鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

AndroidによるJava API使用巡る6年越しの裁判、Googleが「フェアユース」の評決獲得、Oracleは控訴へ

AndroidによるJava API使用巡る6年越しの裁判、Googleが「フェアユース」の評決獲得 Oracleは控訴へ ~ IT Mediaニュース
米Oracleが、AndroidがJavaの特許と著作権を侵害しているとして米Googleを提訴した裁判で、米カリフォルニア州北部地区連邦地裁の陪審員団は5月26日(現地時間)、GoogleによるJava APIの使用は「フェアユース(公正利用)」であるとの評決を下した。

Googleにとっては密かに頭の痛い問題、Android OS向けのアプリ開発で使用しているJava APIの
使用をめぐる争い。

結果として、とりあえずはフェアユースを勝ち取りました。
今Java APIが使えなくなったら大変です。

とはいえ、Android NではOpenJDKに変更してこの問題をクリアしています。
ので大きな問題はないはずですが・・・。

そもそもJava事態が使えなくなったとしても、NDKを利用してCやC++で開発が出来るので
問題が無いと言えば問題ないのですが、CやC++でネイティブコードで開発をしてしまうと、
32/64bitコードの違いや、インテルプロセッサ等、プロセッサ毎にアプリをリリースしなければ
ならなくなるのでやはりJavaでリリースするのが一番効率がいいわけです。

この辺は多様性を優先した設計のAndroid OSならではの事情が有ります。

この後も裁判が続きますが、GoogleがOpenJDKに切り替えた以上、Oracle的にはJavaの
利用をやめさせることはもう出来ませんので、純粋に損害賠償狙いになりそうです。

Googleは名誉と利益の確保の防御線といった所でしょうか。

関連記事
  1. 2016/05/30(月) 20:30:22|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高速ストレージの時代、eMMCからUFS・NVMeへ・・・スマホ向けストレージメモリの呼び方 | ホーム | iPhone SEに3D Touchが無い・・・だから?有ってもどうせ必要としている人はそう多くないでしょう、そもそも5sの余剰部品を回せないと意味がないですし>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6779-a130538d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。