鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

Apple Watch Series 3は2からバッテリー持続時間が伸びるだけ?販売が伸びないせいで力が入らないApple Watch

次期Apple Watchは2017年第3四半期に発売?製造はQuantaか ~ iPhone Mania
次期Apple Watchではバッテリーの持続時間が改善されるようです。
Quantaは現在、バッテリーの持続時間を伸ばすべく改良を進めていますが、その他のハードウェアについては、ほとんど変更がない模様です。

Apple Watch Series 3といっていいのでしょうか。
それがApple Watch Series 2からバッテリーの持続時間の改善という程度しか変化がないようです。

それだけ?

それだけ。



だって売れてないですしね。
そんなに開発に力が入るわけも有りません。

ここまで来て分かる人にはわかると思いますが、スマートウオッチは万人が欲しがるものではありません。
そもそも万人に必須でもないのです。

携帯電話が必須という人が多くいます。
その中にスマートホンのパイも有ります。
これは完全に社会インフラなのです。
スマホが出るはるか前から。

しかしスマートウオッチはその社会インフラに含まれていません。
これを見誤った考えをしてきたITジャーナリストやメディアの多いこと多いこと。

私はApple Watchの発売前からスマートウオッチを全力否定した記事を書いていたのですが、
世の中にはスマートウオッチがスマホの次にヒットするものという期待感に溢れ、ジャーナリストや
メディアがガンガンスマートウオッチを盛り立てていました。

当ブログ記事
AppleWatchが成功すると信じてやまない信者の方々、何ともお花畑なその7つの要素を見ていきましょう。
Apple Watchへの風当たりは世界中で強く、どうやら向い風が多い。iPhone 6があのデザインでそれなりに売れている事に納得できていない事も影響?

こんな塩梅です。
やっぱり火はつかなかったでしょ?

時計を置き換えるという意見も有りました。
私はそうは思いませんでしたが。

腕時計は一度バッテリーを入れ替えたら年単位で動くものです。
ユーザー的にはそれが相場です。

唯一違うのはガーミンやエプソンなどが出しているGPSウオッチです。
ランニングウオッチはランナーがよく使っていますが、これは日常的には余り使いません。
ほとんどの人は走る時だけ使っています。
GPSを稼働すると電池の持ちが6時間とか10時間とかですからね。
フルマラソンやウルトラマラソン、トレランをゴールするまでのタイムを基準に設計されています。

ではApple Watchを始めとするスマートウオッチは・・・。
スマホの出先機関としては表示も入力も貧弱。

常時画面が点いているわけではない。
ランニングウオッチは常時画面が点いていて、タイムやペースを即座に確認できます。

多機能なスマートウオッチに限って画面が消え逆に面倒。
ユーザーからすると「バカじゃないの!?」と。

買って初めて使って「コレじゃない感」を味わった方はどれだけいたのでしょうか。
私は「おい、出先機関が画面を消しているんじゃないよ!!」って思いましたもん。
腕に着けるものは常時見れてナンボですわ。
フェイスにこだわるよりも常時表示にこだわりなさいな。

スマートウオッチはスマホのルールに従うのか、時計のルールに従うのか。
そこが使われるかどうかの大きな分かれ目だったと思います。

ユーザーとしては時計のルールを期待していた。
メーカーはスマホのルールが当然だと思っていた。
多くのユーザーがコレじゃないと思ったのはまずはそこでしょう。
時計のルールの上にスマホを載せないと多分満足はしてもらえない。

盛るよりも引き算。
私はそう思っていますけどね。

どこまで機能を引いて時計並みにするか、その上でどこまでスマホにするか。
それでスマートウオッチは初めてスタートラインに立てる気がします。

それでもなお、必要のない緊急性の低い通知の山をどうやって減らすかという問題も有りますけど。
それはハードの問題ではないのでここでは置いておきます。
でもこの通知問題も運用を始めたらユーザーがぶつかる問題ですからね。
これも前書いたことですけど。


そんなわけで、Apple Watchが本当にこの通り大して変化なく出てきたら・・・。
確かにアップル的には力を入れたくなる要素は薄いですけどね。
必死になってもそれほど市場が広がる要素は薄いですから。
そもそも需要につながる要求が大してないですからね。

メーカーがどこまでそのことを理解しているのか・・・。
市場を作りたいならどうするべきなのか、きちんと分析しないとね。

関連記事
  1. 2017/01/07(土) 00:11:01|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<久々にフィッシング詐欺に出会ったので注意喚起をしてみる | ホーム | 一度アップルで働いたものは、辞めた後もアップルファンに追われる身になってしまう>>

コメント

スマートフォンは、遥か昔トーマス・エジソン(の協力者はさておいて)が発明した固定電話機が、ショルダーフォンとなり携帯電話と姿を変えて、多機能携帯電話機・スマートフォンと姿を変えました。ここまで電話機能が継続しています。
電話機の情報網へ別の情報を乗せ、音声情報と共存する形で視覚情報が追加されました。
その電話機能を取り除いた大画面機がタブレットとなりました。

では時計はどうでしょう?
日時計に端を発し、振り子時計がゼンマイ式から電池式になり、腕時計となった。
用途はあくまでも「時を刻む(そして確認する)」です。
スマートフォンは初見で売れると思いましたが、スマートウォッチは何にも感じませんでした。
電話は音声情報通信にデータ通信が相乗りしてきましたが、時計の時を刻む機能に相乗りする何かはありません。
いくら機能を積んでも、時計の延長となる何かではなく、別の「帯に短しタスキに長し」の中途半端なものにとどまっています。
ガーミンのように、用途を限定して「スタートからゴールのタイム計測」は時計でもストップウォッチに近く、時計の延長として、ある意味ウェアラブルの最適解であり、限界とも言えます。
後付けで何かするならば、時計の小ささにするよりも、タブレットのように大画面化するか、投映式にしていっそ別物にしてしまうしか無いでしょう。
  1. URL |
  2. 2017/01/07(土) 09:02:43 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

買ったスマホがデカ過ぎてポケットは諦めた。
SNS依存である。

この二つがあるだけで
買い換えるか
時計でもなんでも無いこの出先機関を使わない理由は無い訳で。

一部の人間には必須だろう。
心配しなくても何年たってもなかなか無くならないだろうね。
  1. URL |
  2. 2017/01/07(土) 16:04:34 |
  3. む #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7107-5af29a14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。