鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

【Android Developers】バージョンの動きを眺めていて分かった端末の買い替え周期は3~5年程度

Android Developers発表の2017年06月30日~2017年07月06日段階のAndroid端末のバージョン毎のシェアです。




Android Developer

前月データはこちらの記事へ

旧バージョンの減少が滞っていたよりも、今月は多少数字に動きが有りました。
ただ動きが止まっていたMashmallowがまた急激に増加している不思議が有ったりと、
ここ最近の動きが読めません。

しかしなかなか減少に動かなかったKitKatとLollipopがどんどん減り始めていることが
良く分かると思います。バージョンアップされた端末の存在も考えると、3~5年間使われた
端末が今買い替えの時期を迎えていることが分かると思います。

iPhoneも5~5s/5c/6/6+辺りを使っている人が買い替えに入っていますので、端末の種類が
違っても、やはり同じような傾向が有ると思われます。













四つのデータの一番上のグラフ、久しぶりにじっくり眺めていると綺麗な階段が見えている
のに気付くと思います。

JerryBeanの最高値が62.0%、KitKatが41.4%、Lollipopが36.1%、Mashmallowが31.8%。
Mashmallowは伸び悩んでから今月の数字でまだ増えていますが、どちらにしても近々減少に
転じるでしょうし、どう考えても35%を超えることは無いでしょう。

このようにバージョンが進むごとにピーク値がどんどん下がっています。
これは徐々に過去のバージョンに居残る人が増えているのが原因だと思います。

昔は4年前に発表されたバージョンに17%も居残っていたりはしませんでしたが、
今は4年前に発表されたKitKatに17%もまだ残っています。
この4年というのは端末の買い替えペースに近似して収束していくと思います。
なので5年、6年とどんどん伸びていくことは無いと思いますが、端末の寿命次第では
今よりも多少伸びることは考えられます。

関連記事
  1. 2017/07/08(土) 19:23:56|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PixelやNexusに7月分のセキュリティーパッチが配布、今回は私の所にもすぐに来ました | ホーム | Lollipop以上はまだまだ使えますね、Xperia ZやGXの現在のブラウザの状況を画像で確認してみる>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7271-882fbd6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。