鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

国産夏モデルの販売がかなり調子がいいらしい・・・Android端末の販売が伸びる結果に

スマホ夏モデルが堅調!5月の国内メーカー出荷数、100万台超えに ~ docomoアプリ&レビュー
 電子情報技術産業協会(JEITA)と情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)は、国内メーカーによる携帯電話出荷数(2017年5月分)を公表しました。スマートフォンやフィーチャーフォンを含めた全出荷数は、155万7000台を記録。これは前年同月比179.6%となります。
出荷数のうち、スマートフォンが占めるのは約102万台。こちらは前年同月比297.5%となり5カ月連続のプラスです。なお、100万台を超えるのは2カ月ぶり。なお、今回の集計対象となる国内スマホメーカーは、京セラ、シャープ、ソニーモバイル、富士通となります。

どうも国産メーカーのスマートホンが調子いいようです。
電子情報技術産業協会と情報通信ネットワーク産業協会の集計で、国産メーカーのスマホの
出荷数が100万台を超え、対前年同月比で約3倍の出荷数を記録。

今年がどれだけ売れたのかということと、去年がどれだけ売れてなかったんだということが感じられます。
まあ去年は主力機の発売が遅かったという事情も有ると思いますので、単純にとんでもなく伸びたとは
言えないかもしれません。しかしながら快調な事には変わりないと思います。

ただし国産機と言っても、集計が 京セラ ・ シャープ ・ ソニーモバイル ・ 富士通
4社に限られていること。これ、どうなんでしょうね。



例えば他にもFreetelの極シリーズや雅シリーズやPrioriシリーズとか有ります。

Priori 4のスペックと価格はこんな感じ。
 MT6737 Quad Core(4×1.3GHz)
 RAM 2GB
 eMMC 16GB
 ディスプレイ5.0インチ/1280×720 (HD)
 バッテリー 4,000mAh
 Android 6.0 Marshmallow(Android7.0 Nougatにアップデート予定)
 ネットワーク4G(LTE) Band1 / Band3 / Band5 / Band8 / Band18/19 / Band28B / Band41

まあ今となっては最低限のスペックなのですが、端末単体価格が14800円なんですよ。
色々へちょいところは有るにせよ、14800円だったら端末が壊れた時のつなぎとか、
何かの事故でうっかり使ってしまい、そのまま油断していると「もうこれでいいやん」って
事にもなりうる危険な端末だと言えます。国内キャリアをざっくり網羅しているので、
どこのキャリアで使っても、それなりに困ることは無いと思いますし。

極2等はWQHD 1440×2560 、Helio X20 (MT6797) 10 Core 、RAM 4GBで価格が39800円。
AnTuTu 97000をFreetel自身が自慢していて、定価を考えると決して悪くはない。
勿論Android 7.0 Nougatは保証されています。

扱い店舗が極2で26店舗Priori 4でで23店舗
これにFreetelのWEBページ直販が有りますから、
まあ無視できないレベルの数字分売れているのではと思うのですけどね。


この他にもONKYO GRANBEAT (DP-CMX1)なんかもありますね。
Snapdragon 650 + RAM 3GBと取り立ててスマホとして性能が高いなどではありませんが、
ハイレゾの音響が実装されているという、音楽好きにはたまらない機種です。
2.5 mm 4極 バランスヘッドホン出力が付いていたり、DAC以外にも高音質に凝っている機種です。
バカ売れはしてなくとも、地味に売れ続けているようです。


Gfk系のランキングを見ていたら、まるで日本ではiPhoneしか売れていないような印象に
囚われてしまいますが、しかしGfkが集計できないような所で売れていないとも限りません。
例えばキャリアショップで売れた分はGfkは感知しませんし、メジャーな販路以外はかなり
無視されている所が有ります。

なので私はそれに影響されていないと思われるKantarの数字を積極的に扱っています。
Gfkベースだと集計範囲が限られますから。Kanterの方がより実態に近い数字が
出ていると考えています。


冒頭のドコモが発表した数字とKantarが出した数字を見ていくと、なんとなく納得できる
所が有りますね。
関連記事
  1. 2017/07/17(月) 13:08:48|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<【Kantar Worldpanel】大きな流れを見ると間違いなく「Android:増加傾向・iOS:減少傾向」、それが見える結果に | ホーム | ドコモの移動基地局車のトミカが発売され、瞬殺で売り切れる騒ぎに・・・品薄の大人気商品に>>

コメント

JEITAやCIAJはメーカー側の団体なのであくまで出荷まで、実際に販売された数量は別です。
大本営が発表するか集計会社がデータを出さないと販売数はわかりません。

あとONKYOのはともかくFreetelのを国産機に含めるのはどうかと。ODM製品にロゴ付けてるだけですし。

ところでKantarは何を根拠に販売数を出しているのでしょうか?
BCNやGfkは契約先のPOSデータのようですが。
  1. URL |
  2. 2017/07/18(火) 12:34:13 |
  3. ねこ #nLnvUwLc
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7278-80fc75d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。