鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

アップルが中国に二か所目のiPhoneの修理拠点を設置、中古端末を中国で処分する為?

壊れたiPhone、中国河南省のFoxconnで修理されていた〜今後は山西省でも ~ iPhoneMania
Foxconnはすでに今年3月より、中国河南省においてiPhoneの修理およびメンテナンスサービスを開始しています。河南省にはアメリカ、イギリス、日本、オーストラリアを含む7ヵ国から、故障したiPhoneが送られて来ているとのことです。

iPhoneは現在中国の河南省で修理されており、新たに山西省でも修理を開始するようです。

山西省は北京の西側から南に向けて広がる地域。
河南省は北京から離れた南西方向、山西省に隣り合った南部に広がる地域です。
北京よりも上海に近い感じです。

各所に散らすのは、中国当局の希望も有るでしょうし、人材を募集する関係も有るでしょう。
しかしこれだけ地域を離すことを考えると、修理した後の端末の行方を意識しているのかなという気がします。
アップルが中国に修理拠点を二か所も持つという事は、中国での販売を念頭に置いたものなのでしょう。

修理と言っていますが、恐らく中古端末のリフレッシュ品(再生品)を作る基地になっているんだと思います。
一部は各国に持ち帰り、バッテリー交換用途や不具合が出た端末の交換等に利用されているのだと思います。

しかしアップル的には、搾取して安く売ってれる日本とかでは中古ものとしての流通はさせたくない。
余分なものは中国などで捌ききる。そういうことなのでしょう。

搾取できる国と中古端末を吐き出す国をきちんと上手に分けているなとこの記事を見て感じました。

関連記事
  1. 2016/09/27(火) 21:54:28|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<5000万円のiPhone7 ブラックダイヤモンドコレクションが登場、私の知識からその製造原価を暴いてみる | ホーム | 内閣所轄の行政機関がアップルのiPhoneの市場支配の不公平を狙い撃ちに、立件も辞さない覚悟で>>

コメント

誤:これだけ地域を話す
正:これだけ地域を離す

誤:不具合が出た湛増の
正:不具合が出た端末の

いよいよ2chのアップル関係板のスレは信者度を強めてきました。
前は書き込んでいましたが、もう書き込みどころか見るだけでもかなり苦々しい何かが表面化していて、げんなりします。
ちょっと様子を見るだけにしておきます。
  1. URL |
  2. 2016/09/28(水) 06:03:13 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

>7SUXENさん
抜ける人は抜け始めているでしょうし、まっとうな人は今のアップルを見て色々と諦めているでしょうし。
それでも諦めきれない人が濃縮されて気持ち悪い度をより高めていっているのでしょうか。
それを見たくないような、見てみたいような・・・(;・∀・)
  1. URL |
  2. 2016/09/28(水) 23:42:39 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6992-00a2740d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。