鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

アップルは3期連続の減収減益、iPhoneは販売台数減少、AppleWatchは対前年で7割以上減少の壊滅状態

アップル、「iPhone」低迷で減収減益--第4四半期 ~ CNET Japan
手放しで「iPhone」が成長し続けたAppleの絶頂期に陰りが見え始めている。
AppleがiPhoneで苦戦していることは、同社が米国時間10月25日に2016会計年度第4四半期決算(9月24日締め)を発表したことで、誰の目から見ても明らかとなった。iPhone販売台数は3四半期連続で前年割れし、この大ヒット製品の年間販売台数は2007年の発売以来初めて、前年を下回ることになった。

アップル、7-9月iPhone販売は3四半期連続減 予想は上回る ~ ロイター
[25日 ロイター] - 米アップル(AAPL.O)が25日発表した第4・四半期決算(9月24日まで)によると、スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の販売台数は4551万台となり、アナリスト予想平均の4480万台を上回ったものの、3四半期連続で減少した。

アップルの主力製品のiPhoneが売れない。

前年の4800万台から4550万台まで落ちました。
ちなみに前年は9月24日締めですのでiPhone 6sの数字が入っていないことになるわけですが、
2015年9月25日発売のiPhone 6sはカウントされないと思われますが、2016年9月16日発売の
iPhone 7は16日~24日までは反映されるますね。

去年よりも有利な条件なのに対前年で減少しているのです。
さてどうしたものか。

ちなみにクック氏の言葉は
ティム・クック氏「作るものがすべて売れるような状況」―高いiPhone7需要うけ ~ iPhone Mania
■iPhone7 Plusの需要に応えきれていない
ティム・クック氏によれば、2017年第1四半期(9~12月、一般的には2016年第4四半期にあたる)になってもなお、iPhone7/7 Plusの高い需要に対してAppleが十分に応えることは難しいそうです。特に人気なのはiPhone7 Plusです。
iPhone7についてはともかく、iPhone7 Plusについては現時点で確かなことは言えない。ともに非常に強い潜在需要がみられるが、とりわけiPhone7 Plusは我々の当初の予測を上回っているからだ。

高い需要を満たせないほど製造しているそうです。

つまりどれだか高い需要なのかは分かりませんが、少なくとも去年を上回らない数しか
製造していないことになります。iPhone 6sよりも先に出荷して前年の数字以下しか
出荷できてないのですからね。



そして壊滅的なのはAppleWatchです。

スマートウオッチの出荷台数が半減
業界トップのアップルは7割減 ~ JB Press

米国の市場調査会社IDCがこのほど公表したリポートによると、今年(2016年)7~9月期における世界のスマートウオッチ出荷台数は270万台にとどまり、1年前の約560万台から51.6%減少した。
このうち、業界トップの米アップルの出荷台数は同71.6%減と大きく落ち込んだ。

対前年でスマートウオッチの出荷台数が51.6%減と半減する中で、アップルウオッチは71.6%減と7割も減りました。
つまりAppleWatch以外は対前年で増えていますが、AppleWatchが足を引っ張って全体も減少したというわけです。

AppleWatchが減少したことについて以下のように解説されています。

アップルは今年9月16日に「Apple Watch」の第2世代モデルを発売したが、その販売実績は今回のIDCのリポートに2週間分しか反映されていない。

二週間分しかAppleWatch2の数字がカウントされていないということが減少した原因とのことですが、
そもそも去年の数字はどんな数字なのか。

初代のAppleWatchは2015年4月24日に発売され、日を追うごとにどんどん販売数が落ちていきました。
5か月後の9月なんてもう既に発売時の勢いなんて残っていませんし、「AppleWatchを使わなくなった理由」
みたいな記事が既に書かれていたような時期です。

その売れなくなっているはずの次期の一年後に新製品を発売したのに、売れない時期の更に7割減なんですよ。
カウントされるのが発売直後の二週間分だからとか、それどころの問題じゃないでしょう。
新製品を発売していない去年よりも、新製品を発売した今年が7割減という事の深刻さを記事で
書くべきだと思いますよ。

去年はスマートウオッチの中で70.2%あったアップルの市場シェアは41.3%に縮小、半減とは言わない
までも、過半数のシェアが一気に4割まで落ちてしまいました。

もうAppleWatchは終わりですね。
AppleWatchの3世代目は出てくるのでしょうか。
出たとしてどれだけ必要とされるのかに興味があります。



なんにしても、iPhoneに関してはこの辺りの予測がよく当たっていると思います。
Macに関しては大きく減少していることが調査で浮かび上がっています。

2016年のiPhone出荷台数は前年対比でマイナスに〜Gartner予測 ~ iPhoneMania
調査会社Gartnerが、世界の携帯電話、スマートフォンなどの出荷台数予測を発表しました。それによると、2016年におけるiPhoneを含む携帯電話の出荷台数は、2年連続で減少する見通しです。

Macの出荷台数が低迷〜Gartner、IDC調査 ~ iPhoneMania
世界全体でPCの出荷台数が減少傾向にありますが、AppleのMacの出荷台数はさらに大きく減少、シェアも縮小していることが、2社の調査会社GartnerとIDCのデータで明らかになりました。

AppleWatchに関しては・・・・・・・・・・・・褒めて~(笑)

関連記事
  1. 2016/10/26(水) 21:22:33|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<お客様の声『この前iPhone7に変えたんだけど、電池の減りが3年くらい使って大分電池減り早くなってた5sより速い気がしてならない』 | ホーム | 携帯端末を安くする為に総務省が動いているのを批判している人、先ずは回線代か端末代かの何を安くする為なのかの情報の整理から始めるべきかと思います>>

コメント

息切れが明らかな状態ですな。
そのうち決算発表でマスコミを追い出しそうな勢い。
ちなみにアップル信者は「新型発売から締め日が短いから」と逃げ道を作っています。
ただし次の四半期決算は逃げ道が無くなるわけですが。

次の打つ手は、
マスコミに圧力かけて具体的な数字を出してはならない
業績は好調など
「数字のデータではなく所感にすること」など制限をかけてもおかしくありませんな。
ニュースだけを見ている人は謀れます。決算書の数字を見た人には失望されるでしょうけど。
  1. URL |
  2. 2016/10/27(木) 05:30:30 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

さて社長自らパフォーマンスをかましたキラーコンテンツのおサイフケータイがモバイルSUICAでいきなり障害出したそうですが

https://smhn.info/201610-mobile-suica-error

導入までのタイムスケジュールに無理あったんですかね。
  1. URL |
  2. 2016/10/27(木) 06:58:41 |
  3. にいくら #mQop/nM.
  4. [ 編集]

スマートウォッチはApple以外に、Sony、Motorola、Samsung、ASUS、Huawei、LG、CASIO等あるみたいですが
Appleが70%売上DOWNしても40%のシェアがあるということはとても小さい市場なのですね。

あと計算したところ他社合計も微減してそうです。
  1. URL |
  2. 2016/10/27(木) 17:24:45 |
  3. ねこ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/7021-1148acd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。