鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

世界に8台だけ残っているApple I、ピーク時の1/6のディスカウント価格で落札に・・・アップルの期待度と牙城が崩れる瞬間

予想より安かった?初代Apple Iの落札額 ~ iPhone Mania
世界に8台しかないとされる初代Apple Iの1台が、先日ドイツ・ケルンでオークションにかけられました。稀少なモデルとあってその落札額に注目が集まっていましたが、当初予想されていた額を大幅に下回ったようです。

初代Apple Iは約200台生産され、その内で現在でも動態保存されているものは8台、
その8台の内の1台がオークションにかけられたのですが、大幅に予想額よりも
低い値段で落札されたようです。

過去の落札価格と予想額は以下の通り

 ●2013年   668,000ドル(約7450万円)
 ●2014年   905,000ドル(約1億円)
 ●今回落札予想額 18万ポンド(約2600万円)~30万ポンド(約4340万円)
 ●実際の落札額   11万ポンド(約1600万円)

ピーク時には7500万円~1億円もの値段が付いたApple Iも、2600万円~約4340万円という
予想価格にすら届かずに1600万円という予想平均の半分以下の数字に落ち着きました。

まあジョブズ人気で加熱していたものが、その熱も落ち着いただけの話で、落ち着いて考えれば、
初歩的な8bitチップで動作している古ぼけたワンボードマイコンが1600万円と思えばとんでもない話です。

確かにウォズが制作し、ジョブズが直接販売した初めてのワンボードマイコンで、世界で動態保存されて
いるものが8台ともなればそれなりの価値が有るのでしょうが、私的には数百万円も払えば十分だと
思っているのですけどね。


ハード的な部分で言えば、MOS 6502 1MHz動作で、ファミコンと全く同じです。
ファミコンでは互換品のRICOH製のRP2A03を使用、RAMも4KBという所までファミコンと同じ。
ただしファミコンではワーキングRAM 2KBとVRAM 2KBで4KBのSRAMなのでRAM周りの設計が違います。

Apple Iは記述の通りワンボードマイコンであり、キーボードや筐体は有りません。
日本で言うとTK-80のような基盤剥き出しの状態で販売されておりました。
ただし他のワンボードマイコンと違ったのは、自分で部品のはんだ付けをせずとも、既に基盤に実装
された状態で、ケーブルなどで周辺機器を繋げば動作する状態で売られていたので、販売数を
稼げたということが有ります。

筐体付きのApple Iが有るのは、購入したユーザー自身が勝手に筐体を作成して完成させたものであり、
アップルコンピュータ側で実装したものではありません。

ちなみに制作数約200台のApple Iに対して、Apple IIは世界で大ヒット商品となり、発売後22年間の
累計で500万台を販売したとされています。

これだけ売れたのは早期に表計算ソフトのVisiCalcが整備され、FDも手の届く値段で販売されたので、
今でいうなら簡易Excelマシンのような扱いで、マニア層でなく一般のビジネスマンにも需要が有ったと
いうことが大きかったと思います。


単なるワンボードマイコンのApple Iがここまで高価になるのは、Apple IIが何ケタも違うレベルで売れて
しまい、私ですら触ったことが有る代物であり、希少性は余りありません。

そんなわけでApple Iに高価な価格が付けられてしまうというわけですが、そのApple Iももう価格が下がり
始め、しかも一気に何分の一にも下がってしまったということが意味する所は色々とあると思います。


つまりはApple Iの価格は次期iPhoneへの期待度と連動しているということも幾分は有るだろうと私は
感じています。ジョブズへの親しみや信心する心、そこからアップルへの心理的な依存度がこれらの
要素を決めていると私は考えており、それはApple Iの落札価格と密接に連動しているだろうと思います。

結局欲しがる人がいるから高沸するのであり、欲しい人が減った、欲しい人の熱量も落ちたという
わけで、新型iPhoneをどうしても欲しい人も同じだろうと私は見ています。

どんな機能やどんな性能を持って出てきても、壊れるまで買い替えない、不満が出るまで買い替えないと
いう方向へどんどん進んでおり、iPhone好きのプロヂューサーやディレクターが国民の共有財産である
貴重な電波を使った番組のテレビで幾ら煽ろうが、「そんなあぶく銭なんかねーよ」で一掃されるだけ
かなという気がしています。

今必死で7とSEを売りつけていますからね。
その分の反動はきちんと来ることは間違いないです。
買い手の人口は大きく変動しませんから。
今売りつければ後でパイが減るだけです。

Xperiaの復権やArrowsが久しぶりに復活してきた上に、格安SIMフリー端末もなかなか見くびったものでも
ありません。Android側も結構上り調子の中、アップも頑張らないといけないのですが、その矢先にアップル
の立場が揺らいでいるこんなニュースはかなりアレな印象を植え付けてくれたなという気がします。

関連記事
  1. 2017/05/27(土) 19:45:55|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<まだまだある磁気カード、NFC-Fで携帯に吸収してもらいたいの心 | ホーム | 人間の脳みそは最高の微分・積分計算機だと思う、その訳>>

コメント

ローランドの創業者もApple][を組み立てておられますね。

梯郁太郎氏はなぜAppleから距離を置いたのか
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1704/04/news054.html

ただしAppleとは一定の距離を置いていたようですが。
  1. URL |
  2. 2017/05/27(土) 20:25:45 |
  3. ATARIman #Y2n9T2rA
  4. [ 編集]

誤:アップも頑張らないといけないのですが
正:アップルも頑張らないといけないのですが

電子機器は基本的に型落ちになった瞬間に価値はゼロに近くなると言います。
そういう意味では定価を遥かに上回るそれらは異例とも言えます。
2chの林檎信者は、凶信者を排除にかかっています。
かつては凶信者ばかりで、アップル以外のメーカーは全部つぶれろとまで言ってたあの勢いはもはや見る影もない。
ダメなところはしっかり認めつつ、それでもしがみつく信仰心の薄れは明らかです。
さらにガッカリを続ければ客離れは既定路線と言えよう。
  1. URL |
  2. 2017/05/28(日) 07:14:08 |
  3. 9SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

昨夜のWWDCはどうやら
ipadpro9.7終了
ipadpro10.5登場(無印miniは現状維持)
ipadpro12.9マイチェン
imacpro登場
macproマイチェン
2ch(ios/apple板)はほとんど葬式状態です。
  1. URL |
  2. 2017/06/06(火) 06:06:25 |
  3. 9SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7235-d13a92dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。