鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ソフトバンクGがワンウェブで通信衛星720基を利用した低価格通信網の構築を計画、トランプ騙しの囲い込みの一手

ソフトバンク、衛星通信のワンウェブに10億ドル出資-筆頭株主に ~ WSJ
衛星通信の新興企業ワンウェブは、ソフトバンク・グループを中心とした複数の投資家から計12億ドル(約1400億円)の資金を調達した。この取引でワンウェブの企業価値は25億ドルと評価された。
ソフトバンクからワンウェブへの出資は19日中に正式発表される予定。ワンウェブは欧州航空・防衛大手エアバス・グループと生産に関する合弁会社の設立を決めており、2020年代初めまでに衛星640基の製造および打ち上げ能力を備えられるよう計画している。都市部を走る自動車、米国の農村地帯にある家庭や学校、世界中の新興地域へ高速インターネットを提供する考えだ。

ワンウェブ、ソフトバンクグループなどから12億米ドルの資金調達へ ~ SoftBankGroup
ワンウェブは、従来よりも低廉な価格で全ての人にインターネットを提供することをミッションに掲げ2012年に設立されました。同社の革新的な技術により、より低コストで迅速に大量製造できるような全く新しい衛星の設計と製造を実現していきます。同社の既存株主には、Qualcomm Incorporated、Airbus Group、Bharti Enterprises、EchoStar Corp.の子会社のHughes Network Systems、Intelsat、The Coca-Cola Company、 the Virgin Group、Grupo Salinas Companyのグループ会社のTotalplayが名前を連ねています。
低リスクの最新製造技術による低コスト化メリットと、衛星通信業界でも最速レベルのスピード、パフォーマンス、低遅延という特長をもったインターネットを全世界に提供するため、ワンウェブは、実現すれば過去最大となる720基以上の低軌道衛星で構成される衛星コンステレーションを構築することを計画しています。

私、これ見て一瞬「おおっ!すげーーっ、さすが目の付け所は孫正義氏!」って不覚にも思っちゃいました。

再度見直して・・・ここ。

>>実現すれば過去最大となる720基以上の低軌道衛星で構成される衛星コンステレーションを構築

はい解散。。。


何が問題かと言いますと・・・。

720基以上

もうアホでしょう。

GPSでも時期にもよりますが、待機中の予備衛星を含めて30~40基程度。
それも一時ロケット打ち上げの失敗などで危機的状況の時代を含めて何とか息をつないだ格好です。

衛星個数の維持を困難にしているのは、打ち上げ費用と衛星の寿命です。

打ち上げには多額のコストがかかる一方で、衛星の寿命はどんなに長くても精々10~15年程度。
年に2~3回も打ち上げられたら御の字で、それでもロケット一台を占有できたとしても打ち上げ一機100億円で、
日本でならH2Aロケットを使ったとして、通信衛星なら低軌道でいいので15t程度のペイロードを上げることが可能とします。

ペイロードの全部を衛星にすることは無理なので、詰め詰めに詰め込んでも24基程度ではないでしょうか。
それを年3回打ち上げるという有り得ない異常なペースで上げたとしましょう。

年間75基程度、それをミスなく10年間上げてやっと750基という・・・まー、有り得ない計算となっています。
そもそも10年持つ衛星ってそうないんですよ。大量に上げると大抵5年とかでそろそろ故障しちゃう
ものが出てきます。何故か?


宇宙って空気がないから色々と飛んでくるんですよ。
微細なチリから石っころや宇宙放射線など、まあ衛星にとっては過酷な場所と言えます。
1ミリの粒でも時速5~10万キロで飛んできたら、衛星を貫通するなんてことも余裕です。
それが運悪くたまたまリチウムイオンバッテリーを貫いたらどうでしょうか。

まあ衛星は数が増えるほど事故率が高くなります。
しかも通信衛星向けの1500Km以下の低軌道はものすごく混雑地帯で、宇宙物体との衝突で
壊れた衛星の破片等も大量に浮遊しています。なんとも危険な場所です。
それは減ることなく毎年どんどんと宇宙デブリとして増え続けています。



まーそんなところに将来的には720基ですってよ、奥様。
それで低価格維持ですって。

あちこちの企業から空き帯域を借りた方が絶対安くなると思います。
自社衛星を数百以上も維持とかアホのやることです。

そんなのたまたま太陽のご機嫌が悪くなったら終わりですやん。

まあ今は太陽の活動が大人しくなっている時期ですから、少しはマシかもしれません。
でも大規模な太陽フレア一発で、大気圏にはいない衛星に太陽風が直撃した場合、
最悪一気に大量に故障なんてことも有り得るわけで、まあ頑張ってやーとだけ言っておきましょうか。


ただWSJの報道では2020年までに640機を準備ということなので、100Kg~200Kg程度の小型衛星を
考えている可能性が有ります。そうなるとH2Aの15トンの低軌道向けのペイロードではもっと
大量に一度で上げることが出来ますが、一度事故ったらそれだけ被害がでかいわけで・・・w
金銭的には保険をかけているとしても、打ち上げスケジュールは・・・ねぇ。
その間も宇宙にいる衛星の寿命はどんどん削れているわけですし。

ちなみに小型衛星だと寿命がより短い・・・ってわけです。
10年も持たないのでは?寿命は5年?3年?
待機期間も有りますから運用可能期間はもっと短くなりますよね。
そうなるとどんどん上げ続けないと維持できなくなり、打ち上げ費用がかさむことになります。

スプリントで5000人、ワンウェブで3000人の雇用を生み出すということで、トランプを垂らし込んだようです。
どうせ盛りに盛った詐欺トークの連発だったのでしょうが・・・。

衛星なんて打ち上げペースと衛星の寿命のイタチごっこなわけですが、今後ソフトバンクが
どう動くのか興味深く見ていきましょうか。

関連記事
  1. 2016/12/29(木) 21:25:43|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<Android OSに感染し、WiFiルーターを攻撃するマルウェアSwitcher | ホーム | ソニーが2016-2020年VR市場でダントツ一位の30%のシェアを獲得>>

コメント

誤:さすが目の津sけど頃
正:さすが目の付け所

誤:GPSで期にもよりますが
正:GPSで期にもよりますが

ずいぶん飛ばしてますね。(記事も衛星も論調も誤字も)
そうそう、宇宙の話と言えば気が遠くなるほどの距離がそこにあります。
最も近い恒星でも4.3光年。光の速さでも片道4年。次は9.7光年。光の速さでも約10年。
もし光の速さで移動する場合、前方は絶対障壁の展開が最低条件です。
障害物の観測は役に立ちません。光の速さ同士(つまり秒速約60万キロメートル)で月に接触しても船に一切のダメージ無く破壊または弾き飛ばすことが必要。
宇宙とはそういうものです。

甘く見てるのかハッタリなのか無知なのか。
全部なのでしょうけど。
  1. URL |
  2. 2016/12/29(木) 22:24:51 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

>7SUXENさん
何時も誤字の指摘ありがとうございます。
今回もしれっとなおさせて頂きました。

衛星の維持は本当に各所が苦労している所を見てきていますから、
簡単に考えているとしか思えない孫正義氏の発想を見て「バカ発見」と素直に思ってしまいました。
ただでさえ宇宙デブリが増えて問題になっている通信衛星向けの低軌道に720基を維持とか
完全にキチガイとしか思えないことを平気で言っちゃう辺りが素敵過ぎです。
トランプ氏をそうやって騙して「マサ」を勝ち取ったのかなと思ってみたり。
トランプ氏もこんな簡単な嘘に騙されんなよと・・・(あ、当人は本気も本気かもw)
  1. URL |
  2. 2016/12/30(金) 01:12:18 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

ほら、気球はgoogleXがProject Loonですでに実用させて拡大中だからもっとでかい話ぶちあげないとって感じかとw
  1. URL |
  2. 2016/12/30(金) 07:01:28 |
  3. Nexus7持ち #-
  4. [ 編集]

 数などを論拠に疑問視しているようですが、むしろ少ない方ですね。
 ライバルのSpaceXは数千機ですよ。(超小型)
 数百数千になると量産効果も出るので、一般的な衛星コストも当てはまりません。用途が同一ですからね。

 テブリもあまり問題になりません。小さなものはこのような低軌道では薄い大気の層との干渉で燃える(蒸発する)かすぐ落ちます。
 まあイリジウムで衛星同士の衝突をやってますが。軌道はもう少し上で、確か一方はソ連の軍事衛星でしたか。
 たぶん同じくらいのところをISSが回ってますよ。衝突も加味して設計するなり予備をおくなりするので、その程度は批判点には当たりません。

 ソフトバンク憎しは結構です。わたしも好きじゃないですしね。
 ただワンウェブのプランは別に非現実的ではないです。

 対抗にSpaceXもいるように、ロケットの民間移転と似ていて、インマルサット、インテルサットのような半官半民通信衛星サービス市場、イリジウム市場を含めて、完全民間で独占しようというあたりなんでしょう。(と言っても挙げたインテルサットもワンウェブの出資者ですが)
 一度独占してしまい、インフラとして必要不可欠とされてしまえば長期間に渡ってぼろ儲けですからねえ、金があるところはチャンスと見るでしょう。
 また現状はクソ遅いので、インフラの整っていない地域、海上などでは重宝されると思いますよ。
 インフラの整っていない地域ではこれをバックボーンとして携帯電話事業まで手を出すらしいですしねえ。短期的には嬉しくも、長期的にはこれをやられた国は厳しいことになりそうだなあ。

 ビジネス的にイリジウムの二の舞という懸念は確かになくはないですが、まあソフトバンクばかりに注目せず二社のプラン出資者を振り返ってみてもいいと思いますね。
 ソフトバンクなんて遅れてきた出資者ですよ。先にSamsungが出資しているくらいです。確かGoogleはSpaceXの方に同じような額を出資したかな?

 金がある、調達できるならよい投資先だと思いますね。
 もちろんリスクはありますが、先行出資者を鑑みたり、他の出資先のリスクやリターンを考えればね。

 投資家としての孫正義はいままで成功者と言ってよいでしょう。
 今回は失敗するかもしれませんがそれは失敗してから批判なりされるべきもんで、現段階での批判はやっかみにしかなりません。
 わたしも嫌いですがね。よく金を集めたな、よくこの額の投資を受け入れさせたなと感心しつつ呆れてるのが正直なところ。
 トランプに雇用面での貢献者としてマサとアナウンスメントさせてますしねえ、これはトランプだからとも言えますが次期大統領にああ言わせたのも素直に驚きました。
 携帯電話事業ではクソのくせしてなあ。このおっさん、インフラを押さえることはえらくうまいよなあ。(ARMもその一環なんだろう。いまでも投資先としては悪くないけどいくらなんでも高過ぎだと思うがはてさて)
  1. URL |
  2. 2016/12/30(金) 08:42:37 |
  3. ろむ #-
  4. [ 編集]

ワンウェブのアーキテクチャだとそんなに高速通信は望めないと思うのですがどうなんですかね?
てか、衛星を経由する時点でタイムラグが発生するのに更に間にターミナル(基地局)が挟まるとなると...
それからソフトバンクが絡むとなると後始末が心配になります。
衛星上げっぱなしで放置は勘弁してほしいかな(^_^;)
  1. URL |
  2. 2016/12/30(金) 11:40:51 |
  3. YASU #eAb5nx9M
  4. [ 編集]

無駄に長いけどろむさんの仰ることが至極現実的だ。
また現実問題沢山上げなきゃ速度が出ない、従来の衛星通信と同じなら既にあるんだからそれをやる意義はないだろう。

成功の可否でソフバンが批判されるのは適当じゃない、というか主体者じゃない。

2番手は必要無いから最初に整えたものが実質権利を得る。
そもそも成功が約束されてるんなら顔本でもググるでも数千億、それ以上の金をポンと出す、当たり前だろう。
  1. URL |
  2. 2016/12/30(金) 14:48:16 |
  3. む #-
  4. [ 編集]

> テブリもあまり問題になりません。小さなものはこのような低軌道では薄い大気の層との干渉で燃える(蒸発する)かすぐ落ちます。
> まあイリジウムで衛星同士の衝突をやってますが。軌道はもう少し上で、確か一方はソ連の軍事衛星でしたか。
> たぶん同じくらいのところをISSが回ってますよ。衝突も加味して設計するなり予備をおくなりするので、その程度は批判点には当たりません。

ISSの軌道は超低軌道で400kmぐらいじゃなかったかな?
空気抵抗がソコソコ有るため定期的に大きなエンジン噴射して加速していたはず。
それより高いイリジウムの高度(700km)でも放置で落下するまで20年ぐらいかかるのでそれよりチョット上の熱圏より高高度になるワンウェブで自然落下に期待するってのはどうなんでしょうね?
まあ、一応登録されている飛行体の軌道は把握されているので制御できれば避けることも可能なんですが...

そうそう、HTVがデブリ補足実験をやることも考えるとヤバイ状況なんじゃないんですかね?
  1. URL |
  2. 2016/12/30(金) 19:09:52 |
  3. YASU #eAb5nx9M
  4. [ 編集]

取り敢えず事実と違うことだけ突っ込んでおきます。

http://japanese.engadget.com/2016/11/18/spacex-4425-1-800/
http://gigazine.net/news/20161118-spacex-satellite-internet/

>>ライバルのSpaceXは数千機ですよ。(超小型)

engadgetの記事に以下の記述が有ります。
>SpaceXの計画で使う通信衛星は小さなものではなく、重さは400kg弱にもなるとされます。これを高度1150~1325kmの高さに打ち上げます。

400Kg弱と言えば、私がソフトバンクの衛星で想定した500Kgと比べれば多少小型では有りますが、決して超小型ではありません。
200Kg台や300Kg台の衛星というのも普通に存在していますし。
この重さの衛星を4425基もどうやって上げ、その数を維持し続ける積りなんでしょうかね。
5年で上げるとのことですから一年で885機ペースで上げないと間に合わないので、日割りで毎日2.4基はあげないと
いけないのですけど、どうやって揃える積りなんでしょうかね。
一週間だと17基、毎月73基、SpaceXのあの飛行機を使ってあげるのでしょうかね?
私は衛星自体の費用よりもうちあげに対して費用も時間のスポットを当てています。
衛星の費用を考えない人は少ないですし、計画して実現すれば可能ですが、打ち上げは事故が常に付きまといますからね。

ちなみに9月1日にはFacebookの衛星と共に打ち上げ時にロケットごと燃えてしまっています。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/idg/14/481542/090500268/

SpaceXは開発速度はそこそこ早い方だと思いますが、その分事故も山盛り起こしています。
どこでスポンサーが限界に突入するかという問題も有るように思います。

地球のどこでもGbitクラスの通信が出来るのは魅力だとは思いますが、その為にかかるコストが膨大すぎると思います。
結局マスエリアは地上回線に低価格で押さえられ、衛星回線はそれとコスト競争して魅力ある価格を提示できなければ
じり貧に追い込まれるだけだと思います。

SpaceXに加えてワンウェブとも客の食い合いになるわけで、インマルサットやイリジウムなどの既存回線との競争も
有るので決して楽な競争は出来ないんじゃないかなと思います。


恐らくソフトバンクはこの先もまだまだ数千倍に通信が増えることを前提に動いているのだろうと思いますが、
私はそろそろ通信のデータ容量の増え方は落ちていくと思っています。

2Kや4Kの動画以上は恐らく必要とされないのではと私は思っているので、今後数十倍の要求は有ったとしても、
極端に通信需要が増えていくことはないと思っています。

勿論地上系の状通信回線の容量アップはされますし、マス需要はそこに吸い込まれるだろうと考えています。
地上系の回線の方が遅延も含めて圧倒的に使いやすいわけで、数千って・・・地上に鉄塔を立てる感覚で考えて
いるとすぐに焦げ付いてしまうんじゃないかなって気がしています。
  1. URL |
  2. 2016/12/30(金) 21:06:28 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

どっちも正しい。
ろむさんの情報は発表が去年であるというだけ。

小型ではそれが実現出来ないと断念したかどうかは兎も角。
400kgなんて中型?にカテゴライズされるだろ。
  1. URL |
  2. 2016/12/31(土) 14:37:43 |
  3. む #-
  4. [ 編集]

よいお年を

>2016/12/30(金) 11:40:51 YASU #eAb5nx9M
 インマルサットなどがクソ遅いのは設計の古さもありますが静止衛星軌道と離れているのも要因です。これだけで0.5秒遅延ですしねえ。
 たしかkbpsオーダーくらいじゃなかったかな。次世代はMbpsクラスらしいですがバンドが違って互換ないはず。3G/4Gと似てますね。
 減衰も拡散も少なくすみますしね、他の都合を無視するなら低ければ低い方が速度には都合がいいです。また、衛星一つにぶら下がる端末数を多数の衛星を用意することでの分散も狙ってんでしょう。

 他方、当時高速と謳われたイリジウムの速度のショボさを思い出せば(イリジウムは現行ですが)、軌道高度だけで決まるわけでもありません。先ほど挙げたような多数衛星による分散や、素人にはわからない技術的な発展もあるのでしょうな。
 次世代インマルサットの高速化あたりを調べるとわかるんじゃないかと思います。しかし周波数上げると曇っててネット繋がらねーとかにならんのかしらどうなのかしら?

 遅延は仕方ありませんが、比較対象がネット途絶地か、ISDN並のイリジウムか、比較にならないほど遅延する静止衛星かですからねえ。
 地表施設の光ファイバーと競争するわけじゃないので、全く問題にならんでしょうな。
 次世代インマルサットが高速と言っても0.5秒縛りは変わりませんしね。緩和するために衛星の中にCDNのストレージ抱えてたりするんかいな? どちらにしても競争のレイヤーが違うんじゃないかと思いますね。

 また運用はソフトバンクではありません。
 ソフトバンクは出資者の一つでしかありません。しかも遅れてきた出資者です。額はそこそこ巨大ですが設立時からでない点で劣ります。
 衛星放置などにはまずならないでしょう。運用がたとえソフトバンクだったと仮定しても、許されるもんじゃありません。かつてイリジウムで計画に挙がったように落としてしまうでしょうね。小さいので確実に燃え尽きることもありお手軽です。
 まあ、日本国内の販売代理店はソフトバンクのみになるでしょうから、その面でどんな商売をするのかの懸念はありますが、国内は固定も携帯もインフラが十分あるのではてさて。(三大キャリアで衛星通信通話代理店でないのはソフトバンクだけではなかったかな? 一般にはさっぱり売れませんが、政府自治体などに食い込むよい商材なのでその面を得る投資の面もあるのでしょうな)

 ソフトバンクはエリア面で劣ると散々叩かれているわけですが、ワンウェブをバックボーンにできるのはソフトバンクだけと画策するでしょうから、存外逆転するかもしれません。
 何年先になるかはわかりませんが(笑)

>2016/12/30(金) 14:48:16 む #-
 金はあったらあったで運用しなくてはならないですからね。
 借金もなく全額自己資金ならともかく、ソフトバンクは有利子負債抱えてますし、みずほも自分の金ではないですから。

 まあこの投資が失敗しても心の中でバカにして嘲笑するくらいがせいぜいですな。
 規模は全く違えど、個人がFXや信用取引で株をやるのと大差ありません。どの程度どこに投資してギャンブルするのかは投資家の自由で自業自得です。
 この場合道ずれになるみずほをどう見るかですが、彼らは彼らで孫正義の投資眼なり知名度(次期大統領にマサと連呼させたのはビジネスでは凄いことですよ。トランプだけどね)なりを得ているわけで、まあ一蓮托生、自業自得は変わらんでしょう。

>2016/12/30(金) 19:09:52 YASU #eAb5nx9M
 ありゃなんか思い違いしてましたか。ttps://en.wikipedia.org/wiki/OneWeb_satellite_constellation うぎゃ、1200kmか。700km位だと思いこんでました。(うわあ、まさかマイルとごっちゃにうろ覚えたのかもしれない)
 まあでも退役後25年で落とすと書いてあるので対応は並ではないですかね。(うーんSpaceXは一年で落とすとか見たような気もするけど、かなりのうろ覚え)

 デブリもビジネスする以上勘定に入れてると思いますよ。そう簡単にやられないようにできる防備はするでしょうし、ご指摘通り大きな飛翔体は把握されているので事前に軌道を変えたり、やりようはいくらでもありますからね。
 あと1200kmなら大したことないんじゃないかなあ。700kmあたりはかなりひどいことになっているみたいな記事を年初に見たような記憶が…。
 ましてや単一衛星運用でないからこそ代替も利くわけで、ユーザーもあまり不便しないんじゃないかな。

 一般的なデブリ問題はあるでしょうね。
 将来国際的に軌道利用料金を徴収し、公の機関でのデブリ除去事業費とかになったりするんじゃないかなあ。(SFくさい) まずその技術が確立しないと話になりませんけど。いやむしろ政治かな。
 いざ負担となると、きっとこのブログ的にわかりやすくたとえれば、ユニバーサル料金のようにユーザーに分担負担になるんだろうなあ。(ひどく悲しい現実に似た構図)

 HTVの実証試験は聞いたときなんじゃこのSFガジェットは!とは思いましたね。
 ローレンツ力と分かるとどれほどの出力か知んないけど、それ実効的なんだろうかー。HTV落とすときのおまけ実験なんではー。でも現実にデブリ除去を行うなら、物理運動では単に力業になるから、方向性としてはこれしかないか? いやレーザーが本命じゃないのか? でもレーザーはアメリカのために誰もやらないことが暗黙の了解になっていたはずだからなあ(笑)
 成果があることを願ってます。デブリ除去面はもちろんですが軌道要素を公開している衛星はともかく、秘匿している軍事衛星をデブリと見なしてうっかり減速させたりしちゃったりしたらと考えると楽しいので。まじめに言えばかなり高度なランデブー技術、紐を長く伸ばした状況そのものの制御能力など、他の要素技術獲得にも繋がると思うので。
 実運用できるのは早くても10年じゃ足らないでしょうが、要素技術獲得の方が正直おいしいと思います。

>2016/12/30(金) 21:06:28 鈴 #GpEwlVdw
 んー、思い違いかなあとttps://en.wikipedia.org/wiki/SpaceX_satellite_constellation見ましたが「100-to-500 kg」とありますね。ただttp://fortune.com/2016/11/17/spacex-satellite-network-fcc-global-internet/など見ると、「850 pounds (386 kg), SpaceX said.」とあったので超小型とは言えませんね。小型と言い直します。
 ただ勘違いされているようですが、数千機全機を運用しないとサービスできないわけではないのでは? 仕様的にワンウェブと変わりないので、同等のサービスなら同様の数で十分開始できるでしょうねえ。その上であれだけの数を言うのは、AESAでフォーミングできるので数上がれば速度も上げやすいというあたりでしょう。まあ利用技術はAESAそのものじゃないかもしんないけど。
 スケジュール的なところは宇宙関係はザルなのであまり気にしても仕方ないと思いますねえ。ライバルより先にサービスインすればいいだけですから。
 コスト面はだからこそ打ち上げコスト低廉化に誰もが血道を上げているわけなんですが…。
 SpaceXなんてコストがかかることが分かっているからこそ、第一段の再利用なんてやってんですよ。こんなの最初はバカ技術、できやしないと一部では叩かれたくらいなんです。ちょうど鈴さんがいまこうしてワンウェブやSpaceXを叩いているようなのと同じ感じですね、この感じデジャブあります。

 えー? ファルコン9が事故山盛りですか? 凄い評価をしますね!? H-IIA/B単体ほどじゃないですが、H-IIシリーズ全体の打ち上げ成功率と遜色のない実績を残しているロケットにそんな評価は初めて見ましたよ。
 と言っても、第一段回収失敗を誤認しているんでしょうけどね…。

 ワンウェブとSpaceXはライバルですが、インマルサットやイリジウムがライバルですか? どの辺がライバルに足るのでしょうか…。用途が全く異なるか、同用途でもスペックに大きな差があると思うんですが。

 通信量はまだまだ莫大に増えますよ。日本国内のしょぼく狭い市場はおっしゃるとおり鈍化も起こりえるでしょうが。
 ネットに繋がることのできる人は世界の半分にもまだなっていないですし、ブロードバンド人口なぞまだまだとんでもなく少ないですよ。

 坊主憎けりゃ袈裟まで憎いになっていませんかね?
 見解が異なる点はまだしも、ファルコン9が事故山盛りはさすがにね…。

>2016/12/31(土) 14:37:43 む #-
 国際的に決まっているようなものじゃないのであれですが、その重量だとだいたいの国で小型の中ですかね。

 さていまの段階ではドコモなりauなりが対抗してSpaceXに相乗りしないのか?と言うところに興味があります。
 一社独占より二社の方が競争になる、バックボーンを多重化して地震などへの強靱度を上げるなどなど。(そういえば地震保険が上がりますな)
 遅きに失しますが、投資先に悩んで野菜売り始めるよりはいまからでもよほど将来性はあると思いますねえ。
  1. URL |
  2. 2016/12/31(土) 15:28:38 |
  3. ろむ #FWIx77Kk
  4. [ 編集]

>ろむさんの情報は発表が去年であるというだけ。
既に新しい情報が出ているのに、ここでわざわざ古い情報を出す必要もないですし、
それを胸張って正しいと重ねて主張する必要もないでしょう。
私なら「新しい情報が出ていたのですね、すみません」か、「新情報をありがとう」と言いますがね。

「発表が去年だから超小型で正解だ(えっへん)」なんて間違っても言いませんよ、私ならね。



というかそもそも超小型で大量に衛星を上げて網を構築するという当初の想定が既に崩れてしまってるって事ですわな。
む氏も言っている通り、400Kgって中型に相当するレベルなんでしょ?
重くなっても量産したら確かに値段は下がるでしょうけど、重くなると打ち上げコストにまともに響きますし、
一度に上げられる数が減りますから回数重ねて上げる必要があり、事故率も急上昇です。
そんなんで4424基という数字はそのまま維持なんですから、現段階ですら当初からの計画が大幅に狂ってるんじゃないかって気がしますね。
果たして4000基以上の衛星をまともに維持できるのか、見ものです。
  1. URL |
  2. 2016/12/31(土) 15:38:38 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

>Nexus7持ちさん
Loonって既に実用になって拡大していたのですね。
発表が有って以来存在を忘れていたので、現状どうなっているのか知りませんでした。


>ろむさん
二つ分をまとめます。

サービスとしてはSpaceXとワンウェブは直接競合するものと思いますが、衛星の数は同じとは思えません。
だって一つのアンテナの照射ビームの範囲とか、設計が同じとは限りませんから。
だからこそ"超小型"で出力やビーム、寿命を削ったものを大量に上げるという事じゃないかなと思うのですけどね。

engadgetの記事には以下の記述が有ります。
>>SpaceXがFCCに提出した資料によると、打ち上げの最初の段階ではまず800基の衛星を打ち上げ、
>>北米を中心とした衛星インターネットプロバイダーサービスを開始するとのこと。
800基で世界北米をカバーとのことですから、やはり全球を覆うには4425基が必要になるのでしょう。
このことでワンウェブとそもそもの設計思想が違うのだろうということが伺えます。

確かにファルコン9に限れば事故の回数は知れています。
ただこの9月の事故をどう評価するかでしょうね。
http://news.mynavi.jp/series/falcon9_anomaly/001/
打ち上げ前だから打ち上げ失敗じゃないと主張されたら「ああそうですか」としか言いようがないですが、
この事故から色々ずさんな体制が見えてきているのも確かで、私はたまたま事故が起きていないだけの
部分も少なくないと思わざるを得ません。

それに去年の6月、今年の9月と毎年事故が起きていることも捨て置けません。
初号機からの事故利率で考えると確かにH2シリーズと比べてもそう大きく遜色はないのかも知れませんが、
ここ最近に限るとこの事故率では来年は安心とはいいがたいのではないかなと。
少なくともISSの補給機ベースで考えるならばH2B+こうのとりが無いと現状成立していないでしょう。

確かに洋上での回収失敗も事故のカウントに含めてはいますが、打ち上げに関しては先の9月の事故の
衛星を積んだままやって全部燃やしちゃうという失態の方が私にとっては印象が強烈です。

通信料の鈍化は確かに私は国内に限って・・・というか先進国に限っての意見であることは否めません。
そういう意味では途上国の通信料の増加は確かにまだ数千倍のパイが有るのかも知れません。
ただモバイルバックホールとしては、通信自体は早くても、それまでのレイテンシがかなり使い勝手を
損なうことになるので、結局途上国も発展した都心部はファイバーを引いて高速化するだろうという読みです。
多大な情報量はファイバーが受け持ち、通信料が少ない広い面展開には衛星バックホールという構成になるだろうと。
そうすれば多くの人のアクセス時のもたつきが解消され、ユーザーの使用感がぐっと向上するだろうと思っています。
その状態で、どこまで莫大な通信量増を期待できるのかは未知数じゃないでしょうか。
そもそも衛星バックホールはGPSと同じで、構想物件の多い都市部の通信には余り向かないと思いますし。

>「850 pounds (386 kg), SpaceX said.」
なるほど、400Kg弱ってことで正解ですか。
納得です。
そうなるとむ氏の発言が梯子が外されてややこしいことになりますね。

>コスト関連
私は宇宙技術のコストが下がることは結構なことだと思っていますし、是非実現してほしいですが、
思ったほど下がらないのでは?と考えている派です。
最終的には事故率を考えると宇宙エレベーターには敵わなくなるだろうと。

それに通信に限ると、結局最終的には光ファイバーなどの有線・無線の地上系にが勝てないと見積もっています。
インテルが色んなアーキテクチャーを試して結局86系のコードを切り捨てられず、
最終的に残ったのはそれだったみたいなことが、通信の世界でもありうるなと考えています。
地上系はやっぱり確実なんですよ。そことのコストダウン競争に宇宙がどのぐらい頑張れるのかなと。
打ち上げという不確定要素を排除できない以上、私は光ファイバーを擁する有線・無線の地上系とは相当厳しい戦いになると考えています。
  1. URL |
  2. 2016/12/31(土) 16:43:16 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

>YASUさん
結局はpingをどこまで頑張れるのかってことですよね。
LTEではpingを徹底的に下げることで快適性を確保したはずなのに、
宇宙は広域カバーというメリットの為にpingは捨てたような仕様ばかりですからね。
宇宙の「ゆっくり待つ」という速度感は、少なくとも慌ただしく忙しい都会の人には向かないような気がしています。

ISSってそんな高度を飛んでいたのですね、地球が綺麗によく見えるわけです。
落ちてこないように時々加速しているってのは初めて知りました。
加速しすぎてどこか飛んで行ってしまったりして(;´∀`)
  1. URL |
  2. 2016/12/31(土) 16:48:27 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2017/01/04(水) 11:58:14 |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7097-f36afcfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。