鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ファーウェイが2016年度4~6月期は2830万台を出荷、年間販売台数目標は1億4千万台でそろそろアップルの背中が見え始めてアップルが年間出荷台数三位に落ちる可能性も

Huawei、2016年度第1四半期は2,830万台のスマートフォンを出荷した模様 ~ juggly.cn
Huawei の 2016 年度第 1 四半期(4 ~ 6 月)のスマートフォン出荷台数は前年同期比 64% 増の 2,830 万台だったそうです。中国メディアが報じました。
また、昨年の成長率から期待される今年の年間出荷台数目標が一部のメディアで噂された 1 億 2,000 万台であることを否定し、年間販売台数目標については 1 億 4,000 万台だと訂正しました。

ファーウェイの成長が激しいです。

2016年度4~6月期(第一四半期)のスマートフォンの出荷台数が2830万台で前年同期比で64%増しだったようです。
メディアで噂されている年間出荷台数の1億2000万台はついては1億4000万台に上方修正されたようです。

これは他者の想像の域を出ませんが、この数字がある程度正しいということになれば、2億数千万台を
売るアップルの背中が見始めたことになりそうです。来年は無理でも、再来年やその次ぐらいには
もしかするとファーウェイはアップルをキャッチアップしてしまい、出荷台数の方形でファーウェイが二位、
アップルが三位になってしまう可能性が出てきたことになります。


ファーウェイの伸び率もこのまま維持できるとは思いませんが、さらに伸び続けることには変わりはないでしょう。
仮に来年度も今期と全く同じ64%で年間伸び続ける前提で計算すると、出荷数でアップルとファーウェイが
ぴったり横並びということになります。そんなことにはならないとは思いますが。

でもアップルはもういっぱいいっぱい、ファーウェイはまだ伸びしろがある。
それを考えていくと、この逆転劇も夢ではないように思います。



で、アップルが世界第三位が現実になった時、アップルファン界隈はどう反応するのか、
非常に非常に興味があります。

散々売れている売れている売れていると自慢しまくってきたわけですしね。
今後アップルファンはファーウェイの動きから目が離せなくなっていきそうです。
アップルファンのファーウェイ叩きが始まってきたら始まりの合図かなと。


関連記事
  1. 2016/07/04(月) 01:17:56|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<音楽のストリーミング配信サービスSpotifyのアプリがアップルによってリジェクト⇒抗議⇒アップルが反論 | ホーム | 年内にNexus以外の端末にAndroid 7.0 Nougatが降ってくる、サムスンがGalaxyのアップデートを年内に行う意向>>

コメント

Appleの斜陽が始まったためか、外に目を向けずしがみつく人が出始めています。
あと印象的なのが、スマート家電メーカーのMac切り離しが始まったことです。
さすがにiOSは切り離しはしていませんが、いずれは切られるでしょうね。
  1. URL |
  2. 2016/07/04(月) 19:17:43 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6850-e0ffb827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。