセッサチップに根本的な設計上の欠陥が発覚、各OSにアップデートの必要性
https://gigazine.net/news/20180103-intel-processor-design-flaw/

AMDの等のIntel以外のCPUなら問題ないとか対応パッチ当てるとアプリの実行速度が30%低下するとか情報が入り乱れてなにがなにやらの状態
  1. URL |
  2. 2018/01/03(水) 22:24:25 |
  3. Nexus7持ち #-
  4. [ 編集]

「CPUに深刻なバグ」報道にIntel反論――OSアーキテクチャーに内在する欠陥で他社製チップにも同様の影響
https://gunosy.com/articles/aXtJ4

問題が大きくなってきました
公式発表がないと詳細は不明ですけどARMでも影響は出そう
Android x ARM系チップ iPhone x ACPUの組み合わせで問題が出るのか出ないのか
  1. URL |
  2. 2018/01/04(木) 09:03:16 |
  3. Nexus7持ち #-
  4. [ 編集]

こんな結果が出てました
Antutuでは3Dのスコアだけの比較でもぶっちぎりなはずが、3DMARK Sling Shot Extremeでは・・・

http://buzzap.jp/news/20171226-iphone8x-xperiaxz1-galaxynote8-mate10pro-isaiv30p-bench-2017-winter02/
  1. URL |
  2. 2018/01/09(火) 11:04:59 |
  3. XZ使い #-
  4. [ 編集]

下駄を履かせる行為のしっぺ返しを食らうことを望む

mvnoでも散見されましたね。mvno スピードテストでぐぐると出てくるわ出てくるわ。
こういうやったもんがちの企業がはびこっているのはおかしい。日本でも懲罰的損害賠償導入されませんかね
  1. URL |
  2. 2018/01/22(月) 17:07:13 |
  3. lot #zmXgS/OI
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7378-b23ed1d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。