鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

Android Oではメーカーはハード寄りの一部しかソースコードが触れなくなり、セキュリティーアップデートはGoogleが直接行うように

グーグル、Android OS アップデートを効率化(高速化)する「Project Treble」発表、Android O 以降のバージョンで実装へ ~ apad
グーグル、Android OS アップデートを効率化(高速化)する新しい仕組み(アーキテクチャ)「Project Treble」発表。ベンダーと端末メーカーが担当する Android システムを切り離すこととで実現。Android O 以降のバージョンから実装。

Googleは、よりAndroid OSのアップデートを素早くするために、メーカーやキャリアの分担部分と
Googleの分担部分の切り分けを、Android Nougatの次のAndroid Oから大きく分けて、
Googleが直接アップデートできる部分を増やす計画のようです。


具体的には以下の図の通り。


Android Developers Blog
左側のブロック図で表されているように、VTS(Vender Interface)の赤のライン。
ここより下層が端末ベンダーが触ることが許されるラインとなります。

メーカーは今まですべてのソースコードを触ることが出来たのですが、Android Oからは
VTSより上位のソースコードへのアクセス権が無くなることになります。

なので例えばソニモバだとXperia向けのソースコードを独自にバグFIXしたりして、
Lollipopでは安定度を他のベンダーのLollipopよりも高めていました。
Android Oではこういったことが出来なくなると思われます。
しかしそういったバグFIXは、Googleが責任を持って素早く行えるようになります。
本来の姿と言っていいかもしれません。

メーカー今迄よりハードに近い部分だけしか触れなくなるので、メーカー毎のAndroid OSの
差異は大幅に無くなると思われます。


ただこれは、元々のAndroid OSの設計思想からすれば、カーネルで吸収されていたはずの
部分だったはずです。Googleはそんな風に設計していたと思われるのですが、ソースコードへの
アクセスの自由を許したために、予想以上にメーカーがソースコードのカスタマイズを行って
しまい、大きなばらつきを生み出してしまうこととなってしまいました。

ただそれでは互換性が低くなることもメーカーが学び、最近では余り大きく触っているところも
無くなってきました。今後Googleがこの方針をどこまで徹底するかは分かりません。
AOSPのようなソースコードの公開が今後どうなるのか、もしAOSPが無くなることとなれば、
MIUIやCMのようなAndroidのソースを利用したカスタムOSの存在は消えてしまうかもしれません。

私は恐らく無くさないように、GoogleはAOSPは死守すると思っています。
その上でメーカーにライセンス提供する時に、このラインを守らせるようにするのだろうと思っています。

OSのカスタマイズはアプリ単位や、XMLやpropファイル、データベース経由で出来る範囲に
限らせるつもりなのだろうと思います。

その制限を守らせたら、Google側で独自にAndroid OSの上位層はまるっとアップデートが
出来るようになります。

メーカーからすると、息苦しくなると思う所が有ると思います。
日本の多くのメーカーやサムスン辺りはソースを結構触っているので、窮屈と思うかも知れません。
ただユーザー側からしてみれば、「そのカスタマイズ、邪魔なんですけど・・・」と訳知りの方程
そう考えているでしょう。特にNexusやPixelを使って問題を感じない層のユーザーにとっては
メーカーの余計なカスタマイズは邪魔だったでしょう。
それが無くなるだけでもAndroid OSの価値がぐっと上がると思います。



Google的には以前からこの方向性で少しづつ動いてきていたわけです。
WebViewをアプリに切り出し、最終的にはWebViewはChrome内部の同コードをAndroid OSから
直接利用できるようにNougatではなりました。

GooglePlay開発者サービスなんてのもそうですね。
大きく意識するのもアレですけど、これもWebViewのようにOSから切り出されてGoogleが自由に
アップデートできる数少ない項目です。

こんな風にGoogleは以前からメーカーに影響されないアップデートを模索する動きを模索して
いましたが、今回は大きくそのラインを動かすことにしたという意味ではセンセーショナルな
出来事になるように思います。

ただ私からすれば、以前からやってきたことの線引き場所を変えるだけというイメージが強く、
新しいことをしているようには感じていません。前から少しづつやってきていましたから。

しかし社会的には大きな意味を持つことになると思います。

WebViewをアプリに切り出し、それをChrome技術に変更。
NougatではChrome内のWebView相当の機能を利用可能にし、Android Oでは上位層の
全てをGoogleがアップデートできるようにすると。

Google的にはセキュリティーに直結する部分のソースの最終責任を手元に取り返しておき、
いつでも編集してアップデートできるようにしたかったのでしょう。
今回丸々その最終編集権を切り替えてGoogleに引き渡させるのです。

Android Oからは各メーカーの端末、とりわけ日本の独自カスタマイズをしにくくなるので、
国産端末の価値は上がりそうに思います。余計なことはしにくくなりますから。
あー、でもクソアプリの大群にはさすがのGoogleも手が出せそうにありませんが・・・。

関連記事
  1. 2017/05/17(水) 03:03:16|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<58万円もするMac Proよりも17万円のRyzenベース自作PCのほうがPhotoshopの処理が2倍速くても全然かまわないのです | ホーム | ティムクック氏がTIME誌の影響力ランキングで4位にランキング…しかし実際にはつまらない企業とアップルから去る離反者が続々と出ている状態>>

コメント

誤:その上でメーカーにライセンスる時に
正:その上でメーカーにライセンス提供する時に

消せも止めもできないクソアプリをなんとかしてほしい。
  1. URL |
  2. 2017/05/17(水) 06:03:49 |
  3. 9SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

抵抗勢力は勝手に必要十分としてnから進まなくなったりしてw
  1. URL |
  2. 2017/05/17(水) 12:07:23 |
  3. Beep #-
  4. [ 編集]

これって、Android Oより前の既存機種はOSアップデートから
取り残される可能性大ということですかね。

切り分けポイントの変更は流石にアップデートのハードル高そう。
古い機種なら諦めも着きますが、最新機種を勝った直後に
「はい、既存機種はOSアップデートは無しね」
となったら目も当てられないわ・・・
  1. URL |
  2. 2017/05/17(水) 18:07:10 |
  3. てんてん #-
  4. [ 編集]

Android本体に手が入れられないなら、Linuxの方に手を入れれば良いじゃない。って事で、しばらくすると日本機が、Androidアプリも動くリナザウみたいになったりすると、個人的には大変面白いのですが。
  1. URL |
  2. 2017/05/17(水) 21:01:29 |
  3. クレイジーモバイラー #EUAeWg.U
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7225-5ff3a921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。