鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

RAM 6GBや8GB搭載モデルの話がちらほら、RAM大容量時代の考え方

去年の終わりぐらいからでしょうか、4GB以上のRAMを搭載したAndroidスマートホンの話題が出始めたのは。
それから沢山の話が出てくるようになりました。

Mi Note 2 Proは8GB RAMや256GB ROMを搭載か?システム情報のスクリーンショットが流出 ~ juggly.cn
スクリーンショットによると、Mi Note 2 Pro は Android 7.0 や 2.6GHz 駆動のクアッドコアプロセッサ、8GB RAM、212GB ROM(実際には 256GB?)を搭載するなど、非常に高いスペックを示しています。

6GB RAMやSnapdragon 821を搭載した「Le 3 Pro」がGeekBenchに登場 ~ juggly.cn
GeekBench によると、X720 は Android 6.0.1 や Snapdragon 821 2.19GHz クアッドコアプロセッサ、約 6GB RAM を搭載しています。Le 2 Pro が Helio X20 / X25 や 4GB RAM だったので、スペックは大幅に向上しているようです。

これらもその中の一部です。
もうRAM 4GB搭載ではフラッグシップなハイエンドとは言えなくなりつつあるように思います。
4GB積んでて標準のハイエンド、それ未満はミドルクラス。
6GBや8GBでフラッグシップなハイエンド、この年末にはそんな感じになっているかもしれませんね。

RAMを大量に搭載していたら何がそんなにいいのか。
何がって具体的にはなかなか説得力を持て言える人はいませんが、やっぱり安心材料として
多い方が快適性が落ちにくいことは確か。

メモリ食いのアプリを複数切り替えて使うときはやっぱり大量のメモリがあると安心です。
2GBレベルだと、大型アプリの切り替え時にはそこそこ待たされ感がある時を感じます。
1GBだとそれが顕著ですし、512MBだと何をやってもガーベージコレクションの嵐です。

一旦メモリの整理に入ると万事休すの雰囲気になっちゃうので、やっぱり不足しないと
安心できるメモリ量の搭載はうれしい限りです。

後はコストとその”保険”のバランスを見ながらの選択になると思います。

メモリと沢山搭載すると、”基礎代謝”としての電力を多く食うようになると主張する人がいます。
確かにその通りなのですが、一旦メモリ不足に陥ってガーベージコレクションなどの整理が入ると
そこで基礎代謝の少なさによる節電効果が一気にぶっ飛びます。

なので私はメモリが多い方が結果として省電力になる可能性が高いと考えています。
基礎代謝がどの程度かはわかりませんが、プロセッサをぶん回すガーベージコレクションは
忘れてはならない問題ですね。ガーベージコレクションだけでなく、例えばブラウザでタブを
切り替えた時のページのリロードの可能性が高まるだけでもやはり電力問題に直結します。
プロセッサをぶん回し、しかも通信も行いますから。

電力消費がどういった形で行われ、どこで電力消費を抑えるのか。
そこの設計がきちんとできていないと誤った選択をする可能性もあるのです。
アプリの巨大化する時代になり、RAMの搭載を減らすことが必ずしも節電に繋がらない
こともあるということも認識するべきかなと。


そういった意味ではまだしばらくはRAM搭載容量戦争は意味がないわけではないと
私は考えています。

関連記事
  1. 2016/09/21(水) 19:44:55|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<【Android Developers】夏機種が売れたのかMashmallowが大きく増加、5.0の減少率が高止まりし始める | ホーム | ちょっとだけ余裕が出来たので、久しぶりにXperia Zをいじってみた>>

コメント

誤:そこで基礎代謝の少なによる
正:そこで基礎代謝の少なによる

そもそもガベコレが起きないように設計すればメモリガーの論争も起きないのですが。
あと、忘れがちですけど再起動をどれほど行っているのでしょうか。
PCは毎日再起動を行うものの、スマートデバイスOSは一週間でも一ヶ月でも不調がない限り再起動とは縁なし。
サーバーOSでもないってのに、この意識の違いはいったい・・・?

ヘルプデスク業務でのありがちなトラブルに、アプリの不調があります。
決まってまず再起動させます。で、たいていこれで解決します。
次に前回の再起動日を確認しますが、軽く一ヶ月はやったことがない答えばかり。

もっとも、Win7で一年ちょいの間再起動なしで使ってきたリテラシー欠如社員の存在を知ったときは
軽くカルチャーショックを受けましたが。
ノートのふたを閉じることが電源OFFだと思っていた、と。それでもたいした問題も無く使えていたことも驚きました。
ならシャットダウンコマンドはいったいなんだと思っていたのか。

そうそう、事情があり現在は返却しましたが、
iOS7.1.2で運用していたころ、なぜか6時間に一度は自動で再起動する現象がありました。
再起動したとわかる理由は、手放しでも目の前で堂々と再起動を始めることのほか、
「再起動後はパスコードが必要です」が毎日いつの間にか出ていることです。
さすが完成度の高いユーザーフレンドリーなiOS。
自動で強制再起動をしてくれるなんてとても気の利く親切設計ですね。
もちろん通話中や操作中も自動で再起動してくれましたが。
これってユーザーを思って親切で付けてくれてる機能ってことでいいんですよね。
決してバグや不調による強制再起動では、決して無いですよね。

私物のケータイ(通話専用)、スマートフォン(非通話契約)は最低一週間に一度は手動再起動するようにしています。
忘れなければ毎日再起動。寝る前に充電開始、直後に電源OFF。起動中の「ながら充電」にもならずバッテリーにもやさしい。
おきて起動するたびのファイアーウォール張りなおしがちょっと面倒ではありますが。
数ヶ月起動しっぱなしを前提の快適操作を期待するより、毎日再起動のスルスル操作がよほど快適です。
  1. URL |
  2. 2016/09/21(水) 20:26:43 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

PCでの再起動

えっと、あたしのPC運用は
基本、再起動しません
たいていwinアップデートで再起動を促された時とか
まれにハードの構成を変えるときとかに再起動してます…
(結果的に月1で再起動してる事が多かったですが、10になってからは間隔がのびてるような?)

普段は休止モード(ハイバネともいうやつ)を使っています
(デスクトップなので"電源"はこれでオフになります)

こういう運用をXP以降ずっと続けていますが
再起動しないことによる障害は覚えてないくらいに殆どないです…
というかNTカーネルはさすがに完全無停止とはいかないけど
数ヶ月の連続稼動にはかるく耐える構造なはずなので
これくらいはできて当然とみています

逆にiモード機の方を週1で再起動させる様になりました
(てかタイマーで再起動する機能が追加されてるんですよ、N-02Dとかそれ以降のケータイには)

話はかわって
Androidはソフト的にはWinと変わらない規模・構造だとみてます
ということは、使うRAMの量もそう変わらないともみています
なので、Androidも64bit版なら必要なRAMは8GBは最低ラインで余裕をもつなら16GBは必要だと思っています…
なので「最近の機種はぜんぜんRAMたりてないだろうなぁ」って思っていたり…
  1. URL |
  2. 2016/09/21(水) 23:44:28 |
  3. 姫 #Qgp/yXvw
  4. [ 編集]

明らかな嘘を書くのは、どうかと思うよ。
運用方法の個人的な主張を垂れ流すのは別に良いけど。



メモリはいくらあっても困りはしないけど、現実問題4以上は特に必要としてない。
16もあって何が出来るか?と言われても作業にメモリバカ食いする編集系かゲームしかない。
1Gのメモリを食らうゲームが出るのは8のスマホが発売されても出る気配すらないだろうね。

起動に時間がかかるアプリを裏で勝手にメモリ解放させない位が精々だ。
最低が4とか6とかになったら無駄?な機能を色々実装するだろう。
  1. URL |
  2. 2016/09/22(木) 00:36:54 |
  3. む #-
  4. [ 編集]

>7SUXENさん
GCを必要としない設計にOSを作ろうとすると、静的メモリ確保の要素が増え、結果最低必要メモリ量が底上げになったり、
複数のメモリ容量に対応する時も難儀なことになるんですよね。
なので、メーカーが色んな種類の端末の設計を自由にできるようにするために、Android OSがGCをする設計に
なっているのは自然なことだと思います。

例えば過去のWindowsのように、メモリ不足になると一気に不安定になるといった現象。
あれこそがGCしないOSの特徴であり、下手をすると512MBや256MBといったメモリの端末があり得る
Androidではそれを許容できないといった事情が有ったのだと思います。

それとモバイルOSをそこまで再起動を要求するのは運用的に厳しいでしょうね。
私もWindowsの運用法は姫さんと同様でほぼ画面を占めるだけで再起動はアップデーターが来た時や、
不安定を感じた時だけですし。それはスマートホンでも同様です。
まあそれで何とか不具合もほぼなく動作しているという感じかな。


>姫さん
運用法は私もほぼ同じですね。
Windowsの再起動、XP以降はほぼしなくなりました。
NTカーネルをどこまで信用するかという問題も有りますけど、私は比較的信用しています。
昔はSP2やSP3以降でなければ信用に値しませんでしたが、最近のWindowsはそういう意味では
なかなかのものじゃないかなという気がしています。
WIndows 7ベースをWindows 10に書き換えましたが、それでも安定性はかなり高いなと感じています。
XPの頃は半年ぐらい再起動無しでも安定していたという事もざらにありましたね。


>むさん
それ、私に向かって書いていなくて、姫さんに向かって書いているのですよね?
だったらアンカーぐらい打ちましょう。
氏は書き方について問題が有ると思います。
  1. URL |
  2. 2016/09/22(木) 09:37:59 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

フルHD以上の解像度でヌガーを動かすならば、最低3GB…出来れば6GB位のRAMが有った方が良いでしょうね。

AndroidはWindowsに近いくらいに制限ゆるゆるだから、モバイルOSで有るIOSの2〜3倍のRAMが必要

RAMメモリーの価格下落が間に合わない場合…
Androidの軽量版を作っとかないと、低価格スマートフォンは何れジリ貧に成るかも?
  1. URL |
  2. 2016/09/22(木) 12:49:17 |
  3. 小型スマートフォン支持派 #whu9.CgU
  4. [ 編集]

CPUのbitやRAM容量の議論はどのOSでもありますが、Androidも盛り上がってきた感じでしょうか。

心配なのは、OSやアプリケーションが性能ありきで先に進歩して、
初期のWinVistaのような、ハードが追い付かない現象がおきないかです。

ハードを最大に引き出すゲームなんかは仕方ないと思いますが、
SNSアプリでメモリやストレージを大量に食いつぶすのは納得できないんですよね。

スマホはPC以上にアプリに依存する(ブラウザ上の運用が少ない)ので、
アプリ開発者がどんなアプリを開発するか(どこまでの性能を想定するか)で、
今後の端末性能のバラつきが大きく変わると思います。

貧乏人からすると、低価格端末としてRAM 1GBでもそれなり動く環境があると嬉しいんですが。
  1. URL |
  2. 2016/09/22(木) 15:20:18 |
  3. IPT5 #o.RmOOUk
  4. [ 編集]

メモリを積んだところで生かせるアプリケーションって一般向けならまだ限られるのかな?
ハイエンドの目的がゲームだとしても、そこまでの要求があるかな?

ちょっと前の端末だと不安定になると勝手に再起動しましたが最近は発生していないですね。
デスクトップPCは録画兼用なのて基本的にスリープ運用、むしろノートの方をシャットダウンしています。
それでもWindowsUpdateかウイルス対策アプリでほぼ月1回は再起動しているはずです。
(Win10は勝手に入れて勝手に再起動では困るので、その辺は抑止しています。)

飲食店やアパレル他販売店がWebからスマホに移ってアプリである必要が無いものまでアプリになって
入れれば入れるほどゴミだらけなのは困りもの
矢鱈便利を強調しますが、評判を先に確認するとほとんどの場合マトモに動く物の方が少なそう。
  1. URL |
  2. 2016/09/23(金) 02:02:25 |
  3. Beep #-
  4. [ 編集]

※むさん
それを言い出したらスマホ用のOSやアプリの64bit化にそれほど恩恵はあるのか?って所からの話になるよ
OSの32bit→64bitよりCPUやストレージなどハード面の高速化の方が遥かにわかりやすいし恩恵はある
64bit化最大の恩恵である大容量メモリを否定するなら根本のここから問題視しないと
  1. URL |
  2. 2016/09/23(金) 15:06:24 |
  3. Nexus7持ち #-
  4. [ 編集]

容量戦争もいいですが、足回りのスペックをもう少し詳細に公表するようになって欲しいですね。
RAMならメモリの種類、クロック、実装チャネルあたり。
ストレージなら種類とバージョンあたりかな?
そのあたりがわからないと快適性がイマイチ想像できないんですよね。
  1. URL |
  2. 2016/09/23(金) 16:04:59 |
  3. mk5 #-
  4. [ 編集]

足回りは重要ですね。KIWAMIはホントに快適性が低い(DRAMのチャネルが細い感)ので。キャッシュが当たるような場合は最高性能を出せますが…… な感じ。
ま、あいつは発熱のし過ぎでバッテリーが飛んだけど。

足回り的な速度を知りたいのは、USBメモリ界隈でも同じで、下手すると4桁はランダムライトアクセスの速度が違うなんてことも……
4桁違いは、
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/yajiuma-mini-review/1013948.htmlより
JumpDrive P20 LJDP20-128CRBJP (Random Write 8KB/s)

SDCZ88-128G-G46 (Random Write 11MB/s)
のランダムアクセスの速度で発生してます。当該記事のタイトル「もはやSSDのように~」とか煽りにしても笑えないのですがね……(HDD以下)
ちなみに、この速度差で、下のUSBのほうが(該当記事時点の割引価格と比較しても)安いので、OS入れるなら明らかに下を使うべき……

戻して、この足回りのスペック調査は、最近では「デレステベンチマーク(人柱チェック)」をみてますね。
3Dモデルを綺麗に高速に扱うためのメモリ帯域、画面入力と音声出力の遅延度合いなどが複雑に噛み合って、
デレステがまともにプレイできる=足回りがしっかりしてる という発想で。
(もっといいソフトがあればいいんですがね。特に入力遅延・出力遅延の度合いを扱うもの)
  1. URL |
  2. 2016/09/25(日) 03:53:08 |
  3. Nexus #uCPF.7wc
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6980-5549df5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。