鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

Googleが実装開始したWebAPK、恐らくPCもスマホも将来の状況を一変させる・・・今の一連の動きはWindows/MacOS/iOSの駆逐まで狙ってるのか?

Google、Android用ChromeにWEBサイトをアプリとして利用可能にする「WebAPK」を実装開始 ~ juggly.cn
Google が Android 用の Chrome Dev と Chrome Canary に WEB アプリを通常の Android アプリのように利用できる「WebAPK」の実装を開始しました。
WebAPK は Chrome 47 以降がサポートしている「Progressive Web App(PWA)」を Android アプリのパッケージ形式である APK に変換して端末にインストールする仕組みです。これにより、WEB アプリを通常の Android アプリと同等に利用できるようになります。

なんとなく既視感のある機能・・・。

そうこれ、Firefox OSが目指していた方向のものでした。
それがより煮詰まった綺麗な機能としてAndroid OSに組み込まれる仕組みが作られるようです。

HTML5+Javascriptといった形のWEB形式のアプリをAPKファイルとして落とし込む仕組みを
美しく実装したという感じでしょう。Firefox OSでは単純にWEB形式で作られたアプリを
オフラインアプリとして端末に取り込むだけでした。

なるほど、Androidはこの機能の為にChromeのカスタムタブを実装し、WebViewの単独ファイル
での配布をやめる方向に向かい、Chromeに全機能を託すように変更していたのです。
以下の3つの記事のうち、一番上の記事で触れていたことです。

当ブログ記事
 Nexus 9を立ち上げ、Android 7.0を速攻入れてみた感想
 ●ChromeカスタムタブはAndroidのWebView環境を一変させる、Jellybean以降全部で使える
 ●GoogleがWebViewに変わるCustom Tabsでアプリからの読み込みを高速化&セキュリティー強化(追加編集)

一アプリとして切り出されていたWebViewの利用をやめてChrome内臓のWebViewを利用する
ことが出来るようにしたものです。

これで重複部分が無くなってすっきるするばかりか、今回のWebAPKとの整合性も取ってきました。
Firefox OSが目指していたものをより美しく実装されてしまい、Firefox OSが流行っていたとしても、
出る幕はなくなっていたと思われます。ちょっと時間はかかりましたが、Googleの実力はすごいなと
思わさせられる機能の実装でした。


で、同時に報じられたこのニュース。

2017年以降に発売されるChromebookは全てAndroidアプリの動作をサポート ~ juggly.cn
Google が Chromium プロジェクトの公式サイト上で 2017 年以降に発売される Chromebook は全て Android アプリの動作をサポートすると明らかにしました。

完全に上のWebAPKと連動したニュースです。
恐らくその関連性をあまり意識する人はいないと思いますけど。

Google内部では完全に連携した動きなんだと思います。
スマートホンもウルトラライトPCも一体して連携を取って動いていけるという強みが今の
Googleには有ります。これがイノベーションなんですよね。

もう一つ連動した動きと言えばこれ。

当ブログ記事
Googleが狙う30ドルスマホがAndroid端末の販売台数とシェアを力強く積み上げ、最終的にはiPhoneの販売数もシェアも下げていく

一つ目の記事からここまでが全部一体化された動きだと私は考えています。

Firefox OSの目指していた安価な端末をWEB(オフライン)アプリで動かすということが
このセットで完全に満たされてしまいます。

更にその上に安価な軽量PCも連動させるという、Googleならではのアプローチも
組み込まれてします。Windowsが一つのOSでスマホやPC、タブレットをサポートしようと
していたのを回りくどく統合を行っていくような感じでしょうか。

恐らく、この全体像が明らかになった段階で、アップルもこれの後追いを始めることに
なるだろうと思います。それはAndromeda OSが出て全体像が見えてからになると思います。

私はAndromedaはハイエンドPC迄の統合をAndroid OSと合わせて行うOSだと現段階では
理解しています。

 ●Android OS   スマホ・タブレット
 ●Chrome OS   軽量PC
 ●Andromeda OS ミドルレンジ~ハイエンドPC

こんなイメージを想定しています。

この中には30ドルクラスのチープなAndroid One端末も含まれますし、$1000ドルオーバーの
ハイエンドPCも含まれます。


そのアプリ開発環境にWebAPKも取り込んでいこうと。
アプリ開発環境の充実も図っているのです。

アプリ開発環境のすそ野がウェブアプリまで広がれば、かつてのフラッシュクリエイターの
出番がやってきます。その開発環境を普及させて、かつてのフラッシュ天国をもう一度
ステージを変えて作り上げていこうという計画なのだろうと思います。

Javaが組めなくてもフラッシュクラスで何かが作れればOK。
Googleの事ですからそれを無償で配布することになるでしょう。
WevAPK方式のアプリの配布は既にGooglePlayが機能しています。

これはすごい。

WevAPKのアプリが作れれば、Android OSでもChrome OSでも、将来的にはAndromeda OSでも
動くアプリが動く環境と配布する環境が簡単に手に入る。
Googleの目指すところは恐らくそうなるのでしょう。

Windows上のChromeはどうなるのか分かりませんが、WindowsもMacOSやiOSもこれは
なかなか困ったことになりそうに思います。


サイレントに今までの環境を一変させる。
それがGoogleのやり方なんだなと、このバラバラのニュースをつなぎ合わせて一人熱くなっていました。
やっぱり天才集団だなと再認識。

ネイティブゲームのコマ落ちが・・・。
とか言っているうちは時代に取り残されていくことになると思います。

関連記事
  1. 2017/01/24(火) 02:15:30|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<利用者が増え、絶望的に輻輳するBluetoothの将来像を描いてみる・・・混雑する2.4GHz帯のWiFiとAirPodsとイヤホンジャックの廃止について(修正編集) | ホーム | 不正アクセス(?)検出・・・サーバー異常負荷の顛末、さて覚悟は宜しいか?>>

コメント

Googleは今のところどこまで行ってもWeb屋でありAd屋(主に掲載場所を提供する側)です。
いろいろありAdwords試験に挑戦していますが、その連携と充実ぶりには驚かされるばかり。
過去データをもとにした想定される結果、コストパフォーマンスの算出など、膨大なデータがあればこそなのでしょうね。
表示された広告のみならず、広告用に設定したキーワードを検索して自然検索ヒットをクリックした数、トラフィック情報を提供するなど、広告展開する側からすれば痒いところに手が届くくらいかと。

何が言いたいかというと、この一行目がすべてです。
AndroidにしてもChromeにしても、より詳細により効率よくデータを集めるための手段に過ぎません。
利用状態が監視されてるようで気持ち悪いという意見も出ますが、あんたの情報など、星の数ほどある情報の銀河、星を構成する惑星に転がる石ころその1くらいです。
それこそISみたいな反社会集団の幹部クラスなら当局にデータを渡す対象、などのマークはされもするでしょうけどね。
特定の個人情報を収集してたとして、それを見て何かしたりニヘラニヘラする暇人がいるとは到底思えません。
これを理由にする人は単に「使わない理由探し」してるだけでしょう。
見ている限りGoogleは「個人情報」なんて「保護はする」けど「利用しよう」などとは思っていません。
ただし「個人の行動パターン」に特化したデータは徹底的に収集されます。。
それでも単なる「傾向」を測るものであり、一人ひとりの情報は草原で言えば草の一つ一つ程度のものです。
収集するのは個人を特定するためではない。広告掲載の結果を過去データ(行動パターン)から測定するためだけのものです。
膨大な量が集まってやっと意味を成すものであり、草原の葉一枚ずつを構っているなら業務が間違いなく破綻します。

Googleのコンセプトはあくまでも「最高の広告出稿場を提供する」ことに尽きるのでしょう。
Google検索を、Androidを、Chromeを、GoogleIMEを、Gmailを提供することが目的ではなく、どれもこれもビッグデータ収集の場としての価値以外に無いように見えます。
知れば知るほど、やることはいつでも「広告の場を提供する」軸を感じさせます。
数字にしがみついて囲い込み商法に腐心するどこぞと違ってほんと余裕です。

ただ、それだけになおさら「第三勢力」の可能性が消え行く現実にそこはかとない不安を禁じ得ません。
それどころか、第二勢力の衰退まで見えている。実際第二勢力へ向けたユーザーの厳しい意見が出始めているので、信者vs浮気者の様相も呈しています。
  1. URL |
  2. 2017/01/24(火) 06:06:51 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

天災集団・・・
微妙にあっているよーな間違っているよーななんとも言えない気分w
  1. URL |
  2. 2017/01/24(火) 10:37:08 |
  3. Nexus7持ち #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7126-5e7bb5b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。