鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

濡れスマホと充電問題、メーカー泣かせなユーザーのご乱行・・・どこまでの使い方を黙認するべきか

14歳の少女、入浴中にスマートフォン使用で感電死 ~ iPhone Mania
マディソンさんは、入浴中に電源ケーブルに繋がれているスマートフォンを手にしたか、あるいは充電しようとしたかのどちらかによって感電死したと考えられています。
こうした事件は決して珍しいものではなく、充電器を胸のうえに置いてiPhoneを充電しながら入浴した結果、男性が感電死した例が、最近も報告されています。

入浴中の充電・・・普通に考えるとちょっとヤバいと感じる一件でまた死亡事故です。

こういった事故はもう何度か聞いているので、触らないでおくつもりでしたが、ちょっと気になる
所が有ったので・・・。

またiPhone7/7 Plusは耐水機能を備えていますが、Appleは入浴時の使用は禁じているうえに、本体が液体にさらされた場合は必ず完全に乾燥させ、充電したり Lightningアクセサリを接続したりする前に5時間以上間を空けるよう、呼びかけています。

これ。

5時間・・・まあ安全を考えるとこのぐらい空けたら確実ですが、身に着けて利用するものを
そこまで要求されるとちょっとしんどいなと思います。
まあメーカー的にはこう言わざるを得ないのでしょうけど。

以前Xperiaで「水中使用(お風呂でしたっけ?)OK」から、「水中では使用しないで」に
変わりましたよね。これもメーカー側から予想外に、無茶をされることを考えたら
5時間とかそこそこ面倒くさいぐらいの制限を要求しておいたほうがいいのかも、
ってなっていきますよね。多分そういうことなんかなという気がします。

ただ、どこのメーカーか忘れましたが、日本のメーカーか団体で、「充電する時はUSBの端子の
水滴を取ってから繋いでください」という文言を見た気がします。キャップレス防水の端末に
向けた文言だったと思うので、Xperia Z4だったかな?

日本のメーカーでさえこんな感じなので、5時間はちょっと安全視過ぎかなという気もしなくは
ないですね。というか、こんな文言を書かれても、どれだけの人が見て守るのか、気になるところです。

お風呂で充電中の端末を触ることは論外として、今でもジップロックiPhoneを触る人は普通に
いるでしょうし、日本だと防水携帯をお風呂に持ち込む人は多分山ほど居ると思うのです。

私も一度XperiaアンバサダープログラムでXperia Z4をお風呂テストしたことが有りますが、
確かに便利だし面白いと思いました。

が、お風呂にスマホを持ち込んだのは過去その一回だけ。
お風呂ぐらい、電子機器から離れてゆっくりしたいものです。


しかし濡れスマホの端子に関しては他人事ではないのです。
どっちかというとアウトドアな人種なので、雨中の活動は割と普通に有ります。
ロードやトレイルなど、ランニング関連のイベントは原則雨でも中止になりませんしね。
仲間同士で行くときも、少々の雨なら決行は普通に有ります。
嵐が来たならともかくとして。

また水辺で濡れ手で触ることも珍しくないです。
そういった環境でも使えばそれだけバッテリーは無くなります。

ランニングでGPSロガーを並行して動かし続けていることも珍しくないです。
8時間とか、10時間とか走り続ける時にGPSロガーを稼働させるには、途中で充電が必須です。
このとき雨が降っていたら・・・?

本来は、この程度は充電無しで動かせるほどのバッテリーが欲しい所ですけどね。
余り標準的な使い方では無いですが、この程度のバッテリーの余裕が有れば、
おかしなバッテリー温存充電に頼らずとも、かなり安心して使えると思いますよ。
勿論バッテリー自体に余力が有るので、寿命も余裕が出来るでしょうし。

私がどこかに旅ランする時は、GPSロガーをバックグラウンドで動かして、数十枚の写真を撮影する。
こういうスタイルです。今の国産スマホのほぼ全てがアウト。
なのでモバイルバッテリーは必須ですが・・・こちらはスマホのように防水なんてない。
結局スマホがどれだけ長時間持つかが一つのキーになるんですよね。


アップルの提示した5時間は無茶じゃないにしてもやっぱり要求しすぎな気もしますね。
端末の端子を「ふっ」と吹いて、水分を飛ばせば大半の場合はそれで事足りるように
思いますし。出来たらその前にきれいな水で洗っておくべきかなぐらいは思いますけど。

例えば海水や汗、お風呂のお湯などの不純物が溶けた水分なら、わずかでも水分が
残留していたら、端子間リークの原因になると思いますし、完全に乾かすのが理想ですけどね。
でも乾いて塩などが吹いた端子もちょっと嫌ですよね。


恐らくこの問題は、認識している人はそう多くなないけど、結構根の深い問題じゃないかなと思います。
メーカーの人も端末の外側の問題ではかなり気の使う部分のように思います。

家電系を扱っているメーカーすべての技術者が無視ししては通れない部分の話ですよね。
逆に一般ユーザーは一番気にしてくれない部分かと思います。

この温度差がメーカー泣かせ。

だからこれからも充電しながらお風呂で使うユーザーは、後を絶たないと思います。

関連記事
  1. 2017/07/21(金) 19:26:30|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<孫正義氏の「めくら」発言を無用に叩くな、単純に新しい時代に着いていけない時代遅れなだけの人なんだから | ホーム | 【総務省案件?】Y!mobileがiPhone SEをを半額に値引き、何故今更白々しく値引きをしているのか・・・やはりソフトバンク系>>

コメント

こういう阿呆はどんどん感電するがよい。
メーカーは安全マージンを三倍くらいとっておき、責任を回避する。
黙認してはならん。

できることとやることは分けて考えるのが大人ってものだ。
そこに至るまで、様々に経験をする。
もっとも、救急車が霊柩車に変わっても知ったこっちゃない。
  1. URL |
  2. 2017/07/21(金) 21:22:35 |
  3. 9SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

訴訟リスクを考えると必要以上にマージン取るのも仕方ないかと。
「ふつうに使っただけなのに(ry」の普通の基準が個人個人で変わる訳だから、事安全に対しては企業にとっての普通は「大凡考えうる最悪の事態への対応」である訳だしそうあって然るべきかと。
だから個人的には某国製とか某メーカー製はどんだけ安くてもどんだけ高性能でも選択肢になららい訳です。
安全マージンギリギリアウトでも平気で出荷しちゃいかねないですから。
  1. URL |
  2. 2017/07/22(土) 10:30:56 |
  3. にいくら #mQop/nM.
  4. [ 編集]

世の中に不適合な者は淘汰されるのみ。
勿論私はこの考えには賛成です。

その地域・環境に適合できないDNAは失われていくことで、
より適正率を上げていくのですから、充電しながらスマホを触るような、
アホなDNAが失われるのは、人類全体にとってはいいことです。
原則論としては。

ただこれにメーカーが泣かされるのはゴメンですね。
対策費が膨れ上がり、無用に高価な端末を買わされることに
なるのも嫌な話です。

かといって、中国のように無対策が故に安価なのが大量に出てきても嫌ですが。
  1. URL |
  2. 2017/07/22(土) 12:49:43 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

冬や春、お風呂にゆっくり浸かりたい時期、
Xperia Z3 Tablet Compact にはお世話になっています。

Xperiaの濡れた手による画面操作は、たしかZ4からでしたでしょうか。
Z3は全くダメですが、お風呂の蓋に乗っけてビデオやテレビを見るのに重宝しています。
チャポンっとお風呂にダイブすることもありましたが、さすが防水。
キャップレスじゃないのが残念な端末ですが、しばらく乾かしてからスタンドで充電、
今も元気に動き続けてくれています。

防水と書かれていればこの程度の扱いは当然しますし、
これからも防水端末には、この程度は期待したいですね。
そのために防水端末を選ぶのですから。
  1. URL |
  2. 2017/07/22(土) 17:58:40 |
  3. こっそり #mQop/nM.
  4. [ 編集]

防水っってさ、風呂や海って適用対象外なの知ってる?
  1. URL |
  2. 2017/07/22(土) 21:02:31 |
  3. にいくら #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ガソリンスタンドでタバコ吸うようなもんだ。
なんでもかんでもメーカー批判に繋げるのはオカシイ。
  1. URL |
  2. 2017/07/23(日) 23:21:47 |
  3. アマダー #fV67HoIo
  4. [ 編集]

これ、充電器のAC側の電源ケーブルの被膜が破損していたのが原因って聞いた・・・120V喰らえば死んじゃうわなぁ
  1. URL |
  2. 2017/07/24(月) 17:24:29 |
  3. くおん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7283-cb595845
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。