鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ポケモンGOをプレイ中の死亡事故について考える

ポケモンGOしながら車運転 初の死亡事故 徳島 ~ NHK NEWS WEB
23日午後7時半ごろ、徳島市方上町で県道を横断していた近くに住む美容師の中西幸子さん(72)とパートの井川佳代子さん(60)が軽自動車にはねられ、中西さんが死亡、井川さんが大けがをしました。
この事故で警察は、車を運転していた市内の五王敬治容疑者(39)を前をよく見ていなかったなどとしてその場で逮捕しました。
警察によりますと「運転しながらポケモンGOをやっていて前をよく見ていなかった」と供述しているということです。

ついに来た、ポケモンGOをプレイ中の死亡事故。
ある意味来るべきものが来たと言ってもいい事故です。


ではこれをポケモンGOの名前だけを挙げてそのプレイ中の事故という扱いに収めて
しまっていいのか?私はそれだけは絶対してはいけないことだと思います。

今後ARを扱うことに関し、こういった事故はそれに付きまとう副次的要員と考えて
いかなければいけません。

基本としてARはスマホやタブレットで扱う場合は必ず画面を見続けなければいけません。
車のフロントガラスにスピードメーターや歩行者などの強調マークを投影するようなARでは
逆にそれが安全に繋がりますが、大半のARは一定のリスクを孕んだ上での便利さなのです。

ポケモンGOは、ゲームをプレイしたい・・・つまり積極的にARをしたいという欲望を掻き立て
ているからこそこういった事故を発生させているだけにすぎず、ポケモンGOが危険なの
ではなく、利用しているAR技術が危険を生み出しているのです。

それをポケモンGOのせいにするような報道が有るとすれば、その報道に関わった全ての
人はごみとして扱っていいと思います。今後の危険や危機管理を考えた場合、バラ色でしか
扱ってこられなかったAR技術の負の側面が、やっとポケモンGOで見える形で出てきたの
ですから、AR技術を利用するにあたっての注意すべき点として多くの方に認識してもらう
絶好の機会だと思います。

ポケモンGOが出た時に「歩きスマホは危険です」としきりにあちこちで言われましたが、
初めから多くの人がAR技術の危険さを認識していたわけです。

携帯する為の機器であるスマートホンと、ARが融合すればこうなることは誰だって事前に
分かっていたわけです。私は「歩きスマホはやめましょう」なんて言っても、こういった事故
・トラブルを起こす方が聞くわけもないことをまた周りは認識しておくべきだと思います。

はっきり「歩きながらのポケモンGOはやめましょう」とはっきりとスコープを絞るべきです。
「歩きスマホ」なんてターゲットを広げてぼかすからいうことを聞かなわけであり、自分の
事と認識しないのです。

例えば「迷惑行為はやめましょう」という看板が有って、それを見て歩きたばこをしていた
人が慌ててやめる光景が想像できません。大きく「この場所では歩きタバコは厳禁です」と
書かれていたらやめる人もいるでしょう。

こういった行為は「自分のことを言っているのだ」と相手の心に伝わらない限りは一切効果を
発揮しません。日本にはこういったクソみたいな責任逃れが前に出た提示が溢れています。
主に道路標識とかそんな感じのが大量にありますね。

私が閉口したのは時速100キロで走る道路の交通標識の下の該当条件の所に、細かい字で
びっちし4行の但し書きが書かれていたものです。

例えば以下みたいなのも一瞬「え?」ってなるやつですね。


(道路標識と信号機の森)画像掲示板


これは別の意味で分かりにくいものですけど、これで「よく前を見て運転しろ」という神経が分かりません。
ちなみに標識の見逃しによる違反はドライバーの責務になるのです。

先の「細かい字でびっちし4行」は、私は未だにその文章の中身を完読できていません。
何度か通った時にアタックしているのですが、私の動体視力では無理でした。
いや動体視力の問題じゃないと思いますけどね。
ちなみにその問題の4行標識が有るのは確か神戸淡路鳴門自動車道だったと思います。
別の場所にも難読標識は色々ありますのでもし情報が有れば教えて頂けたら嬉しいです。


話はそれましたが、結局ARの利用が広がるにあたって、よりその利用による危険性の注意喚起が
問題になっていくということです。ポケモンGOはその問題の視覚化に成功した例であり、折角
問題が分かりやすい形で見えたのですから今後に向けて先回りした対策を打っていくべきでしょう。


私は決して「歩きスマホはやめましょう」だけで片付く問題だとは思っていません。
それで言うことを聞いてくれる人はもともと良識が幾らかある人です。
それでも言うことを聞いてくれないような良識のない人に向けたメッセージが事故を減らす有効な
対策だと私は考えています。そこに知恵を絞るべきでしょう。


関連記事
  1. 2016/08/25(木) 19:31:29|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<ソフトバンクでは偽物のiPhoneを売っていると、ソフトバンクが自ら証明する | ホーム | GoogleがPC上のChromeブラウザでのChromeアプリのサポートを段階的廃止の方向のようです・・・将来的にはChrome OSを閉じる可能性が出てきました>>

コメント

http://blog-imgs-48.fc2.com/s/q/4/sq4adventurearchives/5ds_1_01.jpg
これもAR必須です(^^;
タイヤで前が見えないので、前方のカメラで画面に映し、
ゲームの進行(残りライフなど)表示がオーバーレイします。

>はっきり「歩きながらのポケモンGOはやめましょう」とはっきりとスコープを絞るべきです。
ノータリン1「俺はパズドラだからOK!!!!」
ノータリン2「俺はラブライブだから問題なし!!!!!」
ツッコミ役「ダメに決まってんだろ!!」
ピンポイントに指定すると、ここの辺を巻き取れないんですよね。
かといって全タイトルを羅列すると余計にわけわからん。

>看板
ひでぇ・・・。
http://astamuse.com/ja/published/JP/No/2002245590
これくらいしてくれよ。

なので、驚愕な額の罰金つき条例にして取り締まるくらいの強硬策をやって、
ようやくぬるめながらも程よい感じになるくらいだと確信してます。
今まで見聞きしてきた中で、単なる警告だけではまったく効果ありません。
むしろ実害がないから、と時間とともに悪質化するだけ。
車や自転車の運転で「ながら」をやってるなら、事故なしでも取り締まり一発で永久失格くらいやっても、まだ抑止力としては足りないでしょう。
携帯契約永久禁止くらいまでやって、やっと抑止が働く程度かと。

ほんと、痛い目を見ないと人は「やめよう」と思い至らないものです。
その「抑止目的」の痛い目は、驚きの罰金や、やりすぎと思えるくらいの法的制限です。
痛い目を伴わない事実上の野放しは「その行為を推奨する」と同義です。
  1. URL |
  2. 2016/08/25(木) 20:21:59 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

運転中の取り締まり件数って年100万件とか。

じゃけん点数を5点に引き上げましょうね〜と言ってもなかなか難しい。

本当に減らしたいなら改定すればいい
  1. URL |
  2. 2016/08/26(金) 15:58:15 |
  3. む #-
  4. [ 編集]

順調にキルマーク増やして来てますね。

http://buzzap.jp/news/20160826-pokemon-go-accident-2/

法令による罰則よりもシステム的な制限が必要なんじゃないかと思います。

まぁマナーとルールがどうでもいいさるモンキーにはどんな対策も無駄かもしれませんが。
  1. URL |
  2. 2016/08/26(金) 19:21:25 |
  3. にいくら #mQop/nM.
  4. [ 編集]

今度は愛知県で事故起きた
  1. URL |
  2. 2016/08/27(土) 12:31:22 |
  3. あり #-
  4. [ 編集]

現場の同市内在住で、方上町(かたのかみちょう)は時々用事で行きます。
地元では、ほんとにポケモンGO?との疑問がでております。
町内にはポケストップは1~2ヶ所、近くで密集地帯はありますが、
隣町の市立動物園内とその付近のみ。
で、ほとんどポケモンとは遭遇しません。(話題になってる都会と田舎の格差問題)
警察もスマホのログ解析を進めているようです。
スマホ使ってた運転手が悪いので、ポケモンだからと大騒ぎし過ぎのマスゴミは・・・

で、現場の道は出来るだけ車・バイクでは通りたく無いです。
いつ、歩行者や自転車、耕運機が飛び出してくるかわからんので。
緊張で手汗が。
斜体の文
  1. URL |
  2. 2016/08/31(水) 09:54:14 |
  3. 四国の東端(原住民) #Zi1IF0oQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6947-a2b2b65a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。