FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

思いつき、新型(?)基地局

ふと思いついたことを書いてみる。

仕事で何度かPHSしか使えないエリア(医療機関ではない)に行ったことがあるのだが、他にも
PHSしか使えないところは意外と有るみたいです。勿論一部の医療機関でもそうだし航空機でも
基本的にはダメ。(ハイジャックに遭った時に使っている人がいたことが報じられているが)

これは機器に悪影響を与えるからということだが、しかしPHSは大丈夫だ。
周波数の問題かと思いきやPHSは1.9GHz帯で、CDMA系の主帯域の2GHzとほぼ変わらない。
では変調方式が原因なのだろうか?残念ながらこれ以上理由については知識が無いが、
単に出力の強弱だけの問題ではないかと思われる。

「だったら携帯でも同レベルの出力に制限すれば医療機関でも使えるんじゃないか?」

という疑問が湧いた。

要は端末にそういうモードをつけるとか、小パワーモード用のIMCSなりフェムトセルなりを作り、
その電波を受信している時は端末は自動的に小パワーモードで動くようにすればいいのではないだろうか。
そうすれば機器に影響を与えなくなり遠慮なく医療機関でも利用できるようになると思うのだが。

昔、医療機関で使えないように携帯に向けての妨害電波を出すという本末転倒な方法が言われていた事が
有ったが、同じ電波を出すなら不便の解消に向けた電波を出すほうがよっぽど建設的だと思う。
今は医療機関でも使ってもいいという風の便りも有るようで、見舞いに行った何人かは普通に
ノートに携帯端末を繋いでデータ通信を行っていた。看護士も見てみぬふりなのか、公認のことなのかは
分からないが、咎めている様子は全くなかった。

実際の所医療機器側も問題と騒がれれば対策をするわけで、今販売されている医療機器は間違いなく
シールドされているだろう。病院に入るときにいちいち携帯を切っている人なんてほとんど見かけない。

しかし世間的には医療機関等では依然携帯はNGというのが共通認識であり、今のところPHS以外に
代替手段がないのも事実だ。XGPの先行きにイエロー信号が灯った以上W-CDMAかLTEで代替できる基地局を
考えてもいいのではないかと思う。

通常モードと自動切換えする端末が理想だが、初期の内は手動で切り替えでも十分役に立つのでは
ないかと思う。未だに首からPHSをぶら下げている医者がいることが有るんだから一定の需要は
有るだろう。それこそ2in1のようなサービスがより生きてくるのではないだろうか。

後注:頂いたコメントを今見て更に思いついたのですが、例えば2in1でBナンバーオンリーに
    切り替えた時は院内モードとかにするというのも一つの方法ですね。
関連記事
  1. 2010/01/12(火) 19:54:44|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ウィジェット・ガジェットもう終わり? | ホーム | Twitterに見る携帯端末の行方>>

コメント

PHSは公称出力10mW,スロット内平均出力80mWですね。
W-CDMAは最大200mW出力ですが、基地局が近い場合はPHSより小出力になります。
PHSはTDMA/TDDなのでこのスロットのタイミングノイズ(送受は5mSごとに切り替えられているので、その逆数の200Hzのノイズ)が混入しやすく、これはTDMAのPDCでも同じでした。

W-CDMAでも電力が絞れる状態では他の機器に与える影響が少ないと言うことで、SBMは病院に3Gを売り込みましたが失敗。
SBMでは基地局密度が低くて小電力にはならないでしょう。

10mWかそれ以下となるとWiFiを使った構内モード(ドコモの906iL以降の無線LAN搭載機種)辺りですかね。
  1. URL |
  2. 2010/01/12(火) 21:42:37 |
  3. ほりこし #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

モード切り替え

自動的だとエリアの境界で
信号を感知したりしなかったりで出力が増減しちゃいそうですね
IMCSのアンテナ設置をシビアにすればなんとかなるのかな?

モード切り替えなら端末だけで対応が完結するから
すぐにでも対応出来そうだなぁ
  1. URL |
  2. 2010/01/12(火) 22:06:36 |
  3. 姫 #Qgp/yXvw
  4. [ 編集]

ドッチーも…

病院内は、PHS単独モードで使用。
うまく使えばいい製品でしたが。
改めてウィルコムと、FOMAで、専用端末とセット割りが、あれば凄いものができるかも。
  1. URL |
  2. 2010/01/12(火) 22:11:20 |
  3. 愛知県の携帯マニア #-
  4. [ 編集]

3Gって確か、電波の状況が悪くなっちゃうと、「大変だ、わぁ~!」ってがんばっちゃって出力を上げちゃう仕組みじゃなかったかしら。

平気でブチブチ切れる電話でいいなら大丈夫じゃないでしょうか。小出力3G。
  1. URL |
  2. 2010/01/12(火) 22:22:17 |
  3. 孫策 #-
  4. [ 編集]

ま、携帯が使える病院も増えてますしね。


例:

虎の門病院
携帯電話による医療機器への影響
ttp://www.toranomon.gr.jp/site/htdocs/rinshoseiri/topics/phone.html
  1. URL |
  2. 2010/01/13(水) 00:27:27 |
  3. 通りすがりの SB&Wユーザー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

>ほりこしさん
詳しい解説有難うございます。
TDDは切り替えタイミングのノイズが混入しやすいということですか。
これだけ低周波だとシールドしにくいでしょうね。影響については未知数ですが。
基地局が近ければパワーは絞れると言うのでしたらIMCSを建物内にきっちり整備すれば
原理的には無改造の3GでPHSよりも低ノイズの環境を作り出せるわけですね。
なおさら少しの改造で医療向け3G携帯が作れそうな気がしてきました。

>姫さん
確かにそこは問題ですね。
構内の基地局から外れたら通常の電波が出てしまうようでは危険すぎますし。
各出入り口に明確に切り替える為のスイッチを置くのも面倒で普及に影響しそうだし
何かもっと簡単で明確に切り替える方法を見つけるしかないですね。
まあ手動が一番確実ですか、これも切り替え忘れの危険は有りますが。

>愛知県の携帯マニアさん
ドッチーモにそういう使い方が有りましたか。
過渡期の端末というイメージが強かったので忘れていましたww

>孫策さん
>平気でブチブチ切れる電話でいいなら
外の基地局に頼るならそうなるでしょうが、そうならない為のIMCSかフェムトを構内に整備するわけですよ。
まあまだ初歩的なアイデア段階なので実際モノになりそうだと思えばこの辺はキャリアの人らがどうにか
してしまうでしょう。

>通りすがりの SB&Wユーザーさん
おお、そのページは非常に参考になりました。
条件付で使えるところも増えているということのようですね。

------------------------------------
ちなみに・・・。
この記事、ドコモとKDDIからのアクセスを普段より多く頂いている模様。
キャリアにとっては関心の高い記事のようです。
  1. URL |
  2. 2010/01/13(水) 19:07:20 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/714-1dd9d94a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。