鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

日本郵政がみまもりサービスの採算が取れないのでサービス縮小、中華端末で済む所にコスト高のiPadを利用していることも採算が取れない一因の可能性

日本郵政、みまもりサービス縮小を発表 「採算が困難」 ~ 産経ニュース
日本郵政は28日、長門正貢社長の定例記者会見で、みまもりサービスの縮小について正式に発表した。長門社長は縮小の理由について「採算ベースに載せるのが困難と判断した」と述べた。
みまもりサービスは、当初、高齢者に米アップルのタブレット端末、iPad(アイパッド)を配布して専用アプリを利用してもらう事業モデルで提供する予定だった。しかし、採算がとれる見通しが立たないことから高齢者に配布せず、郵便局員が端末を持って高齢者宅を月に1度訪れて、健康状況を家族に伝える事業モデルに縮小した。

日本郵政がiPadを高齢者宅に配って専用アプリを利用してもらう、みまもりサービスを縮小することを発表。
iPadを配るのはやめて、経費をかけて郵便局員が高齢者宅をいちいち回った方がコストが低く抑えられる
との判断になったようです。

つまりは今の申込数ではiPadの費用の負担が重く、採算ベースに載せられないということですよね。
そりゃ中華タブレットで間に合うものに、高価なiPadなんて使うぐらいのコスト感覚ですからね。
端末代だけなら1/3の価格で同じことを実現できたのではないかと思わさせられます。

どこに騙されてこんなものを入れたのでしょうかねぇ~。
そういえば日本郵政の携帯電話はソフトバンクが落札していたりしましたが・・・w


ちなみに日本郵政のみまもりサービスのページこんな一文が・・・。

「郵便局のみまもりサービス」および「郵便局のみまもりでんわ」につきましては、2017年6月9日をもちまして新規受付を停止させていただきました。

サービス自体は続行しているようですが、新規受付は既に終了しているようです。



もしかして、どこぞの営業マンにしてやられたって感じでしょうか・・・?

関連記事
  1. 2017/06/30(金) 23:06:23|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<グロ版では意外と頑張っているソニー、Android 7.1.1アップデートやSony Open Devicesプログラム | ホーム | アップルがネットでの中国の寄付(チップ)制度の打賞に三割の手数料と称する搾取を開始>>

コメント

この記事を読むと、
appleというよりIBMのソフト開発費用の問題に思えますね。
http://jp.techcrunch.com/2015/05/01/20150430apple-ibm-japan-post/
  1. URL |
  2. 2017/07/01(土) 00:17:09 |
  3. b #FUfi/TkY
  4. [ 編集]

どこにも「iPadの費用の負担が重く」とは書いてないですね。笑
上記の記事を読むと郵政、IBM、Appleの共同事業とあるので、IBMがアプリやシステムを開発して、Appleが端末を出して、郵政が高齢者宅を訪問して、収益を3社で分けるような座組みであったのではないでしょうか。さすがに端末の費用が重くてなどという単純な話じゃないと思います。
採算が取れないのであれば共同事業は成り立たないので、このタイミングでIBMとAppleが抜けたんじゃないかと思います。
  1. URL |
  2. 2017/07/01(土) 01:27:27 |
  3. マリー #-
  4. [ 編集]

>bさん
iPad代の上にIBMのソフト代がさらに上乗せで負担ということですね。
こりゃ日本郵政もたまったもんじゃないですね。
ドコモなどと同じく、結局図体がデカいことに頼り切っただけのクソビジネスネスが失敗しただけですね。
こんなの中華端末にちょろっとアルバイト君にアプリ組ませたのを入れただけの方が役に立ちそうな気がしますね。


>マリーさん
確かに書いてないですね、書けませんもんね、言ってくれないものは(笑)
このブログは基本的に、言わない都合の悪いことの行間を読んでいくところなんで、
恐らく来る場所を間違えたのだと思いますから、記事に書いていることだけを信じる
場所にお帰り頂いた方がいいと思います。

と言いたいところですが・・・。

>IBMがアプリやシステムを開発して、Appleが端末を出して、郵政が高齢者宅を訪問して、収益を3社で分けるような座組みであったのではないでしょうか。
これは酷い。
三社の合弁事業なんてどこにも発表されていません。
あくまでもこの事業をやっているのは日本郵政であり、合弁会社なども存在しません。
しかも端末やIBMご自慢のAI技術も無償供与ですか・・・うわぁぁぁ。。。。



信者力w
  1. URL |
  2. 2017/07/01(土) 12:02:17 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

追加で。。。

月一回るサービスとかそういうのを新規事業として発表していますね。
実際には事業縮小なのに。

日本郵便、高齢者見守りサービスを全国で 10月から
http://www.asahi.com/articles/ASK6X56FCK6XULFA01Z.html


iPad万能説を信じたり、AI万能説を信じた愚かな方が、こういった不採算事業を立ち上げてしまった発表記事がありました。
やりたいものが有るからアップルやIBMと提携したというよりも、アップルやIBMと提携したから何かしようという、
誤った方法論が有ったようにしか思えませんね。

日本郵政、高齢者サービスでApple、IBMと提携―iPadとAI利用で見守りやヘルスケアなど提供へ
http://jp.techcrunch.com/2015/05/01/20150430apple-ibm-japan-post/
  1. URL |
  2. 2017/07/01(土) 12:12:12 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

iPadが負担なのかどうかはともかく、この手の話ってお役所体質の悪い所ですね。

プロジェクトの見通しとか採算とかの見積もりが甘々で、民間企業なら恐らくもっと厳しい精査がなされて通らない話がどんどん進んでしまう。でもこの失敗の責任は誰も取らないじゃないですかね?

ハゲタカが腐るほど金を持ってる日本郵政からどうやって金を引き出そうか?という一大プロジェクト(笑)にまんまと騙されてたという話じゃないかと感じます。日本郵政側にも甘い汁を…まあ犯罪ではないでしょうけど。
  1. URL |
  2. 2017/07/01(土) 20:29:05 |
  3. 空耳 #-
  4. [ 編集]

システムに対する要件定義が甘々のガバガバだったとしか思えない。IBMのシステム開発費ガー!とかiPadの納入価格ガー!とかじゃなく。

日本郵政のシステム利用者数の想定が過大すぎた or 日本郵政側の要求仕様に穴がありすぎてシステム改修での対応が出来きれなくて、運用(利用者)側に例外ケース運用が押し付けられ過ぎた結果実利用者数と想定利用者数に絶望的な乖離が発生したとかじゃない?
  1. URL |
  2. 2017/07/02(日) 14:41:05 |
  3. にいくら #mQop/nM.
  4. [ 編集]

「日本郵政「みまもり」7月に延期 IBMと調達条件など折り合い付かず」
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170107/bsd1701070500003-n1.htm

というニュースもあるので、どの型のiPadかは分かりませんが、価格面や供給面で問題があるのは間違いでは無いでしょう。
去年のiPadの全世界での出荷台数は4000万台、日本国内での出荷台数は360万台です。500万台のiPad供給は、出荷台数を1割押し上げるインパクトがあり、国内の1年相当を遥かに上回る台数。
これを何年掛けて供給してもらうつもりだったのか、Appleが実質値下げした新しいiPadではなく、Proの供給を考えていたかもという疑念もありますね。iPadだからシンプルでお年寄りにも分かりやすいという訳ではなく、セットアップや初期設定は難解な部分があります。本来、みまもりサービスのサポートが、iPadの操作に関する相談窓口になりかねません(これはandroidでも一緒だけど、カスタマイズで多少の改善は出来る)。本当にiPadである必要性はあったのかは疑問に思います。
  1. URL |
  2. 2017/07/03(月) 05:22:31 |
  3. gu #-
  4. [ 編集]

1000台使って実証実験したようですが、その段階で操作説明にかなり労力を取られたのではないかと思われます。
システム担当⇒郵便局員⇒老人、と説明難度が上がりますし。
またサービスを受ける者と契約者が違う点で想定した申込数より少なかったのかもしれません。
  1. URL |
  2. 2017/07/03(月) 09:19:45 |
  3. ねこ #nLnvUwLc
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7261-5241349e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。