鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

【Kantar Worldpanel】アップルはどこかの数字で必死に売れている感を演出する為にギリギリの戦いを挑んでいる

今月分のKantar Worldpanel ComTechの数字が発表されています。
2017年9月~2017年11月迄の3ヶ月分の対前年比較です。

2017年01月11日

2016’s Early Holiday Sales Show Growth for iOS

2016年12月07日

KantarWorldPanel

10月に入ってからガンガン出荷していただけあり、iOSの数字がかなり上がっています。
予約数がどうこうではなく、あくまでもこれだけ出荷したというだけの数字です。
この時期の数字はアップルがどれだけ出荷したかにかかってくるのです。

恐らくアップル的にはそろそろ売り逃しが怖くなり始めているということもあるでしょうし、
ここで販売シェアの数字を釣り上げて売れている風をしておかなければiPhoneは終わった感の
空気が広まってしまう可能性もあります。とにかくどうすれば印象が悪くならないのか、
真剣に考えて行ったシェア稼ぎの結果がこれだと思います。
iPhone 5sや6の頃まではもっと後まで出荷を止め、客を待たせて放題待たせて
品切れ上等を演じていましたから。

まあそれは今ではジェットブラックやPlusモデルの役割になっていますので、
待たせる商法は十分健在ですけれど。




では日本の状況を見ていきます。





上記はiOSが多い所は青の、Androidが多い所はオレンジの四角を描いたものです。
上に行く程青が、下に行く程オレンジが多いことがわかると思います。

10月中盤までiPhone 7の出荷をほぼ止めて品薄商法をしていましたが、後半になったら怒涛の
出荷が始まり、そのおかげでシェアを大きく上げています。iPhone 6シリーズの頃はまだこの
時期でも品薄商法で出荷を止めてきた時期ですが、6sや7シリーズでは、アップルもこれ以上
粘ると機会損失に繋がりかねないという恐怖感と、対前年との出荷量の実績の比較を考えると
これ以上は粘れないと悟ったのでしょう。

6sと7はピークが前倒しになっています。
その分、毎年年明けの減産が騒がれるのが恒例となりました。
品薄商法を長期間維持できなくなっていた所が、アップルの求心力の低下を物語っています。

先月分の記事
【Kantar Worldpanel】9ヵ国中4ヵ国でAndroidのシェアが80%越え

関連記事
  1. 2017/01/21(土) 22:57:09|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<不正アクセス(?)検出・・・サーバー異常負荷の顛末、さて覚悟は宜しいか? | ホーム | Windows 10の最新セキュリティーパッチを当てて以降、なんだかサーバーがめちゃくちゃ重い>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7124-e689a99f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。