鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ソニモバはAndroid 7.0 Nougatで32bitの完全な切り捨てを実行する

Sony Mobile、Android 7.0 Nougatにアップデートする対象機種を発表、Xperia Z3+以降の主力モデルが対象に ~ juggly.cn
Sony MObile は、昨日正式にリリースされた「Android 7.0 Nougat」にアップデートする予定の Xperia デバイスを発表しました。

ソニーが先日発表していたXperiaシリーズのAndroid 7.0 Nougatへのアップデート予定機種。
これを見返すと・・・。

 ○Xperia Z3+
 ○Xperia Z4 Tablet
 ○Xperia Z5
 ○Xperia Z5 Compact
 ○Xperia Z5 Premium
 ○Xperia X
 ○Xperia XA
 ○Xperia XA Ultra
 ○Xperia X Performance
 ○Xperia XZ
 ○Xperia X Compact

以上のとおり。
要するに全て64bitプロセッサ搭載、32bitの切り捨てとなっています。

実は私はモバイルプラットフォームと32bitは相性がいいと考えており、これは非常に残念な流れです。
それもこれも全部アップルが悪い。
競争力の為のインパクト狙いで64bit化を進め、モバイル業界を一気に64bitへの流れに変えてしまった。
アップルのエゴの結果なのでちょっとご立腹。

32bitプロセッサが生き残ってる世の中なら、今のような微細化が進めば、非常にコンパクトで発熱の
少ないバランスのいいプロセッサが登場していたはずです。それがアップルのせいでなくなり、
ローエンドまでが64bit化されてしまいました。余計な電力消費とダイサイズの無駄が発生しています。

例えばXperia Z3なんて名機がありましたが、これは32bitの終末期の熟成されたプロセッサだから
こそ出来た端末です。その直後の64bit化したXperia Z4ではとんでもないことになりました。
32bitのバランスの良さ、64bit化することのコストをこの二機種がよく表していると思います。

私はもう少し32bitの時代が続き、皆が熟成した32bitの機種を使える時期がもう少し長く有っても
良かったんじゃないかなと思っています。そういう意味でアップルという企業の害悪ぶりが私の
中では最大限に巨大化しています。アップルが嫌いな理由の一つになっています。

今回のソニーの発表でも、明確に32bitの切り捨てが進んでおり、恐らくこれはソニーだけの流れでは
無くなっているでしょう。もちろんアップルはA7登場以降、32bitのAプロセッサの切り捨てを進めています。
Androidで言えば、後1~2機種程64bit化を遅らせて欲しかったなという気持ちがどうしてもぬぐえません。

関連記事
  1. 2016/09/20(火) 19:26:38|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<作為バリバリのヨドバシの「iPhone 7 / 7 Plusご予約分入荷状況 及び 在庫状況のご案内」、事実と異なるかも知れないコピペと思われる情報も発見!問われる情報の信ぴょう性 | ホーム | iPhone 7のジェットブラックの傷つきやすさを実験で検証する動画、日本で黒光りする黒は色々とまずい問題勃発>>

コメント

32bitの切り捨てではなく、810以前のGPUが機能不足だからかもしれません。
http://juggly.cn/archives/199424.html
  1. URL |
  2. 2016/09/21(水) 09:19:27 |
  3. パンキー #a.FsQ20E
  4. [ 編集]

>パンキーさん
なるほど・・・NougatがVulkanサポートした時期を考えると、恐らくVulkanサポートが最大の問題なんでしょうね。
32bitプロセッサでVulkanサポートの状況を考えるとどっちにしろ32bitプロセッサはほぼ全滅といっていい
状況になってしまうと思います。

このサポートの状況から考えても、GoogleはMetalに対して並々ならぬ競争心を抱いていることが伺えますね。
多くの課金が期待できるゲーム市場を本気で取りに行こうと考えているということかも知れませんね。

MashmallowとNougatの関係性や、今後のAndroidの進む道を明確に示している気がします。
これは面白いことになってきたな~って再確認させられました。
情報ありがとうございます。
  1. URL |
  2. 2016/09/21(水) 11:18:37 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

Apple が何故CPUを64ビットにしたかというと、あまり明らかにされてないのでよく分からない点ではあるのですが、私的には、64ビットCPUに装備されるセキュアエレメンツが、指紋認証に必要不可欠だったから。だと思っています。

セキュアエレメンツに、指紋認証に必要なデータを保存してあり、のぞき見たりとかは出来ないらしい。

あと、32ビットから64ビットになることによって、レジスターの数が増えて、今まで、PUSH/POP で一旦スタックに退避したり、戻したりしないと行けなかった計算が、一発で出来るようになるなどの恩恵もあるようです。
  1. URL |
  2. 2016/09/22(木) 15:37:54 |
  3. fly #jP1e52aw
  4. [ 編集]

>flyさん
A7プロセッサを32bit CPUで設計し、そこにセキュアエレメンツを搭載する設計にしても一向にかまいません。
64bitとセキュアエレメンツには直接の因果関係は有りません。

ARMv8でインプリされているレジスタは確かに性能向上に一役買いますが、アップル的にはSHA-1等の
アクセレーションの方もかなり重視しているように思います。

A7は演算自体は練りこまれた32bit CPUに負けるところも有り、A7自体が決して速い部類のプロセッサとは
言えないところもあります。となると、やはりアップル的には用意周到に時間をかけて準備をしていたとはいえ、
64bitプロセッサを登場させるにはまだまだ時期尚早だったんだなという事がうかがえます。

そうまでしてアップルはA7で64bit化させたかったわけで、やはりインパクト狙いという回答しか私には
導き出せないんですよね。他の情報が漏れ漏れだった中で、64bit化だけは最後までとことん隠し通していた
わけで、どれだけ64bit化を大事に扱っていたかがよくわかると思います。
  1. URL |
  2. 2016/09/22(木) 18:19:24 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

64ビットCPUに、セキュアエレメンツも、それを扱うシステムも最初からあるなら、その設計を使えば、いちいち車輪の再発明をしなくてもいいと思うのは、私だけか。。

おまけに、その32ビットCPUが、そこから5年、10年と使われる基礎になるとかならまだしも、そこから遅れること、1年?ぐらいしたら、遅かれ速かれ、64ビットCPUに移行しているんですよね?

おまけに、Appleとしては、32ビット版と、64ビット版の、二種類のセキュアエレメンツシステムを抱え込むことになり、しんどいだけです。

時期尚早だったかは、よく分かりませんが、今から、32ビットCPUに戻したいと思っているのは、アプリの開発者ぐらいかも。。汗
  1. URL |
  2. 2016/09/22(木) 21:01:59 |
  3. fly #jP1e52aw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6979-b3caa8e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。