鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

スマホ需要が飽和してハイエンドも頭打ちの時代に入って業界は何を考えるべきなのか、当ブログの過去記事から考えてみる

先日の超小型端末の記事に対して、色んなコメントありがとうございます。
私が一見特殊端末と思える端末の記事を書く時が有りますが、それは実は需要先行で、
需要を見出した時に記事として触れるものばかりです。

その昔こんな企画もやっていました。

当ブログ記事
 ●【特別企画】超タフネス携帯・アイデア募集スレッド

タフネスケータイに関してのアイデア募集をしていたことが有りました。

ファッションタフネスではなく、本気のタフネスケータイの需要を感じたから行った企画です。

その後、世の中にTORQUEなんてものが登場し、グローバル市場を含めて販売されています。
恐らくかなりニッチではあると思いますが、確実にファンは掴んでいると思います。

そのTORQUEにはGalaxy Active neo(Galaxy Xcover 3)という競合が存在するほどの
需要がある世界になっています。細々とですけどね、確実に需要のあるアウトドアタフネス市場。


先日書いた横幅55mm以下クラスの超小型端末は、ここまでの需要は正直ないとは思いますが、
しかしグローバル市場を含めてみても、私が調べた限りではRAM 1GB以上クラスの端末がほぼ存在せず、
見つけたものではRAM 512MBが関の山、32bitプロセッサまでの本気のローエンド端末しか見当たらず、
良くてもAndroid 6.0までしか動きません。しかも日本では手に入りませんし、そもそも技適も有りません。
なんにしても、どう転んでも、横幅55mm以下クラスの世界ではNougatどころかMashmallowすら語れないのです。

そんなわけで、現実的に日本で使える幅55mm以下端末と言えばXperia SXがベストバイであり、
それは2012年8月発売のAndroid 4.1.2までしか動かない老朽端末なんですよね。

中にはSXよりもう一段小型端末になる、Xperia Rayを愛用し続けている人すらいる始末。
RAM 512MBのシングルコア1GHzで動作するAndroid 2.3.4でもうかなり初期の端末。

幸いにもSXもRayもバッテリーが自分で交換でき、しかも初代Xperiaでも採用されている、
超汎用品であるBA700というバッテリーを使用しているので、バッテリーだけは怪しい互換品が
中心になってしまいますが、今でも潤沢に手に入るというのが救いになっています。


もうスマホって、内部のコンピュータ部分は行きつく所まで行きついていますから、
RAMとストレージ容量さえ足りていればプロセッサなんて最低限のでいいんですよね。
性能よりもバッテリーの持ち重視、サイズ重視って人が少なからずいると思います。

タフネス市場は狙いが分かりやすい市場ですから提案しやすいですが、
超小型端末市場ってのはなかなかその魅力を伝えることは難しい。
ものをあまり持ちたくないって需要は有るのですけどね。
少なくとも私はそのアプローチです。

私のように若干の小銭と携帯以外は、カードを一枚たりとも持つのが嫌という需要も有ると思います。
出来たら小銭も駆逐できれば有り難いのですが、そこまでは言いますまい。

ランニングの為の軽装に、スマホと小銭と走る公園までの移動の為のバイクの為の免許証、
この免許証の裏書の部分が防水性ゼロときたもんだからタチが悪い。
というか、こんな重要な身分証明書を持って走りたくない。
走る時の物入れは一か所ですからね。
かといってバイクや皆でまとめた荷物の中に置いていくのも防犯上よくない。
でもスマホをウエストポーチから出し入れすると、ついでにカードを落とす可能性もある。
小銭は下にたまるからまず落ちない。
スマホのおさいふに免許証が入ってくれていれば・・・。
これを何度思ったのだろうか。

いや、勿論反対意見は有るのは重々知ってはいるが、私の需要は割とシビアな事情からの要求だったり
するし、そのせいで横着して財布ごと免許証を持って行って数万円どころではない盗難に遭った事も有る。

高性能でなくともいい、ハイスペックでなくともいい。
ただただ需要を満たすサイズで有ったり、タフネスさであったりとそれぞれが求める利用シーンという
ものが有るわけです。色々スマホにまとめられて65mm以下の小型や、55mm以下の超小型で、
今時のOSが必要十分に動くスペックが有ればそれだけでありがたい。

私の場合はおさいふ機能に免許証が入ってくれればありがたいが、今後はマイナンバーは入って
くれればという人も、出てくるかも知れない。保険証とかも。私はそこまではいわないが。
それらは生体認証が浸透し始めているので現実的なものになりつつ有るかも・・・とか思っています。

そういえば小型とは逆に、Xperia Z Ultraなんていう巨大端末も有りましたけど、
あれの後継ってどうなったのでしょうね。ある程度はGalaxy Noteや他の大型端末に逃げたでしょうけど。
でもZ Ultraも固定客が付いている端末の一つですよね。
毎年ではなく、何年かに一回、出ればそこに付いている客は買い換えてくれますね。


今のスマホはもう性能的にはそれほど求められていません。
カメラやネット環境を取り込んだように、身の回りの”何か”を身軽なままで持ち出すことが出来、
心地よいサイズ感と必要十分なバッテリーの持ちさえあれば満足できるのです。


多くの人が困っているというか、困っていなくとも内心「ウザい」と思っていたり、不安に思って
いる部分に新たな需要が有り、それがサイズであったり、タフネスさだったり、持ち歩きたくない
カード類であると私は考えているわけです。

先の記事へのレスで指摘をしている人がいる通り、ここから先はどうやっても巨大需要では
なくなっていきます。そう大きくはない所でそれなりの需要を見通して、地道に対応し続ける
ことで得られる規模ものになっていくと思います。


どっちにしても超ハイエンドの世界はもう終わりです。
プロセッサの性能アップは熱やバッテリーという限界が突き付けられているのと、
それを強引に解決してきたプロセスルールの微細化が7nm辺りでしたっけ?
分子サイズに迫っているということで、限界値にぶち当たり始めました。

もう余り伸びない方向だけに囚われていてもダメなんですよね。
しっかりと潜在需要を見極めて、ニッチであっても確実に需要が有る市場とか、
ここはうちの強みの分野という所をしっかり提示してファンをつかんでいかないと。
他社が手を引いたからこそ美味しくなった市場というものも有るはずです。
私のように免許証を持ち歩きたくないという需要も有るはずです。
私のいうおさいふ機能に色々入れられるのは、新たに端末を買わせる効果は薄いのですが、
海外から流れれくる安価やがハイエンドのSIMフリー端末へ需要が流れるのを防ぐ効果が有るのです。
攻めだけではなく、防御も考えていく必要も有るのでは・・・と。


免許証はスマホ業界だけではどうしようもないのでまあ置いておくとしても、
このままではスマホはどんどん売れなくなっていきます。
今使っている端末で、取り敢えず満足できる人が増えていますからね。

iPhoneだって5で当面満足な人も相当いるようですし、XperiaもZ2やZ3で満足と
いう人も相当にいます。そういう人は皆、壊れるまで買い替えません。

それを買い換えさせるには・・・?
壊れて買い替える時にどこから客を自社端末に持ってくるのか・・・?
そういったアプローチも必要だと思います。

それらの需要は、決してくだらないプリインアプリやチャラい国内向け機能等ではなく、
もっとその人それぞれの生活の中に、深く根差した部分にあると思っています。
私は自分が書いた過去記事を思い出しながら、「やっぱりここには需要が有るはず」と
思い返す時が有ります。

どこか、それにいっちょ騙されてみるメーカーはありませんか?
偏ったリサーチでしたらこのブログの得意分野ですので、何かしらお手伝いできますよ。

関連記事
  1. 2017/02/08(水) 04:19:50|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<Pixel XL~Nexus 9まで9機種に2017年2月のセキュリティーパッチがリリース | ホーム | 韓国でiPhoneのピンチ、爆発発火事故時の即時報告を求めるのをメーカーに義務付け>>

コメント

私は割とマイナー路線が好きなようで、メジャーどころは意外とありません。
マイナー路線は「メジャーなものは早々に見限ってマイナーなもののの良さを見出した」だけなのですけど。
ただマイナーなだけに流通が終わってしまうこともあり、予備を持っておくことがよくあります。

たとえばバンカーリングに早く飛びつきましたが、コーティング剥げや錆に気付いて、現在はPrometeのユニバーサル​・セキュア・グリップスタンドに切り替えています。
今身の回りにあるものは入手が難しい(そこらで店頭販売されてない)ものが多く、なかなかにマイナー路線って気付かされます。
ちなみに今はスライドディスプレイのある富士通ArrowsM03にしています。
惜しむらくはプライバシービューがなぜかキャリア版でも廃止にされてしまったこと。
多少高額になっても搭載してほしかったものですが。
  1. URL |
  2. 2017/02/08(水) 07:09:00 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

誤:Promete
正:Promate
  1. URL |
  2. 2017/02/08(水) 11:32:10 |
  3. うさくさ #SKDreKbE
  4. [ 編集]

arrows M03位のスペックで4インチ台のディスプレイ積んだ(というかXperia Z1f/Z3 Compactサイズ)の端末が切実に欲しいです。

あとXperia XZクラスのスペックのずるとら後継機も超切実に欲しいです。

......ニッチ過ぎるとか言わないで......
  1. URL |
  2. 2017/02/08(水) 22:22:24 |
  3. にいくら #mQop/nM.
  4. [ 編集]

今のスペックでauが出してたIS01(ドコモ版もありましたが)をもう一度出してもらいたいなと常々面白います。出来ればSIMフリー版で。

キーボードを別に持つのも嫌ですし、フリックで長文もしんどいですし、あの形の端末が欲しいんですよねぇ。あれもニッチな端末の部類ですかね?(笑)
  1. URL |
  2. 2017/02/09(木) 00:40:11 |
  3. 空耳 #-
  4. [ 編集]

Atomが無くなって夢は途切れたかと思っていたが、winがARMコアでもフルスペック(32bit)が動くようになると
今こそ富士通の出した変態ガラケー、フルスペックwin7の動いたF-07Cの後継を
今ならAndroidとwinのデュアルになると思うけど
  1. URL |
  2. 2017/02/09(木) 12:36:55 |
  3. Nexus7持ち #-
  4. [ 編集]

個人的には、ソニーのファブレットを出してほしいです。

もしくは、モバイルSuicaおよびキャリアアプリ非搭載Xperia。

バージョンアップの提供を阻害しているプリインストール系アプリを排除したスマホを作るようになってほしいです。
  1. URL |
  2. 2017/02/09(木) 18:12:44 |
  3. あき #zdvXpt9s
  4. [ 編集]

ちょっとぶっ飛んだ内容ですが、
メインディスプレイは4.6インチ以下で携帯性重視。
その代わり、サブディスプレイとして網膜投影ディスプレイを採用。
こちらでは20インチ(も要らないか?)程度のサイズで見られる。
なんてのが凄く欲しい。

メインディスプレイのタップ操作がサブディスプレイ上ではマウスカーソルになっていれば操作もできるし。
のぞき込んで見られる心配も無い。

なにより近視も老眼も関係ないというのが凄く重要 (笑)

あれ、もしかしてウォッチ型にするという手も有り?
# バッテリさえ持てば
  1. URL |
  2. 2017/02/10(金) 12:19:23 |
  3. 生ぴーまん #bnistvpo
  4. [ 編集]

ついでにサブディスプレイを見られるのは網膜認証で本人確認できた場合のみにすればなお良し。

# ウォッチ型だったら、見た目は単に普通の腕時計だけど、サブディスプレイを覗けば情報端末になると。
# まるでスパイグッズだ!!
  1. URL |
  2. 2017/02/10(金) 12:28:50 |
  3. 生ぴーまん #bnistvpo
  4. [ 編集]

京セラが液晶透過型光発電パネルを開発してた憶えがあるんで、それを採用すればリストウォッチ型端末のバッテリー問題解決しそうな気が。

ついでにパネル発電の電気でデバイス駆動→余剰電気をバッテリーに蓄電→光があたってないときはバッテリー駆動とかにしてくれると有り難い。
(シチズンのエコドライブがこうだという噂)
  1. URL |
  2. 2017/02/10(金) 12:58:03 |
  3. にいくら #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7142-a2e32685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。