鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

アップルの機密は「NSA、FBI、米軍、シークレット・サービス」のOBをもってしても防げないほどずさんな管理、情報機密を守る為の会合の存在すらバラされて音声が漏れ漏れリークされる始末

Appleの未発表製品リーク対策会合、音声がリークされる ~ iPhone Mania
「情報漏洩を防ぎAppleの機密を守る(Stopping Leakers – Keeping Confidential at Apple)」と題された約1時間の説明会は、Appleのグローバル・セキュリティ部門の責任者らが説明者となっています。
グローバル・セキュリティ部門は、NSA、FBI、米軍、そしてシークレット・サービスといった、国家機密を取り扱う機関の出身者らで構成されています。

アップルが未発表の製品の情報が漏れ漏れすることに対して、本格的に手を打つそうです。

グローバル・セキュリティ部門はNSA、FBI、米軍、そしてシークレット・サービスという強面の
本気情報機密管理のプロの面々。

なのにこの漏れ漏れ具合・・・今迄何やってたの?

漏れているのは部品だけでなく、設計図だったり、パッケージの試し刷りだったり、
トイレに流して回収で済むとは思えないものや、どう考えてもフェンス越しに投げられ
ないもの。どうやってもブラジャーに収まらないもの等山ほど含まれています。

スイッチなどならわかりますけどね。
1.0m×1.0mよりも大きなパッケージの試し刷りなんて、トイレに流したりブラジャーに
収まるのですかね?丸めてフェンス越しに投げて見つからずに済むほど甘い
セキュリティーのくせに、鬼NDAと言われてるのですか?


私的には「NSA、FBI、米軍、シークレット・サービス」とブランドが並んで記事として
出た時点で、単なる広報との判断になってしまいました。

Appleの未発表製品情報の漏洩は、主にサプライチェーンの工場労働者によって盗み出されることで起きてきました。平均月収が350ドル(約38,000円)程度の彼らは、月収の3倍といった報酬を提示されて犯行に及びます。
工場の持ち物検査をかいくぐる手口は、従業員が持ち出した部品や製品をフェンス越しに投げたり、トイレに流して浄化槽から取り出したりといったものが一般的です。
以前には、ブラジャーの中に隠して製品の筐体、合計8,000台分を持ち出した女性労働者もいました。

はいはい。

ブラジャーの中に詰めて詰めて8000台分。

筐体ですから、電源スイッチ8000台分とはモノの物量が違います。
一回に片方4台分詰めても1000回、一日一度のチャンスで休みは全くなしで毎日盗み続けても3年弱。
片方2台なら5年以上はかかります。
休んだらその分期間は伸びていきます。


その間、ずっとバレずにそれを続けられるのでしょうかね、意外とかさばる筐体なんかを。


2014年には387台あった製品の盗難は、2015年には57台(そのうち50台は発表会の夜)、2016年には4台まで減少したそうです。

はいはい。

どんな計算になっているのかは分かりませんが、どんどん減って、2016年にはたったの
4台になったそうですよ。

私が見たリーク記事は4台分とは到底思えませんけどね。

2017年に限ると、筐体だけでいったい何台分リークされたのやら。
製品にならない試作機は盗んだ台数に入らないのでしょうかね?


私にとっては今年になって、アホ程リークされまくっているのは、アップルが無料宣伝として
漏らしているんじゃなくて、超強力なプロを使っても管理しきれない端々から漏れてるねんという、
単なるエクスキューズにしか思えないですね。

私から言わせれば、その言い訳も稚拙の稚拙。
そんな管理状態で、最高機密とか笑わせんなと言いたい。

一年に一回の発売なので、中折れする販売状況を何とか防ぐために、繋ぎにリーク情報を
自ら流しているとしか思えませんね。

そして、この不思議なセキュリティー対策会合の報道も、その一環でしょとしか思えないわけです。
こんなことをするアップルって、いよいよ打つ手がなくなってきたのかなとしみじみ考えさせられます。

毎年、対前年の出荷数の増大を狙った発売国の前倒しも、末端の末端の国まで使い果たした
感が有りますし、中国で販売数が下がり続けている中で、次期としての頼みの綱だったインドは
まだ一向にiPhoneが伸びてこない。

もう前倒しをして、売れている風を飾る為の国は残されていない。
アップルの発表をよーく精査していたら、嫌になる程前倒しを続ける毎年でしたからね。

ファンサイトやIT関連のメディアはよくこんな稚拙な手法に騙されるもんだと笑うしかなかったです。
先鋭的なジャーナリスト様ですら、この毎年の発売国の前倒しを指摘出来た人はいなかった。
少なくとも私の知る限りは。

こんな稚拙な手も報道されてしまったら一定の効果を発揮するわけですが、問題は弾切れになった時。
そう、その弾切れが今回のような趣向の変わった報道の真相だと私は考えています。


「NSA、FBI、米軍、シークレット・サービス」のOBをもってしても防げない、この漏れ漏れ報道の
実態を見て「この無能野郎、クビだっ!!」とならない現実を、ファンの方々はどう考えるのでしょうか。

私はムダ金食いとしか思えませんね。

こういう報道が有る度に、やっぱりアップルって一生好きにはなれないなと、
いつも再確認させられます。

関連記事
  1. 2017/06/22(木) 02:59:38|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ソフトバンクがnVidia、ボストン・ダイナミクス、Schaftを買収・・・このままだとメイン産業をマイナー産業に移行し、影の存在になると私は考えます | ホーム | iDCもBCNもiPadの販売は落ち、タブレットが世界市場で縮小傾向の中でファーウェイが大きく伸びる>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7255-99da0d45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。