FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

また書いていいですか?MULTI SIM

以前からしつこく・・・。
ええ、以前から微妙にしつこく書いているマルチSIMのお話です。

先日の記事で4月1日からの新パケホーダイでようやくドメ携とスマートホンの両方が一枚のSIMでフルブラウザ
料金で使えるようになることを書いた。

そうなれば期待が高まるのはマルチSIMサービス。
繰り返しになるが以前からこのサービスを期待している。
以前はデュアルSIMとして書いてきたが二枚とは限らないので今回はマルチSIMということにする。

このサービスは番号一契約に対して複数のSIMを発行するというサービス。
実際一契約でドメ携とスマートホンを使い分けるのに毎度毎度SIMを入れ替えるのは面倒だ。
だいたい電池まで抜かないといけないので端子的にも喜ばしくない。
というわけで複数のSIMを一契約で使い分けることが出来たらこんなに有り難いことは無い。

そう以前思い付きを書いてみたわけだが・・・。
上の二つ目にリンクした記事に付けられたレスでこんなコメントをいただきました。

>これに賛成します。海外(香港とかシンガポール?)にはMSSというサービス
>あるようです。(Multi Sim Service)SIM4から5枚行けるようです。
>
>「なぜ携帯は着替えないのですか」ってやつですね。
>月額300円ならいいと思います。

なんとシンガポールでは既にサービスされているとのこと。
しかも「携帯の着替え」とは言い得て妙なり。

ドコモ的には一回線でSIMが複数になると回線契約が取れないので余り美味しくないように思われます。
しかし一契約のARPUは確実に押し上げます。
なので水増しして虚構の数字競争になり勝ちな回線契約数は置いておいて実利の方を取るべきではないでしょうか。

折角パケホダブルとbizホの統合でスマホが持ち易くなるのにSIMで面倒を起こしていては一つの
サービス環境の状態としては未完のままだ。手持ちのどの端末がいつでも使える状態になっていて、
スイッチポンで使える状態までしてやっと一部のコアな層以外も使い始める。


これが出来ると次は一回線に複数のサービスをブッキングしていく他のサービスが色々考えられます。
一つのサービスの為に回線契約というと敷居が高いものでも他のサービスと組み合わせて申し込めるなら
携帯回線に対する付加価値と感じて敷居が下がるわけです。

例えばお年寄り向けの電気ポットを使うとその利用状況が家族にメールで知らせるサービス
これを電話とセットに出来ればセット販売が可能になる。

セット販売する相手の電話は「家電型の据え置き型携帯電話端末」。
これにマルチSIMでポットを付けていくのなら敷居も下がります。
電話回線は必需品だしどうせ必要なものだから・・・という発想になるわけです。

ただしこの例だと親であるNTTの固定電話の領域に手をつけることになるのでドコモには相当高い敷居ですが。
しかも携帯回線という通信手段にとっては本末転倒と思われる据え置き型端末なんて一見馬鹿げています。
でもらくらくほんですら開拓できない需要がそこには有る訳です。
人に対するレガシーアダプタという発想は必要でしょうね。

この例だと一回線に固定型携帯電話とポットの2つのSIMがぶら下がりますがポットは電話の呼び出しを受ける
ことが出来ませんので機器のリクエストによって自動切換え出来る必要が有ります。後ここにぶら下がるのは
フォトフレームも含まれてもいいと思います。今のままではやっぱり敷居は高いです。
でもポットや他の家電まで統合できるのなら・・・と考える層はいると思います。


この考え方はADSLや光を引いてルーターで様々な機器に向けて分けることや、ケーブルテレビや、
電力系光ケーブル等のサービスにもよくあるネット+電話+光TVみたいな統合サービス的な発想です。
一つの回線にどれだけサービスをぶら下げてARPUを稼ぎ出すかという視点です。
有線系・無線系入り乱れてのオンライン接続機器争奪合戦の引き金を引く恐れすらありますね。
もしかしたらLTEの時代には当たり前のサービスになっているかも知れないですよ。

回線が一つということは電話番号も一つということで家族で一回線だけ申し込んでマルチSIMで家族中で
一回線で節約するという悪用は不可能なのでキャリアさんはご心配なくw


このマルチSIMのサービスで追加できるのはユーザーの手元に有る端末は常時繋がっている事が前提で
相手からの呼び出しに応答できますが、先程のポットのような機器の場合は一方的に情報を発信するか、
定期的にポーリング出来る状態のものに限られます。それでもオフラインが当たり前だった機器が
オンライン上に乗ってくることのメリットは大きいでしょう。

今までは電話回線か有線LAN、よくてもWiFiというどっちかというとITに前向きの層以外には比較的
敬遠したいものが主体だったのでIT家電は掛け声だけで終わっていましたが、ITに疎くても携帯電話ぐらいは
ほとんどの人が使っているわけでSIMには触れることは無くてもWiFiよりは携帯のSIMの方がアレルギーが
少ないと考えられ、マルチSIMによるIT家電化は有効だと思います。


元々はドメ携回線にスマホを足せるようにしたいだけだったのですが話を広げすぎましたね。
関連記事
  1. 2010/01/25(月) 19:54:10|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<今年はau、そしてドコモも参戦 | ホーム | パケホダブルの改定>>

コメント

香港の山根さんより、香港CSLなどでMultiSimの利便性の高さを聞いており日本でも導入すべきと常々思っています。
通信品質至上主義?の私にとって、メイン回線はドコモ以外考えられず、現状は音声メイン回線X1(F01B)・スマートホン用X1(HT03AとBBB交互利用)・定額パケットX1という運用であり、せめて音声用とスマートホン用が統合できれば嬉しいです。
回線契約数と新規至上主義でインフラ軽視のソフトバンクやイーモバイルでは決して実現できないであろうMultiSimは、ドコモにこそ導入の英断に期待したいところです。
  1. URL |
  2. 2010/01/25(月) 22:21:12 |
  3. T-Mobile #vOXAdexQ
  4. [ 編集]

公認クローンケータイ

それって一歩間違えば公認クローンケータイって事ですよね

別に1契約にまとめる必要はないと思いますけど
料金さえ安くなれば複数契約で十分だと思うのですけど

スマホとガラケーとの切り替えは面白いけど
ならSIMって何?という自己矛盾を抱えているような気もします
(WimaxのようなMAC登録やauの旧機種やムーバのようにROM登録でいいよね)
  1. URL |
  2. 2010/01/26(火) 00:23:52 |
  3. 姫 #Qgp/yXvw
  4. [ 編集]

>T-Mobileさん
やはりそうですか。
不満点をひとつづつ洗い出していくとパケホのシステムの不満が解決されるとやはり行き着く先はSIMの切り替え問題
だったんですよね。他社の作戦の純増競争に巻き込まれて追いかけるよりこういった足元を固めたからこそついてくる
純増を創出していって欲しいものです。
そのお使いの端末環境でしたらまとめることが出来るメリットは財布的にもかなり大きいですね。
さらに各SIMの入れ替えが無くなればもっと便利になりますしね。

>姫さん
見た目はクローンっぽくても中身的には全然違いますよ。
存在するSIM番号を全くコピーしたものがクローンで、マルチSIMは違う番号のSIMを一契約にヒモ付けるというものです。
ですので一契約に発行枚数分のSIM番号がぶら下がることになります。
それと複数回線契約はマルチSIM並みの価格には絶対に下げれません。
回線契約には電話番号が付いてくるので例えば315円で一契約を増設可能にするとほとんどの家庭で一名義でしか
申し込まなくなり、家族に増設分をばら撒くようになります。実質ものすごいARPUダウンになりますので実施は不可能です。
電話番号が一つしかないデメリットが有るからこそキャリアも安く提供が出来るというわけです。
マルチSIMはあくまで一回線の利用度を高めてARPUのアップを目指すという施策です。
キャリアも何らかのメリットが無ければ新しいことはしませんよ。
  1. URL |
  2. 2010/01/26(火) 02:16:02 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

>鈴さん
その理論だと,家族全員2代持ち,2代目はみんなデータ通信のみ,になるのではないでしょうか。
4人家族だと4契約,だけどデータ通信は1契約のみ,になってものすごいARPUダウンになると思います。
結局,キャリアはマルチSIMだと同時に通信できるのは1つのみに絞らざるを得ないのではないでしょうか。
姫さんがいっていることは一理あると思うのですが。
で,同時通信を禁止するなら,マルチSIMも格安複数契約も理論的には同じじゃないでしょうか。
(つまるところ,複数のSIMと一人の契約者とを結びつけるには違いない)
それなら,たとえ利益が同じでも回線数を稼げる(排他的にしか利用できない)複数契約をキャリアは選ぶような気がします。
倫理的に許されればの話ですが。
  1. URL |
  2. 2010/01/26(火) 10:23:32 |
  3. kuma #-
  4. [ 編集]

では、一契約(一電話番号)にSIM二枚まで、とかなら可能ですかね?
普通なら音声用とデータ用。これなら複数人数(家族)でまとめてしまうこともあまりできなそうに思うのですが。
自分的にはこれでもかなりうれしいなぁ。
  1. URL |
  2. 2010/01/26(火) 13:20:01 |
  3. HOPE #-
  4. [ 編集]

2枚までなら可能でしょうね。そうなってくれればうれしいです。
すぐにでも出来そうな気がするのですが。
現状,スマートフォンにワンセグやおさいふケータイがついていないので,
金額次第ですが,それらが必要な人(自分w)にスマートフォンを持ってもらうのに有効だと思います。
  1. URL |
  2. 2010/01/26(火) 17:31:42 |
  3. kuma #-
  4. [ 編集]

今、日本でのSIMカードって「回線に紐付けされた状態で貸与」されてますよね?
とするとSIMロックフリーだとかハード的な制約以前に電波法から改正しないと
無理じゃなかろうかって気が・・・

実際の運用レベルでどういった扱いなのかは知りませんが、一応表向きは
SIMカードが「通信機本体」なのですから、本当の意味での回線と端末の分離販売を
総務省に認めてもらわないと一つの回線に二つ以上の「本体」は実現不可能だと思います。
  1. URL |
  2. 2010/01/26(火) 20:24:01 |
  3. こむ改 #-
  4. [ 編集]

>kumaさん
私の言っているのは家族がそれぞれ一台づつ持っている非常に一般的なケースですよ。
家族全員が二台持ちなんてマニアックな家庭を想定していません。

現在の契約(主・副は家族割りの主回線・副回線の意味)
父 父名義:主980 - 母 母名義:副980 - 子 子名義:副980

これを副回線を315円で追加できるような施策が取り入れられると・・・
父 父名義:主980 - 母 父名義:副315 - 子 父名義:副315

どこの家庭もこのように契約の名義を父の名前の契約を変えてでも安くしたいと思いますよね。
でも複数SIMなら電話番号は一つしかないのでこのような使い方は不可能です。
なので追加回線を安くするということは出来ず、マルチSIMは安く出来ると言ったのです。

私の想定はこんな感じになります。
父 父名義:主980+父名義:(MS2)315 - 母 母名義:副980 - 子 子名義:副980+子名義:(MS2)315
父と子だけマルチSIM一枚づつにした例です。

>HOPEさん
SIMが何枚有っても電話番号とメールが一つしかなければ、普通はSIM共用しないと思いますよ。
確かにマニアックな家庭ではkumaさんのおっしゃるような利用法は出来なくはないですが、
自分の契約のSIMを増やしても値段は変わらないので普通はそうしますね。

>こむ改さん
なるほど・・・そこに壁がありましたか。
日本ではなかなか動かなさそうな部分ですね。
でも総務省も技術的な問題や悪影響が認められなければ経済効果も見込めますしすぐ認可して
法改正のてこ入れしそうな気もするのですが・・・お気楽思考過ぎますかね?ww
  1. URL |
  2. 2010/01/28(木) 01:06:02 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

ポケットWifiのSIM版と考えれば良いでしょうか
パケ定1契約で回線共用出来れば速度がいらないユーザーに取っては革命的な安さになりますね
速度に余裕があるドコモが仕掛けたら独禁法一直線なほど勝つでしょうね
  1. URL |
  2. 2010/01/28(木) 03:43:46 |
  3. W52Hユーザー #-
  4. [ 編集]

>W52Hユーザーさん
ユーザは2端末を安く使えて、キャリア的には端末売り上げUPとARPUのUPとなるんじゃないかと思うんですよね。
  1. URL |
  2. 2010/01/28(木) 21:15:46 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/725-abc9dca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。