鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

【Android Developers】ようやくNougatへの移行が本格化、Mashmallowの増加が一気に縮小へ

Android Developers発表の2017年02月28日~2017年03月06日段階のAndroid端末のバージョン毎のシェアです。




Android Developer

前月データはこちらの記事へ


旧バージョンの数字を見ていくと、JellyBean以前は12.6%、KitKat以前は33.4%。
Dalvik VMで動作しているOSが来月には1/3を割り込むことに。

既に過半数に到達し、ARTで動作しているバージョンが2/3に到達。
ART導入時のLollipopはメモリリーク問題などの不具合騒動で避けられた時期も有りましたが、
ソニーなどの各メーカーは独自にそれらの対策をしていた所もあり、メーカーによっては
安定動作をするものも有りました。
Mashmallow以降はそれらの問題も解決し、安定したバージョンになっています。

Lollipop導入時は色々問題が有ったせいでKitKatにこだわっていた人も多かったですが、
5.1以降は大きく安定度に問題がないのでもうKitKatにこだわる必要もなくいなり、
プロセッサの進化も相まってMashmallowやNougat端末に移行が進んでいるように思います。

ただし現状では7.1よりも7.0の増加率の方が高く、最新の7.1はおいてけぼり気味。
これはGoogleの供給の仕方がまずいような気がします。
各メーカーはGoogleが思っているほど柔軟なAndroid OSのソース管理をしていないと思われ、
Googleが考えているようにOSのバージョンを上げてくれないことが原因のように思います。

多くのメーカーは動作確認という段階を踏みますから、コードを簡単に入れ替えられる運用を
していたとしても、入れ替えてくれないことも多く、この辺りも課題になるでしょう。

先月からMashmallowの増え方が一気に縮小傾向に向きました。



Mashmallowの増え方の前月との差分です。
だいたい2%以上をずっと維持していましたが、2月から一気に増加ペースが落ちています。
その分Nougatが1.6%と上がっており、増加率が逆転しました。
ようやく本格的にNougatへの移行が始まったと言っていいと思います。












関連記事
  1. 2017/03/20(月) 18:33:25|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<落ち着きのないアップル、iPhoneを売り続ける為やiOSをアップデートさせる為のあれやこれや | ホーム | 販売価格を変えようとするとアップルから契約解除ちらつかせて脅すメールが来る、アップルの販売価格操作を認める判決が出た>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7178-7d56172a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。