FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

それでもソフトバンクは純減しないのか?

第二世代携帯電話サービス終了について ~ ソフトバンク
http://mb.softbank.jp/mb/support/3G/2G_end/


ソフトバンクの2Gの停波が近づいている。
なのにソフトバンクの2Gの契約数の減少速度がどんどん落ちてきている。

2010年1月現在の推定は68万回線、去年で毎月大体10~18万程度の減少数となっている。
停波時にはどう考えても30~40万回線程度は残る計算だ。

二月末地点を予想してみると、学割かiPhoneのエブリバディキャンペーン後継の更なる手を打ってくる
だろうから、2Gからの乗換えが促進されて68万から単純に10万ほど引くだけでは足りないだろう。
恐らく2月の2Gの減少数は15~20万ほどだと予測する。

すると53~48万程度2Gに残ることが予測される。

一方、H19~21年の新成人の数とTCA発表の3月のキャリアの合計パイを比較してみる。

    新成人 パイ合計 (%)
平19年 139万人 1253600 (90.18%)
平20年 135万人 1348300 (99.87%)
平21年 133万人 1004900 (75.55%)

学生の時点でほぼ携帯を持つのが常識に近いこのご時世で新成人の人数と比べて何の意味があるのかと
言われる方もいるだろう。しかるべき機関から発表になっている数字がこれぐらいしか見つからなかった
ので新成人との比較とした。おおよそのパイのガイドライン値としてゆるい気持ちで眺めてほしい。

19年、20年と景気の回復と共に新成人の人数に対しての割合が増している。
平成20年にはほぼ100%の割合となった。
21年のリーマンショック等の影響によって大きく数字を下げている。
今年のパイの大きさはほぼ平成21年程度かそれよりも少し下がる程度かと考えている。

ということは今年の3月は全キャリア合計で100万程度か少し割ってくる程度になる。
景気の見通しは非常によくないが、連絡手段としてのインフラは恐らくライフラインに近いものと考え
られるので準備しないわけにはいかないだろう。となると学割などの維持費のかからない方法で本当に
必要としている層は必ず契約すると考えられる。去年から大幅には減らないと考えているのはそう
いった需要を見越してのことだ。というか各社の試作が功を奏して増える?

ソフトバンクの2G停波時に残ると上記で予想した30~40万回線、純増パイは約100万。
しかし純増以上の”いつもの何か”を繰り出せばこの純減を消し去ることは可能かも知れない。
それでもさすがに3月は純増一位は厳しいだろう。それこそ一位になれば”いつもの何か”を
皆がこぞって検証に駆け巡るだろう。勿論私も。

言い訳が有れば純減は認めるのか。そうすれば後々の勝負の為に純増用の”数字”は温存しておける。
それとも”全力攻撃”で意地でも純減を食い止めるのか、しかしそんなことをしてしまえば翌月からの
純増一位を”作り出す”為の数字を確保するのが厳しくなってくる。
ソフトバンクにとって難しい選択が確実に3月にやってくる。

このことについては2月以降の数字を見ながら更に検証を加えていきたいと思います。


それとついでにドコモのmovaも少しだけ検証してみる。
ソフトバンクの二年前の一月と言えば2Gは506万ほど残っていた。
それに比べるとドコモは去年の12月の数字から今年の1月を推定すると310万ほどだ。
共に停波2年2ヶ月前でこれだけの数字の開きがあることになる。

ちなみにドコモのmovaは以下の通りの回線数となっている。

2007年1月 1913万回線
2008年1月 1059万回線(44%減)
2009年1月  633万回線(40%減)
2010年1月  310万回線(51%減/予測値)
2011年1月  155万回線(50%減/予測値)
2012年1月  77万回線(50%減/予測値)

2011年1月  124万回線(60%減/予測値)
2012年1月  50万回線(60%減/予測値)

2011年1月  124万回線(60%減/予測値)
2012年1月  37万回線(70%減/予測値)

2011年1月  93万回線(70%減/予測値)
2012年1月  28万回線(70%減/予測値)

今年の1月以降は予測値となっているが今年のうち11ヵ月分は実績値を使用している。
20101月より51%と減少になっているが今後策を打ち出して減少速度を高めていくだろう。
素直に50%づつ減らした場合と可能性のある各減少割合を出してみた。

今年と来年にそこそこ頑張れば現実味のある数字まで減ることが予測された。
逆に言うとこの二年間、今年と同じ割合で減っていたなら今のソフトバンク以上の回線数が
停波数ヶ月前に残ってしまうことになる。
ソフトバンクより進捗状況がいいからといってドコモも全く手を抜くことは出来ない。
こちらも追って検証をしていきたいと思う。
関連記事
  1. 2010/02/03(水) 01:17:15|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<だからソフトバンクは強い | ホーム | 時刻がズレる?>>

コメント

auの旧800MHz専用機も2012年に停波するんですよね?
1X端末のほぼすべてと、古いWIN端末が使えなくなる筈ですが
こちらはどうなるんでしょう。


  1. URL |
  2. 2010/02/03(水) 23:22:22 |
  3. 田舎モバイラー #qbIq4rIg
  4. [ 編集]

>田舎モバイラーさん
おおよそでざっと計算してみたら今のペースで免許ぎりぎりまで粘ると10万前後残る計算になりました。
残っている契約数も少ないのですが、現象ペースもかなり遅いので一向に減らないですね。
KDDIはドコモやソフトバンクの様に告知に積極的でないことも一因のように思います。
  1. URL |
  2. 2010/02/04(木) 00:39:17 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

movaのパケット

Fさんのブログで、バスの位置情報や、コカ・コーラの自販機で、ドコモのパケット通信を利用しているいう記事がありましたが、これからどうなるのか、もしよければ特集お願いします。
  1. URL |
  2. 2010/02/25(木) 00:07:12 |
  3. 愛知県の携帯マニア #-
  4. [ 編集]

>愛知県の携帯マニアさん
すいません、Fさんのブログというのは何処でしょう?
F&Fさんの所を数日分眺めてみたのですがそれらしい記事は見当たりませんでした。
もっともその分野のことは良く分からないので記事を見つけても大したことはかけないと思いますが。
  1. URL |
  2. 2010/02/27(土) 03:02:43 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/729-68df5d96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。