鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ISDNのサービス終了に向け、各モバイルのMVNO達が代替サービスで狙いを定める

サービス終了迫るISDNの代替サービスが続々登場 ~ IT Pro
2020年度後半以降にISDNのデータ通信サービス(INSネット ディジタル通信モード)が終了することを受け、ISDNの置き換えを狙うサービスが相次いでいる。目立つのがMVNO(仮想移動体通信事業者)によるモバイル回線を使った代替サービスだ(図1)。日本通信は「モバイルISDN」を2016年9月28日に提供開始。パナソニックは「ISDNマイグレーションサービス」を10月7日に開始した。

終わるんですね~、ISDN。

いんす(INS)なんてNTTの人は呼んでいましたが、もう聞かなくなってどれだけ経つでしょうか。
ISDNはADSLがきて一気に消されてしまったかわいそうな規格でしたが、出た当初はアナログ
モデムを押し切る勢いで期待されていました。9600bps(くんろく)やら14400HST(いっちょんちょん)
なんて言っていた時期だったと思います。

ISDNが出てからもアナログモデムは56Kbpsなどが出てきて抵抗を続け、結局ISDNの時代に
なりきらないままADSLの時代になってしまいました。

でもISDNは128Kbpsの帯域保障がされていたのと、それが距離に影響されないという如何にも
日本らしいというかNTTらしい規格で、仮に引けたとすれば山間部の民家ですらそれが保障
されていました。ADSLにはない特徴です。

しかし結局は帯域保障をしないことでピーク性能を上げたADSLの方が人気が出てしまい、
そのままISDNは一部で使われ続けるだけになってしまいました。

その一部がこの記事に書かれている代替サービスが狙っているものです。
ガス漏れや何らかの監視装置など、特に企業が出している様々なサービス向けに出している装置がメインです。

そういう装置はピーク性能よりも安定した通信と帯域が保証されていることのほうが大事である
ことの方が多く、ISDNはうってつけだったのです。NTT的には狙いが当たった格好です。

NTT系では2002年に一足お先にサービス終了したキャプテンシステムなんてのがありましたが、
こちらは官製インターネットと言っていいようなシステムでしたが、ISDNはNTTが完全に土管屋に徹した
キャプテンとは対照的なサービスでした。商材は通信品質のみという分かりやすいサービスです。

ISDNは良くも悪くもNTTらしく、速度とリーチの安定性は抜群なサービスでした。
それもこうしてベストエフォートなサービスに取って代わられますが、そのベストエフォートな
サービスの方が桁違いと言うか、単位違いにスピードが速いのは時代が違うとは言え、
時代の流れを感じます。


そのISDNの代替を狙っているのはモバイルサービスのMVNOというのですから、皮肉なもん
だなと思います。NTT自ら代替のサービスを提供するのではなく、あくまでもNTTは系列の
ドコモを含めて時間薬で移行を待ってサービス終了させたいと言う消極的移行を狙っています。

逆にNTTではないMVNOの方は、あくまでもビジネスの顧客獲得としての視点です。
一度入ることが出来れば長いですからね。
家を建て替えるまで、引っ越すまで、何年も安定して契約を続けてくれるので有り難いのです。

内容はシリアル端子がMVNOの端末に出ているで、シリアル端子をさす相手をISDNのTAから
MVNOの端末に入れ替えればいいと、簡単。


Willcomが発表したモバイルWiFiルーターの原型が、今はもう当たり前の世界となり、
そこでプロトコルチェンジする機器が重宝されるようになりました。
WiFiももう長きに渡って使用されている規格ですが、この記事で扱っている
ISDNはそれ以上に長い期間行われてきたサービスです。

一度作られた規格やサービスを入れ替えるのは、各家庭に散らばってしまっているので
やはり難しく、こういった主流のプロトコルに変換するサービスは今後もまだ必要なの
ではと思います。

終了するプロトコルを一つづつ主流のサービスへと接続していけば、最終的にはどんな
機器も一つのプロトコルで維持し続けることが可能になります。

そうやって社会にある無駄なコストを徐々に下げていくことはバカに出来ない需要を
生み出すのかもしれません。MVNOは敏感にそれに反応しているのだと思います。
あらゆるものを携帯回線にプロトコル変換していくことになるのではないかという気がします。

関連記事
  1. 2016/11/11(金) 19:45:34|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<Googleがブートローダーアンロック済み端末をAndroid Pay対応から除外、root化と同じにみなす | ホーム | 名物創業者なきアップルのビジネスCEOの言葉に感動できる人はどれだけいるのか、変化出来ないアップルは望まれた形なのか>>

コメント

一般家庭では完全に消えているとは思いますが、速度は要らないけど安定性が必要な通信を必要としている企業とかでISDNって利用されてたりしないんでしょうか?安定感では劣るモバイル回線が代替出来るんですかね?

そういえば公衆電話にもISDN使えるのがあったと思いますが、あれまだあるんですかね?時代がどんどん変わると古いインフラも入れ替わるのは仕方ないですが、何となく哀愁を感じてしまいます。
  1. URL |
  2. 2016/11/11(金) 22:32:33 |
  3. 空耳 #-
  4. [ 編集]

勘違いだとは思いますがV90、56Kです
ISDN懐かしいです
(日本の代理店が)倒産品のZyxel omniTA128にメルコのDSU
MPで繋がってたのに気づかなかったandシリアルは高速シリアル
ドライバーで384kにしたなど良い思い出です
G4FAXとかどうするんでしょうか?

その後、孫が(本格的に)始めたADSL事業を信じられず「次世代は光だ!」
などと思ってましたが賃貸ゆえ引けず結局ADSLを導入しました
NTT局舎から直線距離で200mな立地ゆえか正解でしたが
  1. URL |
  2. 2016/11/11(金) 22:58:18 |
  3. morgan #JalddpaA
  4. [ 編集]

昔はISDN対応の公衆電話でパソコン通信(死語)をしているとおまわりさんに職務質問されたなんてことを聞きましたが・・・
これも時代ですかねぇ、専用線が引けない企業ではホットスタンバイとしてISDN対応のルーターを使用するのはある種の
定石といっても過言ではない時代もあったのですが。
(各種ルーターにISDNポートが有りましたからね)

自販機の販売状況通信はFOMAで行っているものがあるのでこちらに移行するのかな?

個人で使った初めて使ったAtemIT65ProとISDNライト回線(+128K通信)はいい意味でカルチャーショックでした。
  1. URL |
  2. 2016/11/11(金) 23:03:12 |
  3. ATARIman #Y2n9T2rA
  4. [ 編集]

当時の勤務先で通信機器を扱っていた関係で事務所に入れましたが、G4 FAXもデジタル専用の電話も凄く
高かったと思います。
まだモデムも2400が精々(それすら接続先が限られる)の時代だったので、個人では手も出ないし必要性も
感じられなかったですね。
パソコン通信が主流になり、アナログモデムより速いとかアナログ2回線より安いということで漸く活路が
開けて随分普及したようですが、結局個人で導入することはありませんでしたね。
おかげで眉に唾付けてYBBを待ち続けることができましたがw

クレカのオーソリとかD-chパケット使ってたと思うのですが、どうなってるんでしょうね。無銭では不安でしょうし。
  1. URL |
  2. 2016/11/12(土) 02:39:08 |
  3. Beep #-
  4. [ 編集]

>空耳さん
今で言うIoT的なもの、例えば雨量計とかそういう感じのものでISDNで接続された
ものが有ったように思います。送るデータ量なんて提示連絡のみで知れていますしね。
確かISDN対応の電話ボックスは数年前に見かけたように思います。
灰色の電話機でしたよね、ボックスにISDNってでかでかと書いた(笑)
さすがにもうないかなぁ・・・。

>morganさん
お恥ずかしい、56K修正しました。
ZyXEL・・・懐かしいです。
私、ZyXELの14400bpsのモデム、液晶つきの平べったいやつを使っていました。
いつの間にか倒産していたのですね、なんか寂しい。
G4はG3に落とすか、メールやファイル転送に切り替えるしかないでしょうね。
FAX需要は落ちているとは言え、根強いのは困りものです。
NTT局舎200mは超当たりじゃないですか。
おめでとうございました(笑)

>ATARImanさん
ありましたね~、ISDN公衆電話内でPCやってた人とか。
あの形が映画のハッカー的な人の代名詞になった気がします。
貧乏企業では128Kbpsは十分に専用線代わりになりましたし、
1.5Mbpsの方を引けばそれこそ専用線と比べても相当
お買い得価格だったように思います。
そういう意味でもISDNはカルチャーショック的存在でしたね。

>Beepさん
結局個人に普及したのはほんの一部のマニア層だけでしたね。
自慢げに晒していた人もいましたけど、ほんの一部の人しか使ってませんでしたしね。
D-ch・・・そんなのがありましたねぇそういえば。
Squareとかありますし、もう代替しても大丈夫な時代なのかもしれません。
  1. URL |
  2. 2016/11/12(土) 06:06:31 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

総務省、NTT、ソフトバンクの契約数を見る限り

ADSLとISDNの契約数は共に300万前後、サービスの終了時期が同時期に成りそうなのも納得の数字ですね。
  1. URL |
  2. 2016/11/12(土) 11:23:02 |
  3. 小型スマートフォン支持派 #.OBXT/0w
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7041-7c37048f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。