鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

初代のドコモ絵文字がニューヨーク近代美術館に収蔵されることになったようです

絵文字という概念を生み出したのは日本でありドコモであるのですが、そのドコモで
絵文字を生み出した栗田穣崇氏が、初代のドコモ絵文字がニューヨーク近代美術館に
収蔵されることになったことを報告しました。


ちょっと用事があった間にこの話題に出遅れたのですが、とりあえず触っておきます。

この絵文字から各キャリアの絵文字に繋がり、最終的にはUNICODEに採用されるまでに
なったのですから、我々は規格の始まりから標準化までの過程を見てきたことになります。

PC中心の時代には、日本がデファクトスタンダードを作り上げるのはそう多くはなかったのですが、
携帯・スマホの時代になって、着信メロディや携帯メール・カメラ・生体認証・お財布機能など
今の携帯で当たり前と思われている機能の多くは日本発のものが多く、アメリカ主導だったものが
携帯時代には日本主導になりました。我々は貴重な機会を見てきたんじゃないかなと思います。


ただ、スマホ時代になるとそれまでの勢いがちょっと風向きが変わってしまったように思いますが、
その最新のスマホでも、やっぱり日本初のものがたくさん盛り込まれているのは確かだと思います。

それを思い起こさせてくれる発表でした。

関連記事
  1. 2016/10/30(日) 21:13:19|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<MozillaがGeckoの次の世代向けの64bit時代の新レンダリングエンジンであるQuantumを発表 | ホーム | Xperia XZとXperia X Compact、ドコモとauが一斉発売・・・そしてソフトバンクも[11/2発売確定]>>

コメント

改めてガラケー時代の機能は先を行き過ぎていたんだなと感じますね。デバイスが携帯電話からスマートフォンになろうと実はそこで実現されている機能はリッチになっただけで基本はあまり変わってないので。

もう少し日本人は日本がクリエイティブな国であるという事をしっかり認識して自信を持ってもいいんじゃないですかね?別に偉そうにしろうというのではなく、何でもかんでもアップルがやればすげーみたいなアホな思考はもう必要ないと思います。

機能がほぼ出揃い行き詰まり感のあるスマホですが、次のステージを切り開くのはきっと日本だろうと期待しています。
  1. URL |
  2. 2016/10/30(日) 21:41:13 |
  3. 空耳 #-
  4. [ 編集]

>>空耳さん
>アップルがやればすげーみたいなアホな思考はもう必要ない
ところがまだまだ存在する信者たちはアップルがやることは正義、みたいな思考の人が掃いて捨てるほどいるわけで。
いつまでしがみつくのでしょうかね。

そういえば7の発表会で、それまで沸き立っていた観客が「FeliCa」を聞いた瞬間静まり返ったという話があります。
日本以外は関係ないし意味不明ですからね。

>>ALL
http://gigazine.net/news/20160916-ifixit-iphone-7-plus-teardown/
基本設計が変わったそうですが、大半のユーザーには見えないし、実感する術もありません。
ほとんどのユーザーは概観だけで「変わった」ことを判断します。
ニュースサイトによる内部設計でアピールなんて、ほんと「打つ手なし」の手詰まり感甚だしいです。

http://gigazine.net/news/20160916-ifixit-iphone-7-plus-teardown/
さらに数字隠しにも指摘が入りました。
当然ですな。
  1. URL |
  2. 2016/10/31(月) 06:05:35 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7026-abee12f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。