鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

クアルコムSnapdragon 835正式発表、10nmプロセスを仕様で25%の省電力を達成し全力運転がしやくすなる(追記)

Qualcomm、10nmプロセス/8コア SoC「Snapdragon 835」を正式発表 ~ PC Watch
~820比で消費電力は25%削減、GPU性能は25%向上。Windows 10にも対応

米Qualcommは、CES 2017の記者会見日(2017年1月3日~4日、現地時間)の初日に記者会見を行ない、スマートフォン向けSoC「Snapdragon 835」を正式発表し、詳細を説明した。
Snapdragon 835では10nmプロセスルールを採用することで、Snapdragon 820より低消費電力かつ小さなチップ面積を実現できた。実際、パッケージサイズを30%小さくできている。これによりOEMメーカーは、基板を小さくしたり、空いたスペースにバッテリを搭載して駆動時間を延ばせる。
そうしたSnapdragon 835の特徴についてクレッシン氏は、バッテリ駆動時間、仮想現実、写真動画のキャプチャ、常時接続性、セキュリティの5つだと述べた。
バッテリ駆動時間に関しては、より効率が高まったCPUとなるKryo 280(8コア、4つの高性能コア/2.45GHzと4つの高効率コア/1.9GHz)が10nmプロセスルールで製造されたことにより、消費電力が削減。クレッシン氏によれば、従来世代のSnapdragon 820と比較して25%消費電力が削減されているという。なお、メモリはデュアルチャネルのLPDDR4-1,866MHzまでをサポートする。

CES 2017を前にして、クアルコムはSnapdragon 835を正式に発表。
S820と比較して消費電力を25%削減、その他GPUを流心に性能アップしているが、
CPUの演算に関しては性能アップで触れられている所はない。

CPU側でも消費電力の低下について触れられているだけです。
コアダイの面積縮小も鳴り物入りで宣伝されているが、CPUについては音沙汰無し。

つまりはSnapdragon 835は基本的にGPU性能を中心に性能アップを図っており、
CPU性能は精々クロックアップ分程度しか見込めないということなのでしょう。

今回のKryo 280はCortex-Aコアをベースに改造されたものと思われ、
S820で利用されたKryoコアとは全く別物と思われます。

その為クアッドコアになったS820とは違い、またS810の頃の構成と似たオクタコア構成となりました。
つまり1コア当たりの性能は低くなった可能性が考えられます。


ただ期待できるのは省電力化したということは、それだけ発熱も抑えられると思われますので、
端末の排熱対策の簡略化による軽量化や薄型化に寄与します。

また熱を持ちにくいのでクロックを下げずに全力で動かせる機会が増えるので、結果として
サクサク感を感じやすい設計にしやすなります。
そういう意味ではかなり現実的な設計になっているかなという気がします。


で、Cortex-Aコアをベースに改造と書きましたが、それは以下の記事で一年前にその発表が
有ったことが触れられています。

顧客要求でアーキテクチャの一部を変更可能に - ARMの新たなライセンス形態「Cortex Technology」を読み解く ~ マイナビニュース
このライセンスを取得すると何が出来るか、というと既存のCortex-Aコアに手を入れる事が可能になる。一例として挙げられたのが、Instruction Windowのサイズである。Out-of-Orderで処理を行うプロセッサでは、In-Fligh状態で複数の命令が保持される(これを保持するのがInstruction Windowである)が、何命令をIn-Flightにするかはプロセッサごとに決まっており、これを変更する事は従来のライセンスでは許されなかった。ところがTechnology Licenseの下では、これを目的に応じて変更する事が可能になる。

S820の頃まではクアルコムが命令セットのライセンス契約を受けて、コアを一から設計していた
訳ですが、S835ではCortex-Aコアをいじってよりスマホ向けな味付けに設計を変更できます。
S810ではCortex-A57そのまま張り付けて熱問題を解決できなかったということろが有りましたが、
S835では熱問題にもかなり突っ込んで手を入れたのかもしれません。

クロックが上がっている割には消費電力が下がっており、その辺り余裕が出てくるような気がします。
勿論プロセスが上がっているので、その分消費電力が下がるのは当然なのですけど、クロックが
上がっている割には消費電力はそれほどでもなさそうなので、期待できそうです。

ただ10nmというほぼ極限に近い微細化を達成し、この後は分子サイズとの戦いになり、これ以上の
微細化ルールはほぼ不可能になってきているので、今後がちょっと心配だという心配が有ります。
クアルコムはサムスンのラインを使うと思われますが、サムスンはどうやってこの10nmの問題を
クリアするのか気になる所です。

S835はWindows 10マシンにも採用されることが明らかにされており、S835は色々なもののベース
プロセッサになっていくことが考えられます。Vulkanのゲームなどが本格的に動き出すのも
S835プロセッサ端末がメインになると思われ、色々と基準になっていくプロセッサだと思います。

色々と期待大ですね。



その先の研究は以下のように行われている模様です。

【TSMC】5nm, 3nmのFab計画を発表 ~ 北森瓦版
現在のTSMCの最先端プロセスは16nmで、近いうちに10nmが登場し、その次に7nmが投入されます。今回はそのさらに先の話となります。
まず5nmは動作するチップが製造できる段階に入っており、3nmは開発作業が発足した段階、そしてさらにその次の2nmは300人の技術者による研究が行われている段階としています。そして5nmと3nmを製造するプラントを建設できると、TSMCのスポークスマンは述べています。




以下はARM版Windows 10の発表関連の記事です。

【詳報】Win32アプリが動く“ARM版Windows 10”はフル機能搭載の完全なるWindows 10 ~ PCWatch
この中でマイヤーソン氏は「現在PCセグメントでは、2in1デバイスのような機器が急成長している。特に若い世代を中心にコネクティビティや、より長時間のバッテリ駆動時間を望む声が少なくない。我々はそうした声に応えて、ARM版のWindows 10をQualcommとともにリリースしていきたい」と述べ、同社がARM版のWindows 10を投入することを明らかにした。同氏はARM版Windows 10を来年(2017年)に投入するとしており、Qualcommの複数のSoCで動作する予定。

次世代「Snapdragon」がWindows 10をサポート、Win32ソフトウェアも動作 ~ ケータイWatch
クアルコムは、次世代「Snapdragon」プロセッサーがパソコン向けOS「Windows 10」をサポートすると発表した。最初のWindows 10搭載のSnapdragonパソコンは、2017年後半に登場する見込み。
Windows 10搭載のSnapdragon端末では、Adobe PhotoshopやMicrosoft Officeを初めとしたWin32ソフトウェアとユニバーサルアプリをサポートし、Windows 10ゲームタイトルも動作するとしている。

Qualcomm Snapdragon 835 ~ VIDEO CARDZ
I heard Qualcomm is launching Snapdragon 835 at CES..



この記事ではテストボードでS821が使用されていたとのことですが、本番のメインはS835と考えられます。
複数のメジャーなOSで使われるS835ですが、プロセッサの広がりも含めて色々期待できますね。

関連記事
  1. 2017/01/04(水) 23:37:49|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<インド政府が「うちで商売したけりゃ巨額投資しろ」とアップルに要求 | ホーム | 1~3月期に対前年で更に一割のiPhone減産でじり貧・・・残り続ける6sシリーズの在庫、報告されるAirPodsの不具合と6週間もろくに生産しない品薄商法解除、CODECは相変わらず意地を張ってAACで>>

コメント

リンク先の北森瓦版さんの、ページ表示が速い速い、
プラグインとか広告の表示が遅いと言うよりも、
JavaScriptが基本的に、シングルで動作しているから遅い様な…

CPUの進化が鈍化して来た事だし、これからはJavaScriptの高速化に期待したい。
  1. URL |
  2. 2017/01/05(木) 00:33:46 |
  3. 小型スマートフォン支持派 #4CvyYIZI
  4. [ 編集]

830

そういえば、830はどうなったのでしょう?

835のSoC型番はMSM8998らしいのですが、この型番は830という噂だったような?

そしてx64トランスコード対応なはずの835…

もしかしてx64非対応版が830とかだったりして?…
(Win向けに835、Android向けに830とか?)
製品現物が出荷され詳細仕様がはっきりしないと噂は尽きない感じですね…
  1. URL |
  2. 2017/01/05(木) 00:43:36 |
  3. 姫 #Qgp/yXvw
  4. [ 編集]

かつてsigmarion2を使っていた私としては、フルスペックのWindows10が動くというだけで期待してしまいます。
まあメインとなるフォームファクタはおそらくスマートフォンやタブレットでしょうから、私が求めている、sigmarionや
モバイルギアの後継機となるようなHandheld PCが出ることはないでしょうけれど。
  1. URL |
  2. 2017/01/06(金) 00:10:39 |
  3. 普段はROM専門 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

>小型スマートフォン支持派さん
全く気にしていませんでしたが、言われてみれば確かに北森瓦版さんの所って表示が速いですね。
シンプルってやっぱり快適でいいです。
JavaScriptってマルチタスク化できないのでしょうかね。


>姫さん
実は私も「なんで830無いの?」って思っているクチです。
でも何故か835になってしまっているので、まあそれは
それでいいだろうって思うようにしています。
835が思わぬ形で世界デビューしちゃったのでもうどうしようもないとしか言えません。
数字は単に普通に正常進化しただけじゃないって表現として利用されているだけかもしれません。


>普段はROM専門さん
Sigmarionやモバイルギアなんて懐かしいですね。
NECはモバイルギアの財産を上手にSigmarionシリーズに引き継いだなと思います。
思うに、この頃から外に持ち運べる個人向けコンピュータの市場を醸成していたんだなってすごく感じます。
需要もZAURUSやCLIE等の競合としっかりと競争しつつ積極的に有りましたし。
  1. URL |
  2. 2017/01/06(金) 01:30:29 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

>鈴さん

去年の話になりますが、まだ830はスキップしてない
2017年後半になるとの噂もありました
http://www.techtimes.com/articles/187197/20161128/qualcomm-snapdragon-830-reportedly-not-scrapped-processor-scheduled-to-launch-in-second-half-of-2017.htm
  1. URL |
  2. 2017/01/06(金) 21:22:50 |
  3. b #FUfi/TkY
  4. [ 編集]

>bさん
あらま・・・、830はまだ生きていたのですね(;´∀`)
でも記事自体も「まだScrappedしてない」って妙に悲観的なタイトルだったりしますが・・・。
  1. URL |
  2. 2017/01/07(土) 03:48:43 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7104-4c606811
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。