鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

「格安スマホは伸びているがたかが知れている」にモノ申す、日経の立場でそんな負け惜しみ方面の言葉を言っちゃうの?

格安スマホは伸びているがたかが知れている ~ IT Pro
記者C 大手3社は詳細を公表していないので推測でしかありませんが、現状では格安スマホが伸びていると言っても、たかが知れているということではないでしょうか。
調査会社のMM総研によると、独自サービス型SIM(いわゆる格安SIM)の年間純増数は2015年度が約213万件、2016年度予想が約281万件です。大手3社の全体契約数(2016年12月末で1億6071万件)に比べると、規模がまだ小さく、2台持ちで追加契約するなら解約率には影響しません。
かたや総務省の指導で従来のようなキャッシュバック競争はなくなり、大手3社間の流動性が一気に低下しています。解約率の低下はこちらの影響のほうが大きいと見ています。

記者C いずれにせよ大手3社にとっては、顧客の流動性が低下して解約率が改善し、販売競争でキャッシュバックを積み増す必要もなくなりました。かなりオペレーションしやすい状態に入ったと言えそうです。
総務省は料金下げへの還元を期待していますが、大手3社の経営基盤の安定化につながったことだけは紛れもない事実でしょう。

安倍総理発、総務省が動き始めたことの影響がそろそろ結果が見えつつあります。

携帯大手3キャリアの経営安定、MVNOの活発化、SIMフリー端末の立ち上がり。
私はこう考えています。

大手キャリアが削りあうだけの以前ならば、安定した回線の維持は難しくなっていきます。
まずは端末単体の販売でも利益が出るようにするべきで、そうなりつつあるので非常に
健全な状態に移行していっていると思います。

端末が値が上がりした、でも回線代は下がらない、総務省死ね。
みたいな意見はちょこちょこ聞かれますが、お前はその端末の開発費まで考えた事が有るのか
とか言ってやりたい気持ちでいっぱいになります。

開発費が出てこない販売法は長続きしません。
回線代から出ていたのだからいいじゃないかという意見も有りますが、それでは長く端末を
使う人や、主に国産端末を使う人からの搾取とアップルへの貢ぎで成り立っているところが
あったので、これも非常に不健全。

国産の端末の開発費には全く貢献していない状況でしたので、これは是正すべきだと考えていました。
ようやっとそういう形になってきたと思います。


またこの座談会形式の記事ですが、「MVNOの影響はまだ少ない」みたいな論調になっています。
私はこういった現実を考えない意見はクソだと吐き捨てます。

これ、一年前や二年前にはどういった数字だったのか、そこからどう動いてきた数字なのか、
そういうことを一切考慮に入れていないように思います。

MVNOに移行した数字は多くの場合、もう大手キャリアに戻ってこない、「(ほぼ)最終的かつ不可逆的なw」
移行であり、全体のボリュームからすればまだ致命的では有りませんが、以前の「ソフトバンクに
奪われた数字がドコモに戻ってきている」みたいなことはMVNO相手にはまず起こりません。

パケットの転送速度自体はMVNOのバックボーンに影響されますが、電波品質自体はドコモ自身の
ものと全く同じであり、ソフトバンクに移ったら繋がらなくなったとか、電波が悪くなったみたいな
問題は、基本的には起こりません。

確かにMVNOの対応がまずいケースが有り、「やっぱり安物はダメだ」みたいなことは少数起こる
可能性は有りますが、基本的にはMVNOに移ってみて、それでもほぼ困らない状況であることを知り、
恐る恐るMVNOに移ってみたものの、余りに普通に使えて拍子抜けした方も多いことでしょう。
そう感じた分の数字はもう戻ってこない数字になるのです。


一旦MVNOに移行し、次に起こる問題は端末の買い替えです。
どのタイミング化で必ず端末の買い替えが起こります。

そうなるとキャリアモノの白ロムか、SIMフリー端末のどちらかを選ぶことになります。
今伸びが激しいのは格安の安価なSIMフリー端末です。
キャリアの白ロムにそれを代替する所が出てこない限りは今後は苦しくなります。

これも結構な罠が有りまして、性能が低いのにキャリアアプリが入っていないという理由で、
安価な端末が意外にも結構サクサクに動く。キャリアアプリがどれだけ重いのか、
これで思い知らされます。

RAM 2GBではそろそろ物足りなくなり始めるキャリア端末と比較して、SIMフリー端末なら、
2GBでもまだ何とか戦えます。


そんなわけで、実質片道切符だけの状況で移行している数字が、契約全数と比較して、
まだ全然少なくて高が知れている数だという意識ではアウトかなと思います。
特に先を読めなくてはならない記者たちがそれだと駄目でしょう。

またこの記事でもキャリア同士の数字と、MVNOの数字を同列に並べて判断していると思われ
ますが、MVNOの数字は基本は片道切符である以上、その過去の数字との比較はあまり
意味がない行為だと思います。2年縛りもほとんどありませんしね。

MVNOが着実に伸びていることは、どんな意見を言っている方でも否定はできないと思います。
今後これがしぼんでいくと言える人は今の段階では言える人は多分いないでしょう。
私が否定するiPhoneの将来性よりもMVNOが近々沈んでいくという方向の可能性は厳しいと思います。
今の段階ではそれを言う人は多分ゼロでしょう。

ならばそれを前提に考えてる必要があると思います。
今後MVNOへ移行する勢いが落ちる可能性は今のところは低いと思いますので、
キャリアが端末代や回線代を高止まりさせ、根本的に安い契約を出し渋る現状が続けば、
確実にMVNOの勢いがもっと強くなっていくと思います。

でもキャリアは当面の収益を悪化させたくない。
多少ユーザーが目減りして削れている程度の事は、この先5年程度の収益の良さを考えると
値下げすることが馬鹿らしくなるのでしょう。将来のユーザー数は、また削れが我慢できる
程度でしかないと考えているのでしょうが、ユーザーからすると身近にMVNOを使いこなす
人は着実に増えているわけで、そういう「口コミ部隊」がじゃんじゃん増えているわけです。


昔のソフトバンクが暴れていた時代とは違い、このMVNOの大半に関しては、
「ドコモの電波を使っているんだよ」という、無知な素人でも説得出来てしまうとんでもない理由が有ります。

ドコモ回線がドコモ系のMVNOに移行する分にはそれほど損失と考えていないのかもしれませんが、
ARPUは確実に目減りしていくわけですから、安心する所ではないと思うのですけどね。



このMVNO問題は、ソフトバンクレベルでめちゃくちゃするような所はまず出てこないと思いますので、
これからも急激に一気に乗り換えが進むとは思いませんが、着実なボディーブローであることを
きちんと理解しておく必要が有ります。

この記事のように、現段階の刹那的感想は何の意味も持ちません。
今後を考えるとキャリアは自社の直接の客はもうほぼ増えなくなってきているのですし、
将来それも大きく変わることは無いと思うので決して笑える事ではありません。

キャリアにとってはIoTだなんだと言っていますが、それ別に大手キャリアだけが独占的に契約できる
ものでもないのですよ。IoT向けのモジュールなどを扱うMVNOも出てきておかしくないのです。
今この瞬間だけで判断するのはちょっと違うなと本当に感じさせられた記事でした。

関連記事
  1. 2017/02/25(土) 04:35:42|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<「メッセージ」が「Androidメッセージ」に昇格してGoogleがAndroidの標準クライアントに指定した模様、今後はRCSメッセージングが色々リッチになる | ホーム | 24日、Googleアカウントで強制ログアウトが発生し、再ログインを要求される事象が発生・・・事故だけど意識を高めるいい機会に>>

コメント

誤:まだ全然知れいているという意識
正:(解析不可能)

実は仕事の経歴によって某キャリアの裏舞台、接続ルートをある程度把握しているので、
どうやってMVNOが接続されているかを、おそらく正確に推測することができます。

私も最初はMVNOに懐疑的でした。
しかしキャリアプロパー回線を維持したままMVNOに移行してみたら拍子抜け。
自分の使い方には適したベストチョイスだと気付きました。
キャリアプロパー回線を解約し、docomoカケホを契約。
現在の二台持ち構成ができあがりました。

スマホオタたちはどうやら回線速度にプライドを賭けているようで、速度マンセーしてるのです。
私は正直、3~5Mbps程度出れば十分と感じており、固定回線に至ってはLinuxを落とす際など仕掛けて放置するから1Mbpsです。

もちろんキャリアの高速回線導入の狙いはわかっています。
帯域を渋滞させることなく空けるため、大容量データでも短い時間だけ太い帯域を使わせてやり過ごす。
あとCPU速度戦争みたいに、スピードをアピールする狙い。こちらが理由としては大きいでしょう。帯域確保はオマケみたいなものかと。

端末価格は上がり、回線料金は据え置きかむしろ値上げ。
今のところ単なる値上げに終わりましたね。

キャリア謹製クソアプリが無いSIMフリー端末は実際かなりサクサクしてます。
価格コムあたりでは、キャリア謹製クソアプリの足かせ前提で、SIMフリー機の性能を単純比較して語っているのが実に痛々しい。
使ってみてわかるSIMフリー機のよさ。
国内メーカーには、ぜひもっとSIMフリー機に力を入れてもらいたいものです。
そしてキャリアが土管屋に徹さざるを得ない状況にしてくれ。買い付け端末を扱う代理店になりやがれ。
そのうえで端末開発の負担が無くなった分を月額料金に反映する。しないなら縮退に向かうだけ。
皮肉なことに数字を誤魔化そうとぶち上げた「腫瘍回線」なる毒痔定義を持ってしても純減まっしぐらな負債大王こと禿電は、自らそっちに向かっているのですが。
NexusとかAndroidONEとかiphoneとか・・・もちろんまだまだ謹製糞端末開発にしがみついてるようですけど。
こういうところこそ、キャリアは見習ってほしいものです。負債王や詐欺まがい数字あそびや解約後も名目を変えて月額徴収トラップ発動(しかも解除が面倒)などは真似せずに。

MVNOは今後まだ増えて、再構成されると見ています。
固定インターネット回線プロバイダが量産されて再構成されたように。
大手メーカー系列に吸収されたり統合されて数は激減して落ち着くことになるでしょう。
  1. URL |
  2. 2017/02/25(土) 08:24:23 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

2台目3台目の選択肢(ライトプラン前提)であればMVNOを選択するのがベターチョイスでしょうね。
1台目の選択肢としてはトータルコストを採るか回線基盤の安定度を採るかでMVNO/MNOの選択は変わってくるでしょうけど。

まあau系のMVNOはSIMフリー端末の調達に手間掛かるみたいですけど
http://buzzap.jp/news/20170222-snapdragon-auvolte-uqmobile/

独自拡張を悪いとは言わんしCDMA2000からの脱却は至上命題ではあったんでしょうが。
  1. URL |
  2. 2017/02/25(土) 08:54:08 |
  3. にいくら #mQop/nM.
  4. [ 編集]

IIJがフルMVNOを取得したことで、自社でSIMカードのカスタマイズができるようになりました。さて、IIJが狙っているのはIoTへの導入です。全てのものがインターネットに繋がる。しかも格安だからBtoBでもBtoCでも導入ハードルも高くないはず。

MNOもIoTへの取り組みを始めていますが、まぁ、抱き合わせ販売や高いランニングコストになるのは目に見えてます。なかなか契約増にはならないのではと推測します。

加えて、MNOも土管屋になると開発費不足に陥るので必死にARPPUを取りに来ます。定額動画配信とかがそうですが、日本はこの分野が下手糞です。果たしてうまく行くかどうか見ものですね。3社でカルテル結んで搾取してきたツケがジワジワと出てきました。
  1. URL |
  2. 2017/02/25(土) 10:07:39 |
  3. ヨハン #-
  4. [ 編集]

誤:まだ全然知れいているという意識
正:まだ全然少なくて高が知れている数だという意識
かな?チョイと苦しいけど...
  1. URL |
  2. 2017/02/25(土) 15:34:19 |
  3. YASU #eAb5nx9M
  4. [ 編集]

国内メーカーのSIMフリー端末って、
概してMNO向けに作った物から引き算して作ったお下がりですよね。
しかもOSのアップデートに消極的なものが多い。

開発費が捻出できないのだろうとは思いますが、
まやかしのMADE BY JAPANや輸入雑貨屋ではなく、
ASUSやHuaweiを凌駕するような端末を出して欲しいですね。
  1. URL |
  2. 2017/02/25(土) 16:58:08 |
  3. いなモン #SFo5/nok
  4. [ 編集]

不可逆的というのはまさにその通りで、自分が勧めてMVNOに移行した人でやっぱりキャリアがいいやと言って戻った人はいません。最初は懐疑的だったのは何だったのか?と(笑)

どのくらいのシェアになれば一気に流れを作る数字かはわかりませんが、キャリアはそこを読み違えるとあっという間にユーザーを減らすと思います。そうならない為には姑息なやり方を改めて総務省が目指す方向性を確実に実行に移すしかないですね。

今までのやり方に固執すればするほど後で負う傷は大きくなるだろうと思います。
  1. URL |
  2. 2017/02/25(土) 20:43:05 |
  3. 空耳 #-
  4. [ 編集]

やっぱりうちに来られている方は、それぞれに納得させる意見を持っていると感じさせられますね。
皆の意見をまとめてキャリアにぶつけてやりたいと思わさせられます。
今のキャリアのスマホ環境は、日本の車産業であったことをある程度踏襲している部分が有るような気がしています。
ギリギリまでぜい肉を絞り切ったシャーシやボディーを作り、快適装備と称して山盛りのぜい肉を盛る。
今の日本キャリア謹製端末はまさにその贅肉車のようなイメージを持っています。
ギリギリまで絞るのは回線スピードと、スマホ端末自身もそうですね。
20nmやら14nmやら、プロセッサ一つをとってもここまで詰めるかという所まで詰めているのに、製品に載って出てくるのはクソアプリ。
RAMが同じ2GBでも、国産モデルと海外SIMフリーじゃ空きRAMの容量からして全く違う動き。
今のプロセッサパワーでは誤魔化せてしまっているけれど、誤魔化せなかった時代はアアァッな端末になってしまっていました。
私はXperia Z4は810のせいででと大騒ぎされましたが、半分以上はキャリアの問題だと私は思っています。
最終的にはZ4の問題は収まりましたしね。
  1. URL |
  2. 2017/02/25(土) 23:22:59 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7160-30ad910f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。