鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

Google、Android OSのアップデートに積極的ではないメーカーの吊し上げリストを作成・公開へ

GoogleがAndroidのアップデートを迅速に配布すべくスマホメーカーに強硬手段をとる ~ GIGAZINE
2015年にStagefrightの脆弱性が発見された後、Googleはセキュリティパッチを毎月配布するようになりましたが、セキュリティパッチはNexusシリーズにはすぐに配布されるものの、他のスマートフォンは開発しているメーカーがセキュリティパッチをスマートフォンに適応させてから配布する必要があり、各メーカーでパッチの配布状況が異なるため多くのAndroidスマートフォンで脆弱性が残っているとされています。また、キャリアの中にはセキュリティを優先しない企業があり、ユーザーにパッチがなかなか配布されないこともあるそうです。
Bloombergが報じたところによれば、こういった状況を打破すべくGoogleは今までよりも強制的な処置をとっているとのこと。端末が最新のセキュリティパッチを受け取っているか、OSが最新バージョンになっているかをメーカー別にランク付けしたリストを作成し、各メーカーと共有した上で、リストの公開についてメーカーと協議がなされたそうです。

Google、Androidの最新版配布に非協力的なメーカーのリストを公開へ! ~ iPhone Mania
Googleは、Androidスマートフォンの最新バージョンOSの配信に協力的でない端末メーカーのリストを公表する方針です。古いバージョンを使い続けることで生じるセキュリティ問題に対処したい考えです。そこで、OSのバージョンアップに消極的な端末メーカーのリストを公表する、という強硬策に出る方針に決めました。

GoogleがAndroidのアップデートを怠っているメーカーのリストを作成、公表するという
強行手段に出る模様です。

Android OSは最新バージョンを移植しない、または早期に止めてしまうメーカーが少なくなく、
古いバージョンが残り続けてしまう原因になっています。

なのである程度知識のあるユーザーは、GalaxyやXperia等、アップデートの実績が有る
メーカーの端末しか購入しなくなる傾向が有ります。

更には国内キャリアで端末を購入すると、バージョンアップが遅い、またはグローバル版よりも
早いバージョンで終わってしまう等の問題も有り、ならばとグローバル版をわざわざ購入する
人も増えてきました。

大衆の少なからずは、バージョンアップを面倒、または全く気にしていないのは間違いありません。
幾らバージョンアップを出しても気にせずに放置している人はいます。

しかしそういう人ばかりではなく、きちんとバージョンアップを待っている人はいます。
中にはrootを取れる事まで含めて価値と感じている人もいます。
例えばXpeira Z3/Z3Cの白ロム価格が高止まりしている事からも、どれだけそれが重要視されて
いるのかが分かりますね。


またこれはメーカーとしか書かれていませんが、国内ではキャリアの方がバージョンアップに
消極的で、Xperiaだとグローバル版はとっくに出ているのに、国内版が長らく放置される事も
少なくありません。

ただXperiaはちょっと風向きが変わりつつあり、何故かドコモ向けのZ5ではグローバル版よりも
ドコモ版が世界で一番にリリースされました。

少なくとも最近のソニモバとドコモはやる気を感じます。またサムスンも国内では嫌われた
メーカーでは有りますが、OSバージョンアップのサポートは決して悪くは有りません。

富士通は初期の頃からRAMを1GB搭載したり、Android OSのバージョンアップには積極的で
やる気のあったメーカーだったはずですが、ARROWS XとARROWS Kissの過ちのせいで
全てが台無しになりました。

折り畳み携帯の時代、50xの時代には一時代を築くほど信頼を得ていた富士通も今は廉価版の
端末を細々と売っているような状況になりました。廉価版から積み上げて、またハイエンドの
世界に戻ってきてほしいメーカーです。ARROWS X当時は端末の加熱もっさり問題以外は
やることはやっていたメーカーですから。


Googleがこうしてアップデートのワースト情報を公開するのは私的には有り難いことです。
ガンガンやってくれと思う所が有りますが、例えば国内では初めからOSは一切バージョン
アップを出さないと決め打ちしているんじゃないかと思えるメーカーも有ります。

また一万円台で出しているような安売りSIMフリーメーカーは初めからやる気がないと
思われる所も少なくありません。

そんな中でどこまで実行力が伴うのか未知数では有りますが、ある程度のルールをもって、
実効力のあるものにして欲しなと思います。


またメーカーやキャリアを通さずに直接APIやミドルウエアをアップデートできる仕組みを
もっと積極的に導入していって欲しいなと思います。恐らくその過程でカプセル化を
進めることになり、よりセキュリティーが高まることにもつながると思います。

Googleも折角攻めに入ったのですから、やるならとことんやって欲しいなと思います。

関連記事
  1. 2016/05/27(金) 21:43:55|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ジャーナリストや色んな人に叩かれる総務省、それでも私は総務省を応援する・・・そんな中、30万円を紹介者にばら撒いて総務省を嘲り笑うソフトバンク | ホーム | 【#Xperiaアンバサダー[Z4/番外]】今更Xperia Z4が快適になった事と、そうなる迄の苦悩の期間と悪循環の過程を考察してみる>>

コメント

SONYもセキュリティパッチの対応にはまだ及び腰なので、早く対処してほしいものです。
Xperia Z2(D6503)グローバル版で6.0.1になりましたが、セキュリティパッチレベルは残念ながら2月1日のままです。
  1. URL |
  2. 2016/05/27(金) 22:23:05 |
  3. ぬぼ #-
  4. [ 編集]

auとSBはやばいと思う
  1. URL |
  2. 2016/05/27(金) 22:38:20 |
  3. testestes #-
  4. [ 編集]

キャリアも吊し上げしてほしいですね~
  1. URL |
  2. 2016/05/28(土) 01:28:46 |
  3. un #-
  4. [ 編集]

中華や印度の聞いたことすらない名前がズラーっと並びそうな気しかしません。
  1. URL |
  2. 2016/05/28(土) 06:20:02 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

日本の場合、あまりうるさく言うとAndroid捨ててWindowsに移行したりするかも知れません(笑)

セキュリティーに関する部分はGoogleがメーカーの意向に関係なくアップデート出来るようにしてもらうのが一番ですが、それでもわざわざアップデートさせないようにするメーカーも出て来るかも知れません。そういうメーカーはどんどんつるし上げして淘汰してもいいような気はします。

日本のキャリア端末みたいに手を入れ過ぎて勝手にアップデートされたら困るみたいな端末は市場から消えて行くようになればベストですね。
  1. URL |
  2. 2016/05/28(土) 06:45:04 |
  3. 空耳 #-
  4. [ 編集]

すみません
PCでアップデート確認したら、ありました…orz
でもセキュリティパッチは3月1日…メモリリークが改善されるから良しとするか
でも、ちょっと遅くない?
  1. URL |
  2. 2016/05/28(土) 15:09:19 |
  3. ぬぼ #-
  4. [ 編集]

日本のキャリアやメーカーが相手にしているのは、極度にコンピューターリテラシーの低い人が多く含まれます。伝え聞くところによると、昔Googleのマーケットアプリが急にGooglePlayに変わったとき、クレームや問い合わせが余りに多くて大変だったそうです。そのレベルの人達を相手にしなければならないのですから、バージョンアップに積極的になれないのは仕方がない面があります。
Googleは本当にセキュリティを危惧するなら、吊るし上げを行う前に、こっそりバージョンアップしても素人は気付かないレベルのバグフィックスを、年単位で旧バージョンに行うべきなのです。
  1. URL |
  2. 2016/05/30(月) 22:27:50 |
  3. クレイジーモバイラー #wY7ZgBHs
  4. [ 編集]

アンドロイド アップデート

定期的にAndroidバージョンをアップデートするほうがいいです。
  1. URL |
  2. 2017/06/22(木) 05:31:59 |
  3. Android アップデート #O5XQV5w2
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6773-ed8574e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。