鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

やはり実感するiPhoneの画面割れ

私の周りでiPhoneを使っている人、または電車や街中で使っているのを見かける人。
その中でiPhoneの画面の割れている率がかなり高い。

この辺り細かいニュアンスによって意味が変わるが、スマートホン全体の中で、
iPhoneという機種は画面が割れている確率が高い。
iPhoneはスマートホン全体の中で、画面が割れている確率が他機種よりも高い。
私はそう感じていましたし、最近再確認させられました。

それは私の身近な所でiPhoneを利用している方が、iPhoneの画面を割ってしまい、
修理を諦めてそのまま使っているのを見つけてしまったからです。

その方は60代で、真面目で一部上場企業を定年まで勤めあげて、そこそこ立場の
有った方なんですが、その方がまさかそんな状態のiPhoneを使っているとは
思いませんでした。ちなみにiPhone 6s Plusです。

その方は裸運用ですが、綺麗な状態で利用しており、最近画面を割ってしまったようです。
他でも割れ画面iPhoneは普通に見かけていましたが、さすがにその方が割れ画面運用を
しているのを見かけたのは私的にはショックであり、新鮮でも有りました。

そんな方でもそんな状況になってしまうのですよね。
他のスマホの画面が割れにくいと言っているわけではありませんが、やはりどうも
iPhoneと割れ画面ってある程度セットで考えてしまうぐらい、割れ画面運用されている
iPhoneって多いように思います。

ちなみにAndroidでは画面が割れているのはあまり見かけません。
割れると操作できなくなるから修理に出すので割れ画面運用は少ないという意見もあります。
しかし私が使っていたXperia GXでは画面中央をおもいっきりひびが横切っており、
それでも普通に何の問題もなく操作できています。Androidも機種それぞれといったところでしょう。

更にAndroidだと、割れて操作できなくなっても、OTGケーブルを利用してマウスを接続すると、
例え画面が割れていたとしても、マウスでフル操作が可能になります。
ソフトキーで文字も打てます。マウスでフリックも出来ます。ちょっと慣れが必要かもですが。

そんなわけで完全に端末を操作してリカバリーすることが可能です。
その状態で色々救済措置も出来ますしね。

そのおかげで例え割れたとしても、修理をする人が多いのかもしれません。
まあこの辺はもう推測しかできない領域ですけど。

でも画面を割れた状態で使われているiPhoneの比率は他機種よりも高い気がするってだけの話です。

関連記事
  1. 2017/05/05(金) 00:47:28|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<鈴の音を止めろ!アップル信者の苦悩と、目の上のたんこぶを抹殺する努力 | ホーム | 【Android Developers】旧バージョンで予想外に数字が増えたりおかしな状態に>>

コメント

画面割れの原因は「歪み」です。
当たり前と思うかもしれませんが、当たり前こそ重要なのです。
ではなぜ割れるのか。

本体と画面のガラスは接着されています。
画面の割れる原因は先に歪みと言いましたが、本体の裏側が歪み、ガラスも歪みます。
その歪みが限界に達した場合、割れるのです。

では割れないようにするならどうすればよいか。
ゴリラガラスでもっと硬くする?
違います。
ガラスの「硬度」はあくまでも「傷がつきにくい」だけであり、壊れる力である「耐破壊力」ではないのです。
ではもっと硬いダイヤを全部使ったらどうなるか。
実際には変わりません。
なぜならダイヤはトンカチで叩くと粉々に砕けます。
ですが、ステンレスはトンカチで叩いても歪むか凹むか、傷が付く程度です。

耐破壊力の考え方は「靭性」です。
ステンレスなど、鉄に近い金属は靭性が高いです。
これらは「破壊」の耐性が高く、高めると銃撃にも耐えます。
ここで先に述べた2つの性質を合わせて考えるとこうなります。

・ダイヤ:銃撃で砕ける
・ステンレスなど:銃撃でも砕けない

・ダイヤ:研磨に強い
・ステンレスなど:研磨に弱い

硬度と靭性はほぼ相反する性質なのです。
日本タングステンという会社では「絶対に穴が空かない金属」というのがあります。
「絶対に穴を空けるドリル」というのもOSGから出ていて、らせん型のドリルというよりもヤスリに近いものでした。
「掘る」ではなく「削る」アプローチでも、穴を空けるのは「ドリル」という定義なのでしょう。
お互いに条件をつけた中で比べたところ、日本タングステン社の金属は大きく削れらて凹んだが、OSGのドリルは先に摩耗して「穿孔能力」を喪失していました。

林檎板を見ていると、この辺を勘違いしてる人が多く、ゴリラガラスが進化すれば割れないと信じてる人がいるようです。
しかし実際には「硬度」が高まっているだけで「靭性」が高まっているわけではないことが頻繁な「画面割れ」という結果でよくわかります。
では画面割れを防ぐにはどうすればよいか。
原因がわかれば解決は見えてきます。
ガラスに直接「ビーム」をつければいいのです。

断面図がコの字となるようにする。=の部分は金属フレーム。|の部分はガラス。
これで長辺方向への歪みは理論上防げます。
このガラスだけの状態(本体への組込前段階)で落下実験をして、剛性を確かめればいいのです。

ただし、これで解決できたとしても問題がいくつか出てきます。
一つは重量が増すこと。
靭性を高めるには粘り気のある材質を高密度に仕上げる必要があります。
そうなると当然重量が増します。
軽量化と相反する設計思想にならざるを得ません。

一つは設計の自由度が制限されること。
コの字状に囲うことで、内側に壁ができます。
壁を超えた設計をするには、わずかな隙間を作るか穴を空けるか。空いてるところに細い線を通す。
しかしブロック状のパーツを壁超えに配置するわけにもいかず、設計の自由度は制限されてしまいます。
さらに画面は大型化が進んでいる現状。
大きい面を歪ませないようにするにはビームを大きくする必要があります。しかし大きくするビームは薄型化と狭額化を妨害します。

一つは歩留まり。
靭性を高めたパーツは仕上がりにばらつきが出ます。
コンマ数ミリの誤差を許容できる遊びが必要ですし、それを正確に埋めるのもまた大変です。

一つは接着方法。
接着剤というのは接着した面を引き離す方向に強く、接着面をこすり合わせる方向に弱い性質があります。
実際の歪みでは様々な方向への力が一瞬だけ大きくかかり、接着剤を痛めつけます。
そして接着面積の狭さ。
強力な接着には接着面の確保が重要です。
しかし設計の関係上、大きな接着面積を確保できるわけもなく、強度確保の障害となります。

iphoneは薄いアルミが本体強度のすべて。歪みの耐性があるわけもなく。割れるのは当然といえます。

以上、これらの要素により実現は難しいことがわかります。
これらを実現する技術の進歩に期待です。
  1. URL |
  2. 2017/05/05(金) 07:16:15 |
  3. 9SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

画面割れ等の発生は、使い方(運用状況、端末の物理的な保護方法)にもよるかと思われ。
きっちりと衝撃吸収用のケースを付け、保護フィルムを貼っていれば、ある程度は防げます。
そして、落とさないように気をつけていれば。

  1. URL |
  2. 2017/05/05(金) 08:54:38 |
  3. 誰か6 #/NtY5WCg
  4. [ 編集]

・母数が大きい
・使えてるしただ同然で手に入れたモノを金かけて修理するのも......
・使えてるし修理中使えないと困るから修理しない

辺りが原因じゃないでしょうかね>割れiPhoneが目立つの

先日知人がiPhone画面割れの瞬間を目撃したそうです。おねぃちゃんが手滑らせて落としたのが原因らしいですが見事な蜘蛛の巣が張られてたそうです。(知人の同行者は爆笑してたそうですが)
  1. URL |
  2. 2017/05/05(金) 10:34:57 |
  3. にいくら #mQop/nM.
  4. [ 編集]

私がとある方から聴いた話だと、ゴリラガラスは化学的手法で表面の硬度を高めているが、生産の都合上大きな板の時点で処理を行っている。この処理済のガラスを切断してスマホで使用するため切断面は化学処理が施されていない状態となり硬度が低い。そのため端面には傷が入りやすくワレの起点となりやすいとのこと。iPhoneのように筐体が薄いとガラスの端面に応力がかかりやすいのではないでしょうか。ちなみに切断面のみの処理がうまくできればさらに割れにくいガラスになるらしいです。

また、その方はワレ対策一点であればプラスチックが最強とのことで、ゴリラガラスの処理技術改良が先か導電プラスチックの強度上昇技術が先かの競争とも聞かされました。

聞いたのが数年前なので最近はどうなっているかは分かりません。
  1. URL |
  2. 2017/05/05(金) 21:00:56 |
  3. thor #GCA3nAmE
  4. [ 編集]

そもそも、アンドロイドだと修理費もしくは、交換費がやすいのにたいし、iphoneの正規修理費が、高すぎるのも一因かと。

キャリア購入アンドロイドだと、有償保証はいらなくても、上限一万円ですし、入ってれば、五千円です。

有償交換サービスもありますし。

逆にiPhoneだと、補償サービスに入っていてもたかい。
というより、補償サービスにはいる価値がない


という状況ですしね。

ただ同然の感覚でもらっているという感覚のiPhoneユーザーと、買っているという感覚のアンドロイドユーザーの違いというのもあるかもだけど。


  1. URL |
  2. 2017/05/06(土) 08:05:59 |
  3. あき #-
  4. [ 編集]

コメントにツッコミ。

>キャリア購入アンドロイドだと、有償保証はいらなくても、上限一万円ですし、入ってれば、五千円です。

昔はそうだったけど、今は有償保証なしだと高いよ。
まあ、ここ見て「オレよく画面割るけど有償保証なんかいらないんだ」なんていう人いないとは思うけど。
  1. URL |
  2. 2017/05/07(日) 07:18:41 |
  3. すいか #-
  4. [ 編集]

下らない。
まともに割れを回避する運用をした事が無いんじゃない。

鈴さんの好きなペリアは割れが入るとすぐに操作に支障が出るんだから、そのまま運用は厳しいよ。

  1. URL |
  2. 2017/05/07(日) 15:46:13 |
  3. む #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7219-b81064e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。